コピアベートです。



先日の中秋の明月はきれいでしたね。(遅っ)

家中の石を久々に外に並べてみました照れ


さてさて。

ここ約2ヶ月は内観しながら体調&エネルギーを整えています。



そして1ヶ月強くらい前からかな?とある宣言をほぼ毎日することにしました。



「私、(私の名前)の主は、私、(私の名前)です」


「私、(私の名前)は、呪術を受け付けません」



と。

こうすることで、ダークサイドからの攻撃を回避しようとしたのです。



なぜなら、



けいこヴァールハイトさんのセッションを受けると、呪術にかかっていたり、ダークサイドの横槍が多い。(呪術といっても幅広く、呪術ぽいものも含まれると思います)



ダークサイドの横槍は本当にうんざりしています。(詳細は書けませんが。。。)



いいかげんこのループから抜け出したいと思ったのがきっかけです。



けいこさんは、「呪術にかけられるのも、自分が許したから」と言います。



そう言われても、「許すはずがない!」としか思えません。でも自分がもし許したとしたら、どの部分が許したのか、考えてみた。



本当なら、呪術にかけられたり、ダークサイドの横槍に遭えば、怒るのだと思う。



でも私は、「なんで?私が何かしたのか?」と怒るどころか、「私のせいか?」「かけられてしまったのなら、今更何を言っても仕方がない」と思っていました。



「本当にやめてほしい」と思う一方で、心のどこかで、それを許していたチーン



これが良くなかった。とやっと気づけました。



この曖昧な態度&思考がいけなかったのだと、まずは、先程の宣言をすることに。



すると、ここ最近、呪術が解除されたであろう夢を毎日見るようになりました。しかも3、4本立て。



もちろん、けいこさんの遠隔があること前提です。



正直、これまでは、ここまで毎日見ることはありませんでした。



そして、昨日見た夢の一つが、「元彼が、別れた後でもいつまでも、それとなく近くにいる」というもの。



最初は、どんな意味が?と思ったけど、これもまた、白黒はっきりさせなかったことによるもの。



過去の出来事として、私から一方的に別れを告げ、私は別れたつもりでも、相手はそうではなかった。ちゃんとお互いの意思疎通をして別れをしなかったということが過去にあったのです。



普段、白黒はっきりするほうだと思っていたけど、実はそうではない部分があったのだとようやく気づけました。



恐れは、無用な優しさを生む。そして、そのようにして生まれた優しさは、「曖昧」と紙一重なのかもしれません。



もし、改善したいことがあってエネルギーワークをたくさんしても、うまくいかないなぁと思う人は、一度本当にそれを改善したいという意思があるのか内観してみるといいかもしれません。



潜在意識がどうあれ、宣言って大事!と思うできごとでした。