りんごのブログ

りんごのブログ

システムコンサル(PMO)&写真家&ライターです。仕事をしながいろんな情報を自由に発信していきます。
最近はさまざまな業種、職業の方々の紹介を中心に記事を書いています。

NEW !
テーマ:
 
(会津コーナーの会津の名前入りコカコーラ)

今回は、12月9日(日)に有楽町の東京国際フォーラムで行われた「ふくしま大交流フェスタ2018」の模様をお伝えする

ふくしまの魅力を見て、触れて、味わって、体感できるイベントである

会場には、福島県内から100を超える団体が出展

ご当地グルメコーナーには「喜多方ラーメン」「なみえ焼きそば」「あわまんじゅう」「酪王カフェオレ」「会津伝承ソースかつ丼」など、福島のご当地グルメや郷土料理が並ぶ

また、福島県内の36酒蔵が集結する「ふくしま酒バー」が1日限定でオープン

全国新酒鑑評会で、金賞受賞6年連続日本一を誇る福島県の蔵元による、選りすぐりの日本酒が堪能できるという触れ込み



ゆるキャラだが、この時は何かを頼まれて書いていて、「ああ疲れた~!」と話していたのが面白い



結構お酒の販売ブースが多く、試飲もサービスのところが多い


喜多方ラーメンは有名!




このどぶろくコーナーは結構な人気だった







どうもしいたけのゆるキャラのようだ


スキーリフト一日券が2,000円は安いかもだが、スキー場が限定になるのでニーズはちょっと少ないかも







この陶器は地味ながらも丁寧な造りが伝わってくる



そして、一番印象深かったのがこの蜂蜜!

本物の蜂の巣で試食を行っており、自分も一つもらったが、そのなんとも言えない甘さには感激!

蜂の巣から直接すくってもらって食べたのはもちろん初めて!




これが拡大したもの



渡辺養蜂場ということで、これはおすすめだね~



真ん中のりんごは、みつがたっぷりということを示すため半分にしている

写真では分かりにくいけど、左の柿は大きさがりんごの倍くらいある




これは「ふくしま酒バー」で、1,000円で5種類の酒が飲めるというもの








ということで、福島をなんとか盛り上げようという気持ちは十分伝わってきた

ただ・・・敢えて非難承知で言わせてもらえば・・・

いったい今の福島の安全はどうなっているの??

最近マスコミも何も言わないし、また言ってはいけない雰囲気な気がするのは自分だけ??

多分、報道規制がされてると想像される

黙っていれば風化するとでもいうのだろうか?

そこのところを客観的に明確にしていかない限り、いつまで経ってもこのようなイベントは後味が悪いものになってしまうと思うよ

その説明責任は、この会場で一生懸命販売していた人たちではなく、日本の国を守るべき政治家!




 ■ □ ■ □ ■


・ライターとやままなぶフェイスブック(リクエストは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/manabu.toyama.71


 ・instagram
(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/toyama.manabu/


・ホームページ「りんごの部屋」
http://apple012345.wixsite.com/sun1




テーマ:

(マナティーに向かって輪を作る子どもたち)

