11/24(土)はドラいぶでした!打ち上げ楽し過ぎて4時までコースでしたねw



今回は個人的な都合で「すぐ着れるドラえもんコスプレ」作りました。ニット帽の出来が可愛いと自負しております。


今回も魅力コーナー、企画、トークとたくさんやらせていただきました。

・名前負けなんじゃないの?出木杉君(新美)
・垂涎の睡眠ランキング(馬場)
・ドラえもんで見る日本経済のゆくえ(大嶽)

・居酒屋でやれ!企画
キーワード(登場人物やひみつ道具など)から連想される事をポンポン出してくゲームで、詰まったり変な事を答えるとアウト!罰ゲームは「キャラものまね」でした。
大嶽アブジルの「このムチは痛いぞ〜」や
馬場タイムマシンの「冷却水ならタンクにありますピポッパッポッ」
などが割とウケましたw

・映像コーナー
ひみつ道具を自作しよう
やはりひみつ道具を作るのは難しかったですね(当然)

・「ドラえもんは何故面白いのか?」トーク
ゲストに爆烈Q高見さんを迎えて各々、ドラえもんで面白く感じる所を話しました。ドラえもんは「子供の笑ゥせぇるすまん」説(あんな事いいなという欲望を叶えるドラえもんという存在にドーン!された我々が未だにグッズを買ったり映画を見に行ったりする)は我ながら『見つけた!』と思ったのですが、お客さんに響いたでしょうか?w
まぁその後の高見さんの深い考察で全て消し飛びましたけど。
のび太の恐竜の、追いすがるピー助を「殴るぞ!」と一喝するのび太の振り上げる手が実は利き手じゃなかった=のび太の人柄が出てる的な話は鳥肌モノでしたね。



真面目な話をした後は、
「他の人の大喜利回答を当てよう!」コーナーで完全に楽しんでましたw
人の大喜利の答えなんか当てられるわけないわー。とやる前は思っていたのですが、


ドラえもんが未来に帰る前に「やり残した事がある」と言ったことは?
(馬場の回答を当てよう)

「ミイちゃんのクローンを作る為に毛を手に入れる」
大嶽君に当てられてしまいました。
 



桃太郎印のきびだんごがバージョンアップ!どんな性能になった?
(新美君の回答を当てよう)

「親兄弟も操れる」
見事馬場が当てましたw





意外と当たるもんですね。
また今回も存分に楽しませて頂きました!


さて次回は2019/1/26(土)!
チャラデ阿佐ヶ谷で19時からです!
お正月SPという事で中々ビッグなゲストをお迎え出来るかもしれません。
詳細はまた後日。
とりあえずスケジュールを空けておきましょう!




9/29(土)に4周年ドラえもんトークライブを行いました!


無駄にスチームパンク風の服を着て。



4周年という事で気合い入れて臨みました!と言いたい所ですが、いつも通り楽しい感じでフワフワ行きましたw



今回は桃太郎印のきびだんご擬人化コスプレ!


ハチマキにきびだんごと書いてあるので解りやすいかとw


内容はいつもの通り、魅力のコーナー
「ドラえもんは望みを叶えてくれているか?」
「ジャイアンは野球が下手か?」
「恋愛スペシャリスト?ドラえもん」
といった特集をしました!

・ドラえもんラップバトルのコーナー
ドラえもんの登場人物になりきって、お互いの悪口をラップに乗せて言う。という流行りに乗ってみたのコーナー。

・映画トレカを作ろう!のコーナー
ドラえもんの映画のトレーディングカードを作るとしたら・・・?各々が自分で属性やステータスを決めて作る!という企画

・4周年記念、3人協力クイズコーナー


異常に老けたグースケ





こんな感じの24巻でした!
ここまで続けられたのもご来場のお客様、スタッフさん、恵まれたメンバーのお陰です。有難い。。
次回11月は日程は決まってませんが恐らく下旬頃にやる気でいますので、続報をお待ち下さい!
その前に11/3に早稲田の学生さんにお呼び頂き、学祭にて出張版ドラいぶを開催させていただける事になりました!まだ決まってませんが、14時位に1時間程で行う予定ですので、こちらも宜しくお願いします!






そして誕生日ケーキ頂きましたよ。
このギミックは楽しい!
出前ラーメン風ww



では、前編に引き続き備忘録を兼ねたねた解説後編です。

 

『異世界ゲート』

このネタは個人的に一番お気に入り。

ただ、アニメや漫画の素養がある程度無いとさっぱりなネタなので

世代や趣味によって、このネタが一番好きという方と

いやよくわからなかったという方が真っ二つに割れました。

芸人さんは、このネタが好き率が高かった気がします、なんでだろ?

