週末金曜のトレードブログさぼりましたm(__)mノーポジなのでお察しください。

 メイドインアビスの最終回を見る準備のためにブログをサボったとか口が裂けても言えませんw

 期待通りもしくはそれ以上の最終回にオッサンのくせに号泣。ちょっと恥ずかしくて横をチラ見すると一緒に見ていた人全員号泣w

 

 遡ること2~3日前に予約していたメイドインアビスのオリジナル・サウンドトラックのCDが発売日に到着。曲数に驚愕(;゚Д゚)!なんと

52曲!

 深夜アニメ1クールのために52曲も作ってわざわざウィーンまで行って演奏&録音とかw

 中でも人気のあったボーカル入り2曲貼っておきます。

1話と最終話のオープニングソングです↓

Made in Abyss OST - Underground River Full

Made in Abyss OST - Hanezeve Caradhina

こちらは何度か使われましたが8話が印象深いです。

 

 どこかで読みましたがこの作品のサントラの制作は映像が出来上がった後にタイミングを合わせて作るいわゆる映画形式。なので使いまわされずワンシーンのみ利用された曲も結構あるはず。ラストの完璧なオーケストラなんかもそうです。なんせ52曲ですからw

 調べたわけではないのですが、アニメのサントラとしては最多曲数かもしれません(調べてませんけど)

 兎にも角にも完璧な脚本と美術と音楽の組み合わせの映像コンテンツを数年ぶりに見た思いでした。

 

 

 

 メイドインアビスは原作既読だったので最終話でドカンと盛り上がるのは織り込み済みでした。

 まったく別物ですが、もう一つ公開前からヒットすることが約束されている映像昨品があります。

 ブレードランナーは世界的に有名かつ成功した昨品ということだけでなく、日本のトップクリーエーター達にとってのサイバーパンクのお手本昨品でもあります。監督はここで何度か紹介した飛ぶ鳥を落とす勢いのドゥニ監督。

 しかもオリジナルの主人公約のハリソン・フォードが出演するとなれば一定の興行成績は約束されたようなもんですね。

 個人的にはやはりサウンドトラックが心配で心配でw当時はヴァンゲリスでしたが今回は当然ながら別の方みたいです。

 

 そんな新作ブレードランナーのオフィシャルが全作と本作の時間帯に起きた出来事を題材にした3本の映像作品を作成。その中の一本がアニメで渡辺信一郎監督によって制作されました。

 とても良い出来なので貼っておきます。

 

ブレードランナー ブラックアウト 2022(短編アニメ)

(冒頭ドゥニ監督のご挨拶有り)

 

 残りの実写短編2作は日本語字幕版がみつからないのでトレーラーの最新版の日本語版を張っておきます。

 日本での公開は10月27日からです(*^^)v

 

 私が10代(30年前w)に熱狂したイギリスの音楽プロデューサーがアニメに参入してくるそうですw

 スター・ウォーズのjjエイブラムスがアニメ「君の名は」を実写化プロデュースするのが確定しましたw

 アニメを主軸とした日本の映像コンテンツとハリウッドが共同作業する時代に突入です。

AD