ねぎの既卒就活日記

ねぎの既卒就活日記

2014卒NNTの女です~
これから就活頑張ります!一緒に頑張りましょう\(^o^)/

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
明後日には入社日です・・・!
あ~どきどき。仕事できるかな><
不安ですが、色々と学び直してしっかりやっていきたいです。


既卒のいいところについて。
・時間がたくさんある\(^o^)/
みんなが働いている中、桜の木の下ランニングしたり、
川のそばでうだうだしたり、
好きなだけ寝たり・・・。

面接も1日使うことはないので、本当に負担がないです。
やりたかったことをするのもありでしょう。

・4年の冬より求人は良い
駆け込み内定を狙ってヤバい企業は求人出してます((+_+))
人材紹介会社も、そういうの推薦してきます。

落ち着いて下さい。本当にやりたい仕事なのか。
内定はゴールじゃない。スタートです。

4月から見た転職サイトにはもっと面白そうなものもあります。
それは既卒にならなきゃ出せません。
書類選考は、新卒時より通らないかもしれません。
しかし、中にはあるはずですから・・・!

もういっそのこと芸術方面に行くとか、そういう道も考えてもいいと思う。


既卒の辛いところについて。
・面接回数が少ない
これは利点でもあります。が、しかし会社のことをよくわからないまま
面接するのでしんどいことになることもあります。
説明会も無いパターンが多いです。

・全てから解放されている。
最初の1か月はいいかもしれない。私は実際学生時代よりましだったと思います。
でも、長期化するとしんどいと思います。
他人の様子に流されない意志の強さが要りますね。これさえあれば
大丈夫だと思う。


***
生きるってだけなら、人間働いてなくてもいいんです。
しかし、自分がどう生きたら幸せなのか。
趣味だけに没頭するのもきついでしょう。
ライフワークバランスが取れるといいですね。


テーマ:
就活の面接で失敗する時の話~。

1、無駄にだらだらしゃべる。論理的でない。
2、「緊張してます?」とか言われた時は相当自分がこわばっている
3、面接は会話であるのに、弁論大会のようにやる
4、言ってることが支離滅裂
5、面接官との空気がしらけた時
6、受けてる会社に興味がなさすぎるとき(嘘がつけない
7、気合入りすぎて空回りして、不自然になる
8、声がふるえたりぼそぼそと話したりする。

私が受かった理由ですが、
「電話の応対も落ち着いているし、自分の意見を何事にも、自分の言葉で表現できていること」
っていうのがありました。
私の様子や会話でのイメージがよかったそうです。
他の企業では、早口で焦り屋とか毎回言われていたのですが、確かにそういう感じで
やっていて。
でも、内定先は、普通に会話ができていました。仕事内容も本当にやりたいことだったので。

恐らく、既卒就活してしまう人は、不自然な面接をしてしまっています。
そして嘘をつくのが苦手な純粋な人達です。

そうなると、本当にやりたいこと・・・「内定すること」を目標にするんじゃなくて、
仕事場で自分がどうなりたいかが想像できる場にいかないと、しっかりした論は作れない。
内定だけを目標にしていた時は無理でした。精神的にも。


自分での失敗例を挙げると、
・どこにでも通じそうな精神論を話す
・特殊な経験をしていたので、それを話してもわかってもらえない
・一般的な大学生をしてなかったので、共感できないことに対しそのまま不快感が出る
・企業研究が甘い

ってことがありました。
本当に、面接の時間は短いです。

「児童演劇の研究生として、週5で夜間毎日、稽古をしていました。遊びやダンスや芝居づくりとかして、仲間と物を作ることをしてきました」

っていうと、事実だけど相手にはわからなくて伝わらなかったです。

「子ども向けのお芝居を学んでいました。やってみたいことに挑戦し続ける経験をしました」
と、アピールした方がまだ面接通りました。

そんで面接官が具体的に何をしてたのか、っていうのを聞いてきたら話ますが、
これでも、やってたことをちょろっと言って、自分の成長の上で学んだことを話した
方がよかったですね。


グループ面接は。。。ヤバい面接する人が多いです。
4年の冬や既卒はね。

特技に「なわとび」って書いてる人いたんすよ^p^
それで面接で突っ込まれて、「子どもの時得意だったので・・・なんとなく書きました。はい・・・1位でした」
とかそんなアピールで大丈夫か。

東大の人がいた時は、「私は東大ですが・・・でも全然ダメで・・・」とかそんな話したり、
就職留年して9月卒業して「友達がいなくて・・・・」とか、そんな話とかね。
マイナス面は短所の時ぐらいでいいんだよっと突っ込みたくなった。

あと、よくあるのが
「私は中学の時からバスケをしていまして、高校でもバスケをしていましたが、大人がいるサークルに入り私は色んな年齢の人と話すことに慣れていて、大学でも専門学校に入りそこでも色んな人と話すことが多くありました」

何言いたいんや・・・\(^o^)/
まぁ私も緊張しすぎるとこの経験あったけどね・・・。

論理的に話すって、結論→理由→実証っていうレポート書く時と同じなわけで。
書類選考の文章もこういう感じで書けばまず落ちないしね。

しかもこれは自分一人でやるよりかは、ハロワ行くなりして人に客観的に
アドバイスを頂いた方がよいでしょう。
グループ面接練習で人の発言を見るのも勉強になります。ヤバい例をしていないかお互いに確認です!


テーマ:
と、私はいつも思っています。
自分があまりこれまでの人生を幸せだと思っていた時期が20歳前後ぐらいからで、
いい大学に行けるだけの教育環境があったことは、
確かに幸せなことだと思われるのですが、私はきつくて悲しくて辛くてしょうがなかった。
学生が怖いんです。本当にこれがあるので私は不幸な人生だった時期が長かったと
思っています。

そんな中でも、継続した付き合いの人が30人ぐらいいるのでそれでいいんですけどね。
これだけの人が内定お祝いしてくれて嬉しかった。

タイトルのお話。

ネオキャリアの最初の担当さん・・・。25歳って言ってたかなぁ。
えらい塾の教室長の求人推してきたんだよ。
最初新卒で1年ぐらい不動産営業やってたんだって。すんごいきついんやて。
でも、売上取れてお客様と信頼関係結んで、たまにご飯とか誘ってもらえることがあるのが
やりがいだった。て言ってたけど、あんた結局1年で辞めて転職してるじゃなぁい。

転職活動で、教室長と、この人材紹介会社に内定決まったから、
教室長って自分もやっていたかもしれない職業だし、絶対いいよ!という
推され方したんだよな。
でも、結局あんさん選んだの人材だろー・・・。なんだかなぁ。
ここの営業担当にも、ホスピタリティを大事にしていて、絶対好きなようにやれるから!
ねぎさんなら絶対いけるよ!って言われて、いったが、
結局売上重視の社長面接でダメだった。
もう一つの塾のごり押しされまくった塾も、営業担当早口で詐欺師みたいに、
「この塾はスバラシイ!!」って言いまくってきてうさんくささ抜けなくてやだった。

なんか、聞こえの良いことばかり言って、なんだかねぇ。って感じだった。
私の欠点も企業の欠点も言わないで、とにかく内定内定!って洗脳されてる感じの
ごり押しされてやだったなぁ。

熱意と親身さはよかったんだけどね。

2人目の担当さんは、わりと冷静な方だったから、こっちの方が
ためになるアドバイスが多かった。
けっこうぶっきらぼうで冷たい印象があるって言われたのは
大きかった。興味なかったり信頼してないとこうなる傾向があるみたいです私は。
気を付けないとなぁ・・・。
「ねぎさんは賢くて頭の回転がすごく速いんです。だから、スピード感あるITとか
ベンチャー企業向きの人なんですよ」
というアドバイスももらったけど、ん~ベンチャー嫌いなんですよ私・・・。

向いてる、向かない。ってこと自体も、本人以外わからないと思う。
自分自身が今まで行動してきたことから、経験したことから考えないと
ミスマッチが起きるのではないだろうか。

だから学生時代は遊びほうけるのではなく、やりたいことや興味あることに
果敢にチャレンジした方がいいんだろうなって思う。
ただ漠然と単位とバイトと遊びだけだったら、今子ども関係のサポート職に
就くことはできなかっただろうし。

********
ニート、無職期間って時間が有り余っている。
いっそ就活しないで、やりたい勉強に向かって突き進むのもいいんだろうなぁ。
こういうことして、こういう出会いがあり、こういう経験をした。
仕事がつまらない、よりも、仕事が出来ないって状況になる方がしんどいと思う。
出来ることを増やしていく努力が必要なんだと思う。

