札幌・江別の外壁塗装店 あおば塗工舎 エムジョイブログ

札幌・江別の外壁塗装店 あおば塗工舎 エムジョイブログ

あおば塗工舎のオフィシャルブログです。
あおば塗工舎の社長が施工や塗料について記事にします。

当店オフィシャルブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

塗装工事をご検討の方に参考になるブログ記事になると幸いです。




テーマ:

こんにちは、宮本です。

皆様におかれましては、穏やかなお正月をお過ごしになられたこととお慶び申し上げます。

 

新築後、10年・15年と経過すると外壁のあちらこちらに取り付けてある換気フードの回りが傷んでいるのを見かけます。

昨年、当店で塗り替え工事をさせていただいた住宅でもこのような例がありました。

 

 

ステンレス換気フード(セルフード)の下側の外壁がまるで溶けてしまったかのようになっています。

ちなみにこのセルフードは浴室換気扇の排気用セルフードです。

ということは、強制換気ですね。

換気方式は自然換気と機械換気があって、機械換気のことを別名で強制換気といいます。

 

 

ちょっとショッキングな画像ですがご容赦をm(_ _)m

取り付けられていたセルフードを外してみたところ、2つの原因が重なってこのような状態になってしまったことがわかりました。

 

 

真横に近い角度からみると、内部からの配管にまず1つ目の問題がありました。

内部からの配管の上部は外壁の外側に出ていますが、下部は外壁の厚みの部分(切り口)で止まっています。

これは施工上のミスその1ですね。

 

 

2つ目の問題は取付けられていたセルフードが自然換気用の物でした。

自然換気は室内と屋外の温度差や風圧で換気する方式なので、場合によっては室内に雨が吹き込んでくる可能性があります。

そのため自然換気用のセルフードには万が一雨が吹き込んでもその水分をカットするために羽(フィン)がついています。

しかし、強制換気に対して自然換気用のセルフードを取り付けるとこのフィンが思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。

これも施工上のミスその2です。

 

ざっくりとしたイラストで申し訳ありません。

2つのミスが重なって発生した外壁の損傷は上のイラストに示したとおりです。

ミスなのか知識不足なのかはわかりませんが、施主様にとってはとんだ災難です。

業種でいうと設備屋さんの範疇ですね。

このようなデタラメな施工は本当に腹が立ちます。

 

 

損傷した外壁は交換しましたが、同じデザインの物が生産中止になっていたので、せめて横ラインだけでも同じ物を探して施工しました。

内部からの配管が短いということに対して、外壁の厚み切り口部分をアルミテープでがっちり保護して、万が一水分が発生した場合でも、外壁の外側に出ていくようにしました。

 

 

そして新しく、強制換気用のセルフードを取り付けました。

 

 

セルフードの回りをコーキングする場合、ぐるっと一周コーキングしてはダメです。

円周のうち、5分の3上部のみをコーキングします。

もし、内部で水分が発生した場合でも外部に水が出るようにする必要があるからです。

 

塗装工事は無事終了し、施主様にお引き渡しさせていただきました。

施主様には施工中も大変お世話になり、ありがとうございました。

今回は塗装工事の全体画像は掲載できませんが、喜んでいただきホッといたしました。

 

新築時の2つの施工ミスについては施主様にお伝えする必要はないかと思い、施主様はこのことを知りませんが、同じ現象は今後起きませんので大丈夫です。

 

新築では基礎屋さん、足場屋さん、大工さん、板金屋さん、電気屋さん、設備屋さん、内装屋さん、塗装屋さん.....他、たくさんの業者がそれぞれがそれそれの責任範疇を施工しますが、全ての業者が技術も知識も一流とは限りませんね。

私は建築後10年前後ほどで施主様からの直接請負の塗り替え工事でお世話になるのですが、とんでもない新築時の施工を目の当たりにすることが時々あります。

反対に素晴らしい職人さんチームが建てたであろう住宅にもたくさん遭遇します。

 

おわり

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 現在春の塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは、宮本です。

 

札幌市北区で施工したガイナの外壁塗装についてご紹介します。

 

 

先ずはビフォー。

施主様のご希望は外壁を明るい色にイメージチェンジしたいとのことです。

また、部屋が寒いとの事でしたので、断熱塗料ガイナで施工することにしました。

 

 

このような外壁の凍害損傷箇所があちこちにあり、損傷箇所は外壁ボードを交換します。

 

 

南側に設置されているパーゴラです。

外壁を明るい色に変えるので、このパーゴラの色もそれに合う色に変えます。

 

 

玄関ドアは木の風合いを残して黒ずみを除去し、オイルステインで色上げします。

 

 

屋根には雪止め金具がズラリと設置されています。

しっかりと錆止め処理を行って屋根用の2液形シリコン樹脂で仕上げます。

 

 

先ずは損傷している外壁ボードの交換です。

 

 

新しくするボードには、今後内部結露による凍害損傷が発生しないように対策を行いました。

 

 

外壁ボード交換の次は窓回りや外壁ボードの繋ぎ目に施工されているコーキングを全て打ち替えました。

 

 

全ての雪止め金具にガードセプターという塗料を塗りました。

ガードセプターは発生しているサビを強固なポリウレタンの不活性被膜で固定します。

 

 

 

完成です。

ガラッとイメージが変わって明るい色になりました。

 

 

外壁は断熱塗料ガイナで塗りましたので、今シーズンの灯油代は少し節約できる思います。

 

 

屋根も綺麗に塗り上がりました。

外壁の色とよく合っていますね。

 

 

外壁が優しい色に変わったので、玄関ドアの木の風合いが引き立ちますね。

 

 

パーゴラは柔らかい色に変えました。

 

施主様の選んだ色がとてもセンスが良くて、塗り変わっていくのがとても楽しかったです。

施工中も大変なお気遣いをいただきお世話になりました。

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

  只今は来シーズンの塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

 

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録


テーマ:

こんにちは、宮本です。

 

今年の秋、なぜか多い木の城たいせつの塗装工事を施工しましたのでご紹介します。

以前から木の城たいせつの住宅をもっと個性的に塗装したいと私が思っておりまして、過去にも様々な木の城たいせつを個性的に施工致しました。

 

今回も木の城たいせつのオーナー様から塗装工事のご依頼をいただきました。

 

 

私「施主様は何か具体的な塗り替えイメージをお持ちですか?」

施主様「いえ、特にありません。」

私「私にデザインさせていただけませんか?」

施主様「はい、お願いします。」

 

ということで、ご提案をしました。

とは言っても、私の提案が施主様への押しつけになってはいけませんので、以前から時間のあるときに木の城たいせつをこういうふうに塗ってみたらどうだろう?というデザインを幾つか作っておりまして、それにさらに新しいデザインを加えて19通りのデザイン案を提出致しました。

 

 

施主様「宮本さんのオススメはどれですか?」

私「○○番目のデザインです。」

施主様「では、それでお願いします。」

 

 

完成です。

しかし、今回の塗装工事で1番手を加えたのは玄関ドアです。

 

 

前回、他店で塗装工事をした時に塗り替えた玄関ドアですが、塗膜の密着が悪いです。

 

 

塗膜がささくれ立っています。原因ははっきりしているのですが、複合的な判断ミスがこのような状態を誘発しています。

 

 

まずは錠前を外してしっかりケレンしました。

 

 

剥離させた部分は凹みがありますので、パテで表面を均一にします。

 

 

パテ完了です。

 

 

2日乾かして、下塗りシーラーを塗布。

 

 

シーラー塗布完了です。

 

次は吹付塗装。

 

 

しっかりビニール養生。

 

 

1回目の吹付完了。

日を空けてしっかり乾燥させます。

 

 

2回目の吹付完了。

ビニールをばらします。

 

 

玄関ドアの塗装が完了しました。

 

 

屋根は淡い色にしました。

北海道も近年は猛暑になります。

太陽熱の影響を和らげるにはこのような淡い色を選択するケースが増えております。

ピカピカに塗り上がりました。

 

 

木の城たいせつの2階バルコニーの床は金属板です。

ここもピカピカにしました。

 

 

窓枠と幕板は木の城たいせつのアクセントになる部分です。

今回のデザインはこの部分をしっかり主張する色をご提案しました。

外壁の塗料も窓枠・幕板の塗料も、エスケー化研のクリーンマイルドシリコンを使用しました。

この塗料は塗り上がりの密着がとても良くて、本当にオススメです。

外壁色はツヤをやや抑えた”半ツヤ”ですが、主張させたい幕板と窓枠は”ツヤ有り”で塗ったことも細かいこだわりですがポイントです。

 

施工中はお隣の方が時々声をかけてくださいました。

「おたくは本当に丁寧だね~」

「だんだん出来てきたね!」

完成したときは

「あら~いい色だね~すごい綺麗になったわぁ!」と、まるでご自分の家のように喜んでくださいました。(笑)

 

木の城たいせつの住宅を個性的に塗りたい方も、オーソドックスに塗りたい方も、是非当店にご相談ください。

 

おわり

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

  現在、来シーズンの塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは、宮本です。
本日は塗料のお話をちょっとだけ。

専門家(自分を専門家と表現するのは気恥ずかしいですが、この際ご容赦を)がブログで専門用語を使いながら専門的なお話をしてもおもしろくないと思いますが、興味のある方は読んでみてください。

外壁や屋根を塗り替えするのにどんな塗料がいいのか?
多くの塗装屋さんのホームページを見ると、シリコン樹脂塗料が推奨されているケースが多いです。
さらにその上級の塗料としてフッ素樹脂を推奨しているケースもあります。
中には耐久性比較表を自作で掲載しているのも見かけます。
例として、「アクリル5年・ウレタン8年・シリコン10年・フッ素20年」など。

「ウレタン」といっても水性1液のものもあれば、弱溶剤1液、弱溶剤2液、その他にも多くの種類があり、「シリコン」にも同様に様々な種類の塗料があります。
にもかかわらず、「ウレタン」の耐久性ををひとくくりに8年と表現できる適当さには微かな怒りが湧きますが(笑)

当店に塗り替えのご相談をいただいた施主様に私が提案するのは、次回の塗り替えまでに10年は塗膜が維持できるように下地調整と下塗り材、仕上げの上塗り(中塗りと上塗りの2回塗り)の材料を提案いたします。
ウレタンだから8年ではなく、ウレタンを提案する場合でも、10年塗膜が維持できるように一連の工程と使用材料を選定して提案します。
また、施主様から塗料の種類を指定してご要望される場合もありますので、そのご要望に応える形で施工する場合もあります。

塗料は①樹脂と②顔料と③添加剤の概ね3つで構成されています。
一般的に「ウレタン」とか「シリコン」という場合、塗料の構成要素の①樹脂にあたる部分を指します。
②の顔料は「色」を出すための構成要素。
そして、③添加剤は様々あって書ききれないのと私自身も詳しく説明できるだけの知識がまだないのですが、例えば乾燥促進剤や増粘剤、界面活性剤などもあります。添加剤は複数の物が塗料の施工性や耐久性を支えるために使用(混入)されています。

「ウレタン」と「シリコン」は何が違うのか。
すごく簡単に言うと、樹脂を構成する分子が「ウレタン」の場合はウレタン結合、「シリコン」の場合はシロキサン結合という違いです。で、ウレタン結合より、シロキサン結合の方が結合エネルギーが大きいということです。ちなみに「フッ素」は炭素フッ素結合(C-F結合)といってあらゆる樹脂の中で最も安定した強固な結合性を持っています。

しかし、では、ウレタンはだめで、シリコンの方がよくて、さらにフッ素の方が良いのか。
耐久性は ウレタン < シリコン < フッ素 で間違いないと思いますが、決してウレタンがだめなのではありません。ウレタンは基本の特徴として柔軟性があり、下地に対する密着が良いという長所があります。
私は外壁の素材によってはシリコンではなくウレタンを強力におススメする場合があるくらいです。
また、シリコン塗料よりも安価であることも無視できません。

シリコンの長所はウレタンより、やや汚れづらいという特徴があるのと、ネット情報に氾濫しているシリコンマジックにより、施主様の心理として「シリコン」で塗ってもらった安心感が得られるというところでしょうか。

先にも書きましたが、ひとくくりに「ウレタン」や「シリコン」「フッ素」というように性能や耐久性を限定的に断言できないですが。

ここでさらに塗料を分類して書き込むと長くなってしまうのでまたにしますが、「アクリル」にも長所があります。
一般にアクリル樹脂塗料は通気性が良いので、住宅の軒天井(屋根のひさしの裏側のスレート板)はアクリル樹脂塗料が向いている場合もあります。

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 今シーズンの塗装工事はご予約でいっぱいになりました。

 たくさんの皆様にご予約をいただき誠にありがとうございます。
 
 只今は来シーズンの塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録


テーマ:

こんにちは、宮本です。

当店ではなぜか多いスウェーデンハウスの塗装工事。

今日もその中からご紹介します。

 

今年8月に施工した恵庭市のスウェーデンハウスです。

 

 

木部の傷みに加え、玄関ポーチ屋根の上の外壁が積雪の影響で損傷しています。

 

 

同じく反対側も同様の状態でした。

屋根と外壁の際に隙間が狭いために起こった現象です。

 

 

スウェーデンハウスの窓には塩化ビニール鋼板の水切板があります。

そしてコーナー化粧板や窓の額縁が木製なので、短期間でのメンテナンスが必要です。

窓下の水切も木部も経年劣化によって少しくたびれた印象ですね。

 

 

施主様のご要望は木部のメンテナンスを軽減できないか?

外観の印象を変えたいが、それは可能か?

などでした。

 

まずは完成画像です。

 

いかがでしょう?良い感じに変わりました。

施主様がある程度の完成イメージを持っていらっしゃったので、それに近い色を8色ほどご提案させていただき、その中から選んでくださった色です。

バランスがとれた素敵な色の組み合わせですね!

 

 

外壁のコーナー木製化粧枠はスチール板金で巻きました。

こうすれば、コーナー化粧枠に必要なメンテナンスが外壁の耐久性と同じ程度に延びます。

外壁は2液形シリコン樹脂の5分艶で塗りました。

スウェーデンハウスの外観ですと、外壁の艶は少し抑えた5分艶が合います。

 

 

窓の木製額縁もスチール板金で巻きましたので、メンテンスが楽になります。

 

 

窓下の塩化ビニール鋼板の水切板は窓額縁と一体のスチール板金に交換しましたので、窓回りがすっきりまとまりました。

そして窓建具はお約束の色替え。

 

 

額縁と違う色に塗ると窓の印象が立体的になります。

すごくいい感じですね!

 

 

玄関ポーチ屋根の際、損傷箇所を改修しました。

このように屋根板金を屋根から少し立ち上げて施工すると、積雪による外壁の損傷は起きません。

 

 

反対側も同様の対策で施工しました。

 

 

木部を白系のスチール板金で巻きましたので、ウッドデッキも白くしたい。

しかし、ウッドデッキはさすがにスチール板金では巻くことはできません。

濃いブラウンから白に変更するのはお断りする業者がほとんどです。

しかし、ある方法とテクニックを使えば...

 

 

このように綺麗に、そして長期にわたって白を維持できます。

その方法とテクニックは・・・企業秘密です。笑

 

 

 

施主様には施工期間中、大変なお気遣いをいただきました。

例年にない天候不順とお盆休みが重なり、工事期間がとても長くなってしまいましたが、全ての事情をご理解いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 今シーズンの塗装工事はご予約でいっぱいになりました。

 たくさんの皆様にご予約をいただき誠にありがとうございます。
 
 只今は来シーズンの塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは、宮本です。

 

最近完成した塗装工事の中から、北広島市で施工した住宅塗装工事をご紹介いたします。

 

 

遠目からみるとまだ傷みもなく綺麗な状態に思えますが、

 

 

経年による汚れはあります。

建築されて30年。今回が2回目の塗装とのことですが、前回塗装から10年以上経っています。

 

 

外壁はALC(軽量気泡コンクリート)です。

前回の塗装工事でもこの部分は欠損していたようです。

残念なことに欠損部をコーキングで補修したようですね。

 

 

ALC板の継ぎ目のヒビは避けられない現象です。

特に角の部分は発生しやすいようです。

 

 

このような欠損部分やヒビ割れを補修する方法として、コーキングを採用することは当店ではほとんどありません。

今回は外壁がALCということで、主に行う補修方法はALC補修材の「サンモルC」を使用した復元補修で施工します。

 

 

コーキングで行う欠損部補修よりはALCで行う方が頑丈で綺麗な補修ができます。

 

 

小さなヒビ割れは下塗りの前に微弾性フィーラーを擦り込むようにタッチアップします。

微弾性フィーラーによるヒビ割れタッチアップを下塗り工程と同時に行う業者がいますがその方法ではタッチアップの効果が全くありません。

 

 

玄関前に設置された白のスチール手摺り。手強い錆ですが、全体を錆止め塗装する前に「ガードセプター」という錆を不活性にする塗料を錆が発生している部分に丁寧に塗布します。

錆止め塗装は健康な下地に対して錆の発生を遅らせる効果はありますが、発生している錆を封じ込める効果はありません。

 

 

ケレン→ガードセプタータッチアップ→全錆止め塗装→ウレタン樹脂2回塗り で仕上げました。

 

施工中の施主様から早朝メールが届きました。

 

 

当店が過去に施工させていただいたお客様が朝刊配達をされているようでして、その方が朝刊配達中に現在施工中のこちらの住宅に掲げてある当店の看板シートをご覧になって、たまたま施主様と玄関で遭遇し会話なされたとのお知らせをメールでいただきました。

 

お客様同士がこのような会話をなされたことに嬉しく思いました。

また、すぐにこのようにお知らせくださった施主様のお心遣いもまた嬉しかったです。

 

 

完成です。

今回は外壁・屋根とも現状と同じ色を希望されました。

 

 

あちこちにあった外壁のヒビ割れや欠損も綺麗に補修することができました。

 

 

屋根の軒天井にすずめによって割られた巣があり、施工前に巣立ちしたようでした。

施主様からのご要望のひとつに、来年もすずめが来られるようにこの巣穴を塞がないでほしいというのがありました。

 

 

心温まるご要望です。

 

 

施主様、ありがとうございました。

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 今シーズンの塗装工事はご予約でいっぱいになりました。

 たくさんの皆様にご予約をいただき誠にありがとうございます。
 
 只今は来シーズンの塗装工事の無料相談受付中です。

 まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 住まいの塗装 あおば塗工舎

 北海道江別市野幌住吉町25番地の43
 
 フリーダイヤル 0120-970-929

 URL : http://www.aoba-tokosya.com/

 Mail: info@aoba-tokosya.com

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録


テーマ:

こんにちは、宮本です。

 

平成27年に塗装工事を施工させていただいた住宅で、翌年の平成28年に外壁の不具合が発生し、その部分の塗膜が剥がれました。

当店は5年保証です。当店の施工に不備がある場合の不具合は5年間無償で補修対応いたします。

当然このケースは無償で対応致しました。

しかし、その箇所がまたもや平成29年に不具合発生。原因を特定し、無償で対応いたしました。

 

ところが、その箇所がなんと今年、また同じ不具合が発生。

原因を特定し、その原因を取り除いて対処したにもかかわらず3回も同じ箇所が同じ不具合を発生したことで、特定していた原因対処では足りないことがはっきりしました。

 

施主様に今後の対処方法につて昨日説明に行って参りました。

 

 

塗装の仕方が悪かったのではないこと。

原因を取り除いて対処しているにも関わらず、なぜ何度も同じ現象が起こるのか。

今までとは違う対処方法で、断熱補強や防湿対策が必要なこと。

今回は無償ではなく、費用が必要なこと。

などを、図に書いて細かく説明しました。

 

施主のご主人様、奥様、ずっと私の説明を黙ってうなずきながら最後まで聞いてくださいました。

今までずっと無償で対応してきたことをご主人様、奥様から感謝していただき、今回かかる費用の見積金額にも、「そんな金額で本当にいいのですか?」とこれまた感謝のお言葉。

 

何度も補修したにもかかわらずこのような事になって心苦しく、申し訳ない気持ちであったのですがご主人様、奥様のご様子に本当に救われました。

そして、「次回の塗装の時期が来たら見積書をポストに入れておいてくださいね」と。

 

お話の内容は非常にハードな内容だったのに、なぜか柔らかな心地よい時間でありました。

補修工事は今回で必ず最後にします。

 

おわり

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録


テーマ:

こんにちは、宮本です。

 

木の城たいせつの塗装工事をご紹介いたします。

 

 

ぱっと見は特に傷みがあるわけではないのですが、早めのメンテナンスをしておこうとの施主様の意向で当店に塗装工事のご用命をいただきました。

施主様のご要望は今の色をあまり変えたくないのだけれど、もう少し明るく見えるように塗って欲しいとのこと。

 

 

それと、この玄関ドア。

くたびれてしまってどうにも気になる。新築の頃の艶々した状態に戻して欲しいとのご希望です。

前回の塗装工事でお願いしたら断られたそうです。

木製玄関ドアは失敗すると後戻りできないので断った気持ちもわからなくはないですね。

難しいので木目を無くして塗りつぶすように塗られてしまったというような悲痛な相談もいただきますので、自信がなくて断られたのはかえって良かったのかもしれません。

それで施主様がご自分でホームセンターでクリヤーラッカーを購入して塗ったそうですが、クリヤラッカーは塗料をはじいてしまうのでその後の塗装が難しくなります。

 

 

そしてこの階段袖と基礎回り。黒ずみを綺麗にして欲しいと相談をいただきました。

木の城たいせつは基礎高なのでこの部分が黒ずんでくると目立ちます。

 

 

玄関ドアの塗装リメイク。まずはクリヤラッカーを剥ぎ取ります。

リムーバという材料を使って溶かすように剥ぎ取る方法もありますが風除室内ということもあり、リムーバの気化した強い匂いがこもってしまうことや、木目を活かしたリメイク塗装をご希望なので素地を傷めたくないことからサンドペーパーで時間をかけて剥ぎ取ることにしました。

使用したサンドペーパーは#180ですが、サンドペーパー同士をこすって粗目を少しだけソフトにしました。

 

錠前を全て取り外します。

素地を傷めないように、そして木目を壊さないように、木目に忠実に忠実にとにかく忠実にペーパーがけしました。

絶対に急がない。これが綺麗にできれば仕上がりは絶対に綺麗になると何度も言い聞かせて丁寧に行います。

 

 

ペーパーがけが終わったら1回目のオイルステイン塗装。

獣毛の筋交い(すじかい)刷毛8号サイズと同じく8号サイズの目地刷毛、そしてやや固めのナイロン毛の8号筋交い刷毛を選びました。

15号サイズ筋交い刷毛を選ぶ職人さんが多いと思いますが。私なりの考えもあって今回は8号サイズで塗ります。

 

 

塗り進めていくと完成のイメージに近づいていく楽しさに夢中になってしまいます。

 

 

まずは1回目のオイルステインが終了。

おそらくこの状態を見て施主様は少し不安になったかもしれません。

施主様、ちょっと言葉少なかったですから。

 

 

そして2回目のオイルステイン完了。

施主様から「はぁぁ、これはすごいわ」と喜んでいただけました。

 

 

そして基礎回りの塗装。

下塗りにカチオンシーラー、上塗りに超撥水シリコンを塗ります。

一般的な基礎に塗る塗料として使われいるものではイマイチ持ちが悪く私は採用していません。

この方法で基礎を塗ると基礎回りが長期間に渡って綺麗で汚れや色褪せがおこりません。

 

 

完成です。

木の城たいせつばかりではなく、このように縦張り外壁を塗る場合、ちょっとした工夫が必要です。

 

 

基礎回りもすっきり綺麗になって塗装前より明るく見えるようにしました。

 

 

このブログ記事をアップするにあたり、施主様にご了承をいただくお願いをした時のお話ですが、「個人情報は必ず伏せますので」とお伝えしましたら、「伏せなきゃならんような個人情報なんてなんもないから大丈夫だよ」と言われました。

しかしまあなんと清々しいというか気持ちの良いお言葉なのでしょう。

常に誠実に、できる限りシンプルに生きているとこういう言葉がさらりと出るのですね。

人生の大先輩のお言葉に感動いたしました。

 

おわり

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは、宮本です。

昨年の10月に施工した塗装工事をご紹介いたします。

 

 

木造住宅で外壁は窯業系サイディングボードです。

初めて現地にお伺いして見た瞬間に「あーこれはこんな風に塗ってこことあそこを補修して色はこんな感じ!」と、勝手に想像しながら調査しました。それはどこのお宅を調査する時でも、いつもそのようになります。見積調査を完成のイメージを思い浮かべながら行うとやるべき作業が具体的に頭の中で整理されて、調査そのものが楽しくなってきます。

 

 

建築後10年を迎えていますので、当然のようにコーキングが劣化しいます。

外壁ボードは表面は防水加工されていますので風雨に晒されても即座に傷むことはありませんが、ボードの繋ぎ目(切り口)は全く防水加工されていないので、コーキングが劣化して水分を含むと損傷が進みやすいのです。

