arcadiaのブログ

arcadiaのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

みなさま。
お暑うございますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は日々、暑さに負けじと業務に明け暮れておりますが、
心の余裕はいつでも2割ほどキープするように心がけておりますでおなじみ、

 

株式会社ARCADIA所属 企画開発(メカ担)、ロジスティックなど、

出来ることは何でもやる担当、みすたーKと申します。

 

開発業務はもちろん出荷伝票や売上伝票なども作っています。
そういやぁ、事務所エアコンのフィルターが酷いことになっていたので、
1時間かけて掃除、洗浄しましたよ。心なしかエアコンの効きが良いような気がします!
余談ですがね。

 

2018年7月末に発売させて頂いた「1/24 ダイキャストモデル ガーランド」。
ご好評頂いているようで何よりです。


全塗装が商品仕様なので、可変物には油断禁物な商品になっております。
塗装してある方が断然カッコイイので、多少の塗装剥がれは仕様とご了承頂ければ幸いです。

 

さて、本題です。

7月29日(日)のワンダーフェスティバル弊社ブースにも展示していました今回の主役!
AICプロジェクトと銘打ったメガゾーン23シリーズの新作!
CAMPFIREでPV制作し新たな開発進捗をしている「メガゾーン23Ⅺ」。
その中に登場するであろうヒロインのテストスーツを装着した可動プラモデル、その名も
『G.F.P メガゾーン23Ⅺ さくら テストスーツVER』!!

 

そして今回はG.F.Pシリーズ「02 フィーナ」のテストショットを少し遊ばせて頂いたので、
先取り的なレビューなんぞを書かせて頂きます。

なお、あみあみさんでは商品情報が掲載されているので、そちらもご覧あれ。
なんでもシリーズバリエーションも掲載しているようですので、併せてどうぞ。
https://www.amiami.jp/top/detail/detail?scode=FIGURE-041301&a8=D6K9W6g2ONZfSK70yl0kGmoVmfHWd2K8r2zjBeQ2A6ThAiT2OhANAjc03mKNSmoD0mSDbkAmpYKDA6afOmoV9d_sxs00000003017001&affid=fc


まずはセット内容など。
・本体(正面顔、開き手装着)
・視線右顔パーツ
・視線左顔パーツ
・左右握り手パーツ
・ハードポイント交換用パーツ(穴あき)
 ※通常時のハードポイントは穴が開いていません。

 

また、ハードポイントの穴サイズが直径3mmになっているので、

わかる人にはうれしい仕様です。


全長はアホ毛まで入れて186mm。
腕を広げた全幅は160mm。
計測具合が戦闘機風なのはご愛敬。

さて、まずは可動プラモデルと銘打っておられるので、可動を拝見させて頂きます。
可動箇所は…
 

頭部のツインテール基部に可動ジョイントでの左右+回転。

片方毎に可動するので髪の表情が出せますね~。風になびくとかね。

 


首は顔側と胴体側でボールジョイント可動です。

フェイスペイントは眉、目、口。最近では定番になっているのですが、
安定していい感じです。

 


 肩関節は2重可動です。

肩関節付け根(胸側)はボールジョイントを採用。
肩側で上下可動になっています。。

 

 

゛肩を入れる”動きも再現できる可動域を持っています。

肩のボール関節部分も思いのほか目立たない調整がされていると思われ、
単に肩が可動するだけでなく、キャラクター特有なプロポーションも吟味した

結果なのでしょう。と予測。

 


二の腕にはハードポイントがあり、パーツ分割箇所を回転軸とする事が出来ます。

肘は一軸可動ですが、人間と同じ程度の可動域を持っており、
手首にはハードポイントがあります。

 


手首可動ジョイントは回転と上下可動。

付属の握り手パーツは差し替えて使います。
他国式挨拶の図。

 

私的には手首ジョイントピンが短いかもしれません。
(パーツ構成上止むを得ないのかもしれませんが…。)

 


胸部は胸と腹と腰の3分割になっており、胸と腹は前後+回転可動。

胸部はパーツが細かく情報量が多い為、見ごたえがありますね。
作品のイメージビジュアルを可動フィギュアとして可能な限り再現している為、
単純にクオリティが高いと感じます。

 


