六本木にある最先端の再生医療・がん治療・幹細胞・医療痩身・美容専門クリニック
  • 04Dec
    • オゾン療法とは?の画像

      オゾン療法とは?

      オゾンとは?医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル総合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル総合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。オゾンとはO₃と呼ばれるもの。酸素が3個結合している。非常に不安定で、酸素より高いエネルギーをもっているため、体内の活性酸素を奪い、毒素を無毒化することができます。ヨーロッパでは保険が適応されており、様々な疾患の治療方法として活用されています。オゾン療法の効果オゾンが血液と混ざると、赤血球、白血球、血小板に働きかけます。赤血球は体のすみずみまで酸素を供給しやすい状態になり、白血球は免疫力を向上させ、血小板は血液をサラサラにします。それらの働きにより様々な効果が期待できます。多くの施設では200ml程度の血液を採取、オゾンを入れ身体へ戻しますが、当院では1000mlの血液に対してオゾン化するため、効果がかなり高く得ることができます。また、オゾン療法がヨーロッパで始められてから大きな副作用の報告は現在までないため、体に負担のかからない、信頼のできる治療方法の1つとも言えます。体内の酸素化特に普段酸素が行き渡らない虚血部位の酸素化が期待できます。赤血球の運搬能力が上がり、体のすみずみまで酸素が届くようになりますので、代謝の活性化につながります。また、局所の血流を改善することで、消炎や鎮痛効果が表れます。実際に期待される効果•代謝アップによるダイエット効果•慢性関節リュウマチや頚椎捻挫(むち打ち)、腰痛の症状改善・血液循環の改善・血液の流動性が改善されるため末梢循環が改善されます。•肩こりや慢性疲労・冷え性などの体質改善•動脈硬化に起因する脳血管疾患に対する循環改善•狭心症や心筋梗塞等の冠動脈疾患に対する循環改善•糖尿病性末梢神経障害や下肢静脈瘤の症状改善免疫機能の向上オゾンが白血球と反応すると、インターフェロン(抗ウイルス作用)などのサイトカインの放出が行われ、様々な病気に関する免疫力が向上します。【実際に期待される効果】•アトピー性皮膚炎や気管支喘息、花粉症などへの抗アレルギー作用•がん・悪性リンパ腫・白血病への免疫力向上•肝炎・HIV・インフルエンザウイルスの除去効果•真菌感染症、ヘルペス、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)エイジングケア効果細胞を活性化し、細胞内ATP(筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質)を上昇させることや、SOD(活性酸素を除去する力を持つ酵素)などの抗酸化力を上昇させる効果があり、エイジングケアの効果が期待できます。特に活性酸素は、肌細胞を傷つけてコラーゲンを生成する働きを低下させることにより、シワの原因となるほか、表皮のメラノサイトを攻撃することにより、メラニンの量が増えてシミの原因にもなるため、お肌の老化の大きな要素のひとつです。この活性酸素を除去するSODの抗酸化力向上は、エイジングケアに欠かせない効果です。実際に期待される効果•細胞の若返り・活性酸素の減少(抗酸化力アップ)•ATP上昇によるダイエット効果詳しくは;医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックまで、お問合せください。03-3401-0720info@drandy.com

    • がんは何?の画像

      がんは何?

      がんは何?医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル総合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル総合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。がんとはがんの起源がん細胞がうまれた起源は約5億5千年前と言われています。地球上において、初めは単細胞生物しか存在していませんでした。やがて「単細胞生物」から「多細胞生物」が誕生し、細胞分裂を繰り返すしくみを獲得しました。この頃からがんが生まれたと考えられています。  多細胞生物は、高度に進化してきた代償として、がん細胞の分裂するというシステムもに手に入れてしまったという訳です。がんの正体とは  「がん」と聞くと、何かすごく悪い菌やウイルスが体に入ってきて、増殖していき、痛くなるのではないか?と思われている人もいるかも知れません。ところが、そのような機序ではなく、一部のものでは、ウィルスが関係しているものもありますが、がん自体の痛みも殆どないのです。人間の体というのは約37億個の細胞から造られていて、古くなった細胞は壊され、新しい細胞へと入れ替わっています。この時に働くのがプロトガン遺伝子です。  そもそも「がん遺伝子」とは、正常な細胞が増殖する過程でコントロールを失ってしまった遺伝子であり、この「がん遺伝子」の元となる「プロトガン遺伝子」は、私達人間が皆、平等に持っているものなのです。そして、驚くべきことに私たちの体内では、毎日この「がん細胞」が数百~数千という数できているというのです。ではなぜ、がんになる人とがんにならない人がいるのでしょうか。私たちの体は「免疫」という体を守ってくれる防御システムを持っています。私たちが寝ている間に免疫システムが作動し、悪い細胞を攻撃します。このシステムで重要なのは血液です。血液には血漿(けっしょう)という液体成分の中に酸素を運ぶ役割をもつ「赤血球」、出血時に血を固まらせ出血を止める役割をもつ「血小板」そして「白血球」の三種類の固体成分があります。この中で免疫力を担っているのが「白血球」です。白血球には、元々侵入してきた異物を飲み込んで、消化する働きがあります。その基本は「マクロファージ」と呼ばれるものです。私たちの体の中に細菌やウィルスなどの異物が侵入すると、まず偵察隊である樹状細胞がその場に駆けつけ、その異物をT細胞に教えます。T細胞はそれが敵なのか、味方なのかを判断します。いわば司令塔の役割を果たしているのです。そしてその異物を攻撃対象だと判断した場合、マクロファージが異物を食べて分解したり、異常細胞を処理する役割を果たしてくれるのです。次に異物に対する防御の効率を良くするために、機能が分化して出来たのが、「顆粒球」と「リンパ球」です。このうち、マクロファージが異物を飲み込んで消化する力をさらにパワーアップしたものが「顆粒球」です。体の中に侵入してくる異物にも様々な大きさがありますが、顆粒球はその中でも比較的大きなものを処理する働きがあります。それに対して細菌よりも小さい異物(ウィルスなど)を処理するのが「リンパ球」です。この免疫力を発揮する上で、重要であり、注意しなければいけないのは「体温」です。平熱が35度台(低体温)の人は、免疫力が低下しているというサインです。そういう場合は、適度な運動やお風呂(温泉)などで体温を上げるよう心がけることが、免疫力アップには効果的な方法です。この一連の免疫細胞が働いてくれているおかげで、細菌やウイルスの中に入ったとしても体外に排出されます。このように、私たち人間の体に本来備わっている「自然治癒力・免疫力」があります。さらに、がんに罹患している場合は、免疫力はかなり低下します。しかし、上記の細胞の力を最大限使うために、現代の医療では、自身の脂肪組織からがんを攻撃する細胞を取り出し、増殖させて身体に戻すことでがん細胞に打ち勝つ治療もしています。詳しくは;医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックまで、お問合せください。03-3401-0720info@drandy.com

