カツオ・マグロ 5戦目

テーマ:

10/11(木) 三浦市 諸磯港 光二丸(仕立船)

 

台風も落ち着きようやくまともに出船できる時期になりましたが

気がつけば今年は最後の出船となってしまいました。

9回予約を入れ出船できたのはわずか5回

有終の美で終わりたいです。

 

珍しくベタ凪曇空、ワラサも釣れ始めたので船団少な目です

城ヶ島のパヤオを様子見てから、亀城根付近まで戻ってきました

 

群れは小さいのですが、反応は良く

すぐさま大型のカツオが喰ってきます

 

空振り無しとは行きませんが、

船上ではどこかで魚がバタバタしてる状況続き

皆良形ぞろいでなかなかに楽しめます

 

 

 

8時を過ぎるとアタリ遠のきますが

ポツポツとカツオは釣れあがります

しかしサメも獲物を狙ってるようで

大型のカツオが喰われてしまいました

 

コンスタントにカツオは釣れ続き

終わって見ればカツオ11本(2~5kg)、キメジ1本(2kgこのサイズは見たことありませんでした)

なかなか楽しめる釣りとなりました。

船中でも12、6、5、4、4、3本 合計34本のまずまずの釣果となりました

 

今年は大型のキハダ相模湾に入らず悲しいですが

来年は回遊してくれるよう切に願います

 

 

 

 

マグロ・カツオ4戦目

テーマ:

10/5(金) 三浦市 諸磯港 光二丸(仕立船)

 

台風25号の接近でヒヤヒヤしましたが

出船できました。しかし北の風11m/s

なかなかのバッドコンディションです

2連続ボウズ続いているので何とかカツオでもよいのでもって帰りたいですね~

 

ポイントは城ヶ島沖だと思ってましたが

進路は真西へ

1時間ほど走り相模3号ブイ辺りまで走ってきました

 

2、3投すると、早速カツオの良型ゲットで

3連続坊主は回避できました

5キロの良型は正直うれしい~

 

そうこうしてるうちに、船の上はカツオでバタバタ状態に

 

指示棚は15-40mと広範囲に反応出ています

しかし魚の活性はそれ以上で仕掛投入すると

水面下3mでフォールで喰ってくる状況

こうなると1投に1匹ペースで空振り無しの投入続き

スーパー爆釣となりました

このまま永遠に続くかと思いましたが

約2時間9時ごろ落ち着いてきました

 

エビングをしていたS君には船中1本目のキメジがヒット

10.4kgでしたが、人生初マグロで歓喜の雄たけびをしていました

 

その後もカツオはポツポツ釣れ続け

Tさんに11kgのキメジが混じりました

 

聞けば棚は35m、24号ハリスとの事

私もすぐに仕掛けを変更し照準をマグロに合わせます

すると1時間後の11時頃

チョンチョンと震えた穂先が、一気に水中へ突っ込み

リールから糸が引きづり出されます

35mで喰わせ80mまで約50m引きづり出されました

今年初のマグロの引きを楽しみながら上がってきた魚は

11kgのキメジ!!

キハダには遠く及びませんが

今年の状況でしたら10キロ以上だったら上出来でしょう

 

同時にTさんにもキメジヒットしていたようで

本日2本目をゲットされてました

 

カツオは後半も活性高く

マグロの太い仕掛けにも躊躇無く食ってくる始末で

気が付けばクーラーに入らない魚が船の氷庫に入れるほどでした

 

12時半早上がりとなり

船中キメジ4本 10.4kg、11kg、11kg、11kg 0~2本

 

私の釣果はキメジ11kg本、カツオ30本以上

今までに無い大漁となりました

 

港についてから

頭、尻尾を落しクーラーへの収納大会が桟橋で開催されてました♪

 

ようやく良い日に当れました

 

 

 

 

 

カツオ・マグロ 3戦目

テーマ:

9/17(月・祝) 三浦市 諸磯港 光二丸(仕立船)

 

三連休最終日、

台風もようやく落ち着いてくれ、久々にマグロへ行かれました

 

ポイントは近場で30分程でポイントに到着です

うねりは多少残ってますが、無風べた凪の最高のコンディション

 

そして、開始30分程で時合いがやってきました

型の良いカツオがポツポツ釣れあがりますが

 

 

私の竿は沈黙しています

 

何回か投入を繰り返してると

私にもヒットしました!