腰は前後に可動し、腰を入れたポーズも可能。

衣装パーツで極力隙間を隠す仕様となっており、設計者のこだわりを感じます。
私的には“腰をひねる”も実現して頂きたかったかもです。

 

 

ちなみに背面にもハードポイントが豊富。

胸部背面、腹部背面に各1か所。腰部左右に各1か所、腰部背面に2か所あります。
皆さんは何を装着するのでしょうね…。楽しみですな。

 


胴体可動域がとても広く、腰から背中にかけて柔軟かつ大きく曲げる事が可能。

その為ポージングに自由度が高く、ディスプレイの幅が広がりかつ遊び応えがあります。

 


股関節は何か複雑ですね。あ、可動が難しいという事ではなく、構造がという意味です。
腰の中に股関節を上下させる関節と、そのパーツに延長する形で前後にスイングするパーツ。
その先に股関節部があり前後回転するので、人間的微妙な股関節移動が出来ていると思います。

併せて太もも内部にも脚を外側に開く可動と、股関節を外側へ伸縮する可動があるので、
開脚やら屈伸運動などの体育系な動きも可能となっております。


 確実に私より可動します。(苦笑


太ももにもハードポイントがあり、パーツの合わせ目で回転します。

 


膝は2重関節で、体育座りや女性座りも出来ます。

体育座りも出来そうなので、とことん可動で遊べますね~。

 


足首にもハードポイント。他と同じでパーツの合わせ目で回転します。
足首は可動ジョイントで左右回転+前後可動します。
足の指部分の可動が盛り込んでいます。


 
恒例、東が燃えるポーズ。

 

という事で、G.F.Pシリーズ「02 フィーナ」のテストショットで感じたことでした。


さらに遊んでいれば新しい何かを見いだせるかもしれませんが、今回はこの辺で~。

 

弊社のメガゾーン23関連商品もそうですが、

メガゾーン23の新しいステージに進んでいると思っています。
新規アニメや他社さんに動向も併せて、

今後もメガゾーン23をみんなで仲良く盛り上げていけたら幸せなことです。よね?


それでは皆様、ごきげんよう。
コンゴトモヨロシク…。

                            みすたーK

(C)AIC

 


テーマ:

みなさま。

お疲れーライス。


WFアルカブース メカ担レビューも連投ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

 

弊社で企画開発兼ロジスティック兼色々とやれることをしている
メカ担でマク担のロジ担(自称)こと
みすたーKと申します。

 

前回(マクロス商品)に続きWF展示のれびゅ~を書かせて頂きます。

 

今回はメガゾーン23関連の展示です。

 

まずはやっと発売しました
「1/24 ダイキャストモデル ガーランド」です。


長かったですね…。
お待ち下さった方々には御礼申し上げたい。
待ってくれてありがとう!!(涙

 

ことぶきつかさ氏の書下ろし漫画などが入った冊子が、初回生産特典として入っています。
再生産する際には封入されておりませんので、見かけたら今のうちに是非!
こ、こんなサービス滅多にしないんだからね。って。


次は参考出品ですが、
ハーガンとトランスポーター企画より、開発中の設計から出力した試作を展示。


ハーガン自体は前回WFでも展示していましたが、今回は
トランスポーターの試作品を置いてみました。


実現されればこんな感じになるのです。


ガーランドも入る構造にしています。

もちろん左右のコンテナ壁面部にはアタッチメントで装備を取り付け可能です。

 

 

ハーガンも専用のラック&台座をポーターにセットすれば
劇中さながらの展開が出来ますよ~。(写真下段)

ラックには設定通りに腕と脚部を乗せた状態で収納できます。

 


ハーガンの商品化したいです。
それと変形させたいです

その為には皆様方のお声が必要です。
声以外もできれば是非。
よろしくお願いいたします。ね。
(もちろん私も頑張ります)

 


そしてこの度のWFでは、㈱幻影さんが発表した
新しいメガゾーン23企画「メガゾーン23 Ⅺ」に登場するさくらちゃんのプラモデル

その名も『G.F.P メガゾーン23Ⅺ さくら テストスーツver.』も展示しました~。
 
日ごろからメカ物は手にしておりますが、美少女系フィギュアはほぼ触らない私なので、
なんか不自然なポーズだったかもしれません。それはそれで悪しからず。(苦笑
余談ですが私がポージングした事実をしった知人は、珍しいと記念撮影していきましたよ。
それほど珍しかったのですね…。

