”Black Out”

”Black Out”

Kenbo’s Blog

 

「秀逸」なモノって比較できる対象物があって始めてそう思われるし、そう認められる訳で・・・

そこに、そのアングラーの好み・スタイルと言ったコンディメントを加えて選択されている感が・・・

特にアジングロッドに関しては、そのロッドのコンセプトや作り手の背景を知る事が少しばかり必要で、その状況にマッチさせたシチュエーションだと快適に使用出来る事が多く感じます。

 

ボク自身、アジングロッドに関して言えば、まだまだ発展途上でロッドに求める基軸は何十年経っても大きくブレる事が無いですが、好みは少しずつ変化してきています。

ボトム付近を中心にリグの存在を感じながらスローにリフト&フォールさせたい事が多く、ロッドに求めるモノは操作感を前に出した性格のロッドかなぁ!?と

 

結局の所、好みで落ち着く訳で・・・・

アジングも然りですが、北は北海道南部から南は九州南部までと広く分布されていて、もちろんシチュエーションだけでも多くあります。

日本海や太平洋また瀬戸内海と海域も異なり、それぞれに特化させたコンセプトもあってもいいなぁ!?と・・・・

「瀬戸内ブランド」みたいにね。

無いモノは動くしかないかなぁ?って・・・・