どのくらいでできる? | 悪態のプログラマ
2005年07月07日(木)

どのくらいでできる?

テーマ:見積
システム開発のプロジェクトでは、プログラマの「時間」は、きっちりと管理されるのが普通である。

例えば、「○○機能は3日でプログラミングする」というように、細かいスケジュールが引かれるだろう。

そういった状況の中、自分に与えられた作業がどのくらいの期間で出来るのか、ということを判断することは非常に重要である。

○○機能のプログラミングを任されたプログラマは、まず、自分がそれを3日でできそうかどうかを見積らなければならない。そして、できそうになければ、最初にそのように主張すべきである。3日後に「できませんでした」と言っていたのでは遅い。

リーダーが3日で出来るというのだから、がんばれば出来るのだろう、などと考えないほうがよい。自分がやる仕事は、最終的には自分が見積り、自分がスケジューリングするのだ。それも「プログラミングという仕事」の一部なのである。


スケジューリングが必要なのは、作業を与えられた時だけではない。1日目のプログラミングが終わった時点で、残り2日で全ての作業が出来るかどうかを判断することも大切である。このように、常に残作業を見積りながら仕事を進めなければならない。

そして、予定から遅れそうであれば、すぐにリーダーに報告する。これは絶対に躊躇してはならない。責任を感じて言い出しにくいという人もいるかもしれないが、開発作業の遅れなんて日常茶飯事だ。気にすることはない。

まともなリーダーなら、遅れを報告をしなかったことを責めることはあっても、遅れたこと自体を責めることはないだろう(※1)。

とにかく、遅れの報告は、早ければ早いほど良い。早く報告したほうが、再スケジュールなどの対策が取れる余地が多いからだ。


経験が少ないプログラマにとって、作業のスケジューリングは難しいものである。しかし、それをやらなければ、その場その場の思いつきで作業を行うような状態になってしまうだろう。そんなことでは、いつまでに作業が完了するのかわかったものではない。プロのプログラマとしては失格である。

どうしたらよいか分からない人は、まず、与えられた作業について、具体的にはどんなことをするのか、想像してみよう。作業をもっと細かいまとまりに分割して考えるといいだろう。次に、その細かい作業のひとつひとつについて、必要な時間を見積もる。そして、それを時間軸(カレンダー)上に配置するといいだろう。

こういった作業の見積は、プログラマという職種に特別に要求されるものではない。期限付きの仕事をする場合には、当たり前のことだ。しかし、意外と出来ない人も多いのである(※2)。




※1
もちろん、まともでないリーダーもいるので、困るのだが。それどころか、自ら顧客に遅れを隠し続け、納期直前に発表するようなプロジェクトマネージャもいたり...

※2
客先の担当者にも...



生産管理ができる事典
生産管理ができる事典
posted with amazlet on 06.06.24
田中 一成 黒須 誠治
日本実業出版社 (2004/03/25)
売り上げランキング: 25,963
おすすめ度の平均: 5
5 生産管理の入門書として最適


革新的生産スケジューリング入門―“時間の悩み”を解く手法
佐藤 知一
日本能率協会マネジメントセンター (2000/04)
売り上げランキング: 8,995
おすすめ度の平均: 4
4 スケジューリングについて最も分かりやすく書いた本


argvさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス