皆様、あけましておめでとうございます。

株式会社アルコ 代表取締役 鹿倉三裕です。(鹿ちゃんです。)

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

夏と年末年始は、毎年15日間ずつの長期休暇としております。

本日が2023年の仕事始め、という事で。なんと12月21日からお休みを頂いておりました。

社員それぞれが、日々の職務以外の活動からも新しい情報を仕入れる事が出来るように、との願いがあります。

 

そんな中で私は、年末に家族を連れて大阪USJに行って参りました!

特に目的にしていたのはマリオワールド。子供たちもマリオウォッチ?のようなものをつけて、

体力を使い果たすまでに楽しめたようです。なかなか素敵な世界観でした。

 

ところで、ある若者からUSJって言う人はもうおじさん・おばさんだよ、

若い人はユニバって略すよ、と聞いてショックを受けています笑

 

 

さて、営業初日である本日は、少し早めに会社を閉めさせていただいて、

スタッフ全員で浅草寺にお参りに行ってきます。

弊社は5月末決算で、ちょうど期末頃には新商品が目白押しです。

賑やかな一年になりますよう願って、今年も元気に頑張って参ります。

引き続きのご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

こんにちは、鹿ちゃんです。

弊社では、毎年とても長い夏休みを頂戴しております。

今年は8月10日~8月24日の15日間でした。

 

日々の仕事に追われて日常のルーティンにはまると、

なかなか新しい事にチャレンジできなかったりするものです。

半月もあれば、どれだけ新しい事に取り組めるでしょう?

海外にだって行けます。外国籍の人も働きやすくなりますよね!

 

なかなか他の国内企業では、このような長期休みは聞きませんが…

だからこそ、今しか出来ない事を取り組んで欲しい。

そう願って、毎年この状況を作っています。(実は、冬も…)

 

 

さて、前置きはこれくらいです。

私の夏休みは、子供たちと毎日早朝散歩、海、プール、映画、などなど…

子供のいない所では、都内のJazzレストランに行ってみたり、

まぁまぁ充実でした。

 

そして今夏の私のチャレンジは!

「バイク一人旅&ソロキャンプ」です。

 

コロナ禍で話題にもなったこの機会に、ソロキャンプがやりたい!

と、かれこれ2年近く思って、行動できずにいたのですね。

(子供たちが極度の虫嫌いで、ソロにせざるをえないという…)

 

山の上から夜景を眺めつつ、焚火の火で本も読めちゃう…みたいな、

理想のソロキャン像があるものですから、それから逆算をして準備するわけです。

で、これが出来ました。↑見た目が大事です!この絵を思い浮かべてました!

 

また、ここに行く過程も理想像があってですね。

バイク1台に荷物をまとめて、高速道路を使わずに山越えしていくという…

これをやりたいがために、今年1月から免許センターに通い、

大型二輪免許を取得し、6月末には奮発して大型バイク(中古)も買ってしまうという、

なんとも高いソロキャンプ笑

長野の山中にて。

諏訪湖。

 

埼玉川越発→国道299号にて長野県へ→諏訪湖→

 山梨県→笛吹市ほったらかしキャンプ場(一泊)→

  ほったらかし温泉で日の出入浴→卵かけご飯で朝食→

   雁坂トンネルで秩父へ→三峰神社→山伏峠→有馬ダム→帰宅

2日間で総行程400kmくらい?

 

このソロキャン企画が元になり、キャンプ道具のお店の人とも仲良くなり、

既にキャンプ仲間が出来、また、バイク1台あれば道が続く限りどこまでも行ける

というスキルを身につけました。

これをきっかけに、もっともっと経験値を積んでまいります!!

(キャンプ道具増えちゃうなぁ…。)

こんにちは、鹿倉です。

梅雨の季節とは思えないほど、良く晴れた暑い日が続いていますね。

みなさま、どうぞお身体にはお気をつけください。

 

さて、表題の件でございますが、6月23日(木)にウクライナ大使館へ訪問、

セルギー・コルスンスキー特命全権大使とのご面談が叶い

ウクライナの人々に対する人道支援のための義援金を贈呈して参りました。

(左・鹿倉、右・セルギーコルスンスキー氏)

 

(ウクライナ大使館の玄関口にて、立会者5名。

左から、アルコ大久保ファウンダー、ライオンズクラブ・星野宏一様、

株式会社北八・後藤様、ライオンズクラブ・柴田幸太朗様、アルコ鹿倉)

 

(インナ・イリナ書記官より説明を受けている様子)

 

今回の義援金は、日頃弊社に関わりの深いお客様やお取引業者様などの中から

趣旨にご賛同いただいた方に義援金を募らせていただき、

集まった金額と同額を弊社が加算して、合計で150万円を超えるものになりました。

一人で出来ること、というのはどうしても限られてしまいますが、

皆様との力が合わさる事で、大きなことを成しえると実感したものでした。

 

セルギー大使は面談の中で、

金額の大小ではなく、遠く離れた地でもこの気持ちを持って応援していただける事が

とても嬉しい。この気持ちを多くの人に伝えていってほしい。

という旨のお話をされておりました。

また、期間が長引くほどに情勢は厳しくなる反面で、報道に慣れてしまい

気持ちが薄れてしまう事も危惧しているという事でした。

 

私たちが出来ることは、このような発信を通じながら

一人でも多くの人に興味をお持ちいただく事なのだろうと思っております。

 

面談室には、有名な画家の方が描かれた大統領の肖像画や、

子供たちの手で集められた義援金の貯金箱、岸田総理からのメッセージなどがありました。

また、力士の写真があり、「はて?」と思いましたが・・・

あの有名な大鵬関は、お父様がウクライナの方だそうです。

 

以上ご報告でございました。

ご協力を頂いた皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

また、今回私どもが至らずにお声がけが届けられなかった方にも、

今後何らかの形で応援頂けましたら幸いでございます。

アルコ大久保ファウンダーが所属する東京光が丘ライオンズクラブでも、

義援金の募金を定期的に行っております。詳細はお問い合わせ下さい。

 

最後に大使館より確認をした口座情報を記載させていただきます。

 【ウクライナ人道支援寄付口座】

 三菱UFJ銀行 広尾支店(047) 普通0972597

 エンバシーオブウクライナ

 

 

 

こんにちは!鹿ちゃんです!

…という入り方をしてみましたが、本日は少し真面目に。

 

改めまして、本月より弊社の代表取締役社長に就任しました、鹿倉三裕です。

ホームページ上のお知らせ表示と、関係業者様並びにファミリーの皆様には

個別にお手紙をお送りさせていただいておりましたが、

こちらでのご挨拶が遅れておりましたこと、お詫び申し上げます。

 

私は2006年に株式会社アルコへ新卒入社をし、今年で16年目となります。

経歴としましては、埼玉県川越市にて建設業を営む家庭で育ち、

高校・大学共に建築学科を卒業、入社後は途中2年間程家出"修行"に出てておりましたが、

2019年11月に復職、2021年12月に代表取締役(2人代表)となり、

創業1987年から設立35周年の節目である本年6月、単独代表となりました。

※なお、前社長の大久保も、取締役ファウンダー(創業者)として業務を続けております。

 

この35年の歴史を数えることが出来たのも、

多くのお客様とのご縁があり、また協力業者の皆様や、共に働くスタッフ、

他にも今まで様々な形で関わって頂いた方々のサポートあってのことです。

本当に、心より感謝申し上げます。

 

我々が作る住宅は、皆様の夢を叶えるためのステージであり、

そこから幸せがあふれ出し、繋がっていく事が"まちづくり"であると考えます。

そして、彩り豊かに育まれた夢が、重なり合う事で『虹』が描かれます。

(アルコはスペイン語で虹という意味を持ちます)

 

私達の住宅を通じたまちづくりへの想いを、夢の象徴である虹に重ねて、

これからも50年、100年と続く企業であるべく、弊社も進化して参ります。

 

なお、ブログには変わらずに登場し続ける予定です!

これからも、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

株式会社アルコ

代表取締役 鹿倉三裕

 

こんにちは!

 

アルコでITと食を担当しております、寿です。

ブログ初投稿という事もあって、少々緊張しております(^^;)

 

さて早速ですが、今回訪れたお店を紹介させて頂きます。

今回ご紹介させて頂くお店は銀座駅から徒歩4分にある「焼鳥 月や」です。

 

       

 

このお店は素材の魅力を極限まで引き出した「伊達鶏」と「日本料理」を融合させた大変珍しい焼き鳥屋です。

店内は龍や牡丹などの日本墨画が天井に描かれたオープンキッチンとそれを取り囲むように白木のカウンター席が配置されております。

 

今回私は「1Anniversaryコース」。6月25日に一周年を迎えるとの事で、折角なのでこちらを選びました。

肝心の食事に関してですが、、、とにかく一品一品のクオリティが非常に高い!

素材を最大限引き出している事や、それに使用している塩などの調味料など、非常にこだわりが強いです。

(今まで食べていた焼鳥とは何だったのだろうと感じてしまったのは内緒です。)

また、それら料理に関して非常に熱く語って下さる料理長さん。色々と勉強させて頂きました!

 

       

最後に親子丼と自家製のわらび葛餅を頂きました。

(美味しすぎます。コレだけでやっていけるんじゃないかな・・・。)

 

料理長さんやスタッフさんの、こだわりと熱意を強く感じた大変素晴らしいお店でした。

季節が変わると食材も大きく変わる、また色々と挑戦されているとの事ですので、

またしばらくしたら伺おうと思います。