呉下の凡愚の住処

呉下の凡愚の住処

三国志(孫呉)・春秋戦国(楚)および古代中国史絡みの雑記、妄想、感想をおいてます。
文物や史跡など、誰もが実際に見に行けるものを布教していきたいな。
他、中国旅行記や中国語学習記も。

いらっしゃいませ!
このブログは、しがない社会人が中国史にまつわる想いのたけを中心に
自らをネタにしながら生きた証をひたすら書きなぐる、
備忘録 兼 避難所 兼 動物園のような場所です。

カテゴリ【三国志】【中国史】では比較的まともなことを書いていますが、
それ以外のカテゴリにまともな内容はほとんどありません。

【お知らせ / 2016年6月6日(月)】
2014年夏からずっと開店休業状態が続いているため
休業期間にコメントいただいた方へのお返事を
この記事にまとめています。
お返事でき次第、随時更新予定です。

三国時代の孫呉と春秋・戦国時代の楚に傾倒しています。
そして、青銅器・漆器・玉器などの文物が大好きです。
たびたび中国の博物館まで文物を見に行きます。
生暖かく見守ってくださいね!
御用の方はこちらまでお問合せください。

Twitter:

↓お世話になっております。

  にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ:
新年快乐!
ついに旧暦でも2019年になってしまいました。
私は毎年旧正月になるまでは年は明けてないと思っていますが、
昨日本当に2019年を迎えてしまったというわけです。

しかも、節分が終わって立春を迎え、その次の日が元日という……
そのうえ昨日は新月!
とんでもねえオカルトパワーを感じる流れです……

最近は
自分の心に壁を作らない
自分の気持ちを正直に感じる
やりたいことを素直にやる
といったことを実践するようにしています。

私は割と素直なほうの人間で、
まあ楚人も素直なタイプが多いですから、
自分ってかなりの自由人だと思ってたんですよね。
でも、そんなことはなかった。
自由人でいるのは中国に行ってるときだけ、
仕事と切り離された空間にいるときだけでした。
帰国すると本当にやりたいこと・自分の正直な気持ちからは目を背けて
楽しいことを考えていいのは成功してからだと思っていました。
ちなみに成功って総資産が数十億越えることを指しています。

でも順番が逆だったんだなーということに気づいて。
とにかく素直に生きる。
何事にも条件付けはいらない。
(と言いつつ筋トレと勉強だけは積み重ねがいると思う)
このブログの中でだけじゃなくて、
もう名実ともに素直に正直に楚人として生きていく。

だから2019年の私は!
楚人として生きていきます!!!

これまでと変わんねー!!!
特に目標などではないですが、
ブログは需要を一切考えずたくさん書きたいですハートぃっぱぃ

なんか縁起良さそうなのであん肝とお刺身貼っておきます。
最近いいものばかり食べさせていただいてて
本当にありがとうございますって感じです。




友人がブロリーの映画を観てブロリーを目指してジムに通い始めたので
私もお友達紹介で同じチェーンのジムに通っています。
家、トレーニング部屋があってダンベルもアンクルウエイトも
プッシュアップバーもチューブもフラフープもステッパーもあるので
「ジム……いるか……?」と最初は思っていたのですが、
やっぱりマシンで鍛えると効率が全然違いますね!
特に大胸筋、
まだ4回しかやってませんがめちゃくちゃ形が変わりました。
下半身も引き締めて万年下半身デブからついに卒業します。

あと、素直に生きると決めたのでこれまで読むことを制限していた
いろんな楽しい書籍も少しずつたくさん読むことにしました。
「『荘子』はおもしろすぎるので仕事を引退するまで読まない」
とか言ってましたが(家の書籍ほぼこういう理由で読まれてない)、
もういつ引退しても死にやしないだろ、という考えに変わったので
これからはどんどん読んでいきますよー!

今は初心に帰って『春秋左氏伝』読んでますハート
この前、楚の司馬の子反が酒で酔い潰れて王の御前に出られず
敗戦の責任を取って死んでしまった場面を通過しました。
しかもこの場面で私の大好きな令尹の子玉が
“責任取って死ぬ楚人の例”としてめちゃくちゃ名前挙げられていて、
「子玉ってこんな形で語り継がれてたのか……」
ってちょっと悲しかった反面笑ってしまった。
私は子反も大好きだった。
子重よりも上手に立ち回れていない感じがカワイイし、
ちょいちょい身勝手なところに本当に憧れる。
このときの共王様、
「自分も参陣していたのだから子反の責任ではない」
って言ってくれていて本当に徳が高い……
共王様はその子供たちが即位にあたってわちゃわちゃするのも楽しみ。
伍子胥が有名すぎることによって
悪名高くなってしまった、死屍を鞭打たれた平王も共王の子ハートぃっぱぃ

楚の話、一生できる……

では今晩もジムに行ってまいります!
みなさんもよい新年をお過ごしくださいチカラコブ

Ameba人気のブログ