戒名の意味と相場 | 葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


戒名とは、言わば、あの世でも通じる名前です。
正確にいうと、仏門に入り、戒律を授けられた際に授けられる名前です。

実は亡くなっていなくても、出家していなくてもいただけるものなのですが、
現在は、亡くなってお墓に入る際に必要なものになってしまっていますね。



ちょっとひもといてみましょう。


日本で初めて戒名を授けられたのはいつどなたか知ってますか?
奈良の大仏を建造した聖武天皇です!
756年、唐の高僧、鑑真(ガンジン)によって「勝満(しょうまん)」という戒名を授かったそうです。

たった2文字!?
そう、鎌倉時代ぐらいまではそれが普通だったんです。


院号は、天皇がそれぞれお住まいになられていた○○院という御所の名から取られたのがおこりです。

もともと高貴な方を直接お名前で呼ぶのは恐れ多いということで
お住まいの名前をそのまま上に付けたのが始まりでした。
後に足利尊氏をはじめとしてその住まいの本家の主人のみに付けるようになったと言われています。



現在の戒名のような形になったのは江戸時代
檀家制度ができてからのことです。
キリスト教が禁じられ、みなどこかの寺に所属しなくてはならなくなったことから
ひろく戒名が普及しました。

亡くなった人にも生きている者として、
通夜に授戒式を行って戒名を与えたのが今の形になっているんですね。



さて、
戒名ってつけなくてはいけないんですか?
とよく聞かれるのですが、

お墓に入るのにはその宗派、菩提寺から戒名を頂かなくてはならないことがほとんどです。
(ごくまれに、俗名でも受け容れていれる寺院もありますが・・)

ちなみに、戒名は「仏弟子」となったということですから、
「つけていただく」「授かる」ものであり、勝手に自分たちでつけることはできません




宗派によってその名前の付け方は異なりますが、
基本的には上から順番に以下の構成になっています。

 院号:

 法名(法号):生前の故人の名前から一字を取ってつける名前

 位号:仏教徒の階級(居士、大姉、信士、信女、童子、童女など。主に没年齢によります)

置字:位牌のことを意味する言葉(霊位又は位など)



そして気になるお布施の額ですが、

法名(号)は50万円、院号は100万円ほどです。

ご存じのように、院号はいわばオプションです。



なんだか、戒名の成り立ちを考えると、

今からお坊さんに相談して素敵な戒名をつけておいてもらいたくなる気もしますね。

・・あ、それにはちゃんとしたお寺とのお付き合いが必要ですけれど。

ちなみに、僕は持ってます~!

荒井昭博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります