感染性医療廃棄物容器専用ホルダー専門会社 

感染性医療廃棄物容器専用ホルダー専門会社 

感染症による医療事故やインシデントが急増しており、感染症対策が強く求められています。


テーマ:

こんにちは 荒蒔です。

新人看護師として急性期病院で働いているものの、

「自分には急性期が合わない・・・」と悩んではいないでしょうか?

急性期病院の「急性期」とは、病気が発症し、急激に健康が失われ、

不健康となった状態を言います。

発症後おおよそ14日間以内が急性期の目安とされています。

つまり、急性期病院とは、急性疾患または、重症患者の治療を、

24時間体制で行なう病院のことを言います。

新人看護師急性期合わないく辞めたい・・・・

新卒の新人看護師として、卒業と一緒に、大学病院や総合病院といった

急性期病院に、入職する人がほとんどです。

看護師としてスタートしたものの、急性期の病棟から学ぶのが、

自然というような風潮が昔からありますが、実のところには、

急性期が合わなくて、辞めてしまう人も多いようです。

決して、自分を責めたりしないでください。

あなたは、悪くありません。

急性期で働き続ける事がキツイ・・・辛い・・・

と感じている人が、ほとんどなのです。

急性期が合わないくて辞めたい・・・と感じてしまうのでしょうか?

そこで、本日は、急性期が合わないくて辞めたい理由と、

その対処法を、お伝えします。

新人看護師さんが急性期が合わないと感じる理由

1)急性期のピリピリとした空気が合わない

急性期病棟では、入退院の応対やオペがあれば、オペ仕込みや、

オペ後の扱ってなどで、いつも慌ただしく、臨機応変に、

業務をこなしていかなければ業務が終わりません。

やる事が数多くあるために、教える立場の先輩看護師でさえ、

ピリピリしていたり、イライラしていたりする事もよくあります。

先輩看護師さえも、自身の業務で手がいっぱいの中で、

指導を受けている新人看護師にとっては、

「どうしよう!?」と思いますよね。

しまいには、やつ当たりみたいな、パワハラがあるかもしれません。

このような忙しすぎたり、ピリピリとした風情がある、

急性期が嫌だと思って、辞めてしまう方が多いようです。

2)急性期の早い展開についていく事ができない

急性期は病状が安定していない患者さんも多いため、

急変応対をしなければいけない事もあります。

その上、病棟であれば、入退院も多々あるのが急性期なので、

業務を効率よく、素早くこなしていかなければ、業務が終わりません。

何をしたらよいかわからない、新人看護師さんにとってみれば、

臨機応変に業務がわからず、嫌になってしまい辞めていく場合があります。

3)急変応対などの精神的重圧が重すぎる

急性期では、ささやかな決断の遅れや、ミスが患者さんの命に、

直結してしまう事がよくあります。

まだ、経験の浅い新人看護師にとっては、必ずにミスが許されないという

環境が、大きな精神的重圧となってしまう事があります。

急性期で働く事が、自身にとっては責務が重すぎる・・・

と感じてしまうようです。

4)患者さんに寄り添った看護ができない

患者さんに寄り添った看護がやりたいと思っていたけども、

急性期病棟では、業務が忙しすぎて、処置に追われてしまい、

患者さんとの時間を、自分のペースでと取る事がわりとできません。

患者さんに寄り添った看護がしたくて、

看護師になったのに、ジレンマを抱えて、

急性期で働く新人看護師も少なくはないのです。

一層のんびり患者さんの話を聞いたり、寄り添いたいと

考えている看護師さんは、自身のやりたかった事とは、

違うとギャップと違い辞めていくそうです。

5)突発的な残業が多くプライベートが充実できない

急性期病院では、急変も多々あるため突発的な残業も、多いです。

時間のない病棟であれば、日勤であっても20時、21時近くまで、

働かなければいけない事も多く、

長時間労働となってしまっている、職場もあります。

特に人手不足な急性期病院で働いていると、相当夜勤者に、

代わる事ができずに日勤者なのか、夜勤者なのか・・・

というような様子になっているところもあります。

残業時が多すぎるので、自分のプライベートが、満喫できない事から、

急性期病院を離れたい・・・と思いめぐらす 新人看護師さんもいます。

急性期が合わない場合の対処法は?

新人看護師さんの特徴として、性格的にのんびりしていたり、

おっとしりしている人や、なんでも一つの事を丁寧にやりたい性格の人、

看護師としてのスキルアップよりも、自分のプライベートを

優先やりたい人が、急性期の病棟が合わないと、感じる傾向があります。

性格的に合わないにも関わらず、理不尽をして展開の早い急性期で、

働いていると、体力的にも精神的にもきつくなってくるようです。

この先を考えても、急性期で働き続ける事は、考えられないという人は、

急性期を離れて、別の環境へ移るという事も、一つの選択です。

近頃では、新卒看護師として、一番目から急性期以外に、

入職する人も少なくはないのですし、経験の浅い新人看護師が、

急性期を離れて転職するという方が多いようですね。

より自身の性格や適性に合った環境で働きたいと、

思う人が多いと思いますが、世間一般の

「看護師は急性期で3年働くべき」というような常識に、

とらわれる、必要はありません。

早めに急性期病院に見切りをつけて、自らに合った別の場所で、

ずーっと働き続けていく方が、自分の成長にも繋がりますし、

幸せに働けるという人もいます。

勇気をもって、転職するのもいいかもしれませんね。

次回は、急性期の転職について述べます。お楽しみに!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス