『広告』


ある日新聞と一緒に広告が送られてくる。


「詐欺に騙されない方法を50ドルで教えます!」


注文してみると紙切れが一枚だけ届く。


そこにはこう書かれている。


「この手の広告にだまされるな。」

 

あべのキューズモールに有村架純坂口健太郎

来店するという。

 

「そして、生きる」というドラマの番組宣伝だそうだ。

 

観覧席は300組600名となっている。

 

「応募しようよ、有村架純を近くで見れるよ!」

 

息子は有名人好きである。

 

しかも、彼女が主演していたNHK朝の連ドラ「ひよっこ」を

見ていたので、なじみも深い。

 

まあ応募が殺到するから当たらないだろうと思いながら、

応募用紙を家族3人で書いた。

 

すると、後日息子の名前で当選ハガキ

自宅に届くこととなった。

 

息子は大喜びしている。

 

しかし、7月26日は・・・。

 

妻の都合が悪く参加出来ない。

 

ということで私と息子が参加することになった。

 

さて、当日はスタートの1時間前までに集合。

 

当選ハガキに書いてある順番で並び、

炎天下の中で立ちっ放しで見るスタイルだ。

 

待っている間は長く感じたが、

この程度は仕方ないだろう。

 

 

 

17;00に司会者が挨拶。大歓声のなか、

有村架純と坂口健太郎が登場した。

 

ステージまでの距離は10メートルほどなので

はっきりと顔の表情が見えた。

 

やはり2人ともスターなのでオーラがある。

 

インタビューは番組宣伝なので

面白いものではなかったが、

有村架純は、坂口健太郎がつまったときに
さりげなくフォローしたりとなかなか好感度が高い話し方だった。

 

最後にステージ奥からマスコミ関係者数人が、

観客全体と2人を写真撮影していた。

 

後日、息子がネットで検索すると、

何枚か先日の写真が上がっていて、

観客の中に私と息子もはっきりと顔が写り込んでいた。

 

何の気なしに出した応募ハガキだったが、

おかげで面白い体験をさせてもらった。

 

 

 

製造業の生産活動を示す鉱工業生産指数

 

一旦上昇しても2011年は震災、

2012年は中国との関係悪化で再び低迷傾向と

一進一退を続けてきました。

 

消費税増税後は、100を下回ることが多かったのですが、

2017年以降は100を超えることが
多くなりました。この2年は105前後で推移しています。

 

 

 

毎年、秋に健康診断を受けている。

 

いつも指摘されるのは腹囲を測定されるメタボ診断。

 

「だいぶ標準値をオーバーしてます。」

 

「はあ、そうですか。」

 

「年齢的にもそろそろ意識しないと。」

 

そう言われ続けて、

数年・・・。

 

そこで昨年は一念発起、

確定申告明けぐらいから食事制限を始めた。

 

具体的には夜のごはんの量を8分目にすること、

昼は外食を減らし、

スーパーのカロリー量を表示した

野菜多めの弁当類で済ませることなどである。

 

最初は辛かったが、

慣れると何とか続けられるものだ。

 

昨年の健康診断時には5キロ以上体重が減っていた。

 

「だいぶ努力されたようですね。」

 

診断結果を見たドクターからもお褒めの言葉を頂き、

気をよくすることとなった。

 

しかし、

繁忙期(秋から冬)に入ると、

仕事のストレスが溜まるようになる。

 

結局お腹いっぱい食べる生活に逆戻り。


今春体重計に乗ってみて愕然となった。

 

なんとダイエット前より3キロも増加。

 

典型的なリバウンドだ。

 

今は再びダイエット生活に向け、

生活習慣を改めている。

 

リバウンドの怖さを改めて実感した一年だった。