音楽留学・ダンス留学 / アンドビジョン Andvision

音楽留学・ダンス留学 / アンドビジョン Andvision

音楽留学・ダンス留学アンドビジョンのスタッフによるブログです。留学の最新情報や、アンドビジョン・インターナショナル・ミュージックスクール(東京御茶ノ水)での海外音楽大学・音楽院教授、海外音楽家による公開レッスンなどの情報満載です♪

【海外音大教授・音楽家によるオンラインレッスン】


※講師 随時更新 要チェック!

日程表で決まった日付以外にもレッスンOKな可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!
 

こんにちは!音楽留学アンドビジョンです。

昨今の新型ウイルスの影響により、皆様各所で多大な影響が出ていることと存じます。

アンドビジョンで開催予定であった4・5月の公開レッスンも先生方の渡航叶わず、全てキャンセルとなってしまいました。

今年の秋、または来年の春に海外音楽留学を考えていた方々も先の見通しが立たない状況かと思います。

 

そんなお客様、先生方のご要望にお応えし、アンドビジョンでは海外音大教授・音楽家によるオンラインレッスンを本格始動です!講師陣は著名な方々ばかり!今まではオンラインレッスンはやっていなかったけど、これを機に…なんて先生もいらっしゃいます。

 

もちろん弊社より通訳のお手配も可能ですので語学が心配…なんて方も安心してご受講いただけます。

 

◇◆オンラインレッスンのおススメポイント◆◇

 

① 国内で海外教授のレッスンが受講できる!

② 長期留学のための先生探しが日本でできる!

③ 組み合わせ方次第で、一日に2つの異なる先生とのレッスン受講が可能!

《例【ピアノ】:月曜日17:00~ストーン先生、18:00~セミリャコフス先生等》

④ オンラインなので、プライベート仕様。先生とのレッスン、ピアノ練習室を独り占め!

 

 

それでは 日程表・講師リストをご覧くださいませ~!

 

 


日程表で決まった日付以外にもレッスン可な可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!

 

6月予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
 1  2 3 4 5 6 7
    17:00~/18:00~

トーマス・ヘル
17:00~/18:00~

ライナー・トロスト
16:00~/17:00~/18:00~

ティルマン・ヴィック
お問い合わせください お問い合わせください
8 9 10 11 12 13 14
16:00~/17:00~/18:00~

エルヴィン・クラムバウアー
 
17:00~/18:00~
ベルンハルト・パルツ
16;00~/17:00~
/18:00~

ウーヴェ・ケラー
15:0~/16:00~17:00~/18:00~
イヴァン・ヤナコフ
17:00~/18:00~

アレックス・ペンダ
お問い合わせください お問い合わせください
15 16 17 18 19 20 21
17:00~/18:00~

コリン・ストーン
16:00~/17:00~
18:00~
ピエール・レアク
17:00~/18:00~

イルヤ・シェプス
※お時間お問い合わせ

クリストファー・ヒンターフーバー
17:00~/18:00~

ジャン=フランソワ・ルション
お問い合わせください お問い合わせください
22 23 24 25 26 27 28
18:00~

コンスタンティン・セミリャコフス
17:00~/18:00~

ライナー・トロスト
16:00~/17:00~/18:00~

ビルギット・コーラー
16:00~/17:00~/18:00~

アルベルト・モラ
※お時間お問い合わせ 

クリストファー・ヒンターフーバー
お問い合わせください お問い合わせください
29 30          
17:00~/18:00~

イルヤ・シェプス
17:00~/18:00~

コリン・ストーン
         

-

 

日程表で決まった日付以外にもレッスン可な可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!

 


【講師陣詳細】

 

【ピアノ】 ※6月2日更新!

 

~ドイツ~

●イルヤ・シェプス / ケルン音楽大学教授

17:00~、18:00~

●ヴォルフラム・シュミット=レオナルディ / マンハイム音楽大学教授

17:00~、18:00~

●トーマス・ウールマン / ミュンヘン音楽大学講師

17:00~、18:00~

●ピオトル・オズコウスキー / デトモルト音楽大学教授

16:00~、17:00~

●トーマス・ヘル / マインツ音楽大学教授

17:00~、18:00~

 

~オーストリア~

●クリストファー・ヒンターフーバー / ウィーン国立音楽大学教授 

時間 調整中

●コンスタンティン・セミリャコフス / ウィーン国立音楽大学教授

18:00~

●ロマン・ザスラフスキー / ウィーン国立音楽大学教授

17:00~、18:00~

●ヤン・ゴットリーブ・イラチェック / ウィーン国立音楽大学教授 (6月2日更新!)

17:00~、18:00~、19:00~

●ミラナ・チェルニャフスカ / グラーツ音楽大学教授

※お問い合わせください

●ベルンハルト・パルツ / ウィーン私立音楽芸術大学教授

17:00~、18:00~

 

~ロシア~

●ディミトリ・カプリン / チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院准教授 

16:00~、17:00~、18:00~

●ぺーター・ラウル / サンクトペテルブルク音楽院准教授 

18:00~

●イヴァン・ヤナコフ / 世界的ピアニスト

15:00~ 、16:00~、17:00~、18:00~

 

~スペイン~

●ピエール・レアク / カタルーニャ高等音楽院教授

16:00~、17:00~、18:00~ 

 

~イギリス~

●コリン・ストーン / 英国王立音楽院・王立ノーザン音楽大学教授

17:00~、18::00~

 

【声楽】

 

~イタリア~

●ロセッラ・レドーリア / ボローニャ歌劇場オペラ学校元教授

18:00~

●ルチェッタ・ビッツィ /  パルマ音楽院教授

17:00~、18:00~

 

~フランス~

●ジャン=フランソワ・ルション / セルジー・ポントワーズ音楽院&ベルギー・王立ブリュッセル音楽院教授

17:00~、18:00~

●アレックス・ペンダ / 現役ソプラノ歌手・世界的オペラ現役歌手

17:00~、18:00~

 

~オーストリア~

●ライナー・トロスト / ウィーン国立音楽大学教授・現役歌手(ウィーン国立歌劇場・バイロイト音楽祭など)

17:00~、18:00~

 

【ヴァイオリン】

~オーストリア~

●ビルギット・コーラー / ウィーン国立音楽大学元講師 / ウィーン交響楽団元コンサートマスター

16:00~、17:00~、18:00~

 

【チェロ】 ※6月2日更新!

~オーストリア~

●クラウディア・ザラガー / ウィーン国立音楽大学講師

17:00~、18:00~

●ジュリアン・アープ / グラーツ国立音楽大学教授 (6月2日更新!)

17:00~、18:00~

 

~ドイツ~

●ティルマン・ヴィック / ハノーファー音楽大学教授

16:00~、17:00~、18:00~

●シェニア・ヤンコヴィチ / デトモルト音楽大学教授

17:00~、18:00~ ※45分レッスン

 

【フルート】

~オーストリア~

●エルヴィン・クラムバウアー /  グラーツ国立音大教授 / ウィーン交響楽団首席

16:00~、17:00~、18:00~

 

~スペイン~

●アルベルト・モラ  / カタルーニャ高等音楽院教授 / リセウ大劇場管弦楽団首席奏者

16:00~、17:00~、18:00~

 

【トランペット】

~オーストリア~

●ウーヴェ・ケラー /  グラーツ国立音楽大学教授 / ジャーマンブラス メンバー

16:00~、17:00~、18:00~

 

~ドイツ~

●ウーヴェ・コミシュケ /  フランツリスト音楽大学教授

17:00~、18:00~

 
 
【料金】
 
先生ごとの料金ですのでお問い合わせください。(30.000円前後~)
アンドビジョンスクール会員でない方は入会手続きが必要となります。
入会費:30,000円(税別) ※初回のみ 1年間有効
 
・通訳が必要な方は1時間8,000円(税別)
・施設費 1時間3,000円(税別) ←定期的なオンラインレッスン時の施設使用費は無料です!
・ピアノ伴奏が必要な方は1時間10,000円(税別)となっております。
※他楽器パートナーお手配への適応も可 例:ピアノ伴奏法レッスンご受講での他楽器パートナーお手配等
 
 
【レッスン場所】
設備の整った弊社ホールでのレッスンをお勧めしておりますが、ご自宅でのレッスンも可能です。
※ご自宅でのレッスンの場合の音質については、各ご家庭のインターネット環境によりますことご承知おきください。
 
 
【新型コロナウイルス感染症対策に関する取り組み】

2020年5月4日、厚生労働省より発表された新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」に基づき、アンドビジョンでは下記対応措置を行っております。

〇スタッフの取り組み

・オフィスへの出社後すぐに手洗い、消毒
・都度の手洗い・消毒
・体調のすぐれない場合は欠勤もしくはテレワークへの切り替え
・身体的距離を保ってのオフィス運営
・オフィス内換気の徹底
・オフィス内を次亜塩素酸ナトリウムでの消毒(定期消毒に加え、使用都度)
・お客様との対面時、スタッフのマスク着用


