http://www.arbre-dc.com/blog/歯や顎の骨を溶かすプラークの正体とは?/

 

プラークは歯の病気の原因になります

 

 

 

人間の体の中で一番硬いエナメル質を溶かしてしまう

虫歯菌は唾液中に一生涯住んでいます

 

虫歯菌は、1歳半〜3歳までの『感染の窓』と言う時期に唾液感染し定着すると言われています

成人と同じ口腔内細菌の数になるのは3歳とも言われています

この時期に大人から大量に虫歯菌が唾液感染すると虫歯になる感染源が一生唾液に住み着くことになります。虫歯をいくら治療しても治らないのは、感染源から虫歯菌が減っていないためです。

虫歯菌は歯ブラシしても減ることはありません。歯ブラシは歯の表面に付着しているプラークを取り除いているだけで、虫歯にならないように防いでいます。磨き残しがあれば、歯の表面に虫歯菌が付着し溶けてしまいます。

 

 

唾液感染した虫歯菌を除菌する方法についてこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.arbre-dc.com/blog/虫歯菌を2週間で減少させるタブレット/

 

 

 

 

 

《顎の骨を溶かす歯周病菌》

 

 

 

 

さらに詳しくはこちらから

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://www.arbre-dc.com/blog/歯や顎の骨を溶かすプラークの正体とは?/

 

 

 

シーラントってなぁに?虫歯予防効果66%の保険でできる予防方法 

2017/12/16

Q, シーラントってなあに?

シーラントとは、歯を削らずに奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込んでコーティングし、その溝から出来る虫歯を予防する方法です。シーラントは、保険治療で行える予防方法です

 

Q, シーラントをした方が良い歯は?

乳歯の奥歯と永久歯の生えたての奥歯です。歯の溝が深い場合に処置をおこなうと効果的です。

 

Q, シーラントはいつするの?

  • 4歳〜5歳  乳歯の奥歯(3歳でも上手にお口を開けられればします)
  • 6歳     6歳臼歯の奥歯
  • 7歳〜13歳  その後に生えてくる永久歯の奥歯

 

Q, シーラントの効果

シーラントを行った子ども91人に対して3年間継続的に観察した結果、

  • シーラントを行なった歯で虫歯になった歯は15.5%
  • シーラントを行わなかった歯で虫歯になったのは46.5%

 

という研究結果があります。

虫歯予防効果では、シーラントを行った歯は、66%虫歯にはならないとの結果があります

※もちろん磨かなければ虫歯になってしまいます。あくまで適切なブラッシングを行った場合による結果となります。シーラントは歯の溝が虫歯

になりにくくするもので磨き残しがあればシーラントをした周りが虫歯になるお子さんもいます。

Q, シーラントをしないで磨き残しがあるとどうなるの?

磨き残しがあると歯の表面にプラークという虫歯菌のネバネバした塊が付着します

食べ物のカスが虫歯になる原因ではなくて、プラークの付着が虫歯になる原因です

 

 

虫歯になる仕組みについて詳しくは

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

『どうして虫歯になるの?素朴な疑問を解決』を配信しています

http://www.arbre-dc.com/blog/どうして虫歯になるの?素朴な疑問を解決!/

歯の溝にこびりついたプラーク

そのままにしておくと虫歯菌が歯を溶かす酸を出してエナメル質を溶かします

磨き残しで人間の体の中で一番硬いエナメル質が溶けて穴があきました

Q, シーラントはどうやってやるの?

まず歯の表面のプラークを磨いて取り除きます

歯ブラシや歯科専用のブラシで歯の表面を磨きます

お口を上手に開けられるお子さんなら簡単にできます

歯の表面を綺麗にしたらシーラントという

クリーム状のプラスチックを歯の溝に塗り光で固めます

シーラントは歯を削らずに処置する予防処置です

 

Q, シーラントの注意事項

  • シーラントは歯を削らずに歯の溝にクリームを薄く塗って固めるだけの処置のため、硬いものや粘着のあるものを食べると外れてしまうことがあります。保険治療では6ヶ月経てばシーラントが保険治療適応になりますが、当医院では定期検診でチェックし6ヶ月以内に外れていれば無料でシーラント処置をしています
  • 歯の溝のみ虫歯予防効果があり、歯の間の虫歯予防はできないため、毎日のデンタルフロスの使用をお勧めしています
  • シーラントは虫歯になっていない奥歯の歯の溝にする予防処置です。すでに虫歯になっている歯にはできません
  • ほとんどの方が、シーラントは虫歯になってから処置を希望します。虫歯にならないようにするための予防処置なので、お子さんが虫歯になって歯を削られる辛い思いをしないためにもご家族の方が正しい知識と選択をすることをお勧めしています

 

 

津田沼・奏の杜でシーラント処置を希望ならアーブル歯科クリニック

JR津田沼駅南口より徒歩5分

南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎、コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

 

 

http://www.arbre-dc.com/blog/虫歯の治療31(磨き残しにより虫歯菌で治療し/

 

左上の7番目の歯の治療を行いました

治療する前に、磨き残しがあり歯の表面にプラークが付着しており治療がすぐにできない状態でした

 

見た目だけではわからないので

プラークを分かりやすくする専門的な染色液でプラークを染め出ししていきます

 

 

 

歯の表面にプラークがべったり付着していました

これが歯が溶ける原因です

 

ほとんどの方はこの原因を知りません

 

知らない方のために今から歯が溶ける仕組みをお話しします

 

 

何で虫歯ってできるのか考えたことありますか?

それを知らないと自分の歯や子供の歯を守ることはできません!

今回は、『虫歯』についてお話ししていきます

虫歯は、日本人が生涯9割の方が経験すると言われています

虫歯とは、虫歯菌(ミュータンス菌)という口腔内の細菌が糖を栄養にして歯を溶かす酸を出します。この酸により歯が溶けたものが虫歯になります

つまり、自分の口の中の常在菌で自分の体(歯)が溶ける口の病気のことを虫歯と言います

自分の口の中の虫歯菌で歯が溶けるの!?

私が治療する際に説明するとこのことをわかっている方はほとんどいないように感じます

ほとんどの人は『歯を磨かないと虫歯になる』ということは知っています

確かにそれも正解なんですが

自分の常在菌で歯が溶けているということは知らない方もいます

まずは虫歯(歯が溶ける)仕組みを知ってもらうことから予防が始まります

私たちは美味しご飯や甘い物を食べます。

生きるためには食事することは大切です

その中でも砂糖が含まれている食品を摂取すると歯の表面では何が起きているのでしょうか

唾液中には500〜700種類の細菌が住み着いていると言われています

この細菌の中で歯の表面のエナメル質を溶かしてしまう細菌は虫歯菌(ミュータンス菌)という口腔内細菌が原因です

①口の中に糖が入るとミュータンス菌が糖を取り込み始めます

②糖を取り込んだミュータンス菌は粘着性のネバネバした物質を出します

③歯の表面がネバネバするので、歯の表面に次から次へと口腔内細菌が付着し始めます

ミュータンス菌が歯の表面に繁殖し始めます

④次にミュータンス菌が糖を栄養にして酸を産生します。この状態が長く続くと口腔内が酸性状態が続き歯の表面が溶けやすくなります

⑤口腔内の酸性状態が改善されず、歯の表面に虫歯が菌が付着したままだとエナメル質に穴が開きます。この状態を虫歯と言います

歯に穴があくと歯科治療するしか方法がありません。また少し穴があいた程度では痛みもなく自覚症状はありません。

口腔内は通常は弱アルカリ性から中性(pH6.7)状態を保っており、食事をするたびに口腔内が酸性状態に傾きます。歯が溶ける境目はpH5.5以下になると言われています。

口腔内が酸性状態になると歯の表面のミネラル成分が溶かされ始めます(脱灰)。40分ほど時間が経つと唾液の自浄作用により口腔内が中性状態に戻り、溶かされた歯の成分が元に戻ろうとします(再石灰化)。そのため再石灰化をすれば歯が虫歯になることはありません

しかし、pH5.5以下の状態が長く続くような食生活を続けていると・・・

歯が溶け出す時間が長いため、歯に穴があく虫歯ができてしまいます。歯に穴があくと再石灰化することは不可能なため、歯科治療する方法しかありません

再石灰は歯の表面のミネラルが溶け出す程度の脱灰だけに起こります

これで歯が溶ける原因がわかりましたね

自分の歯が溶ける原因は、自分の唾液中の虫歯菌が原因でした

この虫歯菌が歯の表面に長い間付着しているから

歯が溶けてしまいます

この虫歯菌は1歳半から3歳までに唾液感染し定着します

一度定着してしまうと自分自身の歯ブラシだけでは虫歯菌の量を減らすことができないことがわかっています

虫歯菌は唾液感染する歯が溶ける病気です

今回、治療する歯は既に治療したにもかかわらず虫歯菌により歯が溶けてしまっていました

 

 

以前治療した材料と虫歯を取り除きました

 

 

虫歯を取り除いたら削ったところにコンポジットレジンという材料を詰めて治療が終わりました

歯の溝だけの虫歯はその場で治療をすることができます

 

 

当医院では虫歯を取り残さずに、ここまで綺麗に治療を行っています

治療をご希望の方は当医院にお越しください

 

 

JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます

(自転車屋さんのイオンバイク奏の杜店の隣の建物です)

JR津田沼駅南口より徒歩5分

南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎、コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

http://www.arbre-dc.com/blog/虫歯の治療31(磨き残しにより虫歯菌で治療し/