25mで食わせ巻き上げにかかりますが、キツメのドラグが引き釣り出されます

しかし、ここで事件発生!

右舷のカツオを掛けた方とお祭りしてしまい、さらにそのカツオが走り回り

4人を巻き込んでの文字通りのお祭り騒ぎとなっているなか、

私のマグロは容赦無しに100mまで疾走しています。

お祭りを解いていた船長の手を切る始末…

ようやく、お祭りがほどけ戦闘開始しましたが、

ハリスを切って逃げられていました(泣)

 

その後、トモの友人がマグロをヒットさせ

250m近くまで走りましたが、やり取りはじめた矢先、ハリス切れ!!

針の掛かり所悪かったようで、飲み込まれてました。

 

しばらくして、私にカツオがヒット

電動でこちらに向かせ巻き上げてると、突然竿のテンションが抜けてしまい

ばらしてしまいました。

 

 

仕掛を回収すると、針が広がっています(怒)

道具入れで眠っていたカン付きの針ですが、

金輪際使うことは無いでしょう()

10時を過ぎた頃から群れが薄くなってきたので

30分ほど走り、場所移動しました

 

 

魚の反応はものすごくあるのですが

何故か口を使ってくれません

 

回りの船では時折カツオは上がっているものの

喰いは渋い状況続きます。

13時の沖上がりまで状況は好転せず終了となってしまいました

 

 

 

今期3度目の結果はキメジバラシ1、カツオバラシ1のボウズでした

悪い時は何をやっても上手くいきません

次回こそはキメジでいいから、取りたいです。

 

 

 

 

 

 

10万キロの大台を達成して

 

トラブルがちょくちょく出るようになってきました

 

1週間ほど前から気になっていた駆動系の異音が徐々に大きくなり

 

走行中の異音がいたたまれない程まで大きくなってしまいました。

 

押し歩く際にもゴーっと、ベアリングの異音がするので

 

ミッションのベアリングが逝ってしまったようです。

 

ヤフオクでミッションベアリング、オイルシールセットを入手してから作業開始です

 

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q214857315

 

 

まずはミッションオイルを抜きます

 

抜き取ったオイルの中に金属片が混じってます、

ベアリングが破損した証拠で、

ギヤーにもダメージ与える前でよかった

 

プラグキャップも1度も替えたことなく

プーリーのランプレートもガタが来ていたので

取り寄せておきました

 

しかしクランクシャフトの付け根を見ると

オイルが滲んでいます

 

ランプレートの裏側はオイルでベトベト

クランクシャフトのオイルシールも交換必要でした

 

ミッションケースのベアリング交換だけでも済ましておこうと

作業を進めます

 

ミッションケース反対側にあるリアブレーキ、ベアリングストッパーを外します

 

しかし、ここから作業止まってしまいました

ミッションケースのカバー外れず悪戦苦闘

プラハンマーで叩いたり、クランク軸を引っ張ったりしましたがびくともしません

60分格闘しましたが、これ以上は手に負えずギブアップです

 

クランクケース周り、リアブレーキを仮組し

購入したバイク屋さんに引き取りに来てもらいました

ついでにクランクシャフトのオイルシール交換もお願いしておきました。

アドレスV100でミッションケースのベアリング交換は経験済みだったので

自信あったのですが、ベアリングまで到達できませんでした

 

外すコツ解る方居ましたら教えてください。

 

 

 

後日オイル交換も行い修理完了です

2018/5/31 オドメーター103322.0km

 

やっと出船できた

テーマ:

 

8/26(日)三浦市諸磯港 光二丸

 

たび重なる台風の接近で予定していたマグロ釣りが2回も中止となってしまい

まだ1回だけしか釣りに行かれてませんでした。

 

そして、今回19号、20号のW台風も予定よりも早く過ぎ去り

無事出船できました。

 

5時半に出船し城ヶ島のパヤオに向かいます…

 

カツオ・マグロは居なさそうなので

江ノ島沖の相模一号ブイへ走りますが

ここでも魚の反応は薄いようです

 

そこへ、カツオが上がったとの無線をキャッチして

二ノ宮沖へ大移動すると、そこには大船団が形成されてました

 

しかし、カツオ祭りは終わってしまったようで

アタリはおろか周りの船も取り込んでいる様子はまったくありませんでした

 

しかし、魚の反応はあり、終始追い掛け回してコマセを撒きますが

船下へ入ってくれず、13時の沖上がり時間となってしまいました

 

台風後の薄緑の濁りが入ってしまい

私はおろか、船中6名ノーヒット、ノーランの完全試合となってしまいました

 

翌26日はルアー船調子よかったみたいで

台風直後は良い思いできることは少ないですね

避暑ランニング

テーマ:

連日、暑い日が続きますね

受験と一緒で、夏の努力が結果に結びつくことわかってるのですが

気温が下がった夜走っても、すぐにヘロヘロ

 

12月の湘南国際マラソンに向け走力を付けたいのですが

気温の高さは強敵です

 

芦ノ湖は家から30分スクーターで行かれる

手軽な避暑地、地の利を活かさない手はありません

 

スタートは「箱根駅伝ミュージアム」

 

 

芦ノ湖を眺めながらゆっくりスタート

 

外国人だらけの箱根の関所を中央突破し

調子に乗り

恩賜公園の2百階段を駆け上がった時には既に体力使い果たしてしまい

この後のアップダウンで後悔するのでした

 

箱根プリンスホテル先の遊歩道は人も少なく走りやすいのですが

アップダウン激しくトレランに近いです

 

しかし木陰が多く気持ちよく走れます

杉が多いので初夏までの花粉の時期は地獄でしょうが…

 

湖尻で折り返し

湖畔の風が心地よく、気持ちよすぎて長時間休憩してしまいました

 

芦の湖畔1週の道もあるようなので、次回チャレンジしたいですね

 

 

 

 

8/5(日)諸磯港 光二丸

今年もマグロに季節がやってきました

 

8/1の解禁よりカツオ・キメジは釣れていますが

大きなキハダマグロは釣れていません…

 

一抹の不安を抱え、6名で6時出船です。

昨日良かったポイント沖の瀬の南を目指します

 

しかし道中はもちろんポイントに到着して魚っ気なく

鳥も少なめで、船は止まる事無く、クルージングが続きます

 

出港して3時間、近くの僚船でカツオが上がってとの情報を得て

早急にポイントへ向かいます。

 

僚船の他に船は居らず、チャンスタイム!!

 

船長の合図で仕掛を落すと、まさかの6人同時ヒット!!

 

私は難を逃れてキャッチできましたが、オマツリも発生してしまい

 

3人がバラシてしまい、3人1本づつのキャッチとなりました、

良型で沖上がり後の計測で2.8kgありました

 

 

こちらは4キロの大型、おいしそーです

 

私の仕掛けはハリス12号3m、針ヒラマサ針14号

付けエサはコマセから拾った沖アミを1匹丸掛けです

 

しかし、チャンスタイムは直ぐに終わってしまい

再び長いクルージングタイムに入ります

 

魚の反応が出ると50隻ほどの船団となってしまい

魚が直ぐに沈んでしまい、船の下に入ってくれません

ソナーの反応も小さく、魚が船を警戒してるのが良く解ります

 

群れを探しながらストップ&ゴーの釣りが続きますが

周りの船も魚上がっておらず、厳しい状況うかがえます

 

結局13時の沖あがりとなってしまい、

船中カツオ3匹の初戦となりました。

 

次回は8/9(木)ですが、台風13号で中止です

その次は盆休み明け24(金)を予定しています

 

カツオは鮮度が重要

その日の内にタタキで頂きました。

 

6/30(土)ヘチ釣り教室 本牧海づり施設
 
今年4回目のヘチ教室です
ヘチ釣り普及の為、ボランティアで年4回開催しております。
 
海釣り施設、グローブライド海津クラブアークス根岸店五洋黒鯛研究会

のご協力で開催されています

 

参加費は3000円

 

道具のレンタル料、仕掛、エサ、入園料全てコミコミとなっております、

 

しかも今年度はダイワの帽子がプレゼントされます、

 

教室は13時からなので、早朝より釣りをして待つことも可能です

 

サビキ、チョイ投げに飽きてしまい、大物を狙いたいと思ってる方

 

黒鯛、シマダイ、スズキが狙えるヘチ釣り始めていませんか!?

 

来年もヘチ教室開催予定です、1ヶ月前に各海釣り施設で募集始めますので

 

3月以降の20日前後は要チェックです。

 

先週の大黒海釣り施設では大雨に降られてしまいましたが

今日の本牧は一変、真夏のような暑さの快晴です

22名の方が参加してくれました。

 

管理棟2階で60分の座学で基礎を学びます

 

レンタルタックルは今年、ダイワさんのご協力で一新されされました

上級者でも納得できる仕様で

ロッド BJスナイパーF300Mと リール BJ75です

 

60分の座学講習の後は釣り場に出て実釣講習です

技量に応じて3-4人の小グループに分かれます

釣り初心者でも安心してヘチ釣りを体験できます

 

エサのつけ方、仕掛の落し方のレクチャーを受けます

 

一通り教わり、それぞれ釣りに集中します

講師陣も何故か真剣に竿を出します

 

しばらくすると、講師のT嶋さんが『あ、あぁ~』

エサのカニが潰され、ガン玉に黒鯛の歯型がしっかりと残っています

うーーん残念、是非受講者の前で釣ってほしかったです

 

一方、受講生はアタリを取る勉強の為、アオイソメを使う方多く

小さなカサゴが良く釣れていました。

小さな魚でもヘチ竿で釣り上げると、魚の引きがダイレクトに伝わり

ご覧の笑顔になれます。

 

ヘチ釣り教室今年は終了してしまいましたが、

手軽にヘチ釣り体験してもらえるよう、レンタクタックル準備中です

興味ある方はアークス根岸店までご連絡ださい。

 

 

6/23(土)ヘチ釣り教室 大黒海づり施設
 
今年3回目のヘチ教室です。
 
ヘチ釣り普及の為、ボランティアで年4回開催しております。
 
海釣り施設、グローブライド海津クラブアークス根岸店のご協力感謝いたします。
 
今回は梅雨真っ只中で本格的な雨が予想されますが
 
キャンセルも少なく、14名の受講者が参加されました

 

いつものように室内で座学を60分学びます

 

竿の特徴や、黒鯛の生態など詳しくレクチャーします

 

14時30分より、実釣開始です

小グループに別れ、エサのつけ方のなど教わります

 

あいにく梅雨前線の影響でしっかりとした雨ですが

釣り場は人が少なく非常に釣り易い、

しかもこの荒天で黒鯛の活性もあがり、本命が釣れちゃうのではないかと期待値高まります

 

イソメは馴染みなりますが、カニ餌は初めての方、多いようです

 

一番肝となる仕掛けの落し方、ヘチ際から30cmも離すと全然釣れませんよ

 

20分ほどの手ほどきが終わり

いよいよ自分達でつり開始です

 

ファーストヒットは海タナゴでした

ヘチ竿で釣り上げると魚のダイレクト感が強く大物に感じてしまうので

この大きさでも十分楽しめます

 

そして講師の竿にも大物らしき魚がかかりました

 

慎重に寄せて、寄せて

 

最後の突込みで抵抗を見せあがって来たのは…

 

30cmの赤目フグでした

 

その後、カサゴはポツポツ釣れましたが、本命の黒鯛は上がりませんでした。

普通天候が悪いと魚の活性上がり、爆釣すること多いのですが

それ以上に潮動かず、大苦戦となってしまいました。

 

終了後

 

釣り場がガラ空きなので、閉園まで私も本気で釣りしました

 

最初のうちはボサガニを使って黒鯛狙っていたのですが

あまりのあたりの無さに、思わず青イソメに付け替えると

 

カサゴは釣れてくれましたが、食いは渋く3匹しか釣り上げられませんでした

 

周りの状況も芳しくなく、朝のほうが状況良かったようです。

 

受講された方、こんな日ばかりではありませんから

ぜひ日を改めてチャレンジしてください。

 

次回は6/30(土)今年最後のヘチ釣り教室となります。

参加される方、よろしくお願いします。