一般的にラグビーや柔道などのいわゆるコンタクトスポーツによって膝の外側から

外力が加わった結果、膝関節が外反して内側側副靭帯(MCL)損傷が起こります。

症状としては圧痛や腫脹、熱感などを感じます。最終的にはMRI検査などで確認して

診断します。

 

治療としては損傷程度にもよりますが固定を施して安静が第一です。

並行して超音波や低周波などによる物理療法も効果的です。

前十字靭帯(ACL)や内側半月板などと合併損傷している場合などは手術を

選択する場合もあります。

 

 

#内側側副靭帯 #MCL #前十字靭帯 #ACL #内側半月板

#超音波 #低周波 #コンタクトスポーツ

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ありあけ接骨院

【住所】
〒114-0023
東京都北区滝野川2-10-13-1F

【電話番号】
03-6874-7150

【診療時間】
(午前)8:00〜12:00
(午後)14:00〜19:00
※木曜休診
※土日も8時より診療しています

★毎月10名様限定で無料体験実施中★
お友達やお知り合いの方とご一緒でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。相談も無料です。

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:膝の内側側副靭帯(MCL)損傷でお悩みなら東京都北区接骨院「・・・