総くんのギター。

テーマ:
総くんのギターは、空間と溶け合っている。

また、歌や曲にも溶け合う事が出来る。
自分の歌よりも、誰かの歌や曲に寄り添い溶け合う事が非常に上手いのは、生粋のギタリスト故だろう。

ギターソロだけでなく、曲を通して建築的に構築的にギターは現れる。総くんのギターの芸術性や素晴らしさは、そこにあると思う。

個人的に、両国国技館での『虹』で、ドラムソロの途中に総くんのギターが一つ鳴る。弾く姿は映らないけど「ダラーン」と鳴る。あの何気無い音とタイミングが、ものすごく好きなのだ。

静かに集中している時もはしゃいでいる時も何気無い時も、総くんのギターの音は空間に溶け合う。
技術が卓越してるのも去ることながら、山内総一郎のパーソナルな部分がそうさせているんだ。

誰の邪魔はしないけど、求められたもの以上のものを必ず持ってくる。総くんのイメージ。あんな風に、ちょっと天然でゆるゆるしてるけど、ギターのプロなんだなぁといつも思う。本当に尊敬している。