先日、厚労省記者クラブで「労災認定者への解雇事件」に関する記者会見を行いました。

 

同日、提訴もしております。

 

労災認定者は労基法81条に定める「打切補償」も支払われることなく、普通解雇されました。

 

この事件は、労基法第19条1項に正面から反しているものでもあります。

 

財団は労災認定事態を「誤りである」という立場で、労災の認定をした国も訴えています。

 

「最近CMで流れているあんしん財団ですか?」という記者の方の言葉が印象的でした。

 

ご自身がテレアポで中小企業の社長や福利厚生担当者へ話す「スクリプト」

 

財団のホームページの記載事や「中小企業のメンタルヘルス対策を応援する」として開かれるシンポジウム。

 
職員の方であれば、この記者さんの言葉の意味がお分かりになるのではないでしょうか?

 

◆相談フォーム◆

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c36ee48d541280