ファッションアドバイザーあらかわたくやのブログ

ファッションアドバイザーあらかわたくやのブログ

現役オーダースーツ販売員が自分の売場を飛び出し、
すべてのアイテムの中からあなたを輝かせるものをご提案します。

クールビズをはじめとし、ビジネススタイルがどんどん軽装化、多様化しています。時代も様変わりし、周囲と同じような格好をしていることに違和感を覚えだした方、また、もっと「自分」という存在を差別化、確立していきたいと思った方も少なくないかと思います。

しかしファッション雑誌を手に取ってみても、これがいいのか、仮によかったとしても果たして自分に似合うのかどうか、判断しにくいのも事実です。

というのは、職業や年齢、職場での立場、関係性、加えて性格やなりたい理想像によって千差万別だからです。しかしビジネススタイルにおいては望ましいスタイルが存在し、それを求められることも確かです。

そのようなことを感じ不安を抱いたみなさまと、一人一人直にお会いし話を伺い、似合う服やなりたい理想像に近づくための服をご提案し、みなさまのご活躍の一助となればと思います。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
えー三ヶ月ぶりですか、そうですか。
どうも、あらかわたくやです。

更新が滞っている間もブログをのぞいてくれた皆さま、
ありがとうございます。ごめんなさい。

またぼちぼち書いていこうかと思います。
旬のネタというよりはアーカイブ的なものになればいいかと。



九月も中旬になって、今年の秋冬は英国調!とか言ってもあれなので、
そこには敢えて触れません。

突然ですが、クールビズそろそろ飽きてきませんか?
早い方だとGW明けからやっているはずなので。
楽と言えば楽ですが、どうも気分がだらけてしまいそうです。

というわけでそろそろネクタイしませんか?

別にウールタイで季節感出しましょう!とか言いません。
これだけノータイが続けば、
ネクタイをしめるだけでかなり秋だなって気分になります。
手持ちの中で濃いめの色のものをしめるだけです。

家を出てから帰るまでしめ続けましょうとも言いません。
職場についてから、人と会う直前とか、
クールビズ期間中であればポイントポイントで構わないと思います。
別にノータイを義務づけられているわけでもないと思いますし。

それとしっかり鏡の前でしめましょう。これだけは譲れないです。
よく電車の中でちゃちゃっとしめる方がいらっしゃいますが、
大抵は雑で変です。

鏡に向かって丁寧に。時間をかけたって一分か二分です。
ノットを作って、静かにしめて、バランスを整える。
この作業は言わば仕事モードになるための通過儀式です。

さーここまで読んだ皆さまはきっとネクタイをしめたくなったはず!
明日からネクタイをしめましょう!



あらかわたくや

テーマ:
天気の週間予報を見ているといよいよ梅雨本番といった感じですね。

ここ数年のゲリラ豪雨も含め日本の雨事情を考えると、雨の日対策もしっかりしないと、一週間通してずっとパッとしない格好をし続けるはめに、なんてこともあり得るかと思います。そこで今日は雨の日コーデです。特に雨の日はこれで決まり!なんて決め打つこともなく、ポイントポイントで押さえていこうかと思います。

雨の日に気にするところと言えばやっぱりパンツと靴ですよね。靴は去年あたりからフェイクレザーと言いますか、言ってしまえば長靴なのですが、かなりかっこいいオールラバーの靴が出てきたので、多いに活用したいところです。通気性のほどは履いたことがないのでわかりませんが汗。素材から見ていくとスエードがイチオシです。起毛素材ゆえ手入れされ怠らなければ撥水性は革よりも上です。以前は秋冬的なデザインが多かったのですが、ここ数年で通年通して履けるようなデザインがお手頃価格でもたくさん出てきたので個人的にはかなりオススメです。基本ブラッシングと防水スプレーで手入れは済むのでラクチンです。

パンツではポリエステル混やシロセット加工のものです。プリーツセット加工や折り目加工などいろいろ呼称があってそれぞれ違うのですが、ユーザー目線ではどれも「折り目が消えにくい」加工です。ドレスコード次第では折り目が消えてもごまかせるチノパンという選択肢もありますよね。それと今年よく見かけるシルク混は避けましょう。雨に弱いです。

基本的には雨に負けない素材を選ぶという至極当たり前な結論なのですが、付け加えるとしたら色とやっぱり素材感です。たまに雨が降ってるのにライトグレーのスーツ(パンツ)にキャメルの靴という組み合わせを見かけますが、自殺行為です。雨の日用は濃色で揃えましょう。黒、チャコール、ネイビーで靴も黒がベストです。万一靴に水染みができたら湿らせた布で拭けば取れます。素材感の方はポリエステル混のパンツの時はスエードは履かない、そんなレベルの話ですが、うっかりすると激しく浮いて見えます。

そして最低限タオルは一枚余分に持ちましょう。濡れたらすぐ拭く。これだけでもだいぶ違います。必ず叩くように拭き取りましょう。新しいタオルだと細かい毛がついたりするのである程度使い込んだものがベストです。そして雨の度合いと予定次第では替えの靴下も。これからの時期生乾きは余計臭いますし、濡れた足はモチベーションとパフォーマンスを下げます。あとは雨の日限定な傘に注目してみるのもいいと思います。傘になかなかお金をかける気には自分もなりませんが、いい傘だったら雨の程度によっては外出も楽しくなりそうです。うっかり忘れたり、風の強い日にさして壊したりしないよう気をつけて、意外と盗難にあうことも多いので管理には気をつけましょう。

雨の日でも晴れの日と変わらず街中を颯爽と歩けたら、けっこうかっこいいと思いますよ。

あらかわたくや

テーマ:
$ファッションアドバイザーあらかわたくやのブログ-サンプルコーディネート2


撮影:Ayumi MOCHIZUKI

ジャケット:オーダー(自社製品)
パンツ:オーダー(自社製品)
シャツ:ユナイテッドアローズ
ネクタイ:ブリューワー(シップス)
ポケットチーフ:シップス
靴:アルフレッドバニスター
ベルト:ノーリーズ
※全て私物

ちょっと遅くなりましたがジャケパンコーデ第二弾です。
意外とまだジャケット着てる方が多いのでその方向で行きます。

王道のネイビージャケットにベージュのコットンパンツを持ってきて、色数も増やしたので中級編といったところでしょうか。ベージュを持ってきたのでシャツは白でシンプルにまとめて、ネクタイで爽やかさを狙いました。ベージュも黄緑も言ってしまえば中途半端な色なので、靴をベージュよりも濃くして全体を引き締め、パイピングが多色になっているポケチで各々の色を拾っています。

このコーデと言いますか、カジュアル気味のジャケパンの肝は前回の投稿で書きましたが、素材感でしょうか。

ジャケットは確かウールメインのモヘアとシルク混で、パンツはもちろんコットン100です。なのでシャツは鹿の子で、ネクタイとポケチはコットンです。鹿の子のスポーティーさに合わせてリングベルトにしました。これがリネンシャツだったらメッシュベルトなのかなと思います。オックスフォードのボタンダウンだったらどっちでもいいかなと。もう感覚の話です。別にこれが正解で他が間違いってわけでもありませんから、自分なりに、これを選んだからこれ、というような意味付けができれば問題ないかと思います。

買うときに単品の良さだけで選んで、ワードローブから何の気なしに選んで着ていくと大抵は崩壊します。買う段階で多少時間がかかってでも色合わせだけでなく、素材感、ボリューム感が全体でバランスが取れるか、しっかり考えて選べば、着る段階で多少手を抜いてもうまくいく確率が上がります。

やっぱりいいものは高いですし、それでなくとも女性ものと比べてバリエーションが少なく、クオリティで差別化されていることが多いです。だからこそじっくり時間をかけて選び、しっかり使いこなせば充分コストに見合ったパフォーマンスをしてくれます。たいていの女性は気付いてくれますし、敏感な男性も気付いてくれます。何より自分の気分が良くなるので自ずと顔が上がり背筋も伸びて、表情も明るくなります。それがどれだけ印象を変えるかはご想像にお任せしますが、けっこう効果ありますよ。

あらかわたくや

テーマ:
クールビズ用にシャツとパンツは買った。ベルトもメッシュベルトなるものを買った。これで今日からクールビズスタイルも完璧!と颯爽に家を出ようとした方、靴は何を履きましたか?オシャレは足もとからですよ。

部屋の鏡では完璧なのに、街中のガラスに映った自分は何か変。そういった経験はありませんか?原因は靴にありそうです。スーツにもネクタイにも格があります。もちろん靴にも格があります。

クールビズで軽装、カジュアルになったのに、スーツのときと同じ靴を履いていたら、靴だけが格が高くて浮いてしまいます。逆にかっちりスーツにコインローファーなんかだと靴が軽すぎます。よく見かけますけどね。

うちは結構厳しくてライトグレーのパンツとかあんまり派手なシャツもねーという方は、Uチップやモンクストラップがいいでしょう。きちんと感を出しつつもストレートチップや内羽根よりは格が下がるのでバランスが取れます。ウィングチップやフルブローグも格下の位置付けですが、見た目が重たいのでシャツが強めじゃないのであれば避けた方がいいかもしれません。

うちはそこそこ自由度も高いからいろいろできるけどチノパンとかはなんかあれだし、ちょっと明るめのグレーくらいかなーという方は、ぜひぜひスリッポンを。王道のコインローファーもありですし、ちょっと色気を出すならビットローファーやタッセルなんかがオススメです。流行りはスエード素材ですが、ちょっと砕けた印象になるのでそこまでじゃないなという方は革製がベストです。

いやーうちはけっこう自由だしカラーパンツなんかも履いちゃうよーという方は、ぜひぜひスエード素材のスリッポンに挑戦しましょう。基本的には靴下を履きますが、素足ばきもOKならインビジブルソックスで軽快にいきましょう。ジーンズも許容範囲内ならきれい目の色のものを履きつつモカシンという選択肢もあります。

色合わせに気をつけるのも大切なことですが、ビジネススタイルに使うアイテムにはそれぞれ格があります。自分の業務内容や、性格を考慮にいれて、自分はどのくらいの格をメインにおくのか、一度考えてみると無駄な買い物も減って節約になります。今日出てきたスリッポンなんかは普段使いできるものですので、クールビズ用と思って買うよりハードルは低いと思います。そして仕事で使えるものを普段使いするのでカジュアル最右翼だった私服の格は上がりますよね。もう言うことなしです。

あらかわたくや

テーマ:
GW明け初日、みなさまスムーズに仕事モードへ切り替えできましたでしょうか。今日からクールビズ実施という方もいらっしゃるかと思います。

一口にクールビズと言ってもその度合いはいろいろあるかと思います。ノータイだけどジャケットは必要というのもあるかと思いますし、そういうシチュエーションが瞬間的に訪れることもあるかと思います。今日はそのノータイにジャケットというスタイルが、終業後の居酒屋スタイルにならない魔法のアイテムを紹介したいと思います。

ずばりポケットチーフです。

ポケットチーフなんてそんな洒落たもの恥ずかしくてとか、そんなキザなもの女口説くわけでもないのにとか、いろいろ敬遠する理由はあります。しかしお祝いにおける正装では必ず必要なものですし、チーフを挿さないとスーツスタイルとして不完全だという方もいらっしゃるくらいスーツには欠かせないものです。

まずはどんなチーフだとキザに見えてしまうのか。それは昼間からシルクを挿している場合。そしてどぎつい色、柄、全体に対してワンポイントになるわけでもなく、脈絡がまったくないときです。

ですから基本的にはスーツやネクタイのストライプの色や、シャツの色と合わせてあげれば浮くことは決してありません。素材はこの時期ならリネンやコットンです。秋冬になればカシミア混なんかでふわっとしたものもあります。ポケチは難しく考えず白やサックスブルーのようなシャツによくある色の無地が一番使い勝手がいいです。それとパイピングのしてあるもの。パイピングとストライプの色を揃えてあげるとキレイです。スーツ、シャツ、ネクタイ全てを無地調で揃えた場合は、単色のドットやペイズリー柄にしてあげると本来ネクタイがアイキャッチになるところをポケチが引き受けてくれます。そうなんです。ノータイの場合はポケチがネクタイ代わりなんです。同じ理由の変化球として柄物のハンカチを挿すという選択肢もありますが。挿し方は王道TVフォールドで問題ありません。というよりこれが一番です。

加えて体型をカバーしてくれたりします。小柄な方は目線を上に誘導できますし、細身の方は身体全体のIラインを切ってくれます。大柄な方はどうしても面積が大きくなるスーツのポイントになってくれます。万能選手なんです。

値段もセレクトショップに行っても3000~4000円ほどで充分選べます。コンビニでレジ横のチロルチョコをつい買ってしまう感覚で何かのついでに手に取ってみてください。シャツやネクタイを買ったらそれに合わせるように選べばまず失敗しません。「ついで」の買物で見違えるなら安い買物だと思いませんか?

あらかわたくや

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス