昨日からのエントリーに続いております。 マヤ暦の書き方・・。
今日は2回目の ハアブの書き方です。
マニアックすぎて だれもついてこれないかも・・・(爆)

さてさて 昨日のツォルキン暦は260日で1年ですが
今日の ハアブ暦は365日で1年と数える
とても私たちに親しみのある暦です。
この暦は ツォルキン暦と併記して応用し使います。

下記のように・・・
ハアブ1
1カーバン 0ポップ  2エツナブ 1ポップ   3カワク 2ポップ

の右横についてるのが ハアブ暦です。
ハアブは20進法(0から19まで)で 次に進みます。

ハアブ2
左側は キッブまで行くと 次は カバーンに戻ります
右側は ポップ19まで行くと 次の月のウオに進むんです。

頭いたいですか??

昨日も書いたように マヤの1ヶ月は20日なんです。
その月が 18あるわけです。
で 20×18=360日・・・・・・足りないじゃん・・・・・

あとの5日は 19番目の月 ウェヤブとよばれ
不吉な5日間とされました。

では最後に 19個の月の文字を 記しておきます。
ハアブ3
ポプ→ウオ→シプ→ソッツ→セック→シュル→ヤシュキン→
モル→チェン→ヤシュ→サック→ケフ→マック→カンキン→
ムアン→パシュ→カヤブ→クムク→ウェヤブ(5日の月)


★過去記事はこちら★