皆様お元気でお過ごしでしょうか、

今回は長文投稿します。

恐ろしいもので、ロシアによる2月24日のウクライナ侵攻から早3ヶ月が経ってしまいました。

戦争の終結を願って3月7日から毎週インスタグラムに観音様の絵を描いてアップしています。
気がつけばもうそれももう12枚目です。


侵攻の開始から最初の一週間くらいは、次々と入る情報に激しく心が揺さぶられました。
自分でも存外と驚くくらいに。
自分にも何か出来ることはないかと思い、ウクライナ大使館に少しばかり寄付もしました。
しかしまぁ、「今のところ自分に出来ることはこの程度」となったところで、一種の不安の様な感覚が生じたんですよね。

それは「今感じているこの強い感情は長続きはしない」「この事態に対する認識もどんどん上書きされるだろう」「平和のありがたみをも忘れて日常のつまらぬことに不満を感じるような日々が戻ってくる」
という、ある種の諦観…
そう感じたときに、この感情を忘れてはいけない、と切実に思ったんです。
そして、その時の、祈るような平和への想いを絵にして毎週休みの日に描くことを決めました。

少し話が脇道にそれます。

私の好きな映画の一つにクラウドアトラスという映画があります。と、言うか最高に好きです。
知名度がイマイチなんですが、監督はマトリックスを撮ったウォシャウスキー姉妹(元兄弟、クラウドアトラス公開時は姉弟だったかな)でアカデミー賞にもノミネートされた埋もれた傑作です。

ネタバレ NGな方はここから読まないで下さい。

映画では6つの異なる時代のエピソードが描かれます。
そのうちの一つの舞台は19世紀アメリカ。
若き弁護士アダム・ユーイングは義父で奴隷商人・ハスケルの仕事を手伝って奴隷売買の契約を取りに行きます。が、そこで黒人青年に命を助けられます。
ユーイングは奴隷解放運動に身を投じることを決意し、義父ハスケルにそのことを告げます。
ハスケルは怒ってユーイングを否定します。

以下引用↓

Haskell Moore: No matter what you do it will never amount to anything more than a single drop in a limitless ocean.
Adam Ewing: What is an ocean but a multitude of drops?

ハスケル:お前が何をしようとも、無限の海に一滴の水を垂らす様なものだ。
ユーイング:海とはなんですか?
数多の水滴の集まりでしょう?
(映画クラウドアトラスより)

閑話休題

自分の絵を見た方が、少しでも平和の尊さに思いを馳せてもらえたなら、自分も大海の一滴になれるのではないか。
そんな想いでこれからも観音様の絵を上げていきたいと思います。

最期までお読み下さいましてありがとうございます。
長々と乱文失礼いたしました。
合掌🙏

#prayukraine #仏画 #prayforukraine🙏 #buddhapainting #仏画師 #nomorewar #peaceforukraine🙏🏻🇺🇦 #stopthewar #stopwar #cloudatlas #wachowski

明日429日(金)自分の師匠 関 侊雲先生のご好意で群馬県の太子山天明寺様にて紙芝居をさせていただくこととなりました。

明日、天明寺様では聖天福祭りが開催されます。

自分はその中で紙芝居をさせていただくことになりました。

内容は西遊記の冒頭部分になります。


そちらの様子が天明寺様のYouTubeチャンネルにてLIVE配信されますのでご案内させていただきます。


【令和4年4月29日】聖天福祭り 13時~仏教絵解き紙芝居古来より「大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)」は所願成満の信頼を多く集め、「聖天(しょうでん)」と呼ばれ、各地で秘仏として勧請されてきました。縁日である4月29日に秘仏・白檀『大聖歓喜天』のご分身を披露し、霊験あらたかな聖天さんの福徳を多くの皆様に受けていただきたく、下記の通り福祭りを開催いたします。お参りくださ...リンクm.youtube.com



13
時開始の予定ですが、前後の催し物のよってずれる場合がございます。

ご了承下さいますよう、よろしくお願いいたします。

お時間ございましたらどうぞご覧ください。

最近、観音様をリアルに描いた作品を制作しています。

菩薩とは、元々悟りを開く前のお釈迦様・お釈迦様の前世を指す言葉でした。

やがて仏になることが決定していて人々を救って下さる特別な存在として、さまざまな菩薩様が考えられ信仰されてきました。

中でも観音様は慈悲の心を体現する存在として菩薩の代表といえます。


3月21日(月)春分の日に、自分の師匠 関 侊雲先生のご好意で群馬県の太子山天明寺様にて紙芝居をさせていただくこととなりました。


明21日は春分の日、お彼岸の中日ですが、天明寺様では秋彼岸会合同法要が執り行われます。

自分はその法要の前にお釈迦様についてのお話をさせていただくこととなりました。

そちらの様子が天明寺様のYouTubeチャンネルにてLIVE配信されますのでご案内させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=62HoyqWv77c




14:30よりLIVE配信が始まりまして、冒頭に紙芝居をさせていただきます。

お時間ございましたらどうぞご覧ください。

私の師匠、関 侊雲先生の弟さんで映像作家の関勇二郎さんが監督された映画「Carving the Divine」が高崎映画祭にて上映されます。

映画の内容は仏師をテーマにしたドキュメンタリーで自分の師匠の関 侊雲先生、日頃ご指導いただいている紺野侊慶先生が出演されています。

関勇二郎さんはこちらの映画でミラノ国際映画祭の外国語ドキュメンタリー映画部門最優秀監督賞を受賞されました。

 

本来であれば一昨年の高崎映画祭にて上映されるはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で上映会が中止となり、ようやく今回の上映となりました。

 

お近くの方は是非この機会にご覧ください。

チケットは前日フリーパス券と1作品券があって前売り券もあるようです。

 

第35回高崎映画祭
2022年3月25日~31日


Carving the Divine 上映日時
3/27(日) 15:30~17:08 高崎芸術劇場
3/28(月) 10:00~11:38 高崎芸術劇場

 

詳細は高崎映画祭ホームページをご覧ください。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

こちらは依頼を受けて書かせていただいた絵の一部、私なりのリアル観音様になります。

 

いつかゆっくり語ってみたいのですが、仏像や仏画は偶像崇拝とは違った意味を持っているように思います。

 

 


早いもので、気がつけばもう1月の終わりですね。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

画像は昨年お寺で紙芝居をさせていただいたときに描いた苦行するお釈迦さまの絵です。

今年も紙芝居をする機会を増やしていければと思っているのですが、またもや蔓延防止策…。

1日も早く平穏な日常が回復することを願わずにはいられないです。

本年もよろしくお願いいたします。
石川県で活動されているカメラマン 山科貴広さんのYouTubeチャンネル「職人旅日記」に、
関侊雲仏所 所員 菊池侊藍のインタビュー動画が掲載されました。
よろしければどうぞご覧下さいませ。

→https://youtu.be/e5bj9BrqYaA

英語字幕
→https://youtu.be/kXDgLXzV8VU

群馬県前橋市にあります天明寺様にて、先日辯財天の集いが行われました。合わせて関侊雲仏所の仏像の展示も行われました。

天明寺様のブログでは紺野先生の作られた疫病退散明王を大きく取り上げた記事が上がっておりますので、よろしければご覧ください。

『疫病退散明王』『辯才天の集い』に併せての関侊雲仏所の仏像彫刻「 特別展示会」がありました。 十一体の彫刻が陳列されるなかでコロナ禍の今に「自分にできることだから」との思いを…リンクameblo.jp


関侊雲仏所がお世話になっております群馬県のお寺、太子山天明寺様のYouTubeチャンネルに、師匠の関 侊雲先生の弟で、映像作家の関 勇二郎さんのインタビュー動画が掲載されました。

関 勇二郎さんは以前、関 侊雲先生を中心に仏師の世界を描いたドキュメンタリー映画『Carving the Divine』を撮影し、多数の国際的な映画賞を受賞されました。

インタビューでは主にその映画についてお話されております。
よろしければどうぞご覧下さい