今回は、METoA Ginza(メトアギンザ)で行われている「マナティーと光のアクアリウム!」 の模様をお伝えする

METoA Ginzaは、簡単に言えば三菱電機のショールーム

「マナティーと光のアクアリウム!」 は「水の循環」のテーマで行われているメインのイベントである


アフリカ大陸西部の川や湖に生息しているマナティーが、64面ディスプレイと床面のプロジェクションをフルに使った水中空間に、自由気ままに泳ぐというもの

時間によって変化する光が、さらに水中演出に臨場感を与え、あげるエサによって反応が違うらしい

鳥羽水族館にも設置されているオゾナイザーをイメージしたアニメーションで、汚れた水をキレイにしたりするらしいね


まあ、細かいことは別にしてどのようなバーチャルなのか興味があるところである

1階はカフェのようで、2階、3階がショールームとなっている



まずは3階直通のエスカレータで中へ入ると、いきなりクイズラリーの用紙をもらう

1~4問の回答欄を記入し1階の受付へ渡すと、ガラガラくじ引きが出来るとのこと




これはマナティーのぬいぐるみだ



3階は水の循環に関して楽しみながら理解できるようなコーナーになっている



そして2階へ降りると、「マナティーと光のアクアリウム!」となる




これが64面のディスプレイ
かなりの広さである

ここに一定間隔のサイクルでマナティーが登場する形だ


壁だけでなく床も魚が優雅に泳いでいる模様を映し出している



そして、一面が泡で包まれた後にマナティーが登場







輪を作ると、それを元にスクリーンに輪が出来て、そこをマナティーがくぐるという演出である

なので子どもたちがしきりに輪を作る








出来た輪にマナティーが寄ってきた








そして輪をくぐった瞬間



もちろんバーチャルだが、床も含めていろんな仕掛けが工夫されていて大人でも楽しめる場所だね



最後に1階へ行って、(適当に書いた)アンケートを提出し、ガラガラ回す抽選を行ったが、結果はバブ!

水の循環のイベントなので、水にちなんでいると言えばちなんでいるかも



残念ながらこの「マナティーと光のアクアリウム!」は12月12日(水)で終わってしまうけど、このMEToA Ginzaは年中色んなイベントを行っているので足を運んでみてはいかがでしょうか?




 ■ □ ■ □ ■


・ライターとやままなぶフェイスブック(リクエストは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/manabu.toyama.71


 ・instagram(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/toyama.manabu/


・ホームページ「りんごの部屋」
http://apple012345.wixsite.com/sun1



テーマ:

(送られてきたサントリーのセサミンEX)

スマホのFacebbokタイムラインを見ていると、なにげにサントリーのセサミンEXの広告が目に入ってきた

クイズに正解した方の中から抽選で1万名の方にセサミンEXを差し上げますというものだ

クイズとは、15秒の動画にて4人の女性が後ろ姿で歩くのだが、この中で62歳の方は誰でしょうか?というもの

多分、その広告はブログ読者の方でも見たことがあるのではないだろうか?

応募はあくまで1回のみとなっている

別にセサミンEXが欲しい訳ではなかったが、後ろ姿から該当の女性を当てるクイズだけは無料なのでやってもいいかと思い、多分この方ではなかろうか?という女性の番号をクリックするとなんと正解!!

ただ、この段階ではあくまでクイズに正解しただけでであり、別途抽選がある(はず)

万が一当選した場合は、その後に色々アンケートに答えなければいけないようで、その煩わしさは多少あるが、まあ無料でもらえるならばいいかということで応募してみた


ただ、果たして本当に62歳の女性は自分が指定した番号の方だけだったのか?の疑問が残る

ひょっとして全員62歳の方で、どの番号を選択しても正解になるのでは?と疑う

そのため、応募後、同じ広告を再度開き、わざと別の女性をクリックすると、「残念でしたね、再度15秒の動画を見て挑戦してくださいね!」の繰り返しとなり、誰でも最後は正解が分かり、応募できるということだ



 ■ □ ■ □ ■


しばらく日数が経ったある日、郵便物が自宅へ

「おめでとうございます!セサミンEXが当たったので郵送しました!」ということである

中身を見ると、説明書とセサミンEXの一か月分のサンプルだ


つまり、厳選なる抽選の結果、なんと運良く一万人の当選者に入ったようだ!

しかし、本当に多くの応募があったとして抽選を行っているのだろうか?の疑問が多分に残る

そこで、ネットで色々調べてみると、100%の確証はないが、やはり応募者は全員にサンプルが送られてくるようだ

まあ、その辺りの真実はそれ以上はよく分からないけどね





そもそもセサミンEXがどのようなサプリメントなのか?は自分はよく分かっていなかったが、

・若々しさを保つ
・体調を整える
・健康維持に
・美容成分

ということらしい

結局なんか曖昧であり、具体的に何がどう効果があるのかよく分からないが、送った側としてはこのサンプルをきっかけに定期購入してもらうことが目的なのは十分承知

改めてこのようなサプリメントを調べると、実に色んな製品が世の中には出回っていることが分かる

確かにいつまでも若くいたいし、健康でいたいのは誰も同じだ

それだけニーズがあるってことなんだろうけど、本当はこういうものはあくまで補助的なもので、一番大切なことは、普段の食事と運動だと思うけどね


気が向いたらちょっと試してみるかも知れないけど、アンケートに答えなけれないけないのがちょっと煩わしいかも



 ■ □ ■ □ ■


・ライターとやままなぶフェイスブック(リクエストは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/manabu.toyama.71


 ・instagram(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/toyama.manabu/


・ホームページ「りんごの部屋」
http://apple012345.wixsite.com/sun1


テーマ:


