老犬・重症犬のエネルギー針専門 ~わんこが笑う・飼い主も笑う~

老犬・重症犬のエネルギー針専門 ~わんこが笑う・飼い主も笑う~

周りのみんなに応援されながら、ペットと飼い主の絆を深めるお手伝いをする


テーマ:

ヒーリングで、老犬・重症犬と飼い主の残りの時間が穏やかになるお手伝いをする 

遠隔針師 なっつ デス(*´˘`*)

 

お越しいただき、ありがとうございます。

 

 

うるくの父さんが病気でお空に旅立った日、父さんの飼い主さんと共通のわん友さんと話している中で、
「自分は老犬・重傷犬専門のヒーラーなんて言ってるけど、結局なんの役にも立ててないんじゃないかな。
飼い主さんは、なんとか助かってほしいという思いで、私にヒーリングを依頼してきてくれるのに、重傷犬を扱えば、亡くなるコも多いし、かかわったコが亡くなると飼い主さんと同じように悲しみに襲われちゃうし、ぜんぜんダメダメじゃんって思う涙目

 

って、泣き言を言ったら、わん友さんが

 

『例えば癌で病院にかかっていて、手術や抗がん剤などの治療を受ければ、治る可能性があるって言われるコは望みがあるけど、うちのコのように”もうやれることはない”ってお医者さまに言われてしまったコを持つ飼い主にとっては、なっつさんのヒーリングが心のよりどころになるんだよ。ヒーリングで変化が起きたことを体験してるから、なおさら。
なっつさんには本当に感謝してるよ。』

 

って、言ってくれたんです。

それを聞いたとき、ありがたくて、、、うれしくて、、、
あのときのことを思い出すと、今でも涙があふれちゃうsao☆

わたしのしていることは、【病気のコを癒やしたい】という自己満足な思いだけで、そんなに役に立ってないんじゃないのかな、、、って思うこともあるけど、ヒーリングを受けるペットだけでなく、飼い主さんのお役にも立てているんだと知ることができました。

先日、師匠のりこさんとお話ししてるときにも、
『小雪が、死にそうだったあのとき、”なっつさんにヒーリングしてもらってるから大丈夫”という安心感があったよ』
教えてもらいました。

感激したなぁ~感激。

だって、あのりこさんにそのように思われたんですからハート
あと、「自分を過小評価しすぎ」とも言われましたが汗

凹んでも、背中を押してくれる存在がいるのが、本当にありがたい。
泣き言言ってないで、自分をもっと評価してあげて、
必要としてくれるわんこや飼い主さんが一人でもいる限り、ヒーリングでわんこと飼い主さんの残りの時間が穏やかになるお手伝いをさせていただこうと、あらためて思いました。

 

 

お読みいただき、どうもありがとうございました(*´˘`*)

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス