しばらく、アメブロをおやすみしてしまいましたが、実は紅茶の情報サイトをコツコツ作っていました~!!

趣味だった、ホテルのアフタヌーンティー巡りの記事を中心に、紅茶の淹れ方、楽しみ方や、洋食器の紹介などもしています!

よかったら、遊びに来てくださいね~ニコニコ

コーヒー紅茶情報TeaMagazineコーヒー






最新記事はブーケ1「バラ園でピクニックティー」ブーケ1
千葉県の京成バラ園で紅茶仲間とピクニックティーをした様子をUPしていますドキドキ





ちゃんとティーカップを持っていったんですよ~アップ
こんかいのフランス旅行の目的の一つはフランスのお城を巡ること。
フランスの歴史のお勉強をしていると、歴史の舞台になったお城を実際に見てみたくなったからです。
今回の旅行では6つのお城を見に行くことにしました。

最初に行ったお城は
ルイ14世の時代に活躍した、ニコラ・フーケが建てたお城「ヴォ―・ル・ヴィコント城」です。



ヴェルサイユ宮殿のモデルともなったこの豪華なお城は
その豪華さゆえにルイ14世がやきもちをやいて、フーケを失脚させたといわれていますが
実際は、フーケを失脚させようと企んでいたコルベールが、フーケが謀反を企てていると国王に吹き込み、当時の政治の混乱をフーケのせいにしたい国王はコルベールが言っていることは違うとわかっていながら、それを信じるふりをし、フーケを失脚させたというのが本当らしいです。

このお城が出来て間もなくフーケは失脚させられたので、ほとんどこのお城には住んでいないそうです。

なんだか、フーケって可哀想ですね。


では、お城のお部屋を紹介します。

正方形の大広間



玄関を入ってすぐ左にあるのがこのお客様用の大広間
真ん中に置いてある楕円形のテーブルは大理石製。このお城が出来た時からこのお部屋にずっとあるそうです。



ミューズの間



ここは貴賓室として作られました。
天井には9人のミューズの絵が描かれているのでそう呼ばれているそう。
タピストリーは1635年に作られたものだそう。

大広間

玄関広間からすぐ奥にあるのがこの大広間
お庭にも直接出られるようになってます。

フーケが失脚しなかったら、ここで舞踏会が行われたのかな?なんて想像してしまいます。



王の寝室


王様が来るときように用意した寝室だそうです。
当時、貴族のお城にはかならず王様の寝室が作られたそうです。


フーケのベッド



王の寝室に比べるととっても狭いフーケの寝室。
でも内装はとても豪華です。


フーケ夫人の私室



上品なブルーでまとめられたとてもエレガントなお部屋。
当時はブルーを基調にしている夫人のお部屋が多かったそうです。


フーケ夫人の寝室


とても可愛らしいお部屋。右奥の扉は召使の部屋につながる扉。当時は主人と召使がとても近いところで暮らしていたんですね。



プララン公爵の寝室



ここは後のこの城の主プララン公爵の寝室です。
大きな部屋を区切って、使いやすく小さくしたそうです。
男性のお部屋なのにとても可愛らしい造りですよね。


そして、このお城、なんとドレスの貸し出しをしているのです。









お値段もとっても良心的!
今回は時間の関係で借りられなかったけど、この次はこのドレスを着て探索したいな♪
6月初旬に仲の良いお友達とフランスのお城を巡る旅をしてきました。
忘れないためにここに記録していきます。

1日目 夕食


今日は午後にパリに着いたので、観光やショッピングをせず
ゆっくりお食事をしようということに。

初日のディナーは
リヨン駅に直結しているレストラン「ル・トラン・ブルー」
1900年のパリ万博の時にできたお店なので
100年以上の歴史があるレストランです。


入口はこんな感じです。







内装も重厚でゴージャス




お料理は









とっても美味しかったです。


デザートも食べたかったのですが、もうお腹がいっぱいだったので
プチガトーがついているというお茶だけにしました。

それがこちらです。




結構、しっかりとしたデザートになっていますね。

そして、衝撃だったのがコチラ



ティーバックの大きさと無造作さにびっくり

そして、そして、またびっくりだったのですが

これ、緑茶だったのです。。。

てっきり紅茶だと思っていたので2度びっくりでした!


スイーツオトメゆかりーぬ


先日、目黒区駒場にある「前田侯爵邸」へ行ってきました。

あの前田利家の子孫が昭和の初めに建てた
チューダー様式の立派なお屋敷です!!!

中に入ると、内装のゴージャスさにびっくりしてしまいました
大きな大理石の柱があったり、装飾はいたるところにされているし
とっても素晴らしいお屋敷でした。

あとで、調べたら、当時、東洋一の大邸宅と言われてたそうです。

前田家ってほんとすごいですね。



スイーツオトメゆかりーぬ
食堂



スイーツオトメゆかりーぬ
階段室

この階段の上の2階のホールも装飾が素晴らしかった!


スイーツオトメゆかりーぬ
マスターベッドルーム①


スイーツオトメゆかりーぬ
マスターベッドルーム②


スイーツオトメゆかりーぬ

暖炉もゴージャス!!!




