arcadiaのブログ

arcadiaのブログ

ブログの説明を入力します。

WFイベントレビューと追加情報

お初の方は初めまして。
ご存じの方にはご無沙汰しております。
アルカディアの現場全般担当、みすたーKと申します。
主業務としては「商品企画、開発」。
今となっては”自称”かも知れないけどね。


さて今回は先日7月24日(日)に開催されました『2022ワンダーフェスティバル夏』での

レビューと併せて、展示商品に関する開発状況やら担当としての愚痴など(!?)を

したためさせて頂こうかと思います。

お時間が有るようでしたら見てやっておくれやす。

因みに展示物と本ブログ内の商品画像は試作品などでの撮影なので、
形状や塗装などは発売される商品とは異なりますのでそのつもりでお願いします。

その1。
『1/60完全変形VF-5000G スターミラージュ 隊長機』(仮


マクロスダイナマイト7に登場した機体です。
惑星ゾラにある警備隊が所有する機体になります。

まぁ、今のところ現実世界での機体に対する認知は低いようなのですが、
マクロスの世界観としては統合軍の主力機として運用された実績も持っている機体です。
皆で推し進めていけばメジャー機体にもなるかもと。
よってカラバリ(ライザが乗っていた一般機)も企画案として進めようと思います。



ではファイターを少し。
WFの展示にはスーパーパーツ装備で行いました。

展示品の写真が全体的に少なかったので改めて撮影してお伝えしています。



主脚は90度ひねる仕様になります。
写真では主翼底面のハードポイントも映っていますね。
シリーズの規格は同じなので、他機種に付属している武装装備も出来ます。



スタンドに取付けて斜め下からの図。
好きな角度。
主翼にYF-19付属の反応弾を付けてみました。
劇中での警備隊は実弾の使用が出来ないので
設定無視してごめんです。





スタンド取付け別角度の図。



VF-5000とVF-1スーパーバルキリーとの比較写真。
ボリューム感はVF-1スーパーバルキリーの方がありますね。

もちろん両機は1/60スケールですのでVF-1と同じ程度の大きを見て取れます。



続きましてみんな大好き、ガウォークです。



ブースターパックの重さにより透明のアクリルボックスで補助しているが、
商品はしっかり保持できるようにしますので。




別角度ね。
機首を思いっきり下げればアクリルボックス抜きでもどうにかなりました。
が、やはり無理な姿勢になってしまっています。まぁ、ご愛敬という事で。



脚部のプロペラントタンクは着脱します。



続いてみんなの憧れ、バトロイドです。
試作なので自立が難しかったのでスタンドに乗せての撮影となります。



後ろ姿の図。
(ブースターパックのパーツが外れてインテークから先がズレてしまっています。)



隊長機の顔。
一般機との差異はここになりますね。



他社さんのディフェンダーと白いVF-1J(KIT)、弊社のVF-19バサラスペシャルと集合写真。
サイズ感が何となくわかるかな?
(ちなみに5000の彩色修正の為に業者さんへ送る前に思い付きで撮影したものなので、
  色々と統一性が欠けている写真になっています。)



続いてその2です。
『1/7 リン・ミンメイ超時空管弦楽ver.』です。


弊社では久しぶりとなるPVCフィギュアです。
展示物は前回WFと同じ初回出力原型となります。。

何故前回と同じ物の展示になったかと言いますと、
開発進行中につき最新状態の物品が物が手元に無く、結果として同じものとなっております。
それでは寂しいので前日に担当者が「VF-1」と「SDF-1」を背景に展示したいとなりまして、
WF当日朝に急遽拵えました。


とは言え何もないのもつまらないので

 

 

担当者さんから初回設計と修正した設計絵をもらいました!
間違い探しよろしく掲載させて頂きます。
因みに次回のWFでは彩色等の進展もお知らせできるかと思います。

(うまくいけばテストショットもアリかも)


続きましてその3。
『1/24 ダイキャストモデル ハーガン(仮)」です。


メガゾーン23関連の展開も低速ながら進行しております。
昨今発生している色々な高騰による価格転嫁への反抗しつつ

商品精度を落とさない様にどうにか調整できないかと

右往左往していたりしています。
もちろんこのアイテムだけではなく他作品も同様にですがね。

ゆえに進行が遅いと。



因みにこの子も前回WFに展示した彩色見本です。
今回は珍しくポーズを取らせて展示しています。





ハーガン単独展示では寂しいのと弊社で進行してい感じを出そうと
メガゾーン23シリーズとしてまるっと展示してみました。

引き続き何卒よろしくお願いいたします。


続いてその4。
『愛おぼガンポッドぬいぐるみ』


こちらは商品の展示になります。
先のWFでは当時の最新工場サンプルの展示でしたが

今回は商品同等(のはず)の先行サンプルを展示。
因みに写真の後ろに横たわっている白と黒の個体は
最初の試作(白い方)と2回目試作(黒い方)。
初回は構造としてストックの伸縮も盛り込んだ入りしていましたが、