    • PD-L1とは?の画像

      PD-L1とは?

      医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル総合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル総合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。PD-L1とは?人間の身体は、「免疫」によって守られています。免疫は、体にとって有害な病原体や異常細胞を監視し、攻撃や排除をします。ところが、こうした免疫に守られているにもかかわらず、私たちはがんになることがあります。体内でがん細胞が増殖して、進行性のがんと診断される人も少なくありません。いったいなぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?免疫細胞はがん細胞を攻撃する力をもっていますが、攻撃されるがん細胞も無抵抗ではなく、免疫の攻撃を回避するような動きをすることが分かってきました。このようながん細胞の免疫に対する「抵抗」、つまり、がん細胞が自身を守ろうとする仕組みを「がん免疫逃避機構」と呼びます。これによって免疫細胞が正常に働かなくなることが、最近の研究で明らかになってきました。それが、がん発症の引き金となることもあります。通常、免疫の司令塔である。「樹状細胞」ががんを発見すると、攻撃を担当する「T細胞」にがんの特徴を伝えて攻撃の信号を出します。T細胞はその司令により、多大な細胞の中から、がん細胞と特定し攻撃します。しかし、がん細胞はT細胞に対して攻撃を抑える信号を送ることができるのです。そのため、身体の免疫機序が正常に働かなくなってしまいます。人間の体内にはこのような、がん細胞が免疫力を抑え込む仕組みが複数あるとされています。その中でも近年注目されているのが、「PD-1/PD-L1経路」です。T細胞ががん細胞を攻撃しようとしても、T細胞に発現する「PD-1」という物質と、がん細胞に発現する「PD-L1」という物質が結び付くとT細胞は攻撃をやめてしまうのです。そこで最近行われているのが、がんの免疫逃避機構を阻止する薬剤の研究開発で、「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれています。「PD-1/PD-L1経路」に有効とされるのが、「抗PD-1抗体」や「抗PD-L1抗体」です。「この薬剤をがん患者さんに投与すると、がんは自己防衛力を失い、免疫細胞が正常に機能すると言われています」この免疫力を活用して、がんの発症や進行を阻止する免疫細胞治療が注目されています。次に、薬剤の効く人と効かない人の要因を特定することが重要な課題です。どんなタイプの人に効きやすいのか、それが明らかになれば、より効率的な投与が行えるからです。例えば、がん細胞が出すPD-L1の発現量には個人差があります。これまではPD-L1の発現量の多い人のほうが、少ない人に比べて薬剤の効きが良いとされていました。ところが、最近になってPD-L1の発現量が少ない患者さんの中にも、薬剤による効果の高い人がいるとの報告も出てきており、まだ確実な選別法とはいえないのかもしれません。また、がん細胞がT細胞の働きを妨害する経路は、PD-1/PD-L1経路の他にも複数あると予想され、それらを明らかにしていく必要もあります。そして、もう一つ欠かせない取り組みは、抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体の薬剤投与を別の治療法と併用して行うことです。例えば既存の抗がん剤などと組み合わせることで、より高い効果が期待できるかもしれないうえ、効果的な投与時期も導き出されるでしょう。その他、患者さんの免疫細胞を体外で活性化させてから体に戻す「免疫細胞治療」との組み合わせでは、免疫細胞の攻撃力を強化する治療と、がんによる免疫への妨害を阻止する薬剤の併用により、大きな相乗効果が得られると言われています詳しくは;医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックまで、お問合せください。03-3401-0720info@drandy.com

    • がん幹細胞は怖いの画像

      がん幹細胞は怖い

      がん幹細胞は怖い医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル総合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル総合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。がん幹細胞はなぜ怖いのか?がん細胞は、正常な細胞と比較すると、高い増殖力、細胞の不死化(細胞分裂の回数に制限がない)、周辺組織への浸潤や体内の離れた部位への転移、という3つの大きな特徴を持っています。しかし、がん細胞を構成しているがん細胞のすべてが、これらの特徴を兼ね備えているわけではないのです。実際にこれらの特徴を併せ持ち、ヒトや動物にがんを生じさせたり、進行させる能力があるものは、全体のごく一部の細胞と限られています。これをがん幹細胞といいます。一般的な細胞やがん細胞は、長い間生存しながら自分と同じ細胞に分裂する能力をもっており、その組織の成熟細胞へと分化する力、そして分化の最終段階に到達する終末分化能をもっています。これは、最終的に分化した細胞は、細胞死(アポトーシス)をして、細胞としての人生を終えますが、がん幹細胞は細胞死がないため、がん幹細胞が存在している限り、がん幹細胞はずっと、がん細胞を産生することが可能となります。また、一般的な抗がん剤による治療では、固形腫瘍を小さくさせることが治療の方針となっています。それは腫瘍の大部分を占めるがん幹細胞以外のがん細胞を標的としている可能性があります。また、一部のがん幹細胞の中には、抗がん剤の薬剤耐性を獲得している幹細胞があることも指摘されています。治療により、がん細胞を除去することができても、ごく少数のがん幹細胞が生き残っている限り、再発は起こりうることになります。詳しくは;医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックまで、お問合せください。03-3401-0720info@drandy.com

  • 12Oct
    • 抗がん薬について、教えてください。の画像

      抗がん薬について、教えてください。

      医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル総合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル総合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。各種抗がん薬について、下記のものはあります。1 殺細胞性抗がん剤A.アルキル化薬、抗生物質 アルキル基はがん細胞などのDNAに結合しDNAの複製を阻害する作用をあらわします。またアルキル基が結合した状態で細胞が分裂や増殖を続けようとするとDNAの破壊がおこり細胞が死んでしまうため、これらの作用により本剤は抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬となる。本剤は薬剤がもつ化学構造や作用などによってナイトロジェンマスタード類(シクロホスファミドなど)やニトロソウレア類(ニムスチンなど)などに分かれます。B.プラチナ製剤貴金属のプラチナを使った抗がん剤。白金製剤とも呼ばれています。プラチナ製剤のメカニズムはアルキル化剤とよく似ていて、DNAのコピーを阻害したり、がん細胞を死に追いやる仕組みを持っています。プラチナ製剤の元祖はシスプラチンという薬剤で数十年前に開発されました。その後、副作用が少ないカルボプラチンやネダプラチンといった薬剤が開発されていますが、今でもプラチナ製剤の代表的な薬剤と言えばシスプラチンです。単独使用のほか、他の抗がん剤との併用にも使われています。※プラチナ製剤の大きな特徴は、固形がんだけでなく「白血球や血液系のがん」にも有効である点と、細胞分裂が起こっているとき・起こっていないときの両方で効果を発揮するという点です。さらに、フルオロウラシルなどの他の治療薬の効果を高める働きがあることも分かっていて、抗がん剤の効果を高める「増感薬」として使用されることもあります。C.代謝拮抗薬がん細胞が分裂・増殖する際に、核酸の材料となる物質と科学的構造が似ている物質でDNAの合成を妨げ、がん細胞の代謝を阻害して、増殖を抑制する抗がん剤です。細胞分裂の過程では、たんぱく質などの材料が必要になります。代謝拮抗剤は、主としてDNA合成に必要な酵素の働きを阻害することにより、DNA合成ができなくなるようにして、がん細胞の増殖を抑えます。ほかの薬と組み合わせることで効果が増強されることがよく知られています。代表的なのはフルオロウラシルや、カペシタビン。D.トポイソメラーゼ阻害薬本剤は主にがん細胞などの増殖が活発な細胞においてDNA複製に必要なトポイソメラーゼI又はIIを阻害し、異常な細胞増殖を抑えることでがん細胞を殺す殺細胞性抗がん薬となる。トポイソメラーゼIはDNAの2重らせん構造のうち1本を切断し再結合に関与する。トポイソメラーゼIIは2重らせん構造の両方を切断し再結合に関与する。本剤は薬剤によってそれぞれトポイソメラーゼIに作用するもの、トポイソメラーゼIIに作用するものに分かれるE.微小管阻害薬細胞増殖は細胞の分裂によっておこりますが、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質があります。細胞分裂の中期くらいまでは微小管同士が束になって(重合して)いる状態ですが、分裂の後半になると微小管がばらばらに解離(脱重合)する必要があるため、本剤は細胞分裂に重要な役割を果たす微小管の重合を促進し(脱重合を阻害し)微小管の安定化・過剰形成を引き起こすことにより、細胞分裂を阻害して抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬(細胞障害性抗がん剤)となります。2、内分泌療法薬ホルモン療法は内分泌療法とも呼ばれ、体内のホルモン分泌を抑制したり、ホルモンの効果を抑えたり、拮抗する働きのホルモンを投与したりする治療法です。前立腺がんの多くはアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの影響を受けており、男性ホルモンが多いほどより増殖する傾向にあります。逆に、男性ホルモンの働きが抑えられると、前立腺がんの細胞は増殖をやめたり、死滅したりします。このようなホルモンの影響を受ける前立腺がんを「ホルモン依存性」と呼びます。つまり、ホルモン療法は前立腺がんを増殖させる男性ホルモンの働きを抑えることを目的としています。ただし、ホルモン療法だけで根治させることは難しく、根治を目的とした手術を行うまでの間、癌細胞の増殖を抑える目的で行ったりします。詳しくは、医療法人社団悠健康ドクターアンディーズクリニックまでお問合せください。03-3401-0720info@drandy.com

