見たこともない人を

刺し殺す夢を見た朝



『殺意未満』



憎んでなんかないよ

だって顔も知らないし

だけど心のどこかで

引っ掛かって傷がついた


勝手に悩んで勝手に許して

アタシたちはわがまま放題

抱き合って繋がって結局

キスの段階が一番好きだったと


一日中セックスしても

心の片隅にも滑り込めないなら

アタシは一生セカンドね

そういう宿命に生まれついたの


愛してるとか会いたいとか

彼女にだけ許された権利は

もう望んだりしないけど

友達とも呼べない微妙な距離感


便利だったから

眼鏡をかけていたから

手の届くところにあったから

他の人より優しくて冷たかったから

肌が触れた瞬間欲しいと思ってしまったから


言い訳と恋しさが目まぐるしく

アタシの周りをグルグルグルグル

だって欲しくなったら手を伸ばすでしょ

それがそんなに悪いことですか



「悪いから選ばれないんでしょ」