当院での新型コロナウィルス感染症対策について



当院では日機装というメーカーの

深紫外線LEDを使って新型コロナウィルスを不活化する機器を導入して院内の消毒、殺菌につとめております。


この深紫外線LED機器が開発され、

実験によって効果が実証されるまでの

ストーリーにご興味のある方は下記

内容をご覧ください。


以下、日機装のホームページからの

抜粋です。


日機装が深紫外線LEDに着目したのは2006年のこと。当時、研究者の間で、紫外線は365nm以下の短波領域での実用化は技術的に難しいとされていました。しかし、その将来性に大きな期待を寄せていた当社は、のちにノーベル物理学賞受賞者となる、天野浩教授(名古屋大学)の指導を仰ぎ、2008年、初めて深紫外線LEDの発光を確認。さらにその3カ月後には、1mWの安定的な発光に成功しました。

そして2010年にはついに外部量子効率※3%超の安定的な発光を達成し、実用に耐えうる性能・品質の実現に至りました。他の研究機関や企業での実績は1%程度という中、世界記録を一気に更新するこの結果は、一躍業界の注目を集めることとなりました。


以下、日経新聞からの抜粋です。

こうして生まれた深紫外線LED 宮崎大学は、航空機部品製造の日機装と共同実験で、一般的な紫外線より波長が短い紫外線「深紫外線発光ダイオード(LED)」の光を新型コロナウイルスに照射したところ、感染力を低減させる効果が確認できたと発表した。宮崎大は病院などのクラスター(集団感染)発生を防ぐ技術として役立つとして宮崎大医学部と日機装の共同実証実験で明らかになったという。実験は医学部の講座を中心に4月から、新型コロナを含む液体をシャーレに滴下し、深紫外線LED30秒照射したところ、ウイルスの感染力(感染価)が99.9%以上低下するデータを確認できたという。

深紫外線LEDは日機装の空間除菌消臭装置「エアロピュア」に搭載され、1月から販売されている。同装置はインフルエンザや肺炎球菌の感染予防を主な目的に開発された。

次亜塩素酸水で新型コロナ不活化 30秒以下で」 北海道大学とエナジック社が実証 (沖縄タイムスの記事です。)


※ 現在、次亜塩素酸水については、
その安全性、効果、使用方法について
見解がわかれる状況となっております。
慎重にご検討ください。

実証実験は4月27日~5月3日、同センターの高田礼人教授が実施した。同センター保有の新型コロナウイルスを蒸留水と次亜塩素酸水にそれぞれ混ぜて、30秒、1分、5分、10分の反応時間ごとに、感染性を持つウイルスの数(感染価)を測定した。pH2・7以下、有効塩素濃度40ppmの次亜塩素酸水を使った。

 蒸留水の感染価は10分経過後も横ばいだった一方、次亜塩素酸水の感染価は1ミリリットル当たり1千万個以上のウイルスが、30秒で検出限界以下まで減少し、そのまま推移した。実験室を平均的な室温の23~24度に設定して2回試したが、どちらも同様の結果が得られた。

 次亜塩素酸水は水と食塩を電気分解して生成される。実験を主導したエナジック教育福祉財団理事で北海道大の玉城英彦名誉教授(疫学、今帰仁村出身)は「次亜塩素酸水は新型コロナをほぼ瞬時に不活化している」と指摘。「安全で手に入りやすく、アルコールに比べ皮膚への刺激も少ない。新型コロナの感染予防で、手指用の消毒液として推奨できる」と話した。

 次亜塩素酸水は水と食塩を電気分解して生成される。実験を主導したエナジック教育福祉財団理事で北海道大の玉城英彦名誉教授(疫学、今帰仁村出身)は「次亜塩素酸水は新型コロナをほぼ瞬時に不活化している」と指摘。「安全で手に入りやすく、アルコールに比べ皮膚への刺激も少ない。新型コロナの感染予防で、手指用の消毒液として推奨できる」と話した。

 産経新聞の記事です❗️
明るいニュースなので取り上げてみました。

 奈良県立医科大学(同県橿原市)などは15日、新型コロナウイルスがオゾンガスによって無害化することを世界で初めて確認したと発表した。将来的に病棟や診察室での活用が期待できるという。

 今回の実験では、密閉された容器の中で新型コロナウイルスに規定の濃度のオゾンガスを約1時間噴霧。その結果、感染力を持ったウイルスが最大で1万分の1にまで減少することが確認された。今後は病室などの臨床現場に近い環境で、効果があるかどうか検証する必要があるという。

 オゾンガスはすでにノロウイルスや重症急性呼吸器症候群(SARS)に効果があることが確認されており、医療現場や救急車に発生機が導入されている。同大感染症センターの笠原敬センター長は「オゾンガスは生成に原材料がいらず、残留毒性もないので現場にもメリットはある」と説明。一方で「消毒はアルコールなどによるふき取りが基本で、オゾンガスはあくまで補助的に使うもの。それだけで消毒が完了するわけではない」と強調した。