  • 21Feb
    • 作家ドクターアンディ先生のお話の画像

      作家ドクターアンディ先生のお話

      今回は、くだけた話題でも。当クリニックの院長であるアンディ先生は、以前、けっこう本を書いております! そのほとんどは美容の本ですが、その中の一つに「で愛 ふれ愛 たすけ愛」という題名の著作本があり、アンディ先生のお人柄がよく伝わる内容になっています。数えきれないほどの多くの人の善意と奉仕によって支えられてきたアンディ先生は、自身もその恩返しをするかのごとく奉仕精神にあふれています。その著作本の中でアンディ先生が座右の銘と書いている、アメリカ、エドワード・エヴァレットの下記の言葉があります。I am only one,But still I am one.I cannot do everything,But still I can do something;And because I cannot do everythingI will not refuse to do the something that I can do.私たちは小さな存在でしかありませんが、それでも私たちは存在しています。私たちは何もかもをすることはできませんが、何かをすることはできます。だから、何もかもをすることができないからといって、できることまでも拒否することはしません」奉仕活動においては「ささやかであってもできることからやる」という大切さをアンディ先生は語っています。この本を書かれたときから20年ほどの月日が経っていますが、アンディ先生の心根はお変わりないことでしょう。なお、現在、この本は絶版になっていますので、どうぞクリニックに読みに来てくださいませ

  • 18Jan
    • メソセラピーキャンペーン中!先着10名様に高濃度ビタミンC点滴は一回無料の画像

      メソセラピーキャンペーン中!先着10名様に高濃度ビタミンC点滴は一回無料

      今なら、全身メソセラピーか幹細胞培養上清治療を希望された方には、高濃度ビタミンC点滴を1回無料でプレゼントいたします。高濃度ビタミンC点滴は、1本¥32,400(税込)ですので、大変お得です。ビタミンCは抗酸化作用が強く、美肌や美白作用、抗にきび作用など女性のアンチエイジングに大変有効な成分とされています。しかし、ビタミンCの効能はそれ以外にも、現代のストレス社会で抱えがちな体の悩みを解決してくれる効果があります。 ドクターアンディーズクリニックでは、ビタミンCの点滴療法を行っております。■美肌・美白を望んでいる。■最近小じわが増えて若返りたい。■ニキビができやすく肌荒れもする。■慢性の疲労がとれない。■風邪を引きやすいなど感染しやすい。■喫煙の量が多く止められない。■アルコール量が多い。■外回りの仕事が多く日に焼ける■運動が好きでスポーツクラブに良く行く。■がん家系で自分も心配。なお、高濃度ビタミンC点滴を受けるには、検査が必要となります。詳しくは当クリニックにお尋ねください。◆お問い合わせ&予約はこちらフォームからhttp://www.drandy.com/cgi-bin/contact_new/f.cgi

  • 04Jan
    • メソセラピ―(脂肪溶解注射)コース ~新春キャンペーン中~の画像

      メソセラピ―(脂肪溶解注射)コース ~新春キャンペーン中~

      みなさま 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。お正月休みで太ってしまった体を整えるべく、当院のメソセラピ―コースはいかがでしょうか。大切な日のために今すぐ痩せたいという「駆け込み痩身」も可能です。ただいま新春キャンペーンを実施中です。☆新春クリスマスキャンペーン実施中☆http://www.drandy.com/campaign/campaign.html#cam02全身メソセラピーコースですと、小顔輪郭注射メソセラピー1回と、メディカル水素酸化吸入もサービスでつきますので、大変お得になっております。また当院のメソセラピーコースの特徴は、治療が1ケ月以内で終了し、リバウンドやバストサイズダウンのないことです。Dr. アンディが北米研究所で独自で開発したメソセラピーカクテルを使用した全3回分の脂肪溶解注射に加え、4種類のメディカルサプリが2ケ月分(一つは1ケ月分)処方されます。アミノ酸複合体であるメディカルサプリは神経伝達物質を整え、暴飲暴食や偏食を防いで体重10%減が期待できます。また、脂肪溶解注射の薬剤には美白成分が含まれているので、全身美白も可能です。当院のメソセラピーは、脂肪吸引された方で体のでこぼこが気になる方、セルライトでお悩みの方、痩せにくい二の腕や太ももの張りでお悩みの方にも効果的です。腫れや痛みについては、若干個人差がございます。お電話、LINE、メールフォームよりいつでもお問い合わせください。■メール予約・お問い合わせhttp://www.drandy.com/cgi-bin/contact_new/f.cgi

  • 03Dec
    • 幹細胞培養上清治療・治療費20%Off キャンペーン中の画像

      幹細胞培養上清治療・治療費20%Off キャンペーン中

      幹細胞培養上清とは、幹細胞を培養した培養液の上澄みのことを言います。その上澄み液には、サイトカインと呼ばれるたんぱく質が含まれています。サイトカインは、細胞間の情報を伝達する役割を持っていて、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復する能力を持っていることが知られています。サイトカインは、老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、幹細胞培養上清治療は、下記のような効果が期待される治療法です。しわ改善防止効果たるみ改善防止効果アンチエイジング薄毛改善慢性疼痛改善…etc.当院の幹細胞培養上清治療について●対象治療者1)本人の同意能力があり、本人により同意が得られる方2)年齢の制限はありませんが、本人が未成年の場合は代諾者による同意を得られる方3)問診、検査等により、担当医師が適格性を認めた方(生命にかかわるような明らかな重篤な疾患は原則対象となりません)その他、選定基準、除外基準がありますので、詳しくはクリニックへお問い合わせください。 ●治療時間静脈内への全身投与(点滴)の場合:40分~60分局所注射の場合:20分~30分●費用静脈内への全身投与(点滴)の場合:100万円(消費税別途)~局所注射の場合:6万円(消費税別途)〜/1箇所当り●治療等のリスク・副作用難聴、めまい、耳鳴り、腎障害 、低血糖、感染症、その他(アナフィラキシー反応〈冷汗、吐気、 嘔吐、腹痛、呼吸困難、血圧低下〉、穿刺部の痛み、内出血、神経障害)詳しくはこちら。https://soukiganhakken.jp/lp/baiyoujyousei/

    • メソセラピー メディカルダイエットコース☆クリスマスキャンペーン中の画像

      メソセラピー メディカルダイエットコース☆クリスマスキャンペーン中

      12月に入り、今年もあと1ケ月となりました。すっかり寒くなり、体の露出も減る季節ですが、クリスマスの彼氏とのデートのために、脂肪溶解注射(メソセラピー)でボディを整えるのはいかがですか。大切な日のために今すぐ痩せたいという「駆け込み痩身」も可能です。ただいまクリスマスキャンペーンを実施中です。☆クリスマスキャンペーン☆http://www.drandy.com/campaign/campaign.html#cam02全身メソセラピーコースですと、小顔輪郭注射メソセラピー1回と、メディカル水素酸化吸入もサービスでつきますので、大変お得になっております。また当院のメソセラピーコースの特徴は、Dr. アンディが北米研究所で独自で開発したメソセラピーカクテルを使用した全3回分の脂肪溶解注射に加え、4種類のメディカルサプリが2ケ月分(一つは1ケ月分)処方されます。アミノ酸複合体であるメディカルサプリは神経伝達物質を整え、暴飲暴食や偏食を防いで体重10%減が期待できます。また、脂肪溶解注射の薬剤には美白成分が含まれているので、全身美白も可能です。脂肪吸引された方で体のでこぼこが気になる方、セルライトでお悩みの方、痩せにくい二の腕や太ももの張りでお悩みの方にも効果的です。腫れや痛みについては、若干個人差がございます。お電話、LINE、メールフォームよりいつでもお問い合わせください。■メール予約・お問い合わせhttp://www.drandy.com/cgi-bin/contact_new/f.cgi