 

 

外壁表面には微少の亀裂が無数にありました。これによって下塗り材の選定が頭の中で決定しました。

 

 

コーキングは外壁ボード繋ぎ目と窓回りの全てに施工されていますが、どの箇所も劣化しています。

これら全てのコーキングは撤去して打ち替えます。

 

 

これは内部結露による損傷です。

塗装するにあたって、「これくらいならパテで補修して塗装すれば大丈夫」と思われがちですが、これは外側からいくら対策してもすぐに同じ現象になります。

今回はこのような箇所が他にもあり、5枚のボードを交換しました。交換する際は現象に対する対策加工を行ったので、今後同じ現象は発生しません。

 

調査報告書と見積書を施主様に提出して、とても嬉しいことに工事をご用命いただくことができたのですが、さて、どんな色にするか・・・。

施主様に希望のイメージをお訊きしましたので、ご希望に沿ったシミュレーション画像を作りました。

その時、私が最初にお宅を拝見したときにイメージした色のシミュレーションもこっそりもぐりこませて提出したのですが、施主様に見事に気に入っていただき採用されました!

 

 

完成です。

ふた昔前の常識では、住宅の色を上と下で塗り分ける場合、下が濃い色、上が薄い色。そうしないと不安定なイメージになる。

そんなことが当たり前のように言われていました。でも、どうでしょう?違和感ありますか?

それこそふた昔前は弁当やオニギリは家で作って外で食べる以外考えられなかったのが、今では外で買って家で食べるのも有りです。

例えが唐突過ぎですかね。

 

とにかく、施主様に気に入っていただけましたのでホッとしました。

 

おわり

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは、宮本です。

昨年10月下旬に着手施工した塗装工事のなかからご紹介いたします。

 

 

当店ではなぜかご依頼の多いスウェーデンハウスです。

スウェーデンハウスの塗装は手順と各パーツの塗装手法が大切で、場数が必要だと思います。

木部をケレンする、窓回りのコーキングを打ち替える、外壁を塗る、木部を塗る。これらの工程をどういう順番で施工したらいいのかは失敗経験と成功経験とを両方体験するまでなかなか確立しないのではないかと思います。

この住宅は中間幕板(住宅の上と下を分ける境界線帯)から下がタイルで施工されています。

余談ですがこのタイル、タイルメーカーのINAXがスウェーデンハウス用のオリジナル商品として生産していた「リカメキシ」という製品です。メンテナンスフリーとのことですが現在は生産されていません。

 

 

施主様のご要望は上部外壁部分をアンティークなグレーで仕上げて欲しい。そして窓の木部は額縁を現在の白のままにして建具の桟をチーク色で仕上げたいとのこと。

その他損傷部分を補修又は交換でお願いしたいとのことでした。

 

 

玄関上の屋根と接する外壁は雨や雪による損傷があり補修が必要です。

この場合損傷箇所を全て削り、エポキシパテで成型補修します。

 

 

勝手口のドアパネルも傷みやすい部分で、これはパネルを全て撤去してアルミパネルに交換します。

 

 

外壁に使用した塗料は弱溶剤2液形シリコン樹脂です。

太陽の光を浴びてもあまりキラキラ反射しない半ツヤで仕上げました。

 

 

勝手口のアルミパネル交換によってイメージもアップしました。

 

 

窓の額縁と建具桟の色を塗り分けました。

これもなかなかのイメージアップになりましたね。

 

 

完成です。

施主様のアンティークグレーのイメージになる札幌市内の住宅を施主様自身が見つけて教えていただきましたので、その住宅の色を候補イメージにして塗りました。グレーではありますが、若干の黄色と青も配合されたとても繊細なグレーというか、まさにアンティークなグレーです。施主様もこのグレーをとても気に入っていただきホッとひと安心です。

 

おわり

 

※このブログ記事は施主様のご厚意により掲載の許可をいただいております。

 施主様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

只今塗装工事の無料相談受付中
まずはお電話、メールにてお問い合わせください!

住まいの塗装 あおば塗工舎

北海道江別市野幌住吉町25番地の43
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-970-929
URL : http://www.aoba-tokosya.com/
Mail: info@aoba-tokosya.com

読者登録

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス