Ama●●●から電話かかってきた | ANythING GOES

ANythING GOES

天然石やワイヤーラッピング、手芸本にまつわる話


テーマ:

なんと会社にAma●●●から

電話かかってきた

 

「えーなにー?私、何かした??」

 

と若干びびりつつも。

いや、会社宛だし。

(個人でも注文以外なにも

してませんけど。。。(笑)

 

「プライムを解約したから?」

とかいろいろ駆け巡る・・・

 

「和田先生の作品集を

販売いただいてると思うのですが・・・」

 

「あ、それは著者の和田先生ご自身に

手続きいただいてるのでうちは何も・・・」

 

という始まりだったのですが

 

その件で何かあったわけではなく

 

なんと、

出版社登録してるから

それで検索してくださったらしく

本を販売しませんか、って

出版社としての

お誘い電話だった!!

 

こんな小さな出版社まで

検索して営業電話!

がんばってはりますねぇ。

 

今まで自費出版は

「制作はしますが販売はご自身で」

という方式でやってきてるのですが

 

最近作ってくださる方も

増えてきたので

 

ちょっと見直すか?!

と思ったりして・・・。

 

販売の手助けになれば

いいですものねぇ・・・

 

でもねぇ、結構手数料で

取られるわけですよ。

作家さんの利益につながるかと

言うと・・・

配送料も結構かかるんですよね。。。

 

と営業マンさんへ

ぶっちゃける。

電話口で困る営業マンさん(笑)。

 

そこで売ってると買いやすいし、

ある程度信用にはなるし、

宣伝にはなりますけどね・・・

 

電子出版ならいいんですけどね。

でも手芸はまだ紙がお好きな方が

多いのだなぁ。

 

うーん、

な、悩む・・・

 

anygoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス