アロマと脳科学 | 戦う男をアロマで癒す専門家【MR AROMA】の星野知子のブログ

戦う男をアロマで癒す専門家【MR AROMA】の星野知子のブログ

亡くなった主人のようにストレスから突然死したり、病気になる男性を日本中からなくしたい!

アロマはもう女性だけのものではありません。
男性もアロマでストレスをうまくコントロールしましょう。
ひとりでも多くの男性にアロマの効能を知っていただきたいです。


テーマ:

こんにちは!

「男のストレスをアロマで癒す専門家」
アンスリールの星野知子です。

道ですれ違った女性の
香水の「におい」で
昔の彼女を思い出したことありますか?

おばあちゃんちの箪笥の「におい」で
幼少期を思い出したり

給食のおかずの「におい」で
小学校時代を思い出したり、、

人は
ある特定の「におい」を嗅いだ時
過去の光景がフラッシュバックしたり
特定の人や場所を思い出したり
することがあります。

これを「プルースト効果」といいます。


フランス人作家マルセル・プルーストの
「失われた時を求めて」
という作品の文中において

主人公が
紅茶にマドレーヌを浸したときの香りで
幼少時代を思い出す
という描写があることが由来です。

2004年
米国のリチャード・アクセル氏と
リンダ・バック氏が
「嗅覚」が脳に与えるシステム
を解明したことに対し
ノーベル医学生理学賞が授与されました。

ふたりの研究により
それまで謎が多かった
「嗅覚」のメカニズムの詳細が
ようやく究明されつつあります。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚
の五感のなかで
「嗅覚」以外は
大脳新皮質と呼ばれる
脳の中でも比較的
後に発達した部位にまず伝達されます。

大脳新皮質は
知性、理性、創造、知的活動
などを司る部位なので

たとえば
花を見たとき、まず
「大事なお客様にいただいた花」
と理性的に判断し

その後
「綺麗だなー」とか
「あんまり好きじゃないな」や
「去年ももらったな」とか

本能的、情緒的な判断が
行なわれるわけです。

嗅覚だけが
大脳辺縁系という部位に
ダイレクトに伝達されます。

大脳辺縁系には
「海馬」と呼ばれる
記憶をつかさどる器官があります。



写真出典

図のように
嗅覚を担当する脳の部分と
「海馬」は隣合わせになっているため
記憶は「におい」の影響を
強く受けます。

ある特定の「におい」を嗅いだ時
過去の光景がフラッシュバックしたり
特定の人や場所を思い出したり
するのはこのためです。

また、大脳辺縁系には
扁桃体といって
情緒(好き嫌い、喜怒哀楽)や
本能活動(食欲、性欲、睡眠欲)を
つかさどる器官もあります。

そのため「におい」を嗅いだ瞬間
それが
「大事なお客様のにおい」
と判断する前に

「臭すぎる」
「生理的に無理」
「いいにおい」
「元カレのにおい」
など、本能的、情動的な判断が
行われてしまいます。



写真出典

写真出典

歯痛や体の深部への痛みが
脳に伝わるのが0.9秒なのに対して

「におい」が
脳に伝わるまでの時間は
なんと、0.2秒以下。

どんなに外見をキメテいても
0.2秒で
「瞬殺」されます。

現代社会は
パソコン、テレビ、スマホなど
圧倒的に視覚からの情報を
重視しがちですよね。

しかし

たとえば
見た目ではわからない
腐った食べ物や毒ガスに
“臭い”で
本能的に気づくように

生存競争の観点からみると

「嗅覚」こそ
人間にとって
1番大事な器官だと
いえるのではないでしょうか?!

「におい」は
大脳辺縁系に伝達された後
神経同士の連絡が密な
視床下部に伝わります。

この視床下部は
自律神経系、内分泌系、免疫系の中枢
になります。

胃腸や心臓、膀胱などの
働きを調整するのが
自律神経系。

男性、女性ホルモン
甲状腺や卵巣、副腎など
内分泌腺から
全身に分泌される
ホルモンの調節をするのが内分泌系。

そのホルモンを分泌するのは下垂体です。

対内へ侵入する
病原体や体内の異物
を発見し排除する仕組みが
免疫系。

ですので
ホルモン分泌や内蔵の動きなど

生理機能や免疫も
「嗅覚」の影響を
強く受けているのです。


100%天然の植物の香り成分である
精油」の「におい」をつかった
「アロマテラピー」が
記憶、情動、本能、生理機能、免疫に
強く影響を与えていると
言えるのです。

「精油」を嗅ぐと

セロトニン、アドレナリン
エンドルフィンなど

多幸感や、情緒の安定
心を鼓舞・活気づける、鎮静などの
効果をもたらす
脳内の神経伝達物質(脳内モルヒネ)が
分泌されることがわかっています。

「ゲートコントロール説」
といって
脳内モルヒネが分泌されることで
痛みも「精油」で
軽減するといわれています。


写真出典

リラックス状態の時の人の脳波には
α波が多く見られることが
わかっています。

「ラベンダー」のにおいと
無臭(蒸留水)の比較の実験では
「ラベンダー」のにおいを嗅ぐと
α波(赤や茶色の部分)の出現量が
特に後頭部で増加しているのが
わかりますね。

このように
「精油」をつかった「におい」の影響が
脳科学的に証明されているものが
いくつかあります。

ペパーミントの食欲の実験→コチラ

ローズマリーの記憶の実験→コチラ

「脳科学」の観点からみて
アロマで
「認知症の改善・予防」
もできるんですよ→コチラ

「アロマ」って
知れば知るほど
奥深くて面白いと思いませんか?!

今日はこのへんで


【次回セミナーのご案内】
「不安とストレスに悩まない7つの習慣」
10月20日(木)
19時半~21時まで
淀屋橋の「セレンディーラボ」さんで
開催します。
女性の方も
ご参加していただけます。

ストレスは溜まりやすいけど
解消法は呑みにいくことくらい(^_^;)
という皆様

ご参加お待ちしておりますね!


★不安とストレスに悩まない7つの習慣
★アロマで女子力アップ
★男性向けアロマでストレスマネジメント
★女人禁制デキる男のアロマ活用講座

などセミナーのご依頼は

E-mail:mail@un-sourire.info(コピペしてくださいね)

 サロンホームページ:
http://www.un-sourire.info/

 セミナー講師ホームページ:
http://www.aromadedekiruotoko.com/

MR AROMAホームページ :
http://www.mr-aroma.jp

 フェイスブックページ:
https://www.facebook.com/tomoko.hoshino.332

男のストレスをアロマで癒す専門家 星野知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります