布施亜希子です。

 

 

このシリーズでは

ドラマの中にどのように

心理技術が散りばめられたのか、

あとはドラマのエピソードで私が個人的に気になったこととかを

ピックアップしながらお話いたします。

ただし、あらすじは書きません。

あらすじならばドラマHPで掲載されていますので

お調べください。

リンクを貼っておきます。

 

公式HP 第9話あらすじ

https://www.ktv.jp/bokura/story/09.html

**********************

愛娘と会いに行くつもりで出かけようとする

樫野木先生にスポンサーから

研究費の増額の申し出の連絡が入り、

研究室に残る二人のうち迷いながらも

一輝に娘さんのお出迎えを頼みます。

 

約束通り一輝は樫野木先生のデスク横に娘さんを連れてきては

樫野木先生が帰ってくるまでの間、

樫野木先生やフィールドワークの話で盛り上がっていました。

一輝といるのが楽しい樫野木先生の娘さんは

もう少しここに居たいと言いますがそれを遮って連れ出してしまいます。

それから一輝があげると言って

渡していた鳥呼びの木の細工も返してしまって。

 

その木の細工を見てふと一輝は何かを思い出したようです。

それから、一方育美さんもゴキブリと勘違いして

一輝に抱きついてしまったことを複雑な感じで思い出していたようです。

 

娘さんから元妻のことを聞き出す樫野木先生。

今回のテーマはどちらかと言えば

「男のこじらせちゃん」でもある樫野木先生にあるようです。

元妻が熱を上げている相手が気になって仕方ありません。

 

すると、相手は

会社を辞めて自転車屋さん(曲乗りなのでBMX系?)を始めるとのこと。

樫野木先生は好きなことだけで食べていけるわけがないと

真っ向からまだ見ぬ相手に対抗心むき出しで切り捨てます。

それから、パパの研究は必ずネイチャーに載るとママに伝えてと。

そんな樫野木先生、つまりお父さんに対し

娘さんはつまらなさそうな表情を浮かべます。

 

以前、

自閉症のロードレーサーのドラマを

手掛けられた脚本家さんだけあって

自転車屋さんがお好きなようですw

 

 

 

一夜明けて

育美さんが通りかかる道を待ち伏せしていた一輝。

育美さんに会うや

いきなり自分の思いのたけを話し始めます。

 

一輝の話をかいつまめば、

 

僕が水本先生をどう思っているのかわかった。

フィールドワークは謎や不思議がいっぱいで、

発見や感動もある。

でも怖いことも悲しいこともある。

水本先生のことが最初は苦手で

よく自分に怒っていた。そうかと思ったらよく泣いていた。

それがわかる時もあればわからない時もあった。

水本先生は謎や不思議がいっぱいだと。

いろんな気持ちになる。

そんな水本先生を見ていて思ったのは・・・

 

 

面白いです

 

 

・・・女性にしてみれば

全く予想だにしない言葉で

どう受け止めていいのかわからない言葉でしょうね。

 

それから一輝は育美さんに面白いをやたら連発します。

 

いろんな気持ちになれるこの感情に面白いとつけた人は

本当にすごいです。

 

言いたい放題言ったのちに

育美さん置いてけぼりで大学に向かう一輝。

 

・・・感性が独特すぎて

育美さんもぽっかーんでしたが

一輝なりの最大の賛辞であり、

本当は好意の表現なんでしょうけれど、

一般的に言う恋愛感情の範疇から

飛びぬけてるのでわかりにくいでしょうね、きっと。

これは私の解釈ですが。

 

大学に着いた一輝を待ち伏せてたのか、

今度は青山さんが

私を恋愛や結婚の対象として見てるのか

ちゃんと答えてくださいと迫ります。

 

一輝は育美さんに渾身の告白?をした後だったので

興味ありません、とバッサリ。

 

見事に振られちゃった青山さん

一瞬憤りながらもあとくされはない様子でしたが、

興味ないとフラれたという話を聞いて

青山さんに気のある新庄君が

一輝に問いただしに飛び出してしまいます。

 

すると、一輝の向こうの、

沼袋先生の机にあったヤモリのぬいぐるみを見て

コンチューバーN!!!と叫んでしまい、

沼袋先生はかつてないほどの大絶叫のうちに

新庄君を研究室の外へ追い出してしまいます。

 

ほどなく沼袋先生が少しは落ち着いて戻ってきてから

何があったのかを聞こうとする矢先に

樫野木先生に娘さんから連絡が入ります。

 

昨日言えなかったけど、

ママが再婚したいって。

フィールドワークやってた時の

パパが一番かっこよかったとも言ってた、と・・・

 

昨日のことなので

また娘さんが来ますか?と樫野木先生に話しかけ、

この間、樫野木先生のフィールドワークをしてた頃の

髪が長くてひげが伸びてかっこよかった写真を見た、と

何気なく一輝は続けていると

 

 

とうとう樫野木先生はキレてしまいました。

 

相河先生みたいになれたら幸せだね!