あと、このネタは田中の喉への負担が半端ないので

力加減に気をつかいました。

まあ、乗ってきちゃうと結局抑えは効かないんですが・・・。

馬場から『働いたら負けTシャツ』とか衣装にすればよかったな

という提案がありましたが、かないませんでした

本番直前に言うんだものw

いつか衣装を変えてやりたいけど、長いネタだからやる場所がなぁ・・・。

 

 

『ハロウィン仮装大会』

人に書いてもらったネタ2本目。

正直、これもらったときは『僕らにできるのか?』という不安で一杯でした。

自分たちでは絶対に書かないテイストのネタだったので・・・。

作家さんからは、自由に足したりして変えてください!

と言われてたんですが、変え方が分からなかったので

いっそほぼ台本のままやりましたw

唯一入れたオリジナル要素としては、馬場のキャラでしょうか?

普通にやるとあまりにも普通の人になってしまう役で逆に難しそうだったので

適当に決めた名前である『山田』に合わせる形で

トリックの仲間幸紀恵さん(山田奈緒子)っぽいキャラでやることになりました。

結果的に、馬場が異常に活き活きやってましたねw

 

 

『ガラスの田中の仮面』

でましたよ。

普段ネタを書かない馬場がひとりで書いたネタをやる

という名目で田中を虐めるコーナー。

前回の『カーニバル田中』も大概だったんですが

今回にいたっては、台本半分くらい空白で

『なんか恥ずかしい過去のエピソード頂戴』でしたから。

自分で過去の黒歴史を掘り起こす作業、ある意味今回の単独で

一番エネルギーを使ったかもしれませんw

そのかいあって、またもやアンケートで一番人気。

いや、嬉しくないわ!

内容に関しては、ばあやの演技力高すぎるだろ!とツッコミたかったんですが

コンセプトから外れるんでできませんでした・・・。

次回もなんかやらされるんかなぁ・・・。

 

 

『ローカル線』

こちらは過去ネタ2本目。

しかもかなり昔のネタです。

今回、飴を落とすシーンで、暑さのため

飴が溶けてくっついていて、うまく落ちなかったのが

非常に心残り。

夏場は直前に飴のギミック作んなきゃなぁ・・・。

これもかなりぶっとんだネタなので、好みがだいぶ分かれました。

ま、完全にドラゴンボールですしねw

 

 

『時限爆弾』

今回のネタ中最長の15分ネタでした。

実は、このネタ、5分くらいの雛形があったのですが

もともとは完全なバッドエンド、さらにキャラも

普通のキャラだったのが、紆余曲折の末あの形になりました。

ちゃんと完成したの、本番の2週間前くらいだったんじゃないかな?

このネタに関しては、伏線の仕掛けをはじめ

音響・照明まわりが非常に複雑かつ重要だったので

スタッフのみなさんには本当に苦労をかけました。

でも、複雑なオペレーションにもかかわらずほぼ完璧にこなしてくれました。

みんなありがとう!!

最後はなんとなく泣かせっぽくなってしまったんですが

毎回、単独のラストは泣かせにくるだろうと思われると

驚きも新鮮味もなくなると思うので、次回は泣かせ無しでいきたいですね。

単独のラストコントは『満足感』にすごくこだわっているので

それを簡単に実現できる手段として前回ほど露骨ではないものの

今回も『泣かせ』に走ってしまいました。

次回、リベンジ!

 

 

ということで、ネタについて簡単に解説してきましたが

DVDに前回同様、ネタを見ながらしゃべるオーディオコメンタリーを収録予定なので

そこでもっと詳しくお話できるかと思います。

 

最後になりましたが、今回の単独ライブにお越しくださった皆様

関わってくれた皆様、来れないけど応援してくださった皆様

本当にありがとうございました!!

単独ライブは、いつも本当に幸せな時間です!

まあ、その分準備はキツいですがw

また、そのうち第3回もやりたいと思っているので、

是非是非、またお越しください!!

 

先日8月29日(水)に、単独ライブ『踊る人形』が無事終了いたしました。

おかげさまで、満席のお客様の前でネタをすることができました。

しかも、めちゃくちゃあったかい雰囲気で。

感謝感謝です!!!

 

さて、まだ終わったばかりではありますが第3回に向けた

備忘録を兼ねて、ネタの解説とかしてきます。

 

今回の『踊る人形』、相変わらずタイトルに深い意味はありませんw

ただ、やってみたら田中が色々ひどい目に合う成分多めだったので

田中という人形が必死に踊る単独ライブとこじつけられないこともないかな。

ま、後付けですw

 

コンセプト自体は前回の『車輪の下』とほとんど変わらないのですが

今回は、自分たち以外の作家さんにネタを提供してもらうことも含め

とにかく色んなことをやろうというのはありました。

できてたかどうかは、お客様の判断にゆだねるということで・・・。

 

では、個別のネタ解説。

 

『引越しそば』

OPコント。

OPということで、軽めのわかりやすいネタにしようと作りました。

前回のOP、いきなり不倫カップルの別れ話でしたしねw

ただ、いざ作ってみたら実際にやった倍くらいのボリュームになったので

かなり削りました。

OPから10分のコントとかお客さんもきついでしょうし・・・。

このネタ、基本的に書いたのは田中なのですが、珍しく

原案は完全に馬場です。

評判も良かったし、もっと原案出して欲しいなぁ。

ネタ中に使ったそばですが、途中まで本物を使おうかどうか迷ってました。

でも、ちゃんとそばに見えたようで本物使わなくて良かった。

個人的に、『田中さーん!』と不安そうに言うとこがツボでしたが

お客様にはそんなに伝わってなかったですねw

 

 

『OP映像』

今回は、前回と違い全部静止画で映像を作りました。

動画で作るよりも手間が段違いですw

なんとなくOP映像にはストーリー性を入れたくなる病気なので

毎回いらん苦労をします。

ネタのテイストとは裏腹に、可愛くて楽しくてポップな感じを

目指しましたが、どうだったかなー。

 

 

『再会~FATHER&DAUGHTER~』

人に書いてもらったネタ1本目です。

書いてくれたのはドラいぶでも一緒の後輩、大嶽くん。

荒ぶるに寄せて書かなくてもいいよとは言っていたのですが

結果、大分寄せて書いてきてくれましたね。

まあ、僕らだったら『援助交際』という設定は使わないでしょうがw

大嶽君はゲスい要素を入れるのが好きみたいですw

このネタ、お芝居成分強めなので、演劇演劇しないよう気を使いましたが

やっぱりところどころお芝居っぽくなっちゃってたかなぁ・・・。

 

 

『踊る人形ラジオ』

幕間映像。

前回同様ラジオ番組テイストのトークを馬場のイラストで

見てもらいました。

今回は、なんとカラーになりましたよ!w

ただ、残念ながらプロジェクターを通すと色が全然変わってしまってましたね。

次からはそこも考えなくちゃなー。

 

 

『刑事と殺人鬼』

これは過去ネタですね。

この辺に過去ネタを入れて一息つくのが荒ぶる流。

このネタ、僕らとしてはかなり珍しい部類の

いわゆるあるあるネタ。

ただ、テイストは僕ららしさを残したくてあんな設定になりましたw

元ネタは踊る大捜査線のとあるシーンなんですが

気づいた方はいらっしゃったでしょうか?

まあ、もっと辿ると『羊たちの沈黙』なわけですが。

 

 

『馬場の世界観強め漫画』

こちらも幕間映像。

これにも今回から色がつきましたw

内容はご覧いただいた通りゆるゆるです。

今回も頑張って荒ぶるふたりで声をあてました。

来い!声の仕事!!

しかし、サラミ入道人気ですね?

なんでなんだ??w

 

 

長くなりそうなので、2回に分けますね。

そのうち後編書きます。

 

8/29は新宿ハイジアV-1で、単独ライブを行いました。



ろくな写真がない。

たくさんの方々にご来場頂きほぼ満席。
非常にあたたかい雰囲気の中コントさせてもらいました!
いやー楽しかった。

次回はまだタイトル「夜明け前」位しか決まったませんが、やろうと思いますのでその際は是非宜しくお願いします。

割と人気なキャラの『サラミ入道』のLINEスタンプを作ろう作ろうと思ってて放置してたので作りますw



こんな、使いどころのないスタンプだらけにする予定。







幸せな時間でした。



因みに2個目の「再会」のコントで使ってた写真は実はコレでしたw


大学の頃の浮かれた飲み会の写真。


それではしばらくは、積みゲーになってたゲームをプレイしていきたいと思います。