favorite1134うなぎ桜家

テーマ:

 

フォロワーさんにお薦め戴いたものの、前夜は既に受付終了で諦めたお店の一つ。

鰻の名店、桜家さんです。

 

朝、伊豆箱根鉄道駿豆線の乗り潰しに行った後

11時前にお店の前に来てみたら、今から順番待ちをするなら

13時半頃の案内と伺ったので、帰りの新幹線の時間ギリギリかもなぁと思いつつも

予約台帳に書き込んで頂いて順番待ち。

その待機時間はちょっと市内観光しようと、お店から一旦離れることに。

 

 

徒歩で三島大社まで移動。

この日はとても良い天候だった上に、七五三シーズンともあって

ご家族連れで大変混雑していました…ソラソウダ(゜ロ゜)

 

 

境内の福太郎茶屋さんで、お茶セットを。200円。

草餅をこしあんで包んでいて、甘過ぎず、美味しかったです~。

勿論煎茶も美味しかった!(≧ワ≦)

 

 

大社を後にし、ちょこちょこ通り沿いのお店を覗いたりして

予約見込み時間までにお店の前に帰還…したものの

予約してもまだ現れないお客様を何度も呼び出したり

遅れて到着した団体さんを入れる為に席や順番を調整したり

脇から「あとどのくらい?」と確認を要求するお客様で、お店前は大混乱…(´・ω・`)

12時~13時に食事をしたいお客様が集中するのは自明の理。

 

さわやか(静岡県で大人気のハンバーグレストラン)でも思ったけれど

「予約しているし、呼び出された後に到着すればすぐ案内されるからゆっくりで平気」

という風潮が静岡県にはあるのだろうか…?(・ω・`*)

 

わぁ、おみずきれい+。゚(ノ゚∀゚)ノ。+゚

と、お店の脇で鉄分補給をしながらぼんやり待機(笑)

結局約30分遅れでようやく自分の順番が回って来ました。

 

2階のお座敷に通されて、席に案内された順番に注文を受け付け。

どれにしようか思案した結果、うなぎ重箱(2枚)をお願いしました。

お隣に座ったご夫婦も、同じものをご注文なさったので

ちょっと顔を見合わせて うふふ、と笑ってしまいました。

 

暫くして店員さん達が、沢山の吸い物椀や丼、重箱を持って登場しました。

伝票を確認しながら、それぞれのお客様の前に、運んで行く。

 

 

人気のお店ですからきっと丸一日、こんな調子なのだろうなぁ~と思いながら

わくわくして蓋を開けてみました。

 

 

…?(´・ω・`)

 

!?Σ(´・ω・`;)

 

思わず開けて外した蓋を、ひっくり返してくっ付いていないかまで確認してしまった。

そして美味しそうに食べ始めていた、お隣のご夫婦の重箱まで見てしまった。

同じものを頼んだはずなのに、あちらはきちんと鰻が2枚載っている。

店員さんは、新たなお客様を案内していたり、後片付けをしていたりで近くに居ない。

 

それでも何とか店員さんに近付いて、声を掛けてみた。

きしの「あの、すみません…」

店員さん「はい?」

きしの「うなぎ重箱の2枚のものを頼んだのですが…1枚しか…」

店員さん「え?…申し訳ありません!!すぐにお取り替え致します!!」

 

ああ良かった(?)やっぱり間違いだったのか~(゜ワ゜;)

周りののお客様の鰻やご飯が半分位減った頃、改めて重箱登場。

 

 

((((;゚Д゚))))))) 何 で 増 え た し !?

 

予想外の事態に、結果として予約していた新幹線を

1本遅いものに変更せざるを得ませんでした(爆)

 

鰻は大変ありがたく、美味しく戴きましたとさ~。

 

 

【うなぎ桜家】 http://www.sakura-ya.net/

AD

佐野美術館(静岡県三島市)での企画展「名刀は語る 磨きの文化」を見に

やって来たのは良かったが…長時間並んでようやく鑑賞出来てヘロヘロになっていたw

 

Twitter上でお薦めされたお店は混雑していたり

本日分受付終了等で入れなかったり…。

夕食を何処で戴こうかな~と徘徊していて、見掛けたお店に入ってみることにした。

 

 

酒道場おでん風雅さん。伊豆箱根鉄道駿豆線三島広小路駅の近くでした。

たまたま、他のお客さんが全く居なくて、どうなのだろう?と恐る恐る入店(笑)

おでんと、地酒メニューを見て「あ、大丈夫なお店だわ」とか思ったとか。

 

割と日本全国くまなく、有名な日本酒が揃っていて、しかもリーズナブル。

 

 

一度飲んでみたかった、醸し人九平次(萬乗醸造/愛知県)。

 

 

瓶を撮らせて戴いている内に、主役のおでん登場+。゚(ノ゚∀゚)ノ。+゚

 

 

玉子と、こんにゃくと、大根。

 

そうこうしている内に、お客さんが次から次へとやって来て

席が殆ど埋まり、とても賑やかになっていました((((;゚Д゚)))))))<ナンデー?

しかし単身客は私だけ。

店員のおねいさん(可愛い)が、色々話し掛けてくれたり、気遣って戴きました(笑)

 

おねいさん(可愛い)もマスターさん(素敵)も、秋田県へは来たことが無いと仰るので

秋田県のプレゼンをする変な客…。

 

 

おでんだけではなく、ちょっとした一品から手の込んだお料理まで

色んなメニューがあったので、何を注文するか悩みました…。

 

 

冷やしトマト…トマト美味しいよね…。

 

 

次に注文したのは、貴(山本家酒造場/山口県)。

自分の名前と同じ文字なので、飲んでみたかった。

 

 

そして折角なので静岡県のお酒を…と思い、開運(土井酒造場/静岡県掛川市)。

 

あああ~どのお酒も、違いがあって、美味しいんじゃ~!
(知識が圧倒的に足り無い酔っ払いの戯言)

 

 

更におでんを追加注文。巾着とウインナーとじゃがいも。

おでんのじゃがいも、好きなんですよね…*(≧艸≦)*

 

お酒もおでんもお料理も満喫して、長時間入館待ちした疲れも何処かへ(単純)。

偶然入ったお店でしたが、とても美味しく素敵なお店でした~。

 

 

【酒道場おでん風雅】