アクアマジックのブログ

アクアマジックのブログ

アクアマジック・パラオ は 世界No.1ダイビングスポット
パラオの尽きることのない魅力をお届けしています

NEW !
テーマ:

本日のパラオも最高クラスのベタ凪です

パラオ中どこへでも行けそうな気がしながらポイントへ向かいます。

船長はブランコ、ガイドは堀&リボンのボートは王道コースを目指します。

 

1本目 ブルーホール

潮も弱く、とても入りやすい感じです。

ゆっくりとドロップオフを流しながら、深度を落として行きます。

定番のオレンジフィンやチョウチョウコショウダイなどをご紹介です。

大きな横穴の天井ギリギリを通り、いざ中へ入ります。

太陽からの光がサンサンと降り注いでいるので、とてもキレイです↓

光のカーテンが見えたりと、幻想的な空間を醸し出します。

地形と光を堪能した後は小物をご紹介です。

ウコンハネガイ、ベンテンコモンエビといった感じです。

最後はドロップオフを流して、サメとカメを見てフィニッシュです。

 

2本目 ブルーコーナー

潮は優しい下げ潮でエントリーです。

入って棚を流して行くと、いつものようにナポレオンがお出迎えです。

「ゆかり」の登場で、テンションが上がるゲスト達を見て嬉しくなります。

棚上ではギンガメアジの群れがドーンといます。

ブラックフィンバラクーダの群れも少々います。

ココで、潮がチェンジ!という事でゆっくりと魚と共に上げ側に移動します。

この間もずっとゆかりはいます・・・。

ネムリブカやアオウミガメなどを経由して反対側へ辿り着くと、ギンガメアジの群れがわんさか。

先端方面へ流して行くと沖から棚に向かってくるバラクーダ本隊と遭遇↓

しばしこの群れと遊び、また棚上に戻ります。

ヨスジフエダイやノコギリダイ、マツカサ系がどっさり群れています。

最後は流れも止まり、先端真上にて安全停止となりました。

 

3本目 ジャーマンチャネル

昨日はマンタ4枚でしたので、本日も期待してのエントリー!

先ずはガレ場を下ると、モヨウフグが昼寝しているようですzzz。

さらにタイマイとアデヤッコが仲良くご飯を食べています。

ステーションを見ると、あれっ!何か周っているなと思い、距離を縮めるとマダラトビエイでした。

砂地の上にはホウセキキントキ、水面近くにはテンジクイサキがわんさかと群れています。

チンアナゴ、ギンガメアジ、メアジ、クマノミと続き、オールドステーション到着する間際に、登場したのはホワイトテイルウィップレイ↓

まさか後方から出てくるとは思いませんでした・・・

もちろん「マンタです」と紹介しましたが、さすがに信じてはもらえなかったのは言うまでもありません。

この後しばしマンタ待ちをしましたが、残念本日お休み。

でも良く考えると、ホワイトテイルのほうがマンタより見る確率は少ないので、価値はあるのではと思う自分がいました。

 

狙ってみることが出来ない魚の方が、見るのは難しいはずですよね。

こういう「うっかり」があるのもパラオの良さですね。

明日もなにかうっかりを期待して潜って来ます!