フィロシのブログ 海水魚と自作・塩ビ溶接
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

T5と専用台

えー、どうもこんにちは。
お久しぶりです。非常に、非常にご無沙汰しておりました、フィロシでございます。

突然ですが、今年で辞めます。














何をって?

アクアリウムのことと思ったですか?

ちがいます。

毎年毎年せっせと作ってたゴーヤを、今年から作るのを辞めようかと思ってるんです。
ここ数年、本業のほうが結構忙しく、ゴーヤが夏シーズンだけのものであっても早朝からの収穫や日々の手入れ等の作業が、正直言ってかなーりツライ。歳のせいもあると思いますが  (´Д` )

なので、今年は作付けも行わずに、早朝や休みを悠々過ごせるようにしようと思っておるわけです。米や麦は相変わらず作っておりますがw




さて、近況はこのくらいにして、
本題に参りましょう。


前回の更新から二年もブログをほったらかしにしておりました。
その間に、システム面で色々と変更した所があるんですが、今日はその中で照明についてお伝えしようと思います。

以前は、メタハラとスポットLEDの多灯でやっていた我が家の水槽も、今ではT5を導入し、以前とは見違えるほど明るくなりました。

{0A41B899-A034-4401-B69F-2C1E689EB9D8}

うーん、iphoneだと写真が青くなり過ぎて、イマイチ明るさが伝わらないですね。

でも、メタハラの250W一灯+スポットLED3~4灯の時に比べて、格段に明るく、尚且つ全体に満遍なく光が届くようになり、自分としては非常に満足しております。

ちなみにこのT5の灯具本体ですが、54Wの6灯タイプのものが、ヤフオクで一万くらいで買えました。なかなかお安く買えたほう?なのかな?

で、この馬鹿でかい本体を、どのようにして水槽の上に固定しようかな~なんて悩んでいたんですが、

作っちゃいました、専用の台座を。アクリルで。

横から見た図
{AF1F2E1E-C049-4590-9B00-434C0F673FF4}



メンテの際には、こうして
{4D369726-A376-4E72-8EAC-06FEBCB66C88}

開けたまま固定できて、上から手を入れられます。
自分で言うのも何ですが、なかなかの出来です。


ちなみにうちのこのT5、
{8509FC5D-704F-4B34-A263-4E46AD1416E6}

ハイドロファームっていう、アメリカだか何処だかのよくわからないメーカーのものです。

ググッて調べてみましたら、通常は花や観葉植物を屋内で維持・栽培?する為の照明みたいでして、アクアリウムに使用してる方は自分がネットで見た限り誰もございませんでしたw

でもいいよね、サンゴもだいぶ調子良いし(笑)
{A1FCA2C5-8FDB-452B-99B8-050D8BCBC732}

スギもニョキニョキ伸びてます。



{94E1D8C0-DD36-4D51-81BE-8B185C0A90DD}

貰い物のハタゴも、以前はまったく維持できなかったバブルコーラルも、かなり調子良いです。

ちなみに、本体内部にある二個の安定器の発熱がけっこうアレなので、上面に放熱用のファンを二個つけました。
{7115DAFD-CE3B-450A-8966-ED31E97649C4}

これでかなり放熱できてるっぽいです、はい。



以上、久々の更新、T5と専用台についてお伝えしました。




ひとつ忘れてた
T5、水中のキラキラっていうか波紋って言うんですかね、あれが無いのだけが物足りないですね。
{3A465FD3-6630-459C-ABE0-3CBE57FD3EF5}

{9B989AC0-A4D8-4E9D-ACCE-0CC7DFDD2EE8}

上から撮れば、波紋は写るけどwこのことじゃないw

テープ状のLEDでバーを作って、真ん中から補助的に照らしてますが、
{135CDFA1-D16E-4517-9CFD-09EBA4FA494A}

蛍光タンパクに反応して、サンゴの発色には一役買ってくれてますが、これだけでは水中に波紋が出るほどの光にはならないようです。残念。

ではまた。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>