旅立ちのとき

テーマ:

ブログをご覧下さりありがとうございます。

ゴールドコーストにお引越しして12日

今朝は のんびりと目覚めました。

外の景色を眺めながら
ここに住めて本当に良かったな

ああ やっとここまで来れたんだなあと
しみじみとありがたさを感じられましたラブラブ

7年前のクリスマスの日に
元夫に たくさんの負債があることを
知りました

それも本人からではなく
彼の姉からの一本の
国際電話からでした

弟が私にお金を貸して欲しいと言ってきた
どうなってるの?と....

その言葉を聞いても
全く意味がわかりませんでした

膨大な額の負債がある???

元夫は
そんな態度は微塵も見せたことはなく
生活費もずっといつも通りに
入れてくれてたからです

私が鈍感だったからもしれませんが、、

その後は たくさんのドラマがあり
どうにもならない程に
なっていたので 
家を売却することにし

一緒に家を出てどこかに
小さな家を借りて住むつもりが

またしても そうもいかない事が起こり

(長いドラマなので端折ります..)


結局
負債が引き金となって
離婚する事になりました

その1ヶ月前までそんな顛末は
微塵も想像していませんでしたもやもや

もちろん元 夫との関係は
いろんな意味で 簡単ではなかったです ガーン

でもだからこそ
私は癒し という事に興味を向けて
心の勉強を始めたのです

 生まれて来た家庭 
バックグランド
生活習慣

夫婦とはいえ全く違う

でも「心 」という視点で見た時に


自分のことも
彼のことも少しずつ

その葛藤も、言動も、選択も
見えて来たことがありました

だからこそ もっと素直になろうとも思った

彼の苦しみも少し理解出来たから

それでかなり関係は良くなってた 筈...
でした

家族全員が気に入って購入し
水回りを改装し 
プロに任せると高額チャージされるから
夫婦で 壁紙剥がし 何週間も
かけてペンキ塗りもやり 
「大好きな我が家 」に住まい
それなりに幸せを感じて暮らしていました

10年以上暮らした大きな家の倉庫には
子供たちのもう使われないおもちゃや 
子供の誕生会の飾り物が
そのまま入れてありました

ひとつずつ いるもの
いらないもの

(殆どがもういらないものですが)

分けては処分

分けては 引き取り手へ 

その行程は
心が引き裂かれるほど
辛い時間でしたハートブレイク

なんでこんな事に?

朝起きた時に
一瞬  悪い夢を見てたような
錯覚を起こすこともなんどもありました

その度 起きて数分後には
これは 現実

と また心の痛みがやって来て
しまうのでしたショボーン

そんなある日
家でかたずけをしようとした途端に

突然天使からのメッセージがやって来ました

キラキラ「旅立ちの時   荷物を軽くしなさい」キラキラ

一瞬 え???
っと思ったけれど
次の瞬間には
その意味がわかりました

このことはある意味
 私のために起こったんだ

どこかで 災難 
私は 被害者 と思い込んでた 私に
意識の変換がやってきた瞬間でした

その頃もうすでに
日本でのGGGセッションは行なっていて
リピーターさんも増えて来ていて
徐々にセッションの日数も
増やし始めていました

セッションを通じて喜びの
声が聞こえてくる事に
喜びとやりがいを感じて

一度夫に私の嬉しい報告を
した事がありました

その時 彼のとった態度は

私の話など聞こえなかったように
その場から スーっと離れていったのです

「私が喜んでいることは
彼には聞きたくない事なんだな」ショボーン

後から振り返れば その頃
すでに負債が溜まり始めていたとしたら
私のそんな報告を喜べる余裕など
ある訳無いもやもや
彼からしたら 当然の
態度だったのかもしれません

その時から 
私も外で起こった嬉しい話は
お互い傷付くだけだから 
言わないと決めたのでした

キラキラ旅立ちの時キラキラ

それはまさに
私が私であることを
選択するためには

かなり 急激な変化ではありますが
完璧なタイミングでやって来たのだと
わかりました

こんな風に
大変な事態でなければ
多分 私は
ぐずぐずと
不満や葛藤を持ち続けながらも
現状維持しか
選べなかったからだと思います

覚悟を決めて
とにかく前に進む

そう思えた時です

だからって
それからは全然大丈夫..
なんてなるほど 現実は 
簡単では無いので

今までは貰えていた
生活費もゼロに

おまけに持ち家があったため 
この10年間のシドニーの家賃の高騰も
全然知りませんでした ガーン


これからどうやって生きて行けば良いのか

糸の切れた風船のように
不安定にもなり

正直 
消えたい ガーン
思ったこともあります


けれど その時

天使のメッセージ
旅立ちの時  を思い出し 

ここからのチャレンジは
自分を生きると決めました

その思いだけは今も忘れない

お腹から湧き上がる
地響きのような想いです

今でもまだまだ迷うこともありますが

今朝目覚めた時に
その時の 事を思い出し

きっとまだまだ チャレンジはありますが
ようやくここまでは
来れたなあと
感慨深く思うのでした

実はその後も試練はありましたが
それはまたいつかにおねがい

昨日お友達に連れて行って貰った邸宅からの
景色 
ゴールドコーストはスケールが大きい


敷地内で野性のカンガルーにも遭遇

シドニーから さらにゴールドコーストへと
変化を迎えた今

私ももっと スケール大きく生きるよ〜!

長くなってしまいました、、。
最後まで 読み下さりありがとうございましたラブ