テーマ:
さて、前記事では求人媒体の雑感について書いてました。

とりあえずは情報や客観視してもらえる場は必要なのですね。
ハロワ、人材紹介会社を使いつつ、マイナビや企業に直接応募をしていくのは間違いないと思いますチョキ

でも、一番は自分自身の感性による判断です。
これまでの人生を振り返ること、これから何をして生きたいか。
人に勧められて選択しても、勧めた人は責任は取りませんからね(~_~;)

閑話休題。

人材紹介会社の私の使ったそれぞれの感想書いておきます。
評判気になる方は参考までに。




・いい就職プラザ
最初に飛びつきました。1月にしか使いませんでしたが。



メリット

既卒特化しています。書類選考は通りやすいのではないかと思います。
他の紹介会社に比べたら似たような立場の人がたくさんいるので励みになるかも。
セミナーとかもたくさんあります。

求職者ひとりひとりに担当カウンセラーがつきますが、若い人ばかり。
かなりフランクです。

「社長に会える!会社説明会」をよくやってます。で、この紹介会社を使って就活成功した人が話に来る。

求人情報を、なんかわかりやすく記事にしているので、どれも楽しそうに見えるんですが、IT企業が多いな、やっぱ。

一応離職率が低いとか審査を通った会社しか紹介しないと謳っていますが、従業員数が一桁とか少ないからじゃね?とも思うようなんもあり。




デメリット

ネットで見た情報に電話で問い合わせしても「その求人は締め切りました」しか言われたことがない。更新しろよ(~_~;)
メールで配信されたのに反応しないと有効求人はなかった。

一気に新着求人ご紹介!というのは、30社を1時間で紙一枚で紹介していくという、時間の無駄でした。なんやあれ。

カウンセラーの面倒見はあまりよくなかったです。
「教育なら塾あるから(毎回話すたびに嫌だ言うてるのに推してくるから覚えてないんやなあ)」
とか、こんな感じです(~_~;)
面接1度行って落ちた時も
「グループ面接で私が私がって感じになっちゃったとか、ねぎさん言うてたから次それ気をつけてー」

なんか他人事だなあと感じさせられて使わなくなりました。




・ネオキャリア就職エージェント
3月から使いました。最終まで選考すすんだりしました。



メリット
求人は多いです。応募だけならすぐできます。ただ書類選考が通るかどうかは別。

カウンセラーは、まあ親身にやってはくれます。ネガティブに陥っていた時には助けられた。
面接前とかは会社の担当営業も含めて面接対策をします。ほぼ毎回。

面接の不採用理由を教えてくれる。これは大きいです。
面接通過理由も教えてくれる時もあります。

ある意味、社会人らしい人達なんで、見ていて勉強にはなる。

よく褒めてくれることもあったが、カウンセラーによるみたいですね。
私は、長所とか客観的に話してもらえるのはよいと思った。




デメリット
精神論、根性論のベンチャー企業のようです。
興味ない求人にも無理やりセールストークをながいことされて嫌々面接に行ったのも多かったです。

玉石混淆なイメージすね。
評判の良い商社の新卒辞退の急遽既卒採用とか、
あまりブラック臭のしない会社もありました。

しかし、ブラックなんは本当にブラック笑
兎にも角にも内定!を強調されてこっちを見ない時もあった。

NH○の集金をルート営業だから楽しいし、やればやるほど評価されるいい仕事だよ!と、よく勧めてくるよなーw

「仕事への意識がガラリと変わり、成長する!」
が、仕事する上での目標らしいので、ここの社員は体育会系です。
嫌なことも明るく振る舞うがモットーみたいなんで疲れるかも。




・キミスカ
3月に1度だけ使いました。

無内定速報が勧めていた。
しかし、大学四年冬とか既卒は意味ないです!
まずスカウトが来ません笑
で、スカウト来てもヤバいテレアポでした。

ちょっとましかな、と思った求人が来たから返信してカウンセラーと面談予約したけど、他の選考がいい感じだったので、やっぱ辞退の連絡したんです。
そしたら、「じゃあその選考のアドバイスとかもできるからとりあえず来てください!」と、無理やり呼び出されて、カウンセラーに会いに行きました。

こーれが酷い笑
「次、社長面接なんですか?でも落ちるかもしれないからうちでも同じ業界のありますし、ここ(自宅から3時間かかる)とかどうですか?落ちるかもしれないから」
と、何度も何度も落ちるかもしれないからと言いまくってきたんすよ!
それでイライラとしたら、
「あなた面接苦手でしょ?」
とか言うてきたりしてありえなかった。

世間話も、
「卒業式いつですか?早く決めたいですよネェ?」
とかクソウザかったんで、
もう帰りの電車で内定報告ボタン押して縁切りました(~_~;)

使う価値なしです。



クローバークローバークローバークローバー
こんな感じです。まあ、就活支援会社は、私らが内定を取ることで儲けられますから、商業主義です。
相性もありますのでね。
ビジネスマナーや書類選考チェックに使うといいと思います。これだけに依存すると、選考も依存になります。
自分からも動いていた方が気楽になりました。



テーマ:
既卒就活1ヶ月で、内定が出ました。
私の学生時代の就活に関しては前記事に書いてますが、まあひと言で言えばまともな学生生活はしてませんでした。

しかし就活が成功したのは、自分自身の特徴をしっかりと捉えて、前向きに就職活動行うことができたからだと思っています。

参考までに、私が具体的にどのような就活をしていたかを記録しておきます。
私も既卒就活で悩んだので、一例としてみてください。




1、主体的に動くこと
興味がある求人には必ず行ってみることです。
自分に向いていると思うかどうかは実際にそこに行ってみなきゃわからないからです。
私はこども関係と言う目標がありました。
保育園のバイト、NPO団体、塾。
最初は、どれもやりたいと思って応募してみたんですが、
実際、面接や見学を通してやりたくないと思ってしまいました。

しかし、探せばきっと自分にとって適性のあるやりたいことに出会えます!
まずは動くことです。どんな条件でもとりあえず就活生という立場を利用し、職場を見て、感じて判断してください。


2、人材紹介会社、ハローワークについて

既卒のみなさんはきっと使っている人が多いと思います。

私の個人的な意見ですが、人材紹介会社は気が弱いと辛いところかなと思います。

紹介担当者が、私が興味なくても、
「めちゃめちゃこの会社いいから!楽しいから!」
「書類選考であなたの評判めちゃめちゃいいよ!」
「絶対内定取りましょう!」
と、転職会議で悪口書かれまくってる会社でもなんでも推してきます。
立場が低い我々は行かざるを得ないですよね>_<
人材紹介会社は私達が内定取ればお金を企業から紹介料として取りますから必死です。

しかしまあ、行ってみなきゃわからない。
一応人材会社経由では6社受けて、2社はいい感じなとこまでは行きましたが、私の力不足でだめでした。
残り4社はどうでもいい思いながら受けたところだったですね。

メリットとしては、不採用の理由を教えてくれるところです。
次に確実に活かせます。欠点潰さないといけないですから。
どうでもいい面接でも得るものはあります。しかしメンタル疲れます笑

あと書類選考を推薦してもらえることかね。とりあえず面接には行ける率は高いかも。

ハロワはよくも悪くもお役所仕事です。
しかし、優しいです。マイペースにやれます。履歴書を企業に郵送せなならんのがたるいですが。
家の近くに人材紹介とかないなら、ハロワで訓練してもらった方がよかですな。
まあ、社会人らしさみたいなんは民間の人材紹介会社のが意識高まる気はしました。

3、求人の質
というか、人材紹介会社を通さずとも、マイナビ転職やら転職情報サイトに同じのがあるんすわ(^∇^)
自分で勝手にエントリーしましょう。
しかし、新卒時よりエントリー落ちしやすいですが、送るだけならタダです。
機会は作らなきゃいけません。
就業状況はアルバイト歴入れれば充分でした。

そして求人の質の良さを表すとしたら、

興味ある会社>>>マイナビ等>ハロワ>>>人材会社

かなー。

これ個人的な意見ですが私が嫌いな求人は、IT系ベンチャー企業です。
3社受けたがなんか大学生みたいな若社長や役員がウザくて嫌いだったドクロ
wantedlyとかに出てそうな奴ら。
ああいうの好きならいい気はするがね。
まあ、若さに任せて残業しまくりみたいですね。転職会議とか見る限りだから、実際は知らんけど、嫌いだったなあ。










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス