くそっ

テーマ:
再チャレンジプンプン

朝は文字すら入力できずに、リブログ記事の下の一行がやっとのこと
さっきもことごとくキーボードはするっと消えた

一旦電源を落としてみた


よし、消えないかな?




さて、木曜日です
お天気にも恵まれ、半端なく忙しい一日でした

忙しいということは、変なお客さんも来るという事でエルモ

ま、ほんとにおかしかった人は帰る間際の一人だけだけどさ

あ、もう一人いたか?
レジ袋3枚つけたのに、もう6枚くれって奥さま
期せずとも二人ともに同じタイプ



外見はお派手なサングラスをした、なっがーいスカートを引きずるようにはいた、妙齢の奥さま。髪の毛はセミロングでクルクル思いっきり巻いてる。
紫の目の上、赤い口紅。

はっきり言えばケバいスポンジ・ボブ


近所に大きなドラッグストアがあるのです
そのお客さんはアクエリアスの箱をカートの下に置いてありました
箱の上はキチッと封をしてあり、ほんとに商品ようにしてあったので

「こちらのアクエリアス一箱ですね?照れ

と、にこやかにワタクシは聞きました

「違うわよ!隣で買った物!!
中身見せそうか?これ見てよ!!」

と、持ち手の穴の開いた部分を指差した

確かに中に入っているのは500ミリのペットボトルのお茶

「間違えないでよ!レシート見る?」



間違うように持ってくるなと言いたい
テープでも貼っておけ


そして、エコスタンプが貯まったから使いたいと一枚差し出し、クレジットカードをトレイに乗せた

「クレジットでのお支払でよろしいですか?照れ

「違うわよ!WAON!!」
電子マネーは基本当人での扱いで、カードリーダーはお客様の側にあります


「それでは、そちらのリーダーにカードをかざしてください照れ


「レジ袋は本日もよろしいですか?照れ

「あ、そうそう。二枚になっちゃったから一枚にまとめてよ」


大混雑中の出来事です

ようやっとサッカー台の方に行ったが戻ってきて
「段ボールがないのよ!」

そう、本日は段ボールはすべて出払ってしまってなんにもありませんでした
その旨を伝えると

「困っちゃったわ。困っちゃったわ。どうすればいいのよ!」

知らんがな
マイバッグ持ってないんか?

そして、私は終業時間になり、あがる為にサービスカウンターに行くと

いたびっくり

ギフトの箱をそれを出せとか、そっちを寄越せとか、一箱では足りないとかなんとか
サービスカウンターでごねてた

全然足りる。そんな量の買い物ではない
そして私の顔を見ると、隣で買った箱を間違えるなんてと嫌みたっぷり




言っときますが、大混雑中での出来事です
夕方はお客さんたちも、混んでるからいいわよ。とか、細かいお金をめんどくさく出さないとか、協力的な方が多いのです



一人かかりっきりになるとね
余計に混むの

みんな見てるのデス




こういうのって、接客業をしてて一番やな時かな