モンテネグロ アマン・スベティステファンでのディナー | Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

月に一度巡る、世界のラグジュアリーホテル&スパ、ビジネスクラス搭乗記、空港ラウンジなど、好きなことを綴っています。

おはようございます。

アマン・スベティステファンでのディナー。
→ 初日の日記はこちら

オフシーズンということで、杭州のアマンファユン同様、貸切でした。
→ 大晦日ディナーはアマンファユンのレストランを貸切!



オフシーズンの今は、レストランは一つのみ。
ですから朝、昼、夜も同じになります。
→ 朝食の様子 






少し落ち着いた照明、窓からは海が見えます。






暖炉はランプのみと雰囲気だけ味わいます。






メニューはアラカルトのみ。
前菜は10€から~。
アマン宿泊は、バリのアマヌサ、杭州のアマンファユンに続き、
3カ所目ですが、どこのアマンも、レストランの料金はリーズナブルに思います。
宿泊料金に比例していないので、これはアマンの良いところ。






メインは、30€から50€の間くらい。






パンは、ソフトとハードの中間くらい。
お米が入っているものと、オリーブが入っているもの。






このお塩と胡椒が美味しかった!






前菜は、お魚のスープ。






ドリンクは、最初から最後までシャンパンで。






メインもお魚で。






お魚の下は、グリンピース味のマッシュポテト!






パンをいただき過ぎてしまって、デザートはアイスのみ。
ピスタチオの自家製アイスですが、ちょっと冷凍やけしている感じで残念・・・


アマンファユンのイマイチでしたが、
こちらのお料理は、美味しかったです。