STUDIO FUMI アミプロジェクトのブログ

「 ある世界の 科学の水準

愛の水準 をはるかにうわまわってしまった場合

その世界は自滅してしまうんだよ・・・・・


今、地球は変換点にある



遠い星からきた小さな宇宙人 アミ が教えてくれたこと

このおとぎ話を伝えていくことで
私たちが本当の愛をまなび、地球が愛に包まれますように


STUDIO FUMI アミプロジェクト公式ウェブサイト
www.amiproject.net



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



【ご注意】
現在、アミプロジェクトが主催してる会は、
横浜でのみの開催となっております。
その他の「アミ 小さな宇宙人」の集まりについては
アミプロジェクトは一切関係しておりません。
お間違えのないよう、お願いいたします。
アミプロジェクトが主催している会については、
当ブログ、およびアミプロジェクトのホームページ
「Roy~宇宙在住」ブログ、でのみ
お知らせしております。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ご報告

ご報告

こんにちは。

STUDIO FUMI アミプロジェクトの曽根史代です。


皆様ご存知の通り、数年前より、

アミ小さな宇宙人(シリーズ三部作)の書籍が書店に並ばなくなり、
再販もされないという状況となっています。
中古本の価格も高騰し、

読みたい人が気軽に手にすることができないという状況が続く中、
私の元にも
「本が出版されなくなったけれど、なんとかしてもらえないか」

というご要望が度々届くようになりました。
しかし、再販がされなくなった深い事情も知っておりましたので、
歯がゆい思いばかりが募っておりました。

(アミプロジェクトでは、非売品のアミのメッセージカードも制作しており、

その出版に向けても動いておりましたが、上記の深い事情の関連により、

そちらの出版も頓挫していました。)

アミプロジェクトは、

“私たちに愛や真実を教えてくれる物語を伝えていく”ということを目指してスタートした活動で、

アミのメッセージを広めていき、多くの方々とそのメッセージを共有して、

地球を愛の星にしていくことに貢献する、

その一つとして、アミ小さな宇宙人のアニメ映像化を目指していました。
しかし、再販がなされない中、

これまでプロジェクトに関係してくださった方々や、

一般の方々からも、「なんとかならないか」との声が止まりません。


私自身も、アミのもたらしてくれた光のメッセージを、ここで閉ざしてしまいたくない

という思いがあり、
なんとか書籍の再販に向けた後押しができないかと、
再販に向けて、著者のエンリケ・バリオス氏と、出版権の交渉をさせていただくことにしました。
今年の2月頃のことです。

それ以来、様々な事情の絡む中、なんとか、一つ一つ交渉を重ねて参りました。
契約には、多額の費用も必要でしたので、水面下で、そのご協力も募り、
幸いにも、賛同していただく方々を得まして、7月に入り費用面の算段もなんとかつきましたが、
アミプロジェクトでは、契約をすることができませんでした。

しかし、残念に思わないでください。
契約をすることができなかった理由は、別の出版社が契約に至ったからです。

アミプロジェクトで取り組んできた交渉が実を結ばなかったことや、
ご協力を得た方々の期待に添えなかったことは、

プロジェクトとしては、とても残念なことではありました。
しかし、「アミの光のメッセージをこれからも繋げたい!」という当初の目的は、
別の出版社の方が達成してくださったわけです。
「アミの光のメッセージ」が必要な多くの方々に、

これからもずっと届いていくことを、心から願っています。

そして、同時に、アミプロジェクトは、過渡期を迎えたという思いもあります。
今回の交渉の中で、様々な事情と向き合ってきました。
プロジェクトが発足した当初と、今とでは、事情が様変わりしています。
実は数年前に、映像化に至るためのご協力を得ることができたのですが、
様々な事情のため、頓挫しました。
それを乗り越えるためには、なんらかの変容がないと難しいと思っています。
(お伝えできることに限りがあるため、

 奥歯にものが挟まったような表現となってしまいますが。。。)

しかし、映像化以外でも、アミのメッセージを伝えていくことは、可能です。
私の個人的なことになりますが、アミプロジェクトを発足してから、
様々な環境の変化や私自身の変化があり、

スピリチュアルなお仕事をさせていただくようになりました。
その一つとして、

アミをはじめとした、光次元(宇宙次元)の存在からメッセージを受け取るようになった、
ということがあります。

それは間違いなく、アミプロジェクトの活動をさせていただいたことが、
一つのきっかけになっていると思います。
その結果、STUDIO FUMIは元々は制作会社ですが、

今では、どちらが本業かわからないほど、(私は、どちらも本業と思っていますが)

スピリチュアルなお仕事をさせていただく割合が多くなりました。

そういったスピリチュアルなお仕事を通して、

例えば、セミナーやワークショップ、個人セッションの中でも、
アミのメッセージを引用してお伝えすることもありますし、
出版した書籍の中でアミのことを紹介させていただいたりもしております。
これからも引き続き、そのような活動を続けたいと思っていますし、
アミのメッセージを実践したりしていくようなことにも取り組んでいきたいと思っています。
(すでに取り組んでいるものもあります)

映像化については、上記のような事情がありますので、
申し訳ありませんが、何か変容があれば、、、としか、今は言えません。
映画化に向けて、様々な活動や交渉などを進めてまいりましたが、
現在まで期待に添えず、申し訳ありません。


アミの光のメッセージが、これからも日本中、世界中を照らし続けてくれることを

心より願っています。
長文をお読みいただきありがとうございます。

愛と光と感謝をこめて☆
STUDIO FUMI アミプロジェクト代表 曽根史代


P.S. 
今後のアミシリーズの出版については、私は、詳細がわかりませんので、

これ以上はお伝えできることがありません。ご了承ください。
また、時折、著者の方の連絡先を教えて欲しい、または繋げて欲しい、

という連絡をいただくことがありますが、

連絡先をお伝えしたり、間に入って繋げたりする行為は、

以前、一度行なったことがあるのですが、

その際に、今後、一切、そのようなことはしないで欲しいとのことで、著者とお約束しています。
そのため、おそれ入りますが、

プロジェクトが間に入るようなことはさせていただくことができませんので、

どうぞご理解くださいませ。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>