〇お客様への取り組み

・お客様ご来社時の問診、手洗い・消毒のお願い
・都度の手洗い・消毒のお願い
・ご来社の際、スタッフとの対面を懸念される場合は遠隔でのご対応等

お客様への感染症予防対策につきまして、以下にて詳細を記載させていただいております。
オンラインレッスンにてご来社の際にもこのようにご対応させていただきます。
https://www.andvision.net/information/2193.html

オンラインレッスンは基本プライベートで行います。他のお客様との対面はございませんのでご安心ください。通訳が必要な場合、通訳の方にもオンライン参加でレッスンを行うことが可能です。

弊社では世界保健機関(WHO)の最新情報も確認し、徹底した感染症予防に努めております。
 
 
 
それでは、日程・お時間お気軽にお問い合わせください。お待ちしております~!
 
-場所 東京 御茶ノ水 アンドビジョンインターナショナルミュージックスクール

-問い合わせ お申込み
school@andvision.net
TEL 0355774500
Lineでも受け付けています!
@andvisionにお気軽に友達申請してください
 

皆さんこんにちは!!少し間が開いてしまいましたが、フランス・イギリス・ドイツ・ベルギー・アメリカに留学経験をもつアンドビジョンスタッフが、それぞれの留学経験を語る特別企画Vol4です!

 

 

経験を通して感じた、日本では見なかった留学先の音楽事情などについて話していきます!

 

アンドビジョンスタッフ

K:フランス&イギリス留学 フランスイギリス

H:イギリス留学 イギリス

N:ベルギー留学生ビールチョコ

S:ドイツ留学ドイツ

O:アメリカ留学アメリカ

 

 

4. 経験を通して感じた、その国の音楽事情など

S: 音楽家は生活しやすいですね!!芸術家のための社会保障が整ってます。

 

H: 楽器保険が充実していますしね。

 

K: あ、それはイギリスとスイスが良いって聞いてます。

 

H: そうなんですか?楽器が盗まれたりすると、音楽専門の保険会社だからそれに詳しい弁護士が出てきたりするみたいです。私は入ってなかったのですがあせる

 

N: ベルギーは小国でアマゾンとかもないから、フランスに頼むんですが、全然届かなくて、連絡したら「ありません」なんて返事が来たり。フランスのお店はそういうのが多くて、信用してなかったです。なので、ネット買い物はイギリスのサイトでしていました。イギリスの、ある楽器店はイギリス国外へは週末に一斉発送していますと書いてあったのですが、本当に翌週の月曜日に届いたので感動しました。日本じゃ当たり前でしょうが、ヨーロッパだと期待のハードルは低めです。

 

 

H: そう考えるとイギリスは結構便利でしたね。アマゾンの集荷場が近かったので、朝炊飯器買ったら夕方に届きました

 

O/S/K: すごいーーーーー!!

 

S: ドイツもまぁまぁですね。でも当日再配達とかないから、数日待つか、取りに行くか・・・

 

O: アメリカは配達員小包投げてましたからね。びっくりしました。再配達ってあるのかな?今はあるのかもしれないですが・・・基本的にはその時いないと受け取れなくて、取りに行くしかなかったです。人によってはアパートの受付に置いておいてくれました。

 

H: イギリスだと、備考欄に隣の人に預けましたって書いてあったり。あと、シェアハウスの外のごみ箱に入れておきましたって書いてあったこともありました。

 

 

一同:ゴミ箱!それはすごいびっくり

 

S: でもちゃんと届けてくれてたら良いですよね。一度家にいるのにインターフォンも鳴らさず不在表入れられてて、さすがにその時はすぐ電話して苦情言って届けさせました。

 

 

配達は日本は天国ですね!!! 学校の特徴などは???

 

O: 学校の図書館がすごく充実しました。楽譜は買わなくて良くて、学校になかった場合、他の学校から届いたりしました。買うことは極偶にありましたが、ほぼほぼ全部の楽譜がありましたね。

 

H: うちも楽譜は充実してたのですが、著作権に厳しくコピーを取っちゃいけないって。

 

S: ドイツも厳しいです。コピーはとっても良いけど、例えば本番の時は横に原本を置いておけば良いということになります。コピーは書き込みしたくないからですみたいな・・・理由で。

 

 

H: イギリスだと、試験の時は原本提出がありましたね。ただ練習したいという時は学生は隠れてコピーしてる感じでした。

 

K: 同じイギリスでも結構違いますね。ロンドンは割と平気でみんな普通にコピーしちゃってました。

 

S: イギリスとドイツが厳しいって聞きました。

 

