ゴルフ坊主【G-XX(ジックス)コーチ筒康博】のブログ

ゴルフコーチ・フィッター・クラフトマン

ゴルファーへのアドバイス人数はのべ7万人を突破。

人気ゴルフ誌アルバにて

【クラブ世論調査】2013まで連載

【セッティング偏差値】〜連載中です。


G-XXホームページアドレス http://g-xx.com/


テーマ:
今回も

ジオテックゴルフ『カラクチレポート』


『PCM』サイト

連動の試打レポートです!
{9D0898FD-08F4-4690-8275-16591960B431}
世界のスチールシャフトに挑戦し続け、遂に
2017マスターズ制覇も果たした日本シャフト『モーダス』は余りに有名。

実はカーボンシャフト『Regio Formura』シリーズも
ラインナップが充実しています。

最新作『B』シリーズは、

先端ホワイト〜手元にブルーのコスメが爽やか。
{0FDEDD71-0A3A-4658-BD13-D441259D78FD}
今回は60g台の【S65】シャフトを試打しました。


先端と手元に、わずかに剛性感を感じるものの
全体にはしなりを体感しやすい振り心地。

よく、『走り系』とか『粘り系』とかの表現もありますが。
このシャフトは、スイングやゴルファーがシャフトに与える『負荷』によって特にしなり戻りの速さをコントロールし易いシャフトです。


どんなゴルファーに合うのか?というと、

リズムが早くなりがちで振り遅れの傾向がある方には『自分のタイミング』を見つけやすいです。

『叩く』タイプの方には、重量・フレックスよりアンダースペックに感じるのでオススメしませんが、アイアンに中量級スチールシャフトを装着していてウッドにもコントロールしながら飛ばし意識を持ちたいゴルファーには非常にオーソドックスな動きを感じるはずです。
{EC2F845C-F877-408D-880D-57854EE87CD4}
スイング中に『走り』は感じないものの、振った分よる戻りの方が大きく

『意外と走ってるかも!』な弾道になるのは新しいです。

ヘッドスペックより『少し打ち出し角』を大きくしてくれて、スピン量は増減なく前に行く弾道に。

中間部にしなりがある分、手元でシャフトをコントロールする方の方が合うと思います。


『PCM』シャフト計測でも、全体の剛性は平均的ながら先端〜中間にしなりを感じやすいデータがみられました。

 
NS950やモーダス105を使っている方が使ったら、スイングリズムやプレーの繋がりが凄く良くなりそうです。


では、ショット動画もどうぞ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゴルフ坊主さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。