学力があって、できないことがあっても支えてくれる人がいて、

好きなことだけやっていけて・・・

子供はそんなキラキラした大人に憧れる。

でもそんな風になれるのはほんの一握りしかなれない

もしなれなかったらどうするの?

ここだから通用しているだけで

人生の成功者のような顔をして勘違いさせないでほしい

 

迷惑なんだよ、悪影響なんだよ、

 

・・・ここから消えてほしい・・・!

 

 

さすがの沼袋先生も怒ってはみるものの、

何も言い出せません。

 

一輝は涙目になりながら

樫野木先生に口答えもできず帰るしかありませんでした。

 

 

 

 

一輝がいることで

自分がなぜか不当に扱われることが多くて

一輝に対し羨望と嫉妬をつねにないまぜに感じ

ずっと言いだせず我慢し続けてたことが

とうとう爆発した、というところでしょうか。

 

ここは推測ですが

元妻とは一方的に別れを切り出され

戻ってきてくれることを待ち望んでいたのに

またもや一輝のような、

好きなことをして生きているタイプの別の男性に

元妻が惹かれて再婚を望んでいる・・・

自分の期待とは裏切られる形で、

思うようにならない状況に苛立ちを感じるしかなくて

全てが自分とは真逆の一輝に対して

八つ当たりするしかなかったのでしょうね。

 

あと、もう一つ考えられるとすれば、

好きなことをあきらめてきた経緯があったのでは?

とあのキレようでは私は感じました。

 

 

その後、

鮫島教授に部屋に案内されて話をするも、

結局のところ、

一輝が好きなように生きていることが

全ての学生に悪影響を与えると詭弁を並べ立てるだけです。

 

樫野木先生が話すことをひとしきり聞くと、

 

相河先生のせいにしておけば

向き合わずに済むことがあるんじゃないの?

 

と刺さる一言を投げかけます。

 

 

それにはなすすべもなく

他におっしゃりたいことはありますか?としか

樫野木先生は震え声で返すしかありませんでした。

 

 

翌日、大学の研究室に一輝は来ませんでした。

事務長が来ないことを怒り散らしていますが

樫野木先生はもう来ないんじゃないですか?とやさぐれるだけだし

沼袋先生は一輝のいない机に呆然とたたずむしかありませんでした。

 

 

一方、一輝は方位磁針を握りしめ

森へと入っていくところで・・・

 

 

いよいよ、最終話へと

話はつなぎます。

 

 

 

今回もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

■ ご 案 内 ■≪LINE@のご案内≫
LINE@ではメルマガと違う内容でちょこっとした心理技術のお話や
運が上がる方法などをお伝えする予定です。
LINE@限定企画では無料相談会も開催する予定です。

友だち追加
検索IDは
@akikofuse

≪心理技術セッション≫
病気をやめてやりたいことを楽しみたい、
またはダメだと思い込んで
低かったセルフイメージを替えて
新しい未来へ、生きる目的のために
前進する感覚を掴んでいただくセッションです。

詳しくはこちらから
https://ameblo.jp/aquimarl/entry-12387765467.html

≪お問い合わせ≫
こちらから受け付けております。
https://pro.form-mailer.jp/fms/cc0f6fe6149680
お気軽にどうぞ

 

愛と感謝をこめてキラキラ

 

 布施 亜希子

 

 


 


 
布施亜希子です。

 

 

このシリーズでは

ドラマの中にどのように

心理技術が散りばめられたのか、

あとはドラマのエピソードで私が個人的に気になったこととかを

ピックアップしながらお話いたします。

ただし、あらすじは書きません。

あらすじならばドラマHPで掲載されていますので

お調べください。

リンクを貼っておきます。

 

公式HP 第9話あらすじ

https://www.ktv.jp/bokura/story/09.html

**********************

今回は導入部分が

一輝の幼少期から始まります。

 

カメのジョージとの出会いのようです。

カメのジョージは

もともと森に棄てられたカメだったみたいです。

 

一輝なりに水槽を用意し、

第1話の冒頭で割ってしまったおじいさんの器を

囲いに使うところも場面に出ていました。

 

タコの唐揚げをお弁当に持ってきた一輝、

妙に打ち解けている沼袋先生にはおすそ分けをしています。

そんな時に鮫島教授から急用で講義の代行を頼まれ、

学生の青山さんには進路の相談を持ち掛けられて

やたら頼まれる一輝。

頼られたいと内心は思ってる樫野木先生は立場がありません。

 

呼び出されて青山さんに話を聞く一輝、

青山さんは私と付き合ってください!と

これまたド直球に一輝に告白します。

一輝はきっぱりできませんと断るも、

青山さんは私諦めませんからと。

さすがの一輝もどうしたもんだか

戸惑いを感じている様子でもありました。

 

一方、料理を教わるために

相河家を訪れる育美さん、

山田さん(一輝の母)は不在でしたが

とりあえず育美さんも上がりこんでリスの話になります。

その後、森のリスは橋を行き来して

行動半径を広げている様子。

唐突に育美さんがリスっぽいと言い出し、

リスは好きだと言い出す一輝。

 

それから、青山さんから

水元先生が好きなんじゃないかと言われたことまで

育美さんに話してしまいます。

 

そんなところで山田さんが戻ってきてしまい、

さすがの育美さんもこれには

大いに戸惑いよそよそしくなってしまいます。

 

その後山田さんはことあるごとに

水本先生とはどうなの?とけしかけます。

 

すごいです。

人の気持ちにうれしい楽しいとか、・・・(ほかたくさん)

言葉を付けた人はすごいです。

 

山田さんはとにかく一輝に

育美さんが好きと言わせたいけど

結局育美さんのことははっきりしません。

 

一方、山田さんから習ったピリ辛キュウリを

従業員に試食させる育美さん、

そんな時に青山さんが歯科クリニックに

育美さんを訪ねてやってきます。

その気がないなら近づかないで!

青山さんは一言はっきり宣戦布告します。

 

ロシア語で

わかりません

を繰り返す一輝。

 

※布施亜希子 注※

何故ここでロシア語なのかは

謎ですがチェーンストーリーでは

心理技術に関する小ネタがこっそり仕込まれてたりします。

おもいっきり内輪ネタ過ぎて一般の方にはわかりませんが。

 

家にヤモリが現れて

安心できないからと一輝を自宅に呼びつけます。

 

ヤモリはゴキブリの子供を食べるから家にいるといいのに、

と笑いながら即席虫取り網を作る一輝。

 

ゴキブリに反応して

思わず一輝に抱きついてしまった育美さん。

 

否が応でも一輝を意識してしまいます。

 

ヤモリを捕まえてしまうと

楽しかったと言いつつ早く野に返したいからと

早々に帰ってしまう一輝。

 

まだ距離は縮まる様子はありません。

残念ながら

 

ここで一旦区切ります。

 

 

今回もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

■ ご 案 内 ■ ≪LINE@のご案内≫
LINE@ではメルマガと違う内容でちょこっとした心理技術のお話や
運が上がる方法などをお伝えする予定です。
LINE@限定企画では無料相談会も開催する予定です。

友だち追加
検索IDは
@akikofuse

≪心理技術セッション≫
病気をやめてやりたいことを楽しみたい、
またはダメだと思い込んで
低かったセルフイメージを替えて
新しい未来へ、生きる目的のために
前進する感覚を掴んでいただくセッションです。

詳しくはこちらから
https://ameblo.jp/aquimarl/entry-12387765467.html

≪お問い合わせ≫
こちらから受け付けております。
https://pro.form-mailer.jp/fms/cc0f6fe6149680
お気軽にどうぞ

 

愛と感謝をこめてキラキラ

 

 布施 亜希子

 

 

 


 
布施亜希子です。

 

 

このシリーズでは

ドラマの中にどのように

心理技術が散りばめられたのか、

あとはドラマのエピソードで私が個人的に気になったこととかを

ピックアップしながらお話いたします。

ただし、あらすじは書きません。

あらすじならばドラマHPで掲載されていますので

お調べください。

リンクを貼っておきます。

 

公式HP 第8話あらすじ

https://www.ktv.jp/bokura/story/08.html

**********************

さて、一輝が山田さんの素性を知った理由は

学生時代にさかのぼり、海外へフィールドワークに出向く際に

パスポートを取得する際に戸籍を取り寄せて

そこで知ったと言います。

なぜ母親ではなくて家政婦を名乗ったのか

聞こうとしていて先送りしているうちに忘れてしまったと。

 

山田さんは一生言わないつもりだったと決めていたと聞くと

一輝はそれ以上追及はしませんでした。

しかしモヤモヤが残ったまま眠れず夜が明けます。

 

一方場面変わって

虹一君と一輝が会っています。

 

これ、僕の魔法の眼鏡!