K: フランスは前日に「明日は調査の人が来るのでコピー譜を持って来ないでください」ってメールが回ってきたりしましたね。先生とかは忘れちゃうから、レッスンの時に鍵かけちゃって、「調査できません」みたいな感じで((笑)

 

N: 適当ですね~、フランス。ベルギーは時代もあるのかもしれないけど、コピー禁止という風潮は全然なかったですねぇ。

 

K: 室内楽とかだと誰が買うかっていう問題もありますしね。

 

N: ベルギーは、税金でやってるから学費は安いけど、施設は日本より悪いなって思ってました。ピアノとか弦切れてたり。

 

S: あ、私は切れてたらそれは直してもらいましたね。事務所に行って何番の部屋弦が切れてるといったら調律師さんが来て直してくれてました。

 

K: 日本だと音大の廊下で練習してましたが、どこの国に行っても廊下で練習してるひとはいなかったです。部屋が無かったら、皆練習しないって分かりました(笑)

 

O: 家で普通に練習できたから、そんなにどこかしこでやらなくてもよかった。みんな普通に音出せるっていうか

 

K: 音に関しては寛容でしたね

 

O: パーティーとかまぁあれですけど、練習では言われたことない

 

K: いっぱい練習してても、この期間にちょっとこういうのがあるので、大目に練習しますって差し入れ持って言いに行ったら、OKみたいな感じで。

 

N: 日本は音を出した方が負けって感じ

 

O: 向こうは音は出したもの勝ちって感じ。出しちゃえばよいみたいな。

 

S: 私は入試一か月前に禁止にされましたね。近所の人に。結構家中の布団載せて、蓋もしめたりしてたんですけど・・。その時は知り合いが、うちに練習に来たらって言ってくれたのですが。

 

N: 防音室とかないから、近所トラブルになると引越し以外対処がないですよね。

 

H: そもそも、管楽器だけかもしれないけど、ヨーロッパの人あんまり練習しなくないですか?

 

S: ピアノもまぁ日本人ほどにはしないかな。

 

H: なんかカフェでお酒ばっかり飲んでるイメージ。大学にバーが併設であって午後3時開店なんですが、3時の時点でみんな飲んでて、これからリハーサルとかいって。

 

 

S: 練習室空いてないっていって、友人と小一時間飲みに行ったりしてました (笑)

 

N: お酒の消化具合が違う気がしますね。お昼からみんな結構アルコール飲んでますよ。 ベルギーはビールの国だし、お昼からビール普通みたいでした(笑)

 

-----------------------------

なんだか色々な話が飛び出してきてますね(笑)

 

陸続きのヨーロッパ内(イギリスは島国がありますが、電車や、バスなどで簡単に移動可能)でも、色々と国事情は違うようですね。

 

こういう違いは、体験してみないとわかりませんねニコニコ 今年の夏は、海外の音楽講習会で外国の香り・空気を直接感じてみませんか?? アンドビジョンには、すでにたくさんの夏期講習会情報が届いていますやしの木 

 

行くか分からないけど、興味はちょっとあるな~という方も、今年の夏こそ絶対に行く!!と気合満点の方も!お気軽に資料請求してくださいニコニコhttps://www.andvision.net/brochure.html

 

 

*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

 

アンドビジョンでは些細なご相談でも承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください!

 

資料請求はこちらから!

https://www.andvision.net/brochure.html

 

弊社、御茶ノ水オフィスにて

無料留学カウンセリングも行っております

(遠方の方はお電話もお承りいたします)

 

またテーマ別で行われている留学説明会にもご参加下さい

↓日程&テーマはこちら↓

 

3月の説明会日程

 

こちらも是非ご利用ください!

お申込みは

03 - 5577 - 4500

info@andvision.net

または弊社ホームページから

 

ツイッターでも随時情報公開中

Facebookページ



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ  にほんブログ村 クラシック

ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ

へ

 

皆さんこんにちは!!

 

フランス・イギリス・ドイツ・ベルギー・アメリカに留学経験をもつアンドビジョンスタッフが、それぞれの留学経験を語る特別企画Vol3です!ここでは尽きぬ、「何はともあれ語学!」が展開されていきます!

 

アンドビジョンスタッフ

K:フランス&イギリス留学 フランスイギリス

H:イギリス留学 イギリス

N:ベルギー留学生ビールチョコ

S:ドイツ留学ドイツ

O:アメリカ留学アメリカ

 

--------------------

3.語学といっても範囲が広いですが、ここだけは抑えておこう!というポイントはありますか??


S : ドイツはとにかくB1、B2までは取っておくのが重要ですね。年々厳しくなっているし。ベースの部分はとにかくやっておけという感じですね。あとドイツは試験が口頭試験なことが多いから・・・


N &K : そうだ!口頭試験!!


O : え?音楽史とかの試験が口頭なんですか?ペーパー試験と口頭試験?


S : ドイツでは口頭だけだったかな


N : ペーパーと口頭試験の両方でしたね


K : アナリーゼ(分析)とかは、聴いたことを、口頭で解説・説明しろとか言われますね・・・

 

 


S : アジア人は手にカンペ書いたり、自分が作った文を丸暗記したりして、乗り切る努力をしていましたね。
 

N : 口頭試験は本当に大変。審査員の質問の意味もその場で理解しなくてはいけないし


H : そういえば、イギリスで、フリーランスミュージシャンとして自分をどう宣伝していくかという授業がありましたが、ウェブサイトとPR動画、レポートを提出しなくてはいけませんでした。そして最後に「どうしてそういうウェブサイトなのか、PR動画なのか。その目的は?」というようなことを口頭で説明しなくてはいけなかったです。結構ドキドキしましたね。

 

- どう思うかを問われる社会


O: そうなんですよね。つまりやっぱり、「どう思うか」っていうことを問われるってことですよね。「なんで」っていう理由が言えないといけない。それには相当の語学力がいるんですよね。知識も必要ですしね。


N: 確かに。なぜなら好きだからですみたいな答えしか言えないと、小学生に戻ったみたいで切ないですよね(笑)


O: 何故なんだって、掘り下げて考えていくって、慣れてないとなかなか難しいですね


K: 今までやってこなかった思考の使い方ですからね


O: なんでって・・・なんでそんなこと聞くの??ってなりますよね

 

一同笑 

 

N: え?そこ突っ込みますか??的な

 

 


S: 先生は優しかったですよね。結構助け船だしてくれた。言い方変えてくれたりして。


K: わたしのところはダメでした。口頭試験が怖すぎて2回泣きましたが、2回ともダメでした


N: 泣き落とし通じず・・・


S: 私のところは審査員がすごく優しくて、冷静に考えたら分かることもテンパって出てこないので、先生は他にもあるでしょって感じに色々と助けてくれました


N: アジア系は往々にして弱かったですね、口頭試験。ヨーロッパの他の国の人は、試験会場から笑い声が聞こえてきてびっくりしました。どうやったらあの状況で笑えるの?って。多分答えが合ってなくても、答えちゃうんでしょうね。日本人は間違えたこと言っちゃいけないってなる。ラテン系は特に気軽で、言ってみて間違えてたら、あれ間違えちゃった?みたいな感じ。


H: 確かにヨーロッパ人は、自分たちと同じレベルの英語力でも「英語??出来る出来る」とか言ってましたね。アジア人は「全然できないんです・・・」みたいな感じでした(笑)


S: よく聞いてみると文法もめちゃくちゃじゃないの!ってことありますよね

 

N: 出来ると思えるハードルが低め。言ったもの勝ちなんだなって思ったことは何度もありました。そんないい加減なこと言えないよって思う反面、言えない理由も言わないと通じない。何も言わないと、何考えてるのか分からなくてイラっとされるというか、相手も理由をしりたいから、会話として不完全な感じ。汲み取るとかないですからね。

 

 


O: 日本は出来なきゃいけないと思ってる基準が高すぎるのかも


K: 完璧じゃないといけないんだって思ってるところがありますよね。


O: 日本は試験が〇×だからそういう感じになっちゃうんでしょうね。向こうはそういう試験方法ではないから。仕方ない部分はあるので、慣れです。

 

 

-----------------

 

皆さんやはり試験では色々と苦労された様子ですね!試験だけに限らずですが、やはり音楽留学を充実させるのに欠かせない語学! 

 


アンドビジョンでは、日常語学力は勿論「音楽の語学力」に焦点を当てて、海外流発信型レッスン、音楽理論も外国語で!受けれる「音楽留学準備コース」を開講中!一科目からの受講も可能です!春休集中講座もございます♪ (詳しくはホームページから

 

 

 

*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

 

アンドビジョンでは些細なご相談でも承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください!

 

資料請求はこちらから!

https://www.andvision.net/brochure.html

 

弊社、御茶ノ水オフィスにて

無料留学カウンセリングも行っております

(遠方の方はお電話もお承りいたします)

 

またテーマ別で行われている留学説明会にもご参加下さい

↓日程&テーマはこちら↓

 

2月の説明会日程

 

こちらも是非ご利用ください!

お申込みは

03 - 5577 - 4500

info@andvision.net

または弊社ホームページから

 

ツイッターでも随時情報公開中

Facebookページ



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ  にほんブログ村 クラシック

ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ

へ