今回は、スマホで使えるフリーアプリの「タウンWiFi」の紹介

無料WiFiを自動接続するアプリを今までいくつか試してみたが、これが一番使いやすいと思った

このアプリは、街なかにあるフリーWiFiに自動で接続する無料のアプリのこと

使い方は簡単で、初めに簡単な情報を登録するだけ

メニューを紹介すると

1.周りのWiFi
今、自分がいる場所の周りにどの無料WiFIがあるかが分かるようになっている

ちなみにBuffalo-G-AC4Eは、自宅のWiFi







2.通信履歴
これは自動接続&自動認証をした履歴である

コンビニのそばを通ったのでセブンイレブンやファミマのWiFiに繋がったようだ(自分では全く意識していない)

あと東京メトロのWiFiが複数出ているが、これは地下鉄に乗った時の移動で接続、切断を繰り返した結果だ






3.WiFi率
これはどれだけ無料WiFiを使用したかの割合だ

WiFiを使っている限り、通信制限の容量は減らないのでWiFi率が高いほど倹約できているということだね





4.節約通信量
無料WiFiのスポットの単位で、どれだけ節約に貢献したかが分かる値である

12月から始めたばかりなので先月の値がゼロであるが非常に分かりやすい






5.周りの無料WiFiスポットのマップ
これは、1.周りのWiFiを地図化したものだが、これも見やすい





ということで、通信制限を気にしなくていい人は関係ない話だが、ほとんどの人は毎月の通信量を気にしながら使っていると思うので、このアプリを使って損はないと思います




 ■ □ ■ □ ■


・ライターとやままなぶフェイスブック(リクエストは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/manabu.toyama.71


 ・instagram(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/toyama.manabu/


・ホームページ「りんごの部屋」
http://apple012345.wixsite.com/sun1




テーマ:
山手線の品川駅と田町駅とのあいだの新駅の名前が「高輪台駅ゲートウェイ」に決まったのは承知の通り

誰もが違和感を抱く名称であることに異論はないはず

1位「高輪」、2位「芝浦」、3位「芝浜」だったのに、社内選定委員会の検討により採用された「高輪ゲートウェイ」は130位だった
それもたったの36票である……

別に投票数が多いものを採用する訳ではなく、あくまで参考にということらしい

1位の「高輪」の文字を含んでいるのだから文句言うなということなのだろうが、「ゲートウェイ」は無理やり付けたとしか思えない

というか、上位に入った候補名を見ても分かる通り、山手線の他の駅名とのバランスを考えてみな漢字である

違う駅名になったとしても、漢字のみの方針で命名するのならまだ理解できるが、カタカナ、それも普段誰も使わない「ゲートウェイ」を付けたのは、完全に投票を無視しているということである

これは推測だが、初めから「高輪ゲートウェイ」に決まっていたものと考えている

投票形式にしたのはあくまでカモフラージュ

多分、広告代理店を含めて決めたのだろう

ではその真意は?
⇒……それはアメリカによる日本の植民地支配の流れからであろう

事実上、日本はアメリカの奴隷状態だが、それを悟られないように各種マスコミを使って懸命に情報操作しているのは、みなさんもうすうす感じているはず

こうして、少しづつ日本の文化、良いところを壊していき、どこかで一気に変える(壊す)と考えている

何を単なる駅名で大げさなことを言っているの?と思うかも知れないが、テレビでお笑い番組だけを見ている人には今の日本の深刻な状況が分からないかもね

この駅名で思い出したのが、都電荒川線を「東京さくらトラム」に変えたこと

東京オリンピックに向けて外国人が親しみやすい名称にしたという理由らしいが、いったい誰が一番大切なのだろうか?

移民受入れ問題も含めて、本来は一番大切にしなければいけないのは、私たち日本人の生活、仕事、幸せのはず

そこを無視した動きが、ここにきてあからさまになり始めている

日本人にとって、日本語教育が本当は一番大切なのに、それをおごそかにして英語教育だけをどんどん早めているのもそのひとつだね

駅名の話にもどすと、昔の「E電」のように廃れてくれれば嬉しいけど、さてどうなるんだろうか





 ■ □ ■ □ ■


・ライターとやままなぶフェイスブック(リクエストは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/manabu.toyama.71


 ・instagram(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/toyama.manabu/


・ホームページ「りんごの部屋」
http://apple012345.wixsite.com/sun1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス