静寂

テーマ:
                  静寂に包まれて
               
         常照寺さんの山門から長い石段を上ってきたところ。
          墓参での一番の楽しみは山門から本道に続く参道の
          美しい木立の静けさにひたれること。少し上がって
          は足を止め、少し上がっては足を止め、まゆの中の
          蚕のように静寂に包まれて沈思黙想の一時を過ごす。
          写真は二番目の山門。その少し先に本堂がある。
          二番目の山門をくぐると初春には梅がほころび、春
          には満開の桜が咲き誇る。  水戸にあるこのお寺
          も東日本大震災の被害は大きく、大半の墓石も落
          ちて崩れたり割れたりした。石やさんが何年もかけ
          てあちらこちらのお寺の修復にあたっているようで
          すがまだ途上にあるといってもよいかもしれません。
          

          臨済宗大徳寺派に属する常照寺は、徳川光圀
          公により創建された最後の寺院とのことです。