2017年も残りわずか!

テーマ:
2017年も残すところ、今日一日となりました。

みなさんはどんな1年だったでしょうか?

僕はサッカーを今までとは違う視点で見つめる1年でした。
引退後から、子どもたちにスクールでサッカーを教えてきましたが、今年はクラブチームのコーチも始めました。
    
個人の技術を磨くスクールと、チーム全体を強くしていくチームのコーチでは、教えるポイント、伝えたいことも違ってきて、自分がサッカーをやる以上に、たくさん学んできました。
嫌いな本も読んだりして。

少しでも子どもたちが、サッカーを上手くなることを通して、主体的に考えて、選択して、行動する。そんなことを身につけてほしいなぁと考えています。


そして、今年は1型糖尿病の啓蒙活動としても、大きな挑戦をしました。
そのキッカケは、3月にレアル・マドリードのナチョ選手が1型糖尿病と公表したことでした。

1型糖尿病の子どもたちがナチョ選手の姿を見られたら「夢をあきらめない」気持ちを持ち続け、頑張れるんじゃないかと想い、プロジェクトを立ち上げるところから始めました。

クラウドファンディングというしくみを初めて使って、みんなの渡航費を集めたり、チラシを作って在籍したチームでサポーターのみなさんに協力を働きかけたりもしました。

大きなプロジェクトを動かしていくことで、たくさんの方と出逢い、ご支援頂き、1型糖尿病のことを知って頂く素晴らしい機会にもなりました。

おかげさまで、1型糖尿病の子どもたちをナチョ選手の試合に連れていくことができましたし、初めてのプロジェクトであるにもかかわらず、ナチョ選手と対面する機会にも恵まれました。
何より先制点を入れて勝利を収めるという想定できない数々の出来事が起こり、子どもたちにも、かけがえのない経験となりました。

サッカー選手としても、サポーターのみなさんの声援を励みに頑張ってきました。
こうして、大きなプロジェクトを立ち上げたことを通して、引退後もなお、サッカーを通じてたくさんの方々よりご支援ご指導を頂き、ありがたく思います。

僕自身も引き続き、誰かの「夢や目標」のために貢献したいと考えています。

2017年は本当にたくさんの方にお世話になりました。どうもありがとうございます。
2018年もあらためてよろしくお願いいたします。

みなさんも、素晴らしい2018年をお迎えください!!!