新しく出来た、伊豆市のある静岡県森林組合連合会

の貯木場です。

伊豆地域の杉・桧などの原木が集まってくるので

地元伊豆の木材を使いたい、弊社のような製材所

には、ありがたい存在です。

地元の材だから、運賃も少なくて済みますし、

ほとんどが間伐材なので、色々な面で環境に

優しい木材です。

 

倉庫の中に在庫してある桧の太鼓梁です。

最近は、太鼓梁の需要が少なく、山でも

頼まれる事が無いので、思ったように

曲がりの太鼓梁が手に入りません。

県森連の職員さんにも頼んではいますが、

今は、曲がりの太鼓梁は貴重品です。

山では、曲がった木は、売れないと思い、

チップ材にしてしまうようですが、

もったいないので、原木市に出して

欲しいです。

 

今年の夏は、暑くて大変でしたが、杉の桁を

乾燥させるのには、良かったです。

うちで製材する杉や桧の丸太は、人工乾燥では

なく、すべて自然乾燥なので、乾燥が早く

進めば、生産効率は上がります。

上の写真は、5~6mの杉材です。

今年は、長尺物の丸太が少なく、

長物の在庫は例年に比べ、少ないです