今日の修善寺温泉は晴れ。

 

伊豆市の最高気温は昨日より2℃上がって18℃。

 

昨日は雨で16℃。

 

今日は晴れて18℃ですから暖かな一日にはなりましたが、朝から風がとても強い一日になっています。

 

お車で移動の方は横風にご注意して下さい。

 

今日は「明治14年築 登録有形文化財 青州楼」からの景色。

 

青州楼は新井旅館で一番古い建物です。

 

2018年に、二階の「清渓の間」を「食事処」に改修しました。

  

 

正面の窓からは、天平大浴堂の屋根とその奥に「あやめの棟」が見えます。

 

右側(西側)の窓からの景色は只今こんな感じです。

 

 

緑と紫の楓の新緑が、今日の風で大きく揺れています。

 

その後ろ、左側に明治41年築(平成30年改修)登録有形文化財 霞の棟

 

正面に明治32年築(昭和33年改修)登録有形文化財 雪の棟

 

写真には入りませんでしたが、右側に大正8年築(昭和35年改修) 登録有形文化財 月の棟

 

「渡りの橋」も含め、6つの登録有形文化財の建物を眺めることが出来ます。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は曇り時々雨。

 

伊豆市の最高気温は16℃と、若干肌寒い一日になっています。

 

このあと夕方にかけて強い雨に変わる予報になっています。

 

お昼過ぎの新井旅館玄関。

 

 

小雨が降ってはいますが、傘はまだいらない感じです。

 

玄関前のつくばいの横に、アマギシャクナゲが植えられています。

 

 

かわいらしいつぼみがたくさん膨らんできました。

 

 

これからしばらく玄関前を彩ってくれそうです。

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

気温も昨日より3℃近く上がって、過ごしやすい一日になっています。

 

「渡りの橋」からの景色です。

 

 

手前の八重の山吹が満開。

 

 

そして山吹の後ろには、きれいな赤紫のつつじ。

 

 

昭和のすきガラスにも映って二倍に綺麗に見えています。

 

旅館の庭、只今赤・白・紫のつつじが色々な場所で咲き始めています。

 

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ時々曇り。


暖かった昨日から8℃下がって今日は日中も14℃とかなり冷え込んだ一日になりました。


「昭和7年築 登録有形文化財 あやめの棟」

の話の続きです。

 

昭和7年、日本画家「安田靫彦画伯」がデザインし、早稲田大学の中村鎮先生が図面に落とした「あやめの棟」と「天平大浴堂」の図面。

 

 

「あやめの棟」の南側の側面図

 

 

完成当時の写真がこちら。

 

 

南側の窓は全面ガラス。

 

 

外観などはほとんど変わっていません。

 

安田靫彦画伯のデザインで出来た組子の手摺。

 

 

卍崩しのデザイン。

 

 

90年経っても昔のままです。

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は雨のち曇り。


午前中は雨模様でしたが、だんだんと雨もおさまり、曇りに変わってきました。


気温もグッと高くなり、最高気温は22℃。


かなり暖かい一日になっています。


先日東京2020オリンピック聖火リレーのご案内をしましたが、

 

伊豆市では聖火リレーの他にもオリンピック・パラリンピックの「自転車競技」が開催されます。

 

 

 

伊豆市には、伊豆ベロドロームという日本国内唯一の屋内250m木製トラック自転車競技場があり、このベロドロームにてトラック・レース競技が行われます。

 

そして同じ敷地内にマウンテンバイク競技会場として新しいコースも造られました。

 

日本の伝統文化と伊豆の風景を意識したオリンピック仕様のコースです。

 

全長4,000m、高低差160mで、富士山を望めるビューポイントもありながら、難所の「テクニカル・フィーチャー」も8カ所設置されています。

 

  

「競技日程」

 

東京2020オリンピック

マウンテンバイク 7月26日(月)・27日(火)

トラック・レース   8月2日(月)~8日(日)

 

東京2020パラリンピック

トラック・レース   8月25日(水)~28日(土)

 

開催予定となっています。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は雨。

 

雨と言っても小雨といった感じで、傘を差さなくても大丈夫な時間帯もあったりします。

 

伊豆市の日中の最高気温は16℃になっていますが、体感温度はもっと低い感じ。

 

結構肌寒い一日になっています。

 

水温もかなり低くなっているようで、「華の池」をのぞいてみると、鯉たちがみんな建物の下に隠れています。

 

 

今日は「鯉の餌やり」の癒しタイムは無理なようです。

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

今日も朝からいいお天気で、日中の気温は17℃。

 

お出かけ日和になっています。

 

昭和3年築 登録有形文化財 山陽荘

 

 

20年ほど前までは客室でしたが、現在は「銀座 金澤翔子美術館 修善寺」としてダウン症の書家「金澤翔子さん」の書を展示しています。

 

 

90年前とほとんど変わらない日本建築の部屋に16点ほどの作品が置かれています。

 

 

金澤翔子さんの作品と日本建築の粋を楽しんでもらえる空間です。

 

 

そしてここからお知らせ。

 

修善寺駅から伊豆箱根鉄道で三島駅に戻る途中、「三島田町駅」で下車。

 

三島田町駅から徒歩5分ほどのところにあります「佐野美術館」に於きまして、

「金澤翔子の世界」

が4月10日から開催しています。

 

 

「涙の般若心経」やNHK大河ドラマの題字「平清盛」をはじめ、50点の作品が展示されています。

 

5月23日(日)まで開催。(木曜日は休館日 4月29日は開館)

 

4月17日(土)には金澤翔子さん来館記念イベントも開かれます。

 

どうぞお出かけください。

 

詳しくは佐野美術館ホームページをご覧ください。https://www.sanobi.or.jp/

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

日中の最高気温は16℃。

 

とっても過ごしやすい一日になりました。

 

明治14年築 登録有形文化財 青州楼

 

 

今日は特に青空のもと、綺麗に見えています。

 

お天気がいいので、館内を歩いていても気持ちがいいです。

 

華の池付近も、

 

 

桂川沿いも、ずっと景色を見ていられます。

 

 

そして旅館の庭は、只今つつじがたくさん咲き始めました。

 

  

 

こちらもツツジ科

 

 

とても穏やかな日曜日になっています。

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

晴れてはいますが、日中の最高気温は13℃。

 

風が冷たい一日になっています。

 

「大正8年築 登録有形文化財 月の棟」

 

 

「日本画家 安田靫彦画伯」のデザインで藤原式建築で建てられましたが、昭和30年代の旅館業法の改正によって改修が必要になりました。

 

その際、安田画伯による藤原式建築の外観は残して客室の一部改修を行うことになりましたが、その考証を行ってくれたのが同じく日本画家「川端龍子画伯」。

 

明治18年生まれの川端龍子画伯は大正初め修善寺温泉を訪れます。

 

当時新井旅館には横山大観画伯をはじめ、前田青邨・小林古径・安田靫彦・今村紫紅といった紅児会メンバーがよく滞在していました。

 

川端龍子画伯は「新井旅館は紅児会の根城だった」とのちに語っています。

 

修善寺を気に入った川端龍子画伯は度々訪れ、修善寺温泉に別荘を建てたり、修禅寺の檀家となりお墓も修禅寺に造ります。

 

そして昭和34年には文化勲章も受章されます。

 

そんな時期に「新井旅館 月の棟」の改修の考証をして下さいました。

 

「月の棟」のロビーは川端龍子画伯の意匠が詰まっています。

 

玄関にも川端龍子画伯の意匠がずらり。

 

東京大田区にあります川端龍子画伯の自宅兼アトリエ跡が「龍子公園」となっていますが、「龍子公園」にも同じようなデザインを見ることが出来ます。

  

例えば今年2月に修理を行いましたが、エントランスのデザイン。

  

 

また、玄関横の壁のデザイン。

 

 

そしてつくばい。

 

 

どれも川端龍子画伯のデザインで出来上がっています。

 

川端龍子画伯はその後昭和41年4月10日に81才でお亡くなりになりました。

  

しかし、文化勲章受章された直後にデザインされた「新井旅館 月の棟」はその姿を今も残し続けています。

  

 

今日4月10日は修善寺温泉をこよなく愛した「川端龍子画伯」の命日です。

 

 

以前の川端龍子画伯の日記→2018年4月10日の日記

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。


東京2020オリンピックの聖火リレーが3月25日に始まりました。

 

福島県を3月25日にスタートし、栃木県・群馬県を経て、4月に入り長野県・愛知県・岐阜県・三重県と回り、今日から和歌山県に入りました。

 

その後奈良県・大阪府を経由し、四国・九州沖縄・中国・再度近畿・信越北陸・北海道東北とつなぎ、宮城県の後ようやく静岡県にやってきます。

 

静岡県のスタートは6月23日。

 

そして伊豆市にも、6月25日(金)に聖火リレーがやってきます。

 

 

伊豆市といっても広い中、聖火リレーは修善寺温泉街を巡ります。

 

 

修善寺小学校を13時30分にスタートし、温泉街を抜け、修禅寺前を通りゴールは修善寺総合会館13時52分到着。

 

22分間ではありますが、オリンピックの聖火が間近を走っていきます。

 

 

なお、リレーのスタートやゴール前後に、ルート周辺道路で交通規制が実施される予定です。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net