  • 15Oct
    • 幹細胞培養上清治療についての画像

      幹細胞培養上清治療について

      私は、医療法人社団ドクターアンディーズクリニックのカウンセラー、徳山と申します。最近、幹細胞培養上清液について、患者様からのお問い合わせは多く、そのニーズに合わせて、下記をまとめてみました。より詳しくは、クリニックまで、お問い合わせください。脂肪由来間葉系幹細胞培養上清治療とは幹細胞を培養した培養液の上澄みを培養上清といい、何百種類もの成長因子が含まれています。幹細胞を培養すると、500種類以上のタンパク質を含む成分が分泌され、その分泌液の中にはサイトカインという細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれています。サイトカインは体内の損傷や老化による傷ついた組織や細胞の機能を回復する働きがあるので、よって培養上清治療は、抗酸化作用、創傷治癒効果、シワ改善防止効果など美容、毛髪再生、動脈硬化予防、糖尿病予防、慢性疼痛改善などに効果が期待されています。培養上清液に含まれるタンパク質の効果皮膚への効果・・シワ予防や解消、健康な肌色にし滑らかにする。また傷口の回復。毛髪への効果・・発毛、育毛促進。毛根を刺激し、髪の毛を強くする。関節への効果・・炎症を抑え、傷ついた細胞の機能を回復。骨膜などの再生。培養上清治療方法の種類・注射  効果を得たい部位に培養上清液を注射・点滴  動脈硬化症の進展予防や慢性疼痛の緩和・塗布治療対象者 1)本人の同意能力があり、本人により同意が得られる方 2)年齢の制限はありませんが、本人が未成年の場合は代諾者による同意を得られる方 3)問診、検査等により、担当医師が適格性を認めた方(生命にかかわるような明らかな重篤な疾患は原則対象となりません) その他、選定基準、除外基準がありますので、詳しくはクリニックへお問い合わせください。副反応についてどのお薬でも副作用の可能性があるように、培養上清液の投与でも副作用の可能性は否定できません。具体的には低血糖の可能性が高いため投与前に血糖測定を行います。詳細は治療前に医師よりご説明させていただきます。また薬服用中でも多くの場合は治療が受けられますので、そちらも医師にご相談ください。培養上清の安全性について医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックで扱う培養上清は、組織の受入から品質管理に至る工程において厳格に管理されております。感染症およびウィルス試験の実施。生物由来原料基準に適合した原料を用いて調製。再生医療等製品に向けた技術開発から生まれた技術。これらの安全な培養上清を利用した治療法をご提供します。治療時間 静脈内への全身投与(点滴)の場合: 40分~60分 局所注射の場合: 20分~30分 費用 静脈内への全身投与(点滴)の場合: 100万円(消費税別途)~ 局所注射の場合:6万円(消費税別途)〜/1箇所あたり 治療等のリスク難聴、めまい、耳鳴り、腎障害 、低血糖、感染症、その他(アナフィラキシー反応〈冷汗、吐気、嘔吐、腹痛、呼吸困難、血圧低下〉、穿刺部の痛み、内出血、神経障害) 治療までの流れ 培養上清治療を行うにあたって、治療の目的、安全性やリスク、そして効果について綿密に医師よりご説明します。患者さまと医師、両者の合意があって初めて、培養上清治療は行われます。 ※治療有効性および安全性確認のための事前検査 事前検査(院内・血液)を受けていただく場合あり。患者様と医師、両者の合意があれば、治療目的に応じて、培養上清治療を行います。治療後は、予後検査を行うため、患者さまにご来院いただく場合があります。(フォローアップ検診)培養上清治療における有効性、安全性などを確認いたします。予約方法ご予約はお電話にて受け付けております。診察時間内にクリニックまでご連絡ください。 診療時間:月曜~土曜日10時~19時 休診日:日曜日詳しくは下記へお問い合わせください。

  • 28Sep
    • 幹細胞と糖尿病

      こんにちはドクターアンディーズクリニックの澤本です。病気やケガの治療治癒を目的とした再生医療や美容の分野で最も注目を浴びている幹細胞ですが糖尿病治療にも注目されています。投与した幹細胞が糖尿病の症状を改善する仕組みについては、まだ詳しく分かっていないようですが、イメージとしては有効性が想像できますよね。2017年9月に、日本で初めて、「糖尿病治療を対象とした再生医療」の提供計画が、特定認定再生医療等委員会で承認されたそうです。もちろん、臨床研究データ等の検証を含めての承認でしょうから、事実として効果が認められたということになります。2型糖尿病はゆっくりと進行・悪化する病気です。最初は食事療法・運動療法で血糖を良好に保つことができても、多くは年数を経るうちに悪化し、内服薬やインスリン注射が必要になることも少なくありません。これまでの治療法では2型糖尿病の進行を遅らせるだけでしたが、再生医療(幹細胞治療)により「改善」「治療」が可能になったのは、まさに画期的なイノベーションと言えるでしょう。

  • 26Sep
    • 幹細胞の糖尿治療

      こんにちはドクターアンディーズクリニックの澤本です。年々増える糖尿病と幹細胞の治療を書いてみました。糖尿病の治療法は症状によっても異なりますが、何らかの原因によりインスリンを分泌する膵島β細胞が破壊されることにより発症するⅠ型糖尿病の場合はインスリン注射が主な治療法となります。しかし、インスリン注射では定期的に継続して行う必要があり、患者様にとっても負担の大きな治療法です。さらに、インスリン注射では症状は一時的に改善するものの、破壊された膵島β細胞を回復することはできず、糖尿病を根治することはできません。また肥満や生活習慣に原因があるⅡ型糖尿病の場合は、食事療法や運動療法による生活改善、血糖値を下げる薬剤やインスリンの分泌を増加させる薬剤を服用する薬剤療法、症状によってはインスリン注射による治療法があります。しかしながらこれらの治療法は糖尿病の症状の進行を抑える効果は期待できるものの、根本的な原因を解決する治療法ではありません。幹細胞を投与することで糖尿病により損傷や機能不全がみられる膵島β細胞を修復、機能回復する効果や脂肪由来幹細胞から分泌される炎症を抑制する物質の働きにより糖尿病に伴う炎症を抑制する効果により、糖尿病の症状を根本的に改善できる可能性があります。https://soukiganhakken.jp/category/new/

