やすらぎの住空間で暮らす

やすらぎの住空間で暮らす

住空間は、可能な限り自然なやすらぎ空間でありたい。自然な素材空間を自然な風が通り抜ける住まい。無駄は削って、心身と自然と家計にやさしい 心やすらぐ家が大好きなんです

伝統的な日本の家屋は、自然素材だけの空間だから、そこに滞在

するだけで癒される環境ということができると思います。


直接目に見えない断熱が土であったり、壁天井の仕上材が調湿や

消臭、マイナスイオン効果を発揮したり、自然な換気や通風もあった。

それでもまだ、窓を開け放って暮らしていたのだから、正に好循環な

住環境だった・・・少しでも、取り戻せるものを残したい

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

あなたにとって「理想の土地」の探し

久々のブログ投稿です。

今日は、土地探しが想うようにうまく

進まないで、お困りの方々のために

投稿してみようと思います

早速、余談ですが、昨今の「引き寄せ」

をブログで検索してみますと、凄い世界に

なっています。

もう、欲しいものとか、なりたい

ことも、何でも引寄せられるという

くらいノウハウの質も高くなって

来ているのではないでしょうか

企業向けなどを覗いてみると面白い

各種団体向けや地方自治向けもある

何処が信頼できるか?そこさえ間違え

ないように、有効活用できるなら、

大変興味深い時代になったと思います

ところで、このブログの土地探しで

すが、気楽に読んでみてください。

NETの「引寄せ」で土地探し検索

しても、まだ土地探しを特定しても


少ないと思います。

1部あんどの土地探しが出るかもしれ

ませんが・・少し古いもの・・・

同じ土地探しでも、理想に近い土地探し

をお勧めしているので、



地域・面積・予算程度の少ない情報で探す

一般の土地探しとは、全く異なります

土地の質には、家よりも重要な要素も

たくさんあります。

癒しの土地は採用しても、常に緊張のある

土地などは、避けたいものです

少しでも、土地の真の質の知識も入れて

あなたにとって理想の土地を手に

していただきたいのが、本土地探し

の目的です

比較的、土地探しは、探す前から

欲を言わないで、控えめで丁度いい

くらいと考えることが多いのですが

それでは、それなりの引寄せしか

期待もできません。

むしろ、自分にとってのベストな土地

には出会えず、悔いの残ることになります。

ベストな出会いが目標ですから、ベスト

の理想が必要であり、それが特徴です。

是非読んでみて、直感的にピリッ・・リ

と感じるものがあったら

下記のページから申し込んで下さい。

http://and-pg.com/tochi/index.html  

詳しいことは、申し込みをいただいた

後に、資料を見ながらの打合せになります

ので、楽しみにしていてください


料金は無料で見返りの条件もなしです

是非、希少な体験をしてみましょう


早速、気楽にお知らせください


テーマ:

家は自分で無駄なく創って、家計にも

負担の少ない家づくりでありたい




どんなにいい家でも、すべて人任せで

創れる余裕のある人は別です・・・




買い物でも、同じような価格なら

少々高くても気にすることなく買える

ゆとりのある人なら別です・・・





家は建った後も、家計にやさしい家で

ありたいと思います

そうでなくていい人は別です




大きな企業にお願いすれば、資金が

無くても、至せり尽くせり王様気分の

内に、便利はスマートハウス?を完成

してくれます




ローンも一見楽な支払を感じさせて

くれるかもしれません

電化で省エネでソーラーまでつけて

・・・だれがこのツケは払うのか?

・・・後で?だれが悔やむのか




実は、建築費には、様々な無駄が

たくさんあります。

日本の現代の住まいが建ち並んで

いる家の様子を見て、何か感じること

はありませか?





家のかたちや屋根の形状にも、

それぞれ形の数ほど、無駄の大きさ

も違います



外観、」内観デザインによっても?

土地の質によっても、さらに大きなムダ

がたくさんあります



まだまだ、設計によって多くの無駄・・



 

不健康な家を建て?シックハウスに

住めば、長い生涯の間の治療費もいるが

不快な大きなストレスは?

ストレスはお金では解決できません




とにかく、無駄のない家づくりだけは

しっかりイメージして、準備しましょう




無駄のない なちゅらるはうす いい家計


便利さを 求めるほどに 無駄は増し


不自然は 結局無駄を 増すばかり


無駄な意味 気づいた時は もう遅い


・・・・・しぜんにしとけ 家計も軽い


















テーマ:

くつろぎの間がないとくつろげないが

この間は、時間の間?

空間の間、人間の間?



忙しい、忙しいと気が焦っていては

いつまでもくつろげない




いずれにしても、交感神経寄りの

神経の状態では、何かが変わらないと

気は休めないんじゃないでしょうか




木の板の壁天井、床までも木の板

なら、マイナスイオンでいっぱいの

癒しの空間。

物理的な条件は、これで満点




深呼吸でもしてみれば、気持ちいい

ので全身、五感も癒される

心の部分も満点




漆喰の勉強会に今日は行ってきた


厚塗りの広島産の漆喰空間で、

深呼吸してみると、この雨空の日の

室内でもきわめて快適な空間ができる




人は、いい空気の中にいて当たり前。


しかし、漆喰や木などの自然材の

空間で吸う空気は、うまい。


うまいと感じている間は癒されている

のではないでしょうか




子供たちには、ビニール空間ではなくて

漆喰や木の空間で育ってほしい




エアコン環境ではなくて

しぜんな調湿環境や

しぜんにゆっくり通り抜ける風のある

空間で育ってほしい




しぜんな素材は、室内だけでもいい

じゃないか?と・・

1人でも多くの方に安全な空間で

暮らしてほしい




今からお勧めする新室内空間の

新しい家づくりの説明発表会には

是非お見逃しなく、体験にきてくだ

さい



くつろ木の家は、「肌の触れる範囲が

自然素材」と覚えておいてください















テーマ:

今日から、ブログの名称も一新です

やすら木の家を発信していきたいと

思います




住むだけで何らかの不安定さやバランス

を欠いた住まいだけは避けたい

わざわざ高価な建築費をかけてまで・・・・

無駄も避けたいものです




もう少しでも、自然な方向に・・・・


意図しよう しぜんな住まい すこしでも




しぜんでありたい、自然にすることには

何も問題はないはずです・・・・

何故?わざわざ難しい方向にする必要が?

もっとしぜんに戻りたい




気密性の高い、内装表面の化学系の

被膜環境は、明らかに異様?です




肌に触れる範囲だけでもしぜんに

そして、日本の住まいは風通しだけでも

意図してみましょう




いい環境の住まいがふえれば・・・

小単位づつでも、地域もきっと、いい環境に

なるはずです




無理なく、しぜんに、やすら木で・・・




テーマ:

W杯に日本が敗れたのは残念でしたが、

全体的には いいプレーは見れたのでは

ないでしょうか




熱心なファンには申し訳ないのですが

3試合の中では、最もよかったように

思ったのは私だけではないでしょう




結果的に大差にもなったが・・・・

試合内容は、概ねよかった

前半は、押していたから悪くはなかったし

次回はもっとやれることも確かだ



団体プレーで、且つ W杯という大舞台で

歴史の浅い日本が、優勝を目指すのは

いいとしても、まずはベスト8進出目標

なら罪悪感も少なかったかもしれない




でも、大きな目標を持つこと、持って臨んだ

結果は、今後必ず役立つに違いない




結果よりも何を得たか?

予選も含めると満足なプレーができたことも

大いにあった




本大会でも、ランクは上のギリシャが

日本に怯えながらも、次に進んだのだ




日本の実力は決してこんなものではない

のも実感させてくれた




また、新しい4年後の愉しみが始まる





テーマ:

W杯のこれまでの日本の成績は

心理的な問題と理解できている




ザックさんは、悪い監督ではない

最後まで任せたらいい

結果よりも今更疑うよりも信頼




大丈夫、きっとできる

日本らしさがこれからは発揮して

くれるかもしれない




選手が秘密の決起集会・・?

いいですね

気持ちがほぐれると何よりいい

のではないでしょうか




もう、過去を見ても仕方ない

愉しみになってきたのでは

ないだろうか





テーマ:

勝ち負けよりも、選手には精一杯

楽しんでもらおう

そうなれば、結果まで一緒に楽しめる

久々投稿は、

W杯の最後の楽しみのひとり言

・・・

日本がコロンビアに優位になるには、

技術や身体能力を駆使して懸命に

闘うことを目指すよりも

また、勝つことを意識するよりも

心身の力を抜いて、伸び伸びとパス

サッカーを楽しんでくれれば、道は

開ける可能性が充分ある

W杯の今の成績は、日本が必然性が

あって、この今の状況を引寄せて

きた。過剰な心配とともに・・・

好んで来たのではないから、救いは

済んだことは全てゆるして・・・、

自分らしいゲームに臨めること

これから、筋書きでもあったのかと

思うようなドラマの可能性も十分

在るのだから・・・

ゲームの優位な流れは、心身が柔軟

で、何かに偏ることなく、メンタルが

穏やかなこと

我々サポーターも勝つことよりも、

選手一人一人が伸び伸びと楽しん

でさえいるような選手の集中した

プレーの顔や動きが見たいものだ

そして、わずかでも期待が持てる

ようなプレーが見え隠れし始めたら、

必ずチャンスもやってくる

日本が一つになることは決して無理

ではない。

いいプレーを引き寄せるのは、選手

だけではないのは明らか

ブラジルにいる日本のサポーターだけ

でもない。

日本にいる1億数千人の1割でも、生き

生きした選手の顔や動きになることが

感じとれたら、奇跡はある


信じて託したらいい、託したら何も足す

必要もない、心配もいらない、もう

楽しむだけ。 選手もサポーターも

やるべきことは、個人プレーに期待する

のもいいが、控えを含めた全選手が一つ

になって、90分楽しんでもらおう

勝ち負けは結果でいいじゃない

拘らないことで肩の荷を卸して、

選手には精一杯楽しんでもらおう


物理的なことは、2の次でいいのだ

コスタリカは、伸び伸びできた模範

結果は90分後に起きる



テーマ:
新商品発表会のお知らせ



5.11(SUN)9:00~16:00
広島市安芸区 
安芸区民文化センター 
1階ギャラリー



あんどの自然な家づくりは
シンプルな切妻の家
何より安心な家づくり



複雑な家の形に、何か疑問を感じた
ことはありませんか?
多くの無駄は何かに活かせないの
だろうか?



無駄をしない、
生きた予算の使い方ができれば



環境に 家族の健康に 家計にも
安心で調和的に もっと役立つこと
ができるはずです



カキクケコストの家づくり



外見はシンプルでいい
実はシンプルがいい
シンプルだから安心で
全体が調和的になれる









テーマ:
省エネルギーといえば悪くはないが
省エネと称して、大きな無駄には?
なっていないか?



省エネ機器は高価だから、効果もあ
るはずですが、


5月も中ごろになると・・・・・
室外機が回っている家がちらほらと
見受けられる



だからと言って、長く使えば使うほ
どに家計も、身体にも良い訳が無い
でしょう



なんで5月に冷房ですか?
まさか?暖房でもないでしょうが
当たり前のように?多くの家庭で
・・・店舗で、施設で・・・



漆喰壁もキチンと施工すれば、
冷暖房もいらないくらい、自然の快
適な住空間はできる



温度は体温よりも低いのに…暑いのは
異常な空間に起因がある。
湿気が高いから不快なのだから、
調湿が当たり前にできていれば、
5月に冷房などは決していらない



省エネと称して、高気密にするなども
不自然でしょう。
吸気も必要です。効果的な換気も・・
そして、調湿がしっかりできる空間で
是非過ごしてみてほしい



ちょっと暑いから・・・ハイ冷房
ちょっと寒いから・・・すぐ暖房・・
隙間風が嫌だから、戸を閉め切って!
換気が折角の暖気を放出するのが耐え
られない・・・?


もう、いい加減にしましょう・・
省エネよりも小エネで行きましょう
脱エネも夢ではない



自然な丁度いい加減の空気環境に
替えて、
人間らしい環境を取り戻しましょう



空気が変われば・・・カキクケコ
家庭が変わる、家族が変わる、健康も
カラダも変わる
客も家計も、、、何より考えが変わる



スーパーの買い物で、10円の違いは?
建築コスト、毎月の維持費を比較して
みると大変面白い



エアコンのファンの回る時間を省から
小へ・・自然な快適さで脱も目指して



あんどの家づくりは、カキクケコで
考える家らしい家づくり



テーマ:
必要は備え、無駄は可能な限り
創らず、自然にやさしさ


見えない部分の大事なところは念を
入れて・・キチンと抑えておきたい


風土からくる佇まいの良さは活かし
ながら、それでもシンプルな家らし
い形をした家を造りたい


シンプルといっても、工場のような
片流れの家には決してしない


エキゾチックだ、モダンだと言って
軒の出のない家にもしない
店舗や民芸館でもない、住まいだ


遠くからみて、住まいとわかる家で
ありたい、飽きない顔の家づくり


省エネと称して、決して高気密や
電化にも決してしない



環境に負荷を与えず、
健康・家計に負荷を与えず
木と漆喰を活かした空気のきれいな
自然な家



カキクケこすとこそ見どころのいえ



発表会は春に・・・・





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス