久しぶりの投稿です(^ ^)。

この数ヶ月間、全く休みなく、しかしこの年末年始は何の予定もなく、年末の飲み会でメタボになった体をリセット、断食してます(^^ ;)。
{3FA1AC1F-39C5-4D2A-BECF-D10CC0E316FB}
(大好きなチーズ🧀)

さて私出演の作品がYouTube等で配信されてますのでお知らせ致します!

《その1》ミニドラマ(7分)
Hesitation6
「一回の過ちで離婚された妻」役で
出演してます!(^ω^)
https://youtu.be/3lR4LHPmAjc
{5BD15B0B-2273-4630-8230-AAD8AA1B2CE0}

{DE0A6E6C-4622-4004-9587-4D91B0FB0D09}

{3F0A6B47-0FDD-4651-8476-ECAA601E9E3A}

《その2》映画(90分)
「那落」
ネタばれになるので役柄はふせます。
三年前のクリスマス、アメブロにも投稿しましたが、極寒の山梨県山奥で撮影した「那落」という作品です。
DV、レイプシーンなどかなり過激な内容なので視聴注意な作品となってます。
90分の長編、重要な役で出演させていただきました。
https://youtu.be/h8ZVT1VilAQ
{1073725E-42B0-4BE3-8999-CC7485DF7C8B}

{A98FF3B3-0813-4FD9-B443-C9A9F0A17E2F}

{DC3EBE09-2F3F-40AB-9E15-B512EFCAA617}

{0A2EA3AC-F9F3-48F1-BAD1-0AE31E1E74E0}

来年もマイペースに頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します!

2017.12.30 青木さなえ

食欲の秋、読書の秋、色々ありますが、秋には様々な映画祭も開催されます。よね!
{5288AE5F-DFA6-44E2-A214-F81E198B4028}
私が出演させていただいた小笠原風監督「これでいい気がしてきた」という映画は、撮影から2年が経ちますが、今年も11月に開催される二つの映画祭で上映されることが決まりました!
 
まずは六本木のど真ん中にある妙善寺というお寺の映画祭。

創る人も、観る人も、ただ映画・映像が好きという人々が、お寺という場に気軽に集まって同じ時間を共有し、交流できたら…と始められた映画祭。

出品の条件は、「商業作品でないこと」。愛さえこもっていればOKとのこと。

なんだか素敵な映像が観られそう(^-^)。


当日は映画の上映だけでなく、とっておきの珈琲が飲めたり、音楽ライブもあるなど、集まった作品を幅広く楽しんでいただけるように趣向を凝らして行くそうです。

{C8A93668-D9F3-4F25-8D12-8FDD4524FECE}

そして二つ目は、三鷹で初めて開催される三鷹シネマ倶楽部主催「三鷹連雀映画祭」。
{6399DE27-D742-4B79-B9B8-0C099F3005ED}

◆11月18日(土)〜19日(日)
「これでいい気がしてきた」
妙善寺映画祭@妙善寺(六本木にあるお寺!)
18or19日どちらかの上映(未定)
http://yumiko-en-are.wixsite.com/myozenji-film-fes

◆11月23日(木・祝)
「これでいい気がしてきた」
三鷹連雀映画祭@三鷹シティホテル
10:30より上映スタート
http://kokucheese.com/event/index/493769/
https://m.facebook.com/mitakarenjakuff/
{1EAC1C77-E168-4670-AAF1-995815809B3B}
風組は最高!大好き!!
みんなで作り上げたこの作品が、皆さまのもとに届きますように( ´ ▽ ` )♡
笹塚に引っ越してきてから四年が過ぎた。
 
笹塚は渋谷区でありながらも、どこか素朴で昭和の香りが残る町だ。
庶民的で、お店の人同士も仲が良く、何より商店街がいきていて、昔ながらのいいお店も多いのだ。
知人友人のおかげでここ数年美味しいお店に出会う機会も多いのだが、自分が住んでるこの町にも美味しくて素敵なお店がある。
先日行った「喜の字」という小料理屋さんもその一つだ。

実はこのお店に行ったのは2回目。1回目は、はしごの合間に30分程抜けだし一杯のビールと一品だけで、その時はゆっくり味わうことが出来ずにすぐに店を出てしまったので、またゆっくりと来たいと思っていた。
 
甲州街道を渡った通りが「笹塚十号通り商店街」、さらに北側に水道通りを渡った先にあるのが「十号坂商店街」。
「喜の字」はその商店街にある。
 
清潔感あふれる店内は、カウンターのみのこじんまりとした店内ながら、ひとりひとりのスペースも広く、贅沢な空間だ。
食材の美味しさを目で楽しむためだろうか、照明も明るい。
 