  • 20Sep
    • 手の甲に浮き出た血管は静脈です。の画像

      手の甲に浮き出た血管は静脈です。

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニック澤本です。ドクターアンディーズクリニックでの人気メニューにハンドベインがあります。ハンドベインは加齢とともに浮き出てきた手の甲の毛管に薬を入れて目立たなくする方法です。下記のような悩みをお持ちの方にお勧めです。手の甲の青い血管が目立ち男性の手のようで嫌夏に素足でサンダルを履くと、足の甲の血管が目立ってしまっている。接客業をしているのでお客様に手をみられる機会が多く、少しでも綺麗な手にしたい。レーザー治療が合わなかった方少ないダウンタイムが希望の方日常生活に支障をきたすと困る方http://www.drandy.com/index.html

  • 06Sep
    • 小顔脂肪溶解メソセラピーの術後はの画像

      小顔脂肪溶解メソセラピーの術後は

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。人気の小顔セラピーの副作用についての質問とセットのプロダクツの使用方法が多いので載せてみました。注射後の腫れは殆どないが、注射した部位は数日間、「むくみ程度」「重たい感じ」はあります。多少の発赤はあるが、数日間で消えます。内出血は殆どありません。あっても、数日間で消えます。シャワーは施術当日可能です。お風呂は翌日から。検診は1ヶ月後に予定しています。薬剤によるアレルギーは非常に稀ですが、アレルギーを認めた場合は、迅速に適切な治療を行います。再注入を希望の場合は、一回目注入後、1ケ月以内に限る。フェロモンメソナイトジェルは、肌に合わない場合は、使用を中止し、クリニックに連絡してください。フェロモンメソナイトジェル使用方法※必ず化粧落としなどで顔を洗い、化粧品や皮脂・汚れの無い清潔なお肌に使用頂く様お願い致します。① クレンザーで洗顔・トナーで消毒後② 付属のスパチュラに0.2ml(1メモリ)ずつとって脂肪を減らしたい部分にご使用下さい。その際、手指などで伸ばしたりせずに    スパチュラで直接伸ばす様にして下さい。③ 肌に塗布した後、30分放置して下さい。※30分放置することで薬剤が肌に浸透します。④ その後、ご自身のスキンケア用品を使用して頂いても結構ですし、塗布した部分はそのままでも大丈夫です。 但し、洗い流したり拭き取ったりといった事は控えて下さい。⑤ 一日、2回のご使用です。http://www.drandy.com/index.html

    • 手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法に対する質問一覧の画像

      手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法に対する質問一覧

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。ハンドベインで良くある質問を載せてみました。Q腫れ、痛み、ダウンタイムはありますか?A個人差がございます。多少の腫れと違和感を生じる方もいらっしゃいますが数日で治まる場合がほとんどです。Q手の甲からつながって見える腕や手首の血管も治療できますか?A手の甲に浮き出た血管を治療することで、血流によっては腕側の血管が目立たなくなる場合もあります。Q足の甲の血管もできますか?Aできます。お値段は手のお値段基本は変わりませんが、変更がある場合があります。Q注射した血管はなくなるのですか?A薬剤で血が通らなくなり、血管は見えなくなりますが消滅する物ではありません。Q注射後に日常生活で気をつけることはありますか?A通常の日常生活に支障をきたすことはありません。数日間、肌色の包帯での圧迫が必要となります。Qスポーツは続けても大丈夫ですか?A軽い運動であれば問題ありませんが、手に著しい負荷がかかる競技やテレーニング等はしばらく控えて頂きます。Q手の血流に問題が生じることはありませんか?A手には浮き出て見える表面以外にも深部に多くの血管と無数の微小血管がありますので血流に問題がおきることはありません。Q一度治療した血管が再び浮き出たりすることはありませんか?A一度硬化治療が完了した血管に再び血流が戻ることはありません。Q血管以外にも手の甲のしみ、シワにも効果がありますか?A硬化療法のみでは、シミ、シワの改善は難しいですが、当クリニックのハンドケア用プロダクツ(ハンドキュア、ハンドクリーム)の併用や、ルミナスワンIPL照射、サーマクール等の施術を組み合わせることで改善することが可能です。Q他の治療、投薬を受けていても硬化療法を受けられますか?A医師の診察によりますが、お薬の種類や病状により硬化剤注射をお断りする場合があります。http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html

    • 手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法その2の画像

      手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法その2

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。前回は様々な種類のハンドベインを説明しましたが、今回はドクターアンディーズクリニックのハンドベインを説明していきます。ドクターアンディーズクリニックでは硬化療法での施術をしていきます。ドクターアンディーズクリニックの硬化療法はレーザー治療とは違い、ダウンタイムがなく日常生活に支障をきたすこともありません。手の甲の浮き出た血管の治療は、これまでレーザー療法が一般的でした。完治までは数ヶ月ほどを要する治療でしたが、近年の優れた研究により、現在ではレーザー療法に頼る必要はなくなりました。この新しい硬化療法は体へのダメージもなく、施術後の痛み、腫れはなく、期間も1~2週間と短くなっているのが特徴です。以前の治療法よりも、更に安心・安全で確実な治療が行えます。・高度な技術やオリジナル硬化剤で両手同時に治療可能。・簡単な肌色の包帯で2~3日固定。1~2週間で血管は消えます。・レーザーと違って、施術後の腫れと痛みはありません。・ダウンタイムはないので、日常生活に支障を来しません。・カウンセリング~施術~帰宅までは約80分。施術後、職場に戻ることは可能。硬化療法はとても難しい技術で、経験が浅い医師だとまた元に戻る場合がありますが、ドクターアンディーズクリニックでは経験豊富な院長のみが担当しますので安心して受けられます。http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html

    • 手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法について、その1の画像

      手の甲の浮出た血管(ハンドベイン)硬化療法について、その1

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。ドクターアンディーズクリニックでは手の血管治療には【硬化療法】を行っていますが、他にもいくつか治療方法があり質問されることがあるので、簡単に説明していきますね。体外式レーザー皮膚の上からレーザーを照射して手の血管を収縮させる治療法です。皮膚の上からとは言え、使用するレーザーはヘモグロビンに吸収されやすい性質を持っており、皮膚に影響することはありません。注射を使わず圧迫の必要がないので気軽な反面、効果が薄いというデメリットも。元々、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう:足の静脈の弁が壊れて血液が血管内にたまる病気)の中でも蜘蛛の巣状の細かい症状への治療法だったため、太く浮き立った手の血管は適応外なことがあるようです。硬化療法手の血管に硬化剤を注入し、血管を塞ぐという硬化療法。機能しなくなった血管は退化して消えていくというメカニズムで、太い血管にも有効とされています。静脈は目に見える一部の血管を塞いでも血流は保たれるので、その点は問題ありません。ただ、血管が固まって一時的にしこりになることがあります。注射による処置のため、短時間で治療が終わります。また、他の血管が目立つようになるといった副作用もあるようです。治療後しばらくは、包帯やサポーターでの圧迫が必要となります。血管内レーザーレーザーによるハンドベイン治療と言うと、今は血管内レーザーがメインで行われているよう。浮き出ている血管に細い針を刺し、内側から特殊なレーザーを照射して血管を収縮させる施術です。こちらも硬化療法と同じく、これまで目立っていなかった血管が浮き出るようになるリスクが否定できません。(ただ実際のところ、手の甲のように分岐が多く蛇行しているような血管には不向きです)。血管を完全閉塞させずに目立たなくさせることができますが術者の技術が必要です。術中は多量の麻酔を用いますので、術後に数日腫れが残ります。また、レーザーの出力が強すぎると、神経障害などを生じる危険があるので、その点は留意ください。※ヒアルロン酸を血管周囲に注入して血管を目立たなくさせる治療法もあるようですが、ほとんどの場合その効果が乏しく、手全体が腫れる場合もあるため、一般的とはいえません。http://www.drandy.com/handvein/handvein-02.html

    • 肌の老化が気になる。幹細胞培養上清液で改善できますか?の画像

      肌の老化が気になる。幹細胞培養上清液で改善できますか?

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。培養上清液の治療について簡単に説明してきましたが、ドクターアンディーズクリニックの培養上清液治療の進め方について説明していきます。膝や腰が痛い等の慢性疼痛点滴などの溶液に培養上清液を入れて、ゆっくりと静脈内に投与します。培養上清液には多種多様のサイトカインが豊富に含まれていることから、体内の損傷している部位の細胞が活性化し、様々な組織機能を老化現象から強く引き戻すことが期待されます。肌の老化が気になる(アンチエイジング)特に効果を得たい部位に培養上清液を注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。美容目的としては肌が若返り、ヒアルロン酸などの効果を高めることが期待されます。薄毛肌と同じで特に効果を得たい部位に培養上清液を注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。頭皮の皮下への注入により、発毛や育毛の効果や植毛の生着率を高めることが期待されます。動脈硬化症の進展予防点滴などの溶液に培養上清液を入れて、ゆっくりと静脈内に投与します。培養上清液には多種多様のサイトカインが豊富に含まれていることから、体内の損傷している部位の細胞が活性化し、様々な組織機能を老化現象から強く引き戻すことが期待されます。http://www.drandy.com/

    • 培養上清液の治療は動脈硬化症の進展予防できますか?の画像

      培養上清液の治療は動脈硬化症の進展予防できますか?

      こんにちは。ドクターアンディーズクリニックの澤本です。培養上清液の治療について簡単に説明してきましたが、ドクターアンディーズクリニックの培養上清液治療について説明していきます。ドクターアンディーズクリニックでは再生医療研究の中でその有効性が注目されているヒト脂肪幹細胞由来の培養上清を使用しています。グロースファクター(成長因子)をはじめとした200種類以上のサイトカインが含有されていると報告されています。これらのサイトカインは、下記症状が気になる方にお勧めです。膝や腰が痛い等の慢性疼痛肌の老化が気になる(アンチエイジング)疲れやすい。薄毛動脈硬化症の進展予防慢性疲労アトピー性皮膚炎慢性敏感肌詳しくはhttps://soukiganhakken.jp/lp/baiyoujyousei/