色々あって断念しています。。




前回の物と今回の物の比較。
チョイと灰色を黒に寄せた事り銃口の穴を黒で塗りつぶしたりしています。
排莢口も調整しています。

余談ですが弊社HPで掲示している商品ページで
ぬいぐるみを抱えている女性は私の娘です。
彼女にもコメントを頂いております。

娘「抱き枕として良さそうです!」

 

との事。



前社時代に作ったマクチャリとの比較。(この写真はいるか?)

自転車企画を復活させてい気持ちも未だにあるので、

実現したらいいなぁ…。独り言です。


またガンポッドぬいぐるみの出荷日は8月22日の週に行う予定ですので、
もう少しお待ちくださいませ。


最後にその5。
『1/60 MBR-04-Mk.6vi 重装砲撃型トマホーク』


お待たせしましたトマホ男子の方々!(ゴロが良かったので命名しました。)
前社でお世話になっていたトマホークが現代によみがえってまいりました!
展示は前社商品を筆頭に新しい工場でのテストショットいっぱい並べています!

写真左には後に商品化を企てております「Premium Finish版(仮」を参考展示していました。
前社時代にも「ウェザリングカラー版」はありましたが、汚しに差別化を図っております。



通常版トマホークの別アングル。
普通にかっこいい!



「Premium Finish(仮」参考展示。
余談ですがこの塗装はミンメイフィギュアの担当者さんが施しております。
なかなか素敵でしょ。



改めて先ほど事務所で簡単撮影。


簡単撮影アップ。

実際に許諾が下りることを願いつつ、今回はこの辺で。

ザックリなまとめになりましたが、如何でしたでしょうか?

開発進行の都合で最新の展示が出来なかったことや、
このブログも思い付きで書いている処もある(オイ)ので、

改めて物事を行動に移す際は計画的にいかんという事ですね…

何事も。

以後は少しでも意識するように…あ、自信は有りませんが

何となくそうなる様に自然に任せます。



改めまして他社さんと比べて全体的に進みが遅いですが、
その中でもどうにかみんな(私も込み)で楽しめるアイテムを
作って行けたら良いなぁ、と思っております。

引き続き弊社とマクロス作品、メガゾーン23作品を
一緒に盛り上げていけます様に

何卒よろしくお願いいたします!!

それではコンゴトモヨロシク・・・。


                                                                              みすたーK
 

 

Ⓒ1997 BIGWEST

Ⓒ1984 BIGWEST

ⒸAICライツ/東映エージエンシー

Ⓒ1982 BIGWEST

みなさま、あけましておめでとうございます。
久々のワンフェス、アルカディアブース。お楽しみ頂けましたでしょうか。

既に沢山の方々にまとめて頂いておりますので、
ここでは新作を中心に、ちょっとずつ掘り下げてお話できればな、と思っております。

では早速。
目新しさ順でいきます。


『 1/60 完全変形SV-51γ ノーラ・ポリャンスキー搭乗機 最終決戦仕様 』
2022年6月 発売予定

シンプルな印象のイワノフ機とは打って変わり、
複雑なファイアーパターンがタンポ印刷で表現されております。
見た目の情報量がモリモリで、エンジ色の成形色もいい感じ。

明日から、あみあみ秋葉原ラジオ会館店にて再度展示予定。
みてみてね。


『 1/24 ダイキャストモデル ハーガン 』
発売時期未定

(センタースタンドがあるのでしっかり立ちます)

 

色が付きました!
いやぁ、いいですねぇ。シンプルさ、無骨さ、スタイリッシュさ。…このバランスがたまらん!

 

ガーランドよりも更に細かいパーツ群で構成されております。

こりゃあ変形が最高に楽しいですぜ。

 

現地に飾ってあった1/12サイズの方は形状検証用の物で、商品化は致しませんのでお間違えの無いよう。(ここでは割愛)

おもちゃマン的には、1/12も欲しいですがね。…スポンサー様、パトロン様が現れれば、或いは!?

このままGR-2、ヴィルデザウまでいきたい。

頼む!みんな、カートンで買ってくれ!


『 1/7 リン・ミンメイ 超時空管弦楽Ver.』
発売時期未定


以前ほのめかしていたチャレンジです。

「ミンメイのフィギュア…いいの無くない?」と思い、企画を出したら通りまして。
通ったからには。決定版めざしたろ、と。

こちらですが、このまま色が付くという訳ではありません。
これから再度修正し再出力します。

開発費、かかってます。本気です

また、気になるのは彩色後かと思いますが、
基本的には元のイラストの雰囲気を遵守したいと思っております。

クリアパーツやパール塗装をうまく使って、
いい感じにしていくつもりです。…なるといいなぁ……なってくれっ!


『 VF-5000G スターミラージュ 隊長機仕様 』
発売時期未定


そしておまちかね、完全新規!

 

「まさか5000が来るとは!」と思った方が多いのではないでしょうか。
同時に「1119もくれや!」とも思ったのではないでしょうか。
おみとおしです。おんなじ気持ちですから。


こちらも何カ所か細かい修正が入ります。

ファイター時に、頭部ビームキャノンがファストパックにぶっ刺さってる所を、

機体後方へ平行に逃がす形になる、とかです。


商品化時のクオリティ維持や今後のラインナップ含め、出来るだけやっていくつもりです。

コンゴトモヨロシク… お願いいたします。
(メガテンVやりたい)


『 ガンポッドぬいぐるみ 』
発売時期未定


今回の一番の大穴。
誰が予想しただろうか。もう見たまんまです。

ちょっとしたご縁がありまして奇跡の商品化。
これでもかと綿を詰め込んでありますので、想像以上に良い感じです。
ある程度振り回せます。(危ないから振り回したらいかんよ)

長さはおおよそ85センチくらい。

 

個人的には、今回のラインナップでは一番お勧めかもしれない(笑)。これ楽しいっす(笑)。

 

世界で唯一の抱けるガンポッド

よかったら買ってやって下さい。


以上です!
今回は良いサプライズをお届けできたのではと思っております。

発売時期未定ばかりなのが大変恐縮ですが、今後ともアルカディアをよろしくお願いいたします。

 

まだしばらく寒いのが続くかと思います。

みなさまお身体にはご自愛くださいませ。

それでは。

 

 

©1982, 1984, 1997, 2002, BIGWEST

©AIC ライツ / 東映エージエンシー

前回の続きです。

SV-51の変形の注意点を挙げていきます。

 

今回はガウォークからバトロイド。

では早速いきましょう。

 

アンテナ部分が服の袖などに引っかかり、先端が白化してしまう事があります。

先に頭を出しておくと事故を減らせます。(イワノフ機で実感しました)

僕は何をする時も一旦出します。

頭を出すときは…

ヒンジとヒンジの間隔が完璧なので、良い感じに力が加わり破損なく頭が出て来ます。

流石の設計です。

 

ついでにお顔のアップ。

 

お次は胴体部(機首下部)を展開していきます。

これにより破損や白化、角が凹むのを防げます。

 

ちなみに胴体の胸部(上半分)は、凸凹で固定される様になってます。

 多分書き忘れ  何故か取説には書いてありませんでした。

 

最後に再び主翼。

主翼を畳むときは…

この部分を曲げる際はこの事をしっかり意識してあげないと塗装をやってしまいます。

画像は既にやっております。

 

そしてご本人。

かわいい。

 

そんなこんなでバトロイド。

 

 

カ~ッ…コいいぜぇ!

 

 

現在、各お取扱店様にて予約受付中!

予約期間は 2022年1月5日 まで。

定価は 40,480円(税込)  となっております。

 

また、来週22日(水)から

あみあみ 秋葉原ラジオ会館店様にて展示を行う予定です。

是非、見てやってください。

弊社の商品で、予約時に工場デコの展示が間に合うなんて、滅多にないですからね…

 

皆様!

ご購入ご検討の程、何卒宜しくお願い致します!

 

 

 

 

最後に、ちょっとだけ…

 

 

 

 

『 予約!? こいつが俺を…! 』

 

『 また坊やかい 』

もっと近づけたかったけど、この辺が限界か!?

リフトファンカバーがちょっと浮いてしまっている!

エドガー!シートベルトして!

 

と、ついつい。

 

…終わります。(笑

 

寒くなってきましたので、皆様お身体にお気を付けて。

カスタマーサポートの人でした。

ではまた。

 

 

©2002 BIGWEST

お久しぶりです。

カスタマーサービスの人です。

 

12月に入り、ようやく寒くなってきましたね。

そんな中、急に予約開始です。

 

『1/60 完全変形SV-51γ ノーラ・ポリャンスキー搭乗機 最終決戦仕様 』!!

 

なんやかんやで延期延期…

混迷を極めた弊社内のスケジュールは一旦リセットされまして、とりあえずノーラ機出そう!

という事に。

 

早速、工場からタンポ印刷サンプルが届きましたので、 検品  最速レビューいたします!

 

とはいえ、大まかな所は弊社商品ページをみて頂ければと思いますので、

ここでは宣材写真に写ってない部分をお見せしつつ、変形時の注意点を挙げていきます。

参考になれば幸いです。

 

あ、写真の色味がアレなのは僕がアレだからです。(写真ヘタ)

実際の商品の色味は宣材写真を参考にしてくださいませ。

 

それでは始めます。

まずは、後ろから、前から、どうぞ。

カッコいい…

やっぱり、ちょい下から撮りたいよね。

 

お次は全体。

ゴールドのファイアパターンがビッシリと印刷されており、いい感じです!

一発目なので、細かく見るとちょっとズレてたりします。

 

 

では変形開始!

 

最初は膝のロックから外していきます。

この時、矢印の部分から爪をひっかけるのがお勧めです。

ロックが固い個体は、画像の様に角が曲がってしまいますので。

(この写真、色味ちゃんとしてる。)

 

 

お次は肩。

丸で囲んだ部分を先に入れてから、奥を持ち上げる様にして肩を入れて下さい。

 

 

わーっと変形させてって、翼の注意点。

(伝わるかなこれ…)

流れはこんな感じなのですが、ここはどうしても個体差が出るのでそれぞれちょっとずつ違います。

実際触ってからギリギリを攻める感じ。

 

コツは、沢山のヒンジの複合で出来ているこの箇所を、

その内の一つのピンだけで曲げる感覚をつかむ事です。

後、ちょっとずつ曲げる事。

 

 

伝われっ・・・!

 

そんなこんなでガウォーク。

(被写体が真ん中からズレとる)

 

これは・・・長くなってしまいますね。

2回に分けましょう。

 

とりあえず、今回はこの辺で。

 

©2002 BIGWEST

 

大変長らくお待たせ致しました。
『1/24 ダイキャストモデル ガーランド』が発売となりました。

発売を心待ちにして頂いておりました皆様へ、まずはお詫びを申し上げたいと思います。
相次ぐ延期につきまして、誠に申し訳御座いませんでした。

今回の延期の原因は、現場レベルでの様々な要因が組み合わさった結果なのですが、
端的に言うならば、新型コロナの延長線上で様々なしわ寄せが起こっている、という感じです。

(中国での生産と輸出周りです)

皆様へは、大変なご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ありません。

また、今後しばらくは他の商品に関しましても再度の延期など想像に難くありません。
大変恐縮では御座いますが、何卒ご理解を頂けますと幸いです。



それでは、本題に入らせて頂きます。

ガーランド、ようやく発売できました。
本当にお待たせ致しました。


(撃つ姿勢では無い時、トリガーに指は掛けない派)


再販ですので、そこまで大きな違いはないのですが、

関節や変形時の渋みなど調整してありますので、2点ほど記述しておきます。


もし「両方とも買った!」という方が居られましたら、お気づきになられたのではと思います。

マニューバクラフト時の安定感に!

収納状態の手首部分と、股関節部分の噛み合わせが改善されております!
具体的には…

 



これにより、クラフト時がよりカッチリしました!
実はこの部分、プロトガーランド生産時に金型から改善しております。


しっかり入ります!

他にお伝えしておきたいのは、膝の伸縮について。
脹脛内部、膝引き出しスライドのタイトさが増しています。

これにより、更に気持ちよく変形できるようになっております!
また、既に遊んだ方はご存知かと思いますが、伸ばした状態では3段階の位置調整ができます。



足首の可動と併せポージングに一役買っていますので、ご活用ください。
 

ですが!

くれぐれもまっすぐに力を入れて慎重に伸縮を行ってください。



こうなりますので。

こんなところでしょうか。

 

最後に、動きをつけて一枚。
脚の合金のおかげで動きのあるポーズもある程度安定します。



う~ん。かっこいいなぁ。

・・・敵が欲しいですな!!



あ、それと。

前回「ノーラ 10月予定」と書きましたが、未定に逆戻りしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

その代わりと言っては何ですが…
「完全新規」と「チャレンジ」の準備が、じわじわと進んでおります。
次回のワンフェスには何かしらの原型をお見せできるだろう…と思いますが、
正直なところ先が見えないので、「見せられるように頑張ります!」に留めさせてください。


以上です!

何というか…激動の時代ですね。
なんとか共に乗り越えていきましょう!

カスタマーサポートの人でした。


©AIC ライツ / 東映エージェンシー