他にも長女の部屋、次女の部屋、三女の部屋、三男の部屋がありました。



スイーツオトメゆかりーぬ スイーツオトメゆかりーぬ




長女の部屋はとっても広くて立派
次女の部屋はその隣の小さな部屋
三女の部屋は次女よりちょっと広い部屋しかも大きな部屋につながっているの
三男の部屋は三女の部屋と同じくらいの広さだけど、絨毯がここだけ赤



なぜ長男、次男の部屋はないのか
なぜ、次女の部屋はせまいのか
もう???がいっぱいだったから妄想もいっぱいできちゃいました。

きっと次女は甘えんぼだったから、狭くてもお母様のお部屋の隣がよかったのよ!とか
長男、次男は和館のほうにお部屋があったのかも!とか
三女の部屋の隣はめちゃくちゃひろいウォーキングクローゼットだったのかもとか

妄想ワールド炸裂です。


ちなみに、自分が住む部屋も決めてきました。

三男の部屋の隣の小さな角部屋です。


スイーツオトメゆかりーぬ

狭い部屋のほうが落ち着く私は小市民です。






先日、迎賓館の見学をしてきました。
迎賓館の参観は年に1回、
それも、事前に応募して当選しないと観に行けないのです。

今年はなんとか当選したので、観に行くことが出来ました。

ちなみに、母の分も応募したのですが、こちらは当選しませんでした。

スイーツオトメゆかりーぬ


とてもお天気だったので、迎賓館がとても美しいです!


※館内は写真撮影禁止だったので、
公式HPのお写真をお借りしました。




スイーツオトメゆかりーぬ
彩鸞の間(さいらん の ま)

ナポレオン時代の帝政様式なので
威厳があってゴージャスな感じでした。
これでもかってくらい、金ピカでした。
部屋を見渡して、妄想にふけっていると、日本じゃなくヨーロッパ旅行をしている気分になるのですが壁の装飾の中に日本の戦国時代の兜や甲冑がでてきたりして、「あ、日本だった」と現実に引き戻されました。
日本にも宮殿があるって不思議だけど、とっても嬉しいものですね。

常時参観できる洋館はたくさんあるけど、宮殿って言えるほどの建物で参観できる建物って他にあるのでしょうか?
一般人でも参観できる宮殿レベルの建物をご存知の方、ぜひ教えてください!



スイーツオトメゆかりーぬ
花鳥の間(かちょう の ま)

ここはメインダイニングとして使われるので
落ち着いた雰囲気にしてあるそうです。
部屋の端っこはあかりもあまり届かなくて、教会のような雰囲気。
とっても落ち着く感じでした。

また、使用されるディナーセットも展示してありました。
えんじ色に縁どられ、中央には植物や果物の絵が描かれているものでした。
大倉陶園のディナーセットで、迎賓館には150セットあるとのこと!!!

スイーツオトメゆかりーぬ

写真は2006年のテーブルウェアフェスティバルに出ていた同じセットのもの


スイーツオトメゆかりーぬ

中央階段(ちゅうおうかいだん)と二階大ホール

ここは、大理石の柱が素晴らしいそうです。
イタリア産の大理石の柱が8本。
今では採掘できないほどの大きさのものだとか


朝日の間(あさひ の ま)

スイーツオトメゆかりーぬ

そのホールの奥がこの朝日の間です。
こちらのお部屋にも立派な大理石の柱が16本もありました。
こちらの柱はノルウェー産のローズ色の大理石でこちらも大変貴重なものだそうです。
そして、こちらの柱は壁からちょっと離れて立っています。
西洋では、柱が壁から離れているのは、格式が高い証だそうです。
また、この部屋はほかの部屋と違い、絨毯が敷いてありました。
西洋では、絨毯が敷いてあるお部屋は格式の高いお部屋だそうです。
ということで、このお部屋は迎賓館のなかでは一番格式が高い部屋となっているそうです。



スイーツオトメゆかりーぬ

羽衣の間(はごろも の ま)
こちらは、最初の彩鸞の間と同じような帝政様式でした。
また、中二階にオーケストラボックスがあることから、ここは舞踏会用に作られた部屋ということがわかります。

スイーツオトメゆかりーぬ

でも実際は舞踏会は数回しか開かれなかったようです。もったいない!
また、この部屋のシャンデリアは迎賓館のなかで最もゴージャスなものらしいです。
およそ、700個のパーツからつくられおり、高さは3メートル、重さは800kgもあるそうです!
それが、3つもあるのですから、迎賓館の天井ってとっても丈夫なんですね!
個人的にはこのお部屋が一番好みでした!中二階ってめちゃめちゃそそられます!

このお部屋で館内参観は終わり。
次はお庭に案内されました。

※こちらはお写真OKだったので自分で撮影した写真です。


スイーツオトメゆかりーぬ


この噴水、なんと国宝だそうです。
パリのコンコルド広場の噴水とよく似ていました。
こちらは、グリフォンの彫像でした。
グリフォンは王家を表しているそうです。


スイーツオトメゆかりーぬ

そして、迎賓館の屋根の五七の桐(天皇家の家紋の一種)の上にそびえたっている
鸞(らん)は鳳凰の子供で、皇太子を表しているそうです。
ゆえにこの館は皇太子のものですよということを表しているそうです。

たっぷり、2時間弱迎賓館を堪能した後は、お庭のショップでお買いもの♪
余韻を楽しみたいので、小さな写真集を買って帰りました!
お値段なんと500円!良心的でございます。

次はいつになるかわからないけど、また絶対行きたいです!