ネガティブ女子がコーチングとスピリチュアルを学んだら

ネガティブ女子がコーチングとスピリチュアルを学んだら

30歳で心理学やコーチングに出会い、実践6年目。(スピは2年目)引き寄せの法則を始めとした色々な理論を試して「我が道を平気で歩める心の耐性づくり」の人体実験中。その日々の雑記を綴ります。

NEW !
テーマ:
いつもありがとうございます。

「自分にとって心地よくないもの」を
どんどん手放し統合していく31日目の記事です。

以前、同級生女子6人で飲んでいた時。
B子が言ったのです。
「私やりたくないことはやらないよー
好きなことしかしないよー」


その他5人は口をあんぐり開けて
「会社で我慢の連続だわ!」
って盛り上がったけど(笑)

ああ、姫ってこういうことだなあと思ったよ。
こちらの記事に登場している子です。




最近、人生を振り返る機会があり、
それを文字にしているところなのですが。

色々と思い出して書いていたら、
気づいちゃったよ。

ワタクシ、幼少期から
基本的な行動パターンがこれ!

「やりたくないけど我慢して、やる」
「怒られるの怖いから、怒られるくらいなら我慢して、やる」


もちろん「やりたい!」って思ったものもあった。

でも、

「やりたい!って行ったからには
飽きたけど続けなくちゃ」

といって、我慢して続けてきました。

これを濃度の違いはあれど
ほぼ35年間やってきてます。

そりゃあ私、倒れるわ!!!!笑

この気づきのきっかけは、
happyちゃん音声でした。

「飽きた、は 本当の自分に向かうサイン」

という話が出ててね。

すごいびっくりしたの。

私はこれまで、自分の性格を
「飽き性」なんだと思っていたのです。

しかし、違ってたんですよ。

本当の自分に向かうサインが、
人より多いだけなんですよ。

だって、それだけ

自分<社会のルール
自分<外部評価
自分<理想の自分

だったのだもの。

本当の自分なんて多分
未だ30%くらいしか
見えてないと思う。

だってかっこよくなりたくて、
知識とか貢献とか先義後利とか
使命感とかミッションとか好きで
年収も高くしたいし
私も何者かにならなくちゃと思って
「仕事出来る人仮面」つけたくて
会社員やってるんだもん!

まだまだめちゃくちゃ
伸び代がありますね、私。

ほんと毎日毎日いろんな
気づきがある。

おもしろいな。

ちなみに私が学生時代に
従ってきた社会のルール
(パラダイムや常識、集合意識)を
いくつか挙げてみました!
ご参考までに。

学生時代
・外で運動をしている人のほうが精神衛生上良い
・習い事はすぐやめてはいけない
・友達は多い方がいい
・友達と遊ぶことが精神衛生上良い
(本当の私はインドア派でずっと絵を書いたり本を読んでいたかったんだ)
・謝っておけば全て丸くおさまる
・高校に行くためにはスポーツ部に入っておいたほうが良い(本当はパソコン部入りたかったけどテニス部入ったよ)
・ゲームをやりすぎると精神衛生上良くない
・お金は何かの対価として貰えるもの
・着たい服ではなく見映えのいい服装を
・マナーを絶対に守らなければ育ちの悪さが知れて恥ずかしいことになる
・悪いことをするとバチが当たる

他にもきっといっぱいあるんだろうね。

いやーしかしわたしたちみんな

こうした重石をいっぱい身につけて地球で遊んでるだよね( ´▽`)


なんて臨場感のあるゲームなのかしら。

お読みいただきありがとうございました!。

Ameba人気のブログ