こんにちは!

 

一般社団法人体力メンテナンス協会

指導士養成講師

体力指導士

産後指導士

バランスボールインストラクター

MISATO  PARK代表 たかいみさとです!!

 

 

 

 

布団の片付け、椅子から立ち上がった瞬間、「イタっ!!」と突然腰に痛みが・・・という経験はありませんか?

 

病気やけがによる自覚症状の調査では男性、女性ともに上位を占めている「腰痛」。

 

誰でもいつでも、経験するかもしれない身近な症状でもあるんです。

 

 

 

 

痛みがあるのは辛いものです。

 

 

 

 

毎日の生活の中で、取り除ける原因は、取り除いて行きましょう!

 

 

 

まずは普段の何気ない姿勢を見直しましょう。

さらに余裕のある方は、日常のすきま時間にストレッチなどを取り入れ、予防に努めましょう!

 

 

 

 

今日は腰痛のストレッチをご紹介したいと思います。

 

ゴロゴロしている時がチャンスです!

隙間時間にぜひ!

 

 

 

寝たまま行う腰痛ストレッチ

全身を伸ばすストレッチ
 
仰向けに寝て、両手を上に上げます。
この時、手のひらは天井の方へ向けましょう。
手足を引き合うようにして、気持ちよく全身を伸ばします。
※腰を反らないように、紐をピンと貼るようなイメージで伸ばしましょう。
 
 
 
腰をねじるストレッチ
 
 
 
両手を広げ(手のひらは上向き)、片ひざを曲げて持ち上げ、伸ばしている足の方向に倒します。
このとき、両肩は床につけておきます。
反対側も同じように行います。
 
 
片膝を抱えるストレッチ
 
 
 
 
片ひざを両手で抱え、胸の中央の方に引き寄せます。
反対側も同じように行います。
 
 
両膝を抱えるストレッチ
 
 
両ひざを両手でかかえ、胸の方に引き寄せます。
 
 
両膝を開くストレッチ
 
 
お膝を山型にして、外側に倒し、足裏を合わせます。
膝を床に近づけようとせずに、足の重みで開くように行います。
 
 
腹式呼吸
 
 
お膝を山型のまま、両手をお腹の上に乗せます。
息をゆっくり深く吸いながら、お腹を膨らませます。
お腹が膨らみ切ったら、今度は息をゆっくり吐きながら、お腹を凹ませます。
吸う息は鼻から、吐く息は口から。
5〜10回程行います。
※立っている時でも座っている時でも行えるので、気がついたときにやりましょう!
 
 
 
★一つのポーズに10秒くらいキープしてください。
★回数は、5〜10回。
※時間や回数は、あくまでも目安です。体と相談しながら、調整して行ってくださいね。
 
★痛みがあるときは行わないでください。
 
★ストレッチをするときは、呼吸をとめないようにしましょう。
 
★無理のない範囲で習慣づけると腰痛予防に効果です!
 
 
 
 

バランスボールレッスン受付中です!

 

 

 

ますます輝くような人生を送りたい人へ!