お料理は、アラカルトとおまかせメニューがあり、せっかくなのでおまかせにした。

まず出てきたのが「のれそれ」。
{025ABE97-F561-4C68-91D5-82775BCEC441}
ん?なにそれ?
駄洒落じゃありませんよ。
透明の細長い透明の稚魚みたいな感じ。
初めて食べる魚です。
{A9BE618C-1BB8-473A-982D-3A22A71719ED}
見た目はしらうおや生しらすみたいな感じですが、味は苦みやクセがなく、つるんとした食感で、淡泊でありながらほんのりと甘みを感じます。
のれそれについて調べてみたら、南海の妖精と呼ばれ、アナゴの稚魚らしく、高知県の珍味。早春の頃、イワシシラスを漁獲するときに一緒に混じって姿を現し、この時期だけの旬の鮮魚らしい。
日本酒にも合うわ~。
{80EADFAF-3013-444C-9775-8C384F6A1E90}
そうそう、このお店の酒と言えば、やっぱり日本酒。
同じ笹塚、十号通り商店街にある本間酒店さんから買っているらしい。
{04D2559F-201F-4ED2-9AF9-7895DB620528}
ここの酒屋さんは、無濾過生原酒、原酒熟成酒を中心に取り扱ってる酒屋さんで、日本全国のいろんな蔵本さんを廻って、丹念なつくり方の酒だけを厳選。また日本酒の中でも人気がある生酒を、あえて1年間お店で熟成させてから販売しているというこだわりよう。

どれもこれもお米本来の旨みが味わえる日本酒ばかり。ついつい飲みすぎてしまいます。
 
どれもくれも日本酒に合いますが、「あん肝」もそのうちのひとつ。
{93FB6EE5-273F-40B0-8C90-BF4428C0E08B}
こんな立派な「あん肝」なかなかお目にかかれない。
しかもポン酢にもみじおろしっていういわゆるあん肝じゃないんだから!
下にある里芋の煮付けのコラボ。これは誤魔化しがきかない料理ですよ。
あ~幸せだ~。日本人に生まれて良かった~っていう逸品。
{5CE10115-BD07-48F9-A610-5E2409B9D608}
アスパラのおひたし、
{38E4B9F2-938E-427C-BDCB-887DC931CB12}
うるい(山菜)など旬のお野菜も本当に美味い。
出汁の旨みが素材の旨みを引き出してます。
{760B882B-796A-444D-A8FD-8F36BD2832E3}
鯛と蟹の茶わん蒸しは、食べるところによって味が違うのだ。ここ鯛、ここ蟹。身の部分というわけではなく卵の部分です。もちろんたっぷりの身も底にありますよ。
{F6913DD9-A95C-40A5-B1A7-0A543CA29614}
あと刺身!!もちろん美味いよ、美味いよ!
とり貝なんて今まで食べたとり貝の中で一番美味い!
たこも、吸盤の裏がトロッとしてて美味いのなんのって。
 
鮮魚は、やっぱり同じ笹塚の魚屋「石川商店」さんから仕入れてるらしいです。
{BC6A9041-18B7-484D-9294-C5C61CEBD55B}
石川商店は、昭和27年創業、笹塚で一番古い魚屋で、毎日築地から仕入れ。200種類以上の魚が並び、鮮度はもちろん、値段も安いのでプロの料理人が買いに来る店。
早速行っちゃったよ(^。^)。
{F2A7E33D-16AC-4DE3-A35A-3BC86E225C48}
十号通り商店街にある小さなアーケード街「マルイストア」の奥にあります。
{4B2A0763-D5C3-492E-A920-5A0DF9AB19F5}
このホタルイカもそうなんだろうね~~。
うめえな、うめえな~。
ちなみに野菜は隣町の幡ヶ谷にある八百屋さんから仕入れてるらしいです。
 
どちらにしてもお店の近くにある商店から仕入れた食材を使い、それを料理としてだす。
 
ひとりずつ、一皿一皿、丁寧に仕込まれた喜の字の料理は、心にしみわたります。
出汁の旨みは日本の文化です。
季節の旬を味わい、日本の出汁の旨みを感じる。
こんな素敵なお店が、家の近くにあるなんて幸せだわ~
{21D6C8B4-8CB6-42F6-83C7-6B1781C03074}
喜の字
東京都渋谷区笹塚3-19-2青田ビル1A
03-5371-3690
営業時間:18:00~26:00(月~土) 18:0024:00(日・祝)
定休日:日月連休の月曜日/不定休