 

併せて新しい「メガゾーン23 Ⅺ」プロジェクトとした「PV制作枠を拡大したい」と銘打って、CAMPFIREで募集をしております。

ご興味ある方はよろしくお願いいたしますね。

 

 

 

続いてはダイナミックなディフォルメシリーズ「AA合金 マジンカイザーSKL」と、
「AA合金 マジンカイザーSKL 隻眼メタリックver.」を展示。

パッケージイラストをパネル展示、カッコええでしょう…。

 

「マジンカイザーSKL」は現在開発中のモノを展示。

新しく布マントをこしらえて、片眼が潰れる前の状態の
マジンカイザーSKLになります。
詳細は未定なのですが進行しておりますので、
今しばらくお待ちくださいませ。

 

そして7月に発売したばかりの「マジンカイザーSKL 隻眼メタリックver.」。

配色がメタリックになり、腕と脚をブルーメタリックにした仕様でございます。
こちらは片目がやられた仕様です。

頭部にボタン電池を入れてスイッチオンすれば、片目が光ります。

 

という事で駆け足でご報告しましたが、

如何でしたでしょうか?



まだ暑い日が続くでしょうが、お体に気をつけてお過ごしくださいませ。

引き続きコンゴトモヨロシク…。

                       みすたーK

 


©AIC
©2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー制作委員会

 


テーマ:


この場(ブログね)に登場することが
毎度WFなタイミングになりつつ御座いますが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?


弊社で企画開発兼ロジスティック兼色々とやれることをしている
メカ担でマク担のロジ担(自称)こと
みすたーKと申します。

そして楽しく生きています!


去る2018年7月28日(日)の幕張メッセで行われた
ワンダーフェスティバル。
まずはお疲れ様でした。
 

サプライズ変化球台風の影響もあり、
開催も危ぶまれたようですが、無事に開催されて良かったです。ね。
それと隅田川花火大会。今年は台風の影響で土曜から日曜に順延し、WF当日と被る事に!

おかげさまでWF終了後、帰り道で花火が見えて「今年のWFも終わったなぁ~。」と

運転しながら心の奥でつぶやいていたとかいないとか…。
まぁ、余談ですがね。

 

さて、展示物の紹介です。
マクロス35周年を記念してデザインされたVF-1Jを商品化。

そろそろ予約が開始すると思いますので
よろしくお願いいたします。
 
WF弊社ブースではマクロスSV-51の試作を展示しました。
 

マクロス史上最大級な機体サイズ。
反統合同盟が開発した可変戦闘機で、初めて実戦に投入された機体は?

 


そう、SV-51!

 ※色が飛んでいます…。すまんス。


反統合同盟のエースパイロット。
昔は統合軍に在籍し、フォッカー先輩の教官として指導した人が乗る可変戦闘機と言えば?

 



そう、SV-51γ D.D.イワノフ搭乗機!!


という事で、正解です。


弊社が初めて出すSV-51はγのイワノフ機になります。

ただでさえ大型機なのですが、最終決戦仕様として開発を進めております。


過去に他社から出ていた同様の機体と比べるとですね~、
全体的にキッチリカッチリしております。

それと会場内に、主翼の折れ仕様を気にしていた方がいましたね~。


主翼はパキッと折れて、パキッと伸ばして保持…。
うーん。

要はヒンジにあるロックを乗り越えて折れたり伸ばした状態で保持したりできます。


それとファイター&ガウォーク時、リフトファンカバーが開閉できます。素敵!
カナード翼も可動式。
肘が2重関節になってます。
容姿は細かく調整していますよ。
なんせ、ゼロからの企画ですから…。ゼロの。
金型もゼロ。(ゼロから作っているという意)


来年くらいに発売予定です。
価格はそれなりな事になるかと思いますが、なるべく頑張ってみますので、
次の情報が出るのをお待ち頂けると幸いです。

 


さて次です。
SV-51も乗せていたしたが、
新しいディスプライスタンドも初展示しました。
…が、知っている人はどこかで見たような気がするでしょうが、
弊社的には新商品です。


その名も「ヴァリアブルスタンド」です。


左右に伸びているアームはアームドから延びている離着艦用フックアームを
模したもので、展示物を保持することは出来ませんが、挟みこめるように可動します。
(挟む絵が無くてすみません。)

 

真ん中に伸びている主柱に機体を取り付けて飾ります。


主柱は2か所で左右に可動し、2か所で左右回転するので、
好きな角度に調整して展示可能。


弊社のマクロス機体は概ね乗せられる様になっているので、展示の際は是非。
 

こちらは年内に発売を目論んでおりますので、
よろしくお願いいたします。

 

WFレポ1回目はこの辺で。
続きは後程書きますので、しばしお待ちくださいませ。
それでは引き続き
コンゴトモヨロシク…。
                        みすたーK

 

(c)1984 ビックウエスト
(c)2002 ビックウエスト
(c)1982,2017 ビックウエスト

※カッコは〇です。

 


テーマ:

皆様こんにちは。アルカディアスタッフです。

先日の平成最後の「WF2018夏」では、暑い中弊社ブースまでお越し頂き本当に有難うございます。

 

さて今回はタイトルの通り、アルカディアブースの「3Dlab 刀語アイテム」をレポートしたく思います。

今回の展示はこちらになります。

 

 

レイアウトにつきましては、上段:刀所有者(蝙蝠を除く)/下段:真庭忍軍/中央:主要人物にしました。
設営範囲が限られましたが、展示数も多くなりましてより一層刀語の世界観ができた展示となりました。
それでは各ゾーンでご紹介いたします。

 

 

こちらのゾーンでは
上段より「宇練銀閣(其の一)/(其の二)(※モデル監修中)」襖もセット検討中です。
下段は魚組より「真庭海亀」「真庭喰鮫」「真庭人鳥(其の二)」と傍らに、「真庭鳳凰(着物ver)」を配置。

 

 

こちらのゾーンは上段に「日和号」今回初登場「汽口慚愧(監修中)」
下段に真庭鳥組、「真庭鳳凰」「真庭白鷺」「真庭鴛鴦」をディスプレイ。
皆さん背景と合いますね。


材質は「石膏カラー造形2種」「樹脂カラー造形3種」です。
分かりますか?

 

 

こちら上段に「鑢七花(旅路ver)」「否定姫(旅路ver)」
中段に「左右田右衛門左衛門(其の一)」
下段に「鑢七花(攻城ver)※モデル監修中」を配置。

お気に入りのアングルからの撮影になります。

 

 

こちらは上段に「敦賀迷彩」「校倉必」「黒巫女」
下段に獣組より「真庭川獺(其の二)」「真庭狂犬」「真庭蝙蝠」を配置。
蝙蝠は上段かなと思いましたが、鉋を装備していないということで・・・。

 

 

こちらのゾーンは上段に「凍空こなゆき」
下段に虫組「真庭蟷螂」「真庭蝶々」「真庭蜜蜂」
その後ろに「鑢七実」を配置。

長らくお待たせしています虫組ですが、材質検討中ですので、お待ちくださいませ。
後方の背景に似合うもう一方もいずれ配置したいです。

 

今回のレポートは以上になります。
このブランド(3Dlab)は今までに無い取り組みが可能になる3D製法になります。
商品展開まで時間がかかりますが、商品購入をご希望されている方は気長にお待ち頂きまして、
シリーズ展開を楽しみにいただければと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。
3Dlab 開発より

 

※別途メガゾーン23/完全変形マクロス/AA合金シリーズはブログでご紹介致します。

 

©西尾維新・講談社/「刀語」製作委員会


テーマ:

皆さまこんにちは!アルカディアスタッフです!

昨年大好評の内に受注を締め切りました「1/3000 完全変形SDF-1 MACROSS Premium Finish」ですが、今月末の発売を目指し着々と準備を進めております!

発売までもう少々お待ち下さいませ。

 

今回のSDF-1PremiumFinishは製品の品質要求を従来より更に高めに設定し、チェック頻度/ポイント/検査数量などを一気に増やす試みを行いました。

みすたーKのこだわりがゆえの細かい要求や、度重なるサンプルチェックを行い、商品の高額さ相応の、弊社商品のフラッグシップとなるべき、量産完成品のほぼ限界まで追い込んだクオリティーを実現できるよう尽力致しました。

現在弊社の品質管理担当スタッフも、数週間にわたり工場に泊まり込みで検品/確認作業を行っており、お客様のご期待に沿えるよう頑張っております!!

 

それではみすたーKより本商品に関してのコメントを下記にて記載致します!

※以下みすたーK

 

起伏が激しい設定だと思うので、墨入れ等の追加塗装するだけでも情報量が増え、皆さまがイメージしているマクロス艦に更に近づくであろう試みです!

そしてWFで展示したデコマスを見て頂いた段階で、お客様から暖かいご意見を多数いただき、それに後押しされる形でPremiumFinishの名に恥じない良い物に落とし込んだつもりです!

また、ノーマル版の膝関節のギミックでクリック音が鳴っている仕様でしたが、左右膝関節の差異が目立つ個体もあった為、膝関節を調整し、クリック音は無くなったものの、膝を伸ばした際と曲げた際に固定される位置が左右でほぼ差異の無いように努めました。

膝関節に内蔵されるラチェットは構造上どうしても遊びが必要なため実はこれは意外と大変な調整なんです。

尚、ハンドペイント箇所が多々ある商品なので、個体によっては塗装について濃い/薄いや、墨入れの線の幅などに多少の個体差がございますが、弊社としては許容とさせて頂きたく思います。

墨入れのラインの幅や濃淡についてはどうしてもばらつきが出ます。

また、蓄光塗料は溶剤と粉末の蓄光材を混ぜるため重力で少しづつ粉末が沈殿したりするため通常の塗料より色味を統一することが難しいのです。

部品単独ではわからなくても、組み立てたときに全体的なトーンの不統一感や左右のバランスの悪さが目立つ場合があります。

その対策として左右の腕・脚と胴体部分を組み上げた時点で更に全数検品を行い墨入れのトーンなどに明らかな統一感がないものは塗装ラインに戻しリタッチを行いました。

(条件の中で持てる限り最善は尽くしたつもりです!)

 

そしてもう一つ、工場長から蓄光塗料の使用及び個体差に関してのコメントも頂きました!

※以下工場長

 

大量生産に蓄光塗料を使用することは非常に困難です。蓄光塗料は、蓄光粉末とラッカーでできています。蓄光粉末の粒子サイズは、通常の塗料に使用される顔料よりもはるかに大きいので、塗装作業中に容易に沈殿してしまうのです。

さらに、蓄光粉末はスプレーガンのノズルを非常に頻繁に詰まらせたり、流れを悪くしたりします。

蓄光粉末がスプレーガンのノズルを詰まらせると、スプレーガンから出てくる塗料は、主にラッカーで、蓄光粉末の比率は少なくなります。

このような理由で同じ蓄光粉末を同じ混合比でラッカーと混ぜてスプレーしていても、塗装された色味に個体差が生じるのです。

 

そんな弊社スタッフと工員の皆様の努力が詰まった本商品ですが、工場での生産と検査の風景をここでお届け致します!

中々見れない光景ですので、是非ご覧くださいませ!

 

こちらではアームドパーツの塗装をチェックし、クリーンナップ及びリタッチする作業を行っております。ひとつひとつの部品ごとの塗装の検査を組み立て前に行うことは言うまでもなく、このように腕・脚・胴体部分など「セミアセンブリーユニット」ごとでも全数について外観検査(関節がある部分は可動検査も)を行っています。

 

手足胴体まで組まれた状態の商品のラインチェックの模様です。

特に経験豊富な工員が、墨入れと蓄光塗装の左右・全体のバランスのチェックを行います!

 

左の画像がチェックを待つ完成途中の商品画像です!

右の写真では可動のチェックを行い、欠陥やリペアが必要な箇所を確認しております!

問題が発見された商品は再調整を行います。

 

赤い箱に入っている物が、ラインチェックではじかれた物です。

 

はじかれた商品の一例です:左の主砲はピンク色の蓄光部分が薄すぎます。

その為、リタッチ作業を行い右の様なはっきりとした状態に修正しております!

 

もう一つ、はじかれた商品の例です:左側の画像の矢印の付箋部分は、緑色の蓄光が薄かった部分です。

こちらを右側の画像の塗料を使用し、一個一個手作業で丁寧に修正していきます。

 

SDF-1 MACROSS Premium Finish!間もなく発売となります!

皆さまもう少々だけお待ち下さいませ!

 

© 1984 ビックウエスト

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス