いつの間にかに、6月になりました。
 



14日に新月、21日に夏至、月末には夏越の大祓です。

何故か、身の回りの友人達は、私に感化され、やたらと身辺をキレイに不要物の断捨離をしている方が多いです。

沢山モノがあっても、本当に必要なモノは限られています。
それ以外は、思い切って、整理してみると、見えなかった必要なモノが見えてきます。

この世は全て振動による響の波動の
世界。
実は、シンプルです。

故に、言霊・音霊は天に通じ、本来のあるべき姿へと甦らせます。

久々に、家の中に眠っていた様々な音叉達を見つけました。
周波数により、役割が異なるようですが、音色が心地よく、癖になります。

先月まで、近所の浅間神社に貼られていた和歌です。
素晴らしいので、ご紹介します。

足ることを 知る心こそ 宝船
世をやすやすと 渡るなりけり



多くの方達は、既に素晴らしいモノを沢山持っているにも関わらず、それに気付かずに、外ばかりに目を向けて、本当に大事な何かを忘れています。

ふと、テレビをつけたら、成田緑夢さんのことが放映されていました。
モノにはこだわりはないらしく、持ち物も最小限のミニマリスト。

捨てるは革命の一歩なり

というのが成田緑夢さんの大好きな言葉だそうで、捨てる量が多いほど、大きな可能性がやって来るそうです。

そして、夢は単なる漠然としたモノではなく、自分との誓約書を書き、強い意志を持って、それに向き合うことにより、全て、クリアしてきた強靭なメンタルをも持っています。

人一倍の努力だけでなく、無心ですること、そして、ズバ抜けた集中力により、幾多の困難を乗り越え、パラリンピックで金メダルも取られたのでしょう。



京の香り

先週は、久々に、お墓参りなどの私事で、京都に行ってきました。

時の流れが、東京と比べて、ゆったりとしていて、心地よいです。

いつもなら、京都は宿泊しても、ホテルとお墓参り、お食事以外、どこへも行かず、そのまま、翌日には伊勢などに行ってしまうことが多いのですが、今回は珍しく、ゆっくりと滞在して街中を歩きました。

風情な景色は昔ながらの京の町でも、どこもかしこも、中国人だらけになっていました。
特に、祇園と嵐山、四条通りの烏丸から八坂神社付近までは多かったです。



以前は、白人系外国人と各地の日本人が多かったのに、今は中国人だらけ。

おみやげ屋さんの方が話していましたが、お客様の9割近くが中国人を主としたアジア系で修学旅行以外の日本人は少数派。
有事になったら、乗っ取られるんじゃないかと地元の人は話していると言っていました。

京都を歩くには、人気がない朝早い時間が一番いいかもしれません。  

宿泊したホテルは、白人系ばかりで、中国人はいなかったので、ホッとしました。

話は変わりますが、最近、あちこち、おうちの整理をしています。

キッカケは、友人からの電話でした。

日焼け止めの安全性に関して、聞かれました。
周りの友人達が日焼け止めをバンバン塗るのだそうですが、日焼けには対策はしたいものの抵抗感があるのだとか。

私の場合、家には、沢山、日焼け止めはあるのですが、何故か、使いたくなく、放置していると話しました。

お日様は生命の源。

日焼け止めには発ガン性物質がどうこうと言う方もいますが、理屈抜きに、そのようなことは抜きにして、使いたくないのです。
日光よりも、有害な大気汚染の微粒子の方が気になります。

自然体でいいかしらと思ってますと話したら、しばらくして、メールをいただきました。

オリーブオイルでも塗ろうかしらみたいな感じでした。

あとで、調べてみたら、オリーブオイルは意外なことに日焼け止め効果があるそうです。
クレンジングの在庫がない時にクレンジングに活用したりしたことはありましたが、日焼け止めに効果があるとは考えたこともありませんでした。

http://www.オリーブオイル.biz/category19/entry68.html

当然、友人は知りませんでしたが、後で、教えてあげたら、喜んでいました。

意外と身近な所にある自然の恵みの効果があるのですね!

私も活用してみたいと思いました。

そんなことがキッカケで、家にあった使わないのに使うかもと置いていた日焼け止めを整理しました。

それがキッカケになり、なかなか、手をつけなかった場所の使わないモノは今後も使わないと判断し、思い切って、バンバン、整理しました。
今回は、全く使わないお料理グッズや好みではない洗剤類など。

おかげさまで、スペースにゆとりができ、スッキリしました。

単なるお掃除や整理だけでなく、氣の流れを整えることにも繋がりますね!


小鳥たちのハーモニー、心地よい春の光、気持ちいい季節になりました。

とは言え、時折、寒の戻りがあったり、夏日になったりと極端です。

気温差や気圧差など激しいので、体調などに変化がある方もいらっしゃると思います。

これからの時代は、より、天候や気温も極端になりそうなので、免疫力を高めることが大事です。

先週の週末、地方に温泉に行ってきました。
大自然の中にいると、身体が喜びます。

群馬県内は桜が見頃で、彩り鮮やかな花が春の到来を喜んでいました。

{3888A23D-DF1A-4139-A038-BD4CCC41A966}

しかし、トンネルを抜けると、そこは雪国でした。
まるで、川端康成の『雪国』みたい。
晴れていましたが、雪がチラホラと残っていて、田畑などは雪がありました。

一日で春と冬を同時に体験しました。

帰宅する日は、朝、雪がチラホラと降っていましたが、やはり、トンネルを抜けたら、晴れていて、春爛漫でした。

{EA525409-E8A4-4FE5-9380-14E8202C2777}

先日、友人達とも話していましたが、これからの時代は、何が良い悪いなどと極端すぎるのではなく、和が大事だと。
極端すぎると、振り落とされていくのです。

新しい時代を生きるためには、常にバランスを保ち、表面ではなく、その奥にある本質を見極め、無心で、笑顔でいることです。

日本は和の国です。

話は変わりますが、最近のマイブームは山菜と野草茶です。
特にタラノメが大好きで、よく、酢味噌和えにして食べています。

野草茶は、葉っぱの素晴らしさを知ってしまってから、日々、10種類以上の薬草をブレンドして、飲んでいます。
常時入れているのは、クコの実、クマザサ、黒豆茶、スギナ茶、ドクダミ、杜仲茶、刀豆茶、ハブ茶、枇杷茶、ホーリーバジル、メグスリノキ、よもぎ茶で、その他は気分で変えて、プラスして入れています。
ノンカフェインで、自然なので、身体に優しいです。




一昨日は、パワフルで神聖な魂に響きわたる音色の石笛と篠笛のライブに行ってきました。

友人の師匠である横澤和也先生の演奏。

一度聞いたことがあり、ものすごくインパクトがありましたが、今回も、素晴らしかったです。
神聖な石笛の音色はとても懐かしく、忘れていた何かを甦らせ、目に見えないエネルギーを洗い流し、天界へと繋ぎ、魂の目覚めの活性化を促進させる重要なお役目の方です。

全身全霊で演奏をすると、全身が真っ赤になり、無の状態になり、音の全てと一体化して、音霊での波動が魂に響き渡るのです。

無心で、全身で聴いていたというより、音の波動のシャワーを浴びていた感じですが、途中で、帽子をかぶっていては勿体ない、直に、第三の眼でも感じたいと帽子を脱ぎ、光である音の波動のシャワーを浴びていました。

後ろに、大きな桜の木の絵があったのですが、だんだんクリアになってきて、花びらもやたらとリアルに見えてきて、浮き上がってくるようでした。

{88CC63D3-BCA0-4AF4-B2A0-3CC0F6B1FF91}

普段、家で一人でいる時は、クリスタルボウルなどの音楽を聴いたり、アワ歌などを歌ったりしていることが多くありますが、音は波動を整え、リラックスするための大事なものですね!

本当に高い波動の音楽は、自然の音色とも調和して、同化します。

ヨックモックの本店でランチしましたが、とても明るく、開放的で、気持ちよく、心地よい空間での食事は美味しかったです。

表参道から明治神宮前まで歩いている最中、フジテレビの番組から取材依頼されましたが、面倒なので、スルーして帰りました。

{8CDFD16D-E1D7-4A0E-B718-76B34F366D1C}




サクラサクラ

今日も、外は気持ちいい爽やかな晴れ空でした。

鳥たちの朝のハーモニーを聞き、外へ出れば、満開の桜🌸
{3151CB61-5BE8-476E-A09B-37E085D5048F}

近所には桜の名所が沢山あり、わざわざ遠くまで外出せずとも、いつでも、日常生活で十分にキレイな花見を楽しむことができます。

古墳がある公園も、どなたかの歌で有名になった単なる坂も、幸いにも近所です。
今の季節は桜のトンネルとなり、美しいです。
{85E489A7-1F76-47DB-918F-91ACD8CB769F}

沢山の人で溢れていて、あちこちで写真を撮っていました。

美しい桜を鑑賞していると、四季折々の草花を愛でて、それを生活に取り入れて、自然と共に生きてきた日本人の古き良き和の心が伝わってきます。

いつまでも、この美しい世が続いてほしいと心より祈っております。

皇居では、4月1日まで、一般公開もされているそうです。
やはり、皇居内は特別で、波動も高く、手入れも良くされているので別格です。

一昨年、私も行って来ました。
今年は、気が向いたら、行くかも。




宇宙次元へ

春分が過ぎ、何か氣が変わったようです。

街を歩けば、キレイな花や新緑が春の訪れを伝えてくれます。

春になる前、春一番が吹き、春が来るよとお知らせしてくれますが、春一番は冬まで溜め込んだ不要なモノを吹き飛ばすだけではなく、春の生命の息吹を吹き込むためでもあります。  

そして、新たな意識になっていきます。

昨日の春分の日は、雨と雪による浄化が全国各地でありましたが、何だか氣がスッキリしました。

日本では4月が新学期、欧米など多くの国は9月。
春分が過ぎ、一年の始まりとしてピッタリの時期に新学期になったのも意味がありますね!

春分は暦では一番大事な時であり、まさに、宇宙からの視点でみれば、元旦です。

また、新たな一年のはじまりです。

世界各国でも国内でも様々なことがあり、表面化していき、少しずつ、クリアになっていきます。

何が良い悪いではなく、その中の良い部分に焦点をあて、常に、様々なバランスを保ち、無心で、余計なことは考えず、全てに感謝をして、今を大切に生きることが大事です。

宇宙次元で進みましょう。

{C0BF255B-D485-4885-830D-3008BE8D138B}



おととい、空海さんの映画を観てきました。
中国視点で描かれて、イメージしていたものとは異なり、陰陽道っぽい内容でしたが、それなりに面白かったです。

日光で撮影したものですが、傘をかぶった空海さんが写っています。

時空を超えて、今も、生きているようです。


{D3878080-DF16-492B-B753-B56D17B9E0D1}


超人的頭脳と能力の空海さんは、宇宙から地球を覚醒させるために送り込まれた使者の一人なのかもしれません。

 

昔は記憶力だけが取り柄でしたが、現在は、時間が経つと、忘れてしまうのですが、おうちに以前まとめて書いていたものがありました。

 

かつて、名前は伏せていましたが、この瀧尾神社のことをカンタンにブログに書いていました。

https://ameblo.jp/arati-world/entry-12148948451.html

 

この場所は、東照宮の北にあり、女峰山の裾にあります。

ここは二荒山神社の別宮と言われていますが、本丸みたいなもの。

宗像三女神のタギリヒメ(沖ノ島で祀られている;別名 奥津島比売命、田心姫命、タケコ)が御祭神。

湖の前にある二荒山神社中宮の奥にある奥宮があるのは男体山。

 

要するに、陰陽セットの関係。

さらに、太郎山というのもあり、これは父と母と子の関係。

 

日光という地名は、フタアレ  ー  二荒  ―  日光となりました。

 

そして、東照宮の本丸の存在ともいえる瀧尾神社(東照宮)は江戸城の真北、つまり、北極星の位置にあるのです。

 

天海坊の風水パワーを利用して、江戸城は作られていますが、その基となるモノは空海さんが作られた瀧尾神社です。

 

三菱系の会社が皇居のほとりにあるのも、日光からの聖なる氣を風水で取り入れたと聞いたことがあります。

 

二荒山神社と結界に関して

https://ameblo.jp/arati-world/entry-12071865529.html


ここからは、新たに気付いたものです。

日光には、どうも、瀧尾神社も一つではなく、分社したのかいくつかあるみたいで、そのうちの一つが森友瀧尾神社というそうで、何となく、気になりました。

森友という名前や地名は珍しいので、本当に、この偶然は面白いシンクロです。

http://www.takinojinja.jp/

 

森友問題などが表に出てきたのは、沖ノ島が開かれ、世界遺産に登録されたことと関係あるのでしょうか?

不思議ですね!

 

この文章は昨日書いて、友人達にメールした翌日の今日、佐川長官の辞任と、森友関係も動きました。  


またまた、面白いシンクロです。


まるで、神界と連動しているみたいです。


{DC3BEFB2-EBC3-4A6B-97AA-D6408050F0F8}










目的地は地球

目的地は地球🌏

{FBA5DB5C-3648-449E-B248-0C7ED6820869}


友人達と映画に行った帰り道、ふと、ポスターが目に入りました。

宇宙から見た地球。
このポスターは、クルーズ船をクローズアップしたいからか、北米大陸はわかりますが、日本やオーストラリアやユーラシア大陸がないように見えます。

98日間もクルーズだなんて、楽しそうですね!
船上は巨大タウンで何でもあり、至れり尽くせりなので、ゆっくり、羽を伸ばすことができますね!

ちなみに、元旦から数えて、平日だと4月8日、閏年だと4月7日が98日目だそうです。
第98代内閣総理大臣は安倍首相です。

有楽町の駅で降りて、待ち合わせ場所に行く際、たまたま、天井を見たら、キレイな八角形をした幾何学ライトがありました。

まるで、UFOみたいでした。
八角形はトホカミヱヒタメの象徴でもありますね!

見てたら、うれしくなりました。
 
{5EFEBF64-D7B1-496F-A078-81D062FC7063}





先日、実家のお寺にお墓参りに行った帰りに、新しくできた漢方カフェを発見しました。

身体に優しい薬膳茶と手作りカボチャケーキで一休み。

オーナーさんに、最近ハマっている植物の話をしたら、ご理解くださり、植物談義に花が咲きました。

帰宅後に知りましたが、オーナーさんは薬剤師さんで漢方にも詳しいらしいです。

かなり漢方好きで私もオタク並みにマニアックで詳しいので、今度、行く時は色々な漢方のお話もできそうでうれしいです。

その時には、私がハマっている植物もお庭に新しく仲間入りしていそうです。

おうちでも、お気に入りの植物の葉をヨモギ・枇杷・メグスリの木・高麗人参・ホーリーバジル・隈笹など入れてブレンド茶にして飲んでいます。

古来から、縄文人もネイティブの人も、自然の叡智の力に感謝をして、同調して、活用してきました。

全てに感謝、大自然の叡智に感謝です。

それこそが本当の意味で自然と一体化していくことであり、カタカムナの世界でもあります。

古き良き、全てが調和された頃は、争いや差別など何もなかったのですね!
 
世界の中には、そういう古来からの素晴らしきモノを引き継いでいる少数部族もいるようです。

10日くらい前、保存していた記事に、マレーシアで未知の言語発見というのがありました。
このジュデクという言語を話している人数は約280人、差別や暴力、争いなどを好まず、共有や交換などの語彙が豊富であるそうです。

世界中が、本来の高い意識の時代の素晴らしきモノを甦らせてくれる日が早く来るとうれしいです。

昨日、平昌オリンピックが閉幕しました。
日本は、金メダルが4つでした。
内訳は日本女子団体が1つ。
個人、スケート女子の小平奈緒選手、高木菜那選手。フィギュア男子の羽生結弦選手。

高木菜那選手の苗字を見ていたら、高木神、タカミムスビ、造化三神というイメージが浮かんできました。

羽生くんの演技も神懸かり的で圧巻でした。

やはり、日の本は神の国。

同日である昨日、東京マラソンで双子の設楽悠太選手が日本新記録を更新して、東京五輪グランドチャンピオンシップ出場権を獲得しました。

柏原選手が箱根マラソンで走っていた時、双子ランナーで走っていた姿がなつかしいですが、あの時から東京オリンピックと公言していましたが真っ直ぐな思いと日々の練習と努力の賜物ですね!

ずっと先だと思っていた東京五輪も、昨日の時点で880日後とニュースで話していました。

天皇様が変わり、新しい世になって初めてのオリンピックが東京五輪。

新たな宇宙時代への幕開けですね!

より、世の中も変化をしながら、進化していくでしょう。

日々、感謝をして、今を大事に、そして、様々なバランスを保ち、笑顔でいることが大事ですね!

{0AB63362-51C9-4A6F-886C-D7ECA3179BC8}







自然の叡智

全ては、螺旋のように回転しながら、進んでいきます。

時に、三歩進んで、二歩下がりながらも。

一方向からではなく、様々な角度から多面的に物事を見ることにより、真実が見えてきます。

最近、とある植物にハマっています。

先月、友人がとある植物の葉を持ってきて、プレゼントしてくれました。
なぜか、身体に身に付けたくなり、こっそり、貼り付けてみました。

すると、身体が活性化されるのか、とても楽なのです。

クロロフィルとヘモグロビンが会話するのか、血流や氣の流れも良くなるようです。

自然療法では枇杷の葉は有名ですが、その葉っぱは別の用途では知られていても、自然療法的な効果は知られていませんでした。
もちろん、私も知りませんでしたので、すごい発見です。

個人的には、小さくて、丈夫なので、枇杷の葉よりも好きです。

枇杷の葉はすぐにパサパサして乾燥しますが、こちらの葉は数日は日持ちします。
それに、面倒なコンニャクやもぐさなどの湿布や温灸をしなくても、ただ、直に、身体に貼り付けるだけで効果があるので、気楽です。

調べてみたら、主に神社仏閣にあり、中には、御神木とされパワースポット化されている場所もありまさした。
また、中国では葉っぱはお茶にして、万能茶として、皇帝に献上されていました。

すっかり、気に入ってしまい、立春の日に世田谷のとある寺の住職さんに事情を話したら、お裾分けしてくださりました。

その時、ご一緒にいた女性は体調が悪い時に貼り付けたら良くなり、また、ワンコが体調を崩した時、勝手にワンコが食べだし、食べたら、元気になったそうで、また、葉っぱを取りに来たそうです。

この週末、私もこの葉っぱの驚異的効果を体感することとなりました。

土曜日の朝、待ち合わせ先に早く行こうとして、急いでいて、駅の花壇の縁石で足をひねって、多少痛みがあったのですが、すぐに治ったので大丈夫と思っていました。

しかし、帰宅後、6時半過ぎから、だんだん、足が熱を持ってきて、内側から腫れてきてる感覚があり、歩くのも大変になり、何かに捕まらないといけないくらいになりました。
軽い捻挫のようです。

ですが、私は慌てず、大好きな例の葉とついでに家にあった枇杷の葉っぱも足首と足裏に貼り付けて、ネットで固定しました。

途中から熱が出て、その後、お手洗いに行き、大量にデトックスしたら、何故か、軽くなり、足が楽になりました。
 
早寝して、起きたら、まだ、多少の腫れはあるものの翌日には普通に歩けるようになっていました。
昨日のビッコ足は何処へやらです。

途中、珍しく、何度か、夜中にお手洗いに起きましたが、その度毎に、デトックスされた何かが浄化され、足も元に戻っていきました。

足裏マッサージをしなくても、足裏に葉っぱを貼り付けるだけてもスゴイ効果です。

朝起きて、外してみたら、葉っぱの裏側は1日目(正確には15〜16時間)ではこんなに黒くならないのにというくらい黒くなっていて、クロロフィルが足を守ってくれたんだと感謝しました。

クロロフィル効果は、枇杷より凄いです。

枇杷の葉っぱは、いつも通り、パサパサに乾燥して、葉っぱがチクチクするのですが、例のお気に入りの葉は丈夫でそういうことはありません。

あらためて、パワーにビックリです。
 
念のため、足には葉っぱは巻きつけていますが、枇杷の葉は不要なので、もう、貼り付けていません。

クロロフィルパワーで、あらゆる不調や老化の元とたる酸化を還元し、アルカリ化してくれているようです。

大自然の叡智は素晴らしいですね!

昔の日本人は、自然と共に調和して生きていたそうです。

今の時代も、より、自然のものを取り入れていくことによって、文明生活で退化してしまった素晴らしい感覚も研ぎ澄まされていくことでしょう。


{37E6BCB2-1EC7-453E-8973-CA2E845512CD}