こうしてると文字を読んでも頭が痛くならない

お母さんも魔法の眼鏡をかけてる

透明なメガネで僕のいいところがたくさんみえるって。

 

と、虹一君はお母さんとすっかり打ち解けて幸せいっぱいです。

そんな虹一君を見ながら一輝は眩しそうに見守っていました。

 

さらに場面変わって

山田さんに料理を教えてもらうために相河家を訪れた育美さん。

山田さんは育美さんと一輝をくっつけさせたいがために

一輝の好みや嫌いなものを次々と話します。

育美さんは違和感を覚えながら話を合わせます。

 

山田さんとぎくしゃくしてしまってる一輝は

思い切って普通にふるまうとはどんなことか

育美さんに尋ねます。

 

何も考えないのが普通です

 

という育美さんの答えに

普通という感覚がぴんと来ない一輝には

結局わからずじまいです。

そんな時に育美さんからスマホに

元彼からの通知が来ます。・・・

 

それから、

前回の記事で一旦切り上げちゃった、

樫野木先生の話ですが

ママ、あの人と会うのと、

娘から元妻の新恋人の話を聞かされます。

ショックのあまりか

翌日、樫野木先生、

そして山田さんのことが解決しない一輝と

大学を遅刻して口うるさい事務長に怒られています。

 

場面変わって、

鮫島教授と会う山田さん。

 

一輝にどう話そうか迷う山田さんに

鮫島教授はたった一言投げかけます。

 

だって、山田さんは信じていないじゃない、

自分のことも一輝のことも。と

それから山田さんは何かに気づき決意をした様子です。

 

一輝が帰ってから山田さんは

これまでのことを告白し始めました。

 

山田さんの告白を要約すると

 

初めて一輝を妊娠して産んだときは幸せいっぱいだった

成長するにつれ個性を欠点としか思えなくて

ダメな母親じゃないか、

ダメな母親と思われるのではないかと、

みんなと同じようにできるように必死だった

3歳の頃に一輝の父親が亡くなり、

女手一つで必死に育てようとするも

必死になればなるほど一輝を苦しめてるとは思わなかった

そんなある日買い物に出かけ、

お風呂に入りに行くと家に戻ることはなかった

義父母が一輝を育てた

一輝の運動会をこっそりのぞいたら

おじいさんとばったり会って戻らないかと言われ、

家政婦として戻ることにした。

母親とは二度と名乗らない、

それが自分に与えた罰だと・・・

 

一通り告白した後

涙ながらに申し訳ありませんでしたと

山田さんは深々と一輝に謝罪をしました。

 

何も言えなくて一輝は自分の部屋に戻り

涙ぐむしかありませんでした。

 

明けておじいさんのところに尋ねた一輝。

山田さんとの過去のことを聞き出します。

 

タコだよね?

丸ごとのタコをどうしても見たいといったんだよね?

 

宿代2万円渡して

2、3日ゆっくりしたらいいと思って、とおじいさんは答えました。

 

これがもし1万円、5千円だったら・・・

と一輝は嘆きます。

どうして11年後だったの?とも。

 

11年後だからだよ。

一輝と一緒に暮らすための必要な年数は。

おじいさんはそう結論付けました。

 

 

育美さんと元彼が

山歩きしています。

たまにはこういうのもいいでしょ、と育美さんが誘ったようです。

 

育美さんは元彼に、

言えなかった思いのたけを全て話しました。

 

彼のことを全然見ていなかったことや

彼には不安しか感じていなかったこと、

それから絵文字を使って感情を表現することなんでできないとかも。

 

しかし、それを全て話せたのも

もうすべては終わって過ぎたことだからでしょう。

そして、最後に話せることで

お互いがようやくピリオドを打つことができたのかもしれません。

 

 

一方、山田さんは食事を用意して

一輝を待っています。

 

今度は一輝から山田さんに話を切り出しました。

 

一輝の言い回しが若干回りくどいので

一気に要約しますと

 

イヌは分類学上、実はネコ目で

肉食動物であることが共通である以外は

分類学上では呼び名は犬でもネコ目ということになっている。

つまりは呼び名がイヌだろうがネコだろうが、

イヌはイヌに変わりはない、

と、イヌのメタファーを用いて

家政婦だろうが母親だろうが、

山田さんには変わりない、と。

 

それから、遺伝子学上やら

そのたあらゆる奇跡の事例を引き出しては

山田さんから生まれてよかった

結論付けます。

 

それから、自分がとってきたタコを

山田さんに調理をお願いし、

11年食べることができなかったタコを

美味しいと食べることもできました。

 

お母さんがいなくなってから後

タコは食べられなくなるほど、

大好きなお母さんの象徴だったのです。

タコ嫌いはその裏返しだったと。

 

ここでやっと

山田さんも11年の時をへて、

心のわだかまりも解け、

一輝と奇跡の再会を遂げることができたのです。

 

 

今回もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

■ ご 案 内 ■ ≪LINE@のご案内≫
LINE@ではメルマガと違う内容でちょこっとした心理技術のお話や
運が上がる方法などをお伝えする予定です。
LINE@限定企画では無料相談会も開催する予定です。

友だち追加
検索IDは
@akikofuse

≪心理技術セッション≫
病気をやめてやりたいことを楽しみたい、
またはダメだと思い込んで
低かったセルフイメージを替えて
新しい未来へ、生きる目的のために
前進する感覚を掴んでいただくセッションです。

詳しくはこちらから
https://ameblo.jp/aquimarl/entry-12387765467.html

≪お問い合わせ≫
こちらから受け付けております。
https://pro.form-mailer.jp/fms/cc0f6fe6149680
お気軽にどうぞ

 

愛と感謝をこめてキラキラ

 

 布施 亜希子

 

 

布施亜希子です。

 

12月も今日で3日目。

2018年も残り少なくなってきました。

 

さて、師走と言えば、

家の大掃除もされる方が多いと思いますが、

思い切って、

心の大掃除も

やっちゃいませんか?

 

 

心の問題が重すぎて病気で表現してしまってる方

病気ほどでもないけれど、

なんだか体調や心がすぐれないとお感じの方

かかっている病気の心理的原因を突き止めたい方

人生うまくいかないモヤモヤを解消したい方

恋愛・夫婦問題でお困りでお悩みがある方

親子関係でお悩みが深い方

職場やママ友など人間関係でお困りの方

悪習慣がやめられずお困りの方

 

などなど・・・

 

 

この度はそんな心の大掃除をお手伝いすべく

日頃は単発セッションを、

2時間25000円にてご提供のところ、

体験キャンペーンといたしまして、

12月限定で、

 

2時間

8888

 

ご好評のヒーリング付きでも

11111

 

 

にてご提供いたします。

 

↓お申し込みはこちらから

https://pro.form-mailer.jp/fms/403f033e159490

 

このキャンペーンでは

私の心理技術のセッションを一度も受けたことがない方で、

LINE@ご登録の方を優先にご案内いたしております。

これからご登録いただける方も

もちろん対象とさせていただきます。

下記のご案内よりご登録ください

 

 

更に追加での

お得情報です

 

 

LINE@にご登録の方は

セッションの内容に沿った、

宿題ワークをご提供いたします。

 

 

今まで悩んでいたことが明確になった

3か月間収まらなかったものもらいが一気に解消し始めた

長年患っていた卵巣嚢腫が消えた

見えにくくなっていた目が見えるようになった

夫婦仲が良好になった

 

などなど・・・

 

セッションをお受けいただいた方に

喜んでいただいております。

 

新しい年に向かって

一気にスッキリしちゃいましょう。

 

 

↓お申し込みはこちらから

https://pro.form-mailer.jp/fms/403f033e159490

 

 

■ ご 案 内 ■ ≪LINE@のご案内≫
LINE@ではメルマガと違う内容でちょこっとした心理技術のお話や
運が上がる方法などをお伝えする予定です。
LINE@限定企画では無料相談会も開催する予定です。

友だち追加
検索IDは
@akikofuse

≪心理技術セッション≫
病気をやめてやりたいことを楽しみたい、
またはダメだと思い込んで
低かったセルフイメージを替えて
新しい未来へ、生きる目的のために
前進する感覚を掴んでいただくセッションです。

詳しくはこちらから
https://ameblo.jp/aquimarl/entry-12387765467.html

≪お問い合わせ≫
こちらから受け付けております。
https://pro.form-mailer.jp/fms/cc0f6fe6149680
お気軽にどうぞ

 

愛と感謝をこめてキラキラ

 布施 亜希子

 

 

 



布施亜希子です。

 

 

このシリーズでは

ドラマの中にどのように

心理技術が散りばめられたのか、

あとはドラマのエピソードで私が個人的に気になったこととかを

ピックアップしながらお話いたします。

ただし、あらすじは書きません。

あらすじならばドラマHPで掲載されていますので

お調べください。

リンクを貼っておきます。

 

公式HP 第8話あらすじ

https://www.ktv.jp/bokura/story/08.html

**********************

なんだか、あらすじのリンク不要なぐらい

ほぼあらすじを追ってしまってる感のあるこの記事ですが、

それはさておき、

今回もまた前回のラストからの引き続きで

導入が始まります。

 

僕は山田さんから生まれたんですよね?

 

一瞬いきなりの発言ではありましたが、

どうやら動かぬ事実だったようです。

山田さんの反応がどう見ても

真実を突き付けられてしまって

ただただ固まってしまっています。

 

山田さんのせいですからね

 

と一言言っただけで部屋に戻って寝床につく一輝。

一夜明けて気まずい空気が食卓を漂っています。

 

それから大学の研究室で

山田さんが家政婦ではなく実の母親だったことを

鮫島教授に一輝は告白します。

 

どうして死んだはずの人がなぜ生きて家政婦やってるのか

離婚して再婚してまた離婚したのかなど一輝なりに考えたようですが

どれも山田さんらしくないから却下したようです。

そして山田さんが実のお母さんだとわかった事実もつきつけるつもりはなかったのに

結婚の話を持ち掛けられてつい言ってしまったことも打ち明けました。

 

一方、山田さんはおじいさんのところに出向き

同じ話を打ち明けていました。

大学の時山田さんはいつ辞めるの?と聞いてきたことがあったと

おじいさんは山田さんに話しました。

そんななか、一輝は晩御飯がいらないことを連絡してきます。

 

どうもぎくしゃくしてしまっている流れでは

だんだん山田さんも二度とご飯を食べてもらえないのではと不安がる一方です。

 

場面変わって、育美さんが歯科クリニックの助手たちと帰り際

料理教室をやめ山田さんからは料理を習うことを話していました。

彼女たちはなにか含みを持たせた印象を感じながらも、

育美さんが飲みに行きませんか?と誘われると素直に応じていました。

(子供イベントの時にもそんな風に応じなかったのに~

というかそうさせたのは育美さんご自身ですが)

 

育美さんたちの飲み会の流れから

一輝達研究室の一同といつもの居酒屋に着くも

カウンター希望でもテーブルしか空いてはおらず

沼袋が頼むのはなぜかタコ料理のオンパレード。

一人研究室の懇親会で話を仕切ろうとする樫野木は

ペースを乱されっぱなしです。

一輝は並ぶタコ料理を見て吐き気を催してまでも嫌がる様子。

 

あまりに露骨に仕切りだす樫野木にたいし

 

樫野木先生はどうして再婚しないんですか?

 

とカウンターをします。

 

一瞬起ころうとした矢先、

樫野木に愛娘からの連絡があります。

 

今回はいったんここで区切らせていただきます。

 

今回もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

■ ご 案 内 ■ ≪LINE@のご案内≫
LINE@ではメルマガと違う内容でちょこっとした心理技術のお話や
運が上がる方法などをお伝えする予定です。
LINE@限定企画では無料相談会も開催する予定です。

友だち追加
検索IDは
@akikofuse

≪心理技術セッション≫
病気をやめてやりたいことを楽しみたい、
またはダメだと思い込んで
低かったセルフイメージを替えて
新しい未来へ、生きる目的のために
前進する感覚を掴んでいただくセッションです。

詳しくはこちらから
https://ameblo.jp/aquimarl/entry-12387765467.html

≪お問い合わせ≫
こちらから受け付けております。
https://pro.form-mailer.jp/fms/cc0f6fe6149680
お気軽にどうぞ

 

愛と感謝をこめてキラキラ

 

 布施 亜希子