たくすけの津軽釣り日記

たくすけの津軽釣り日記

津軽地方を中心としたショアソルト・トラウト・鮎のヘッポコ釣行記。
ここでは教えてもらったルアーやポイントの詳細はナイショにしてます。
想像しながらご覧ください。(笑)

NEW !
テーマ:

そろそろ西のほうも見てみたい。

川の年券も持ってるし、午前の仕事を終えてからレッツゴー音譜

 

現着14:30。

オトリ屋さんでオトリ購入し、状況を伺う。

「今からだといい場所ないよ。いい場所なら+30~40尾、外れれば+3~4尾くらい。」

だそうな・・・。

負けてたまるかグー

 

一通り川を見て15:15入渓。+15㎝ほどの高水。

●1stポイント 銀座

とにかくお客さんが多くてポイントを選んでいられない。

入れそうなのはここだけ・・・あせる

ここは林の影になりやすいのであと45分ほどしかできない感じ。

陽の当たる石を選んで攻める。

縦波で1尾、それを泳がせて石裏で1尾。

ここでは+2尾。

 

●2ndポイント 梨中の橋の下

16:20、読み通り先客は帰った。
さっき見たときには石に腰かけてぼーっとしてたからね(笑)

竿抜けになっていそうなポイントを探す。

1尾目を入渓点そばの足元で掛ける。

2尾目はその下の浅い縦波。

3尾目は白い縦波の下。

掛かるまで気配を感じられないのだが、じーっと待ってるとコッドンッ

傾向はわかったひらめき電球
ここでは17:30までやって+5尾。

 

今日は+7尾。

鮎が薄いのかテンポが悪かった。

 

ふっと一息ついて、改めて川を見る。

高水で水温が下がってきたってことは・・・

ヤマメタイム突入ゲラゲラ


テーマ:

今シーズン低調な秋田のホーム河川。

ここまで鮎が見えないのは初めてのこと。

が、それはそれで興味がある。

ジツはどっかに溜まってるんじゃね?
いつかスイッチ入るんじゃね?的な(笑)

 

オトリ屋さんに寄ってごあいさつ音譜

どうもいい情報がない・・・アセアセ

ならばオレが!!と意気込んで川へ筋肉

 

13:30入渓。

 

 

●1stポイント G13の瀬

瀬肩のカーブ内側、浅瀬になった底石にハミアト多数。

が、そこしかない・・・。

オトリを入れてみると、コココッと反応あり。+2尾だが掛かり方がよくない。

それっきり全く反応なく45分ほどで移動。

 

●2ndポイント 温泉さ行く橋の上流

前回の反応ポイント。

瀬肩から右岸側の葦際を攻めようと目論んでると、なんとそこから入渓してきた人が!

オトリ屋にいた奴!!

トラブルは嫌なので、早々に移動。

根掛かりロストで-1あせる

 

●3rdポイント 巨大堰堤下

やや水温下がった。

ここで今季最高のハミアト発見!

すかさずオトリを入れるとニジマス登場汗

ジャンプ一閃、下ツケから全部やられたムキー

 

今日は±0。

キビシイ状況はいつまで続くのか…ショボーン

 


テーマ:
一人暮らしの頃、飲んで帰るととにかく水回りを磨きたくなっていたキラキラ
ヤカンとか蛇口とかシンクとか(笑)
オレンジピールのワックスでね合格

時は移ろい、今。
酔えば酔うほど研ぎたくなるのは包丁なのだ爆笑

こちらはステンレス牛刀ゲラゲラ

さらにこちらはV10金の牛刀!


どちらも力は不要!
すーっ刃が入る🎵

あー楽しい口笛

テーマ:

今年は鮎の遡上が少ないうえに、7月に入ってからは雨続き。

でもなんとか一日休みがとれたので、秋田のホームへ。

ちなみに、この川も解禁は全滅だった・・・あせる

 

オトリ屋さんにご挨拶して、川へ。

今日は午後1時までの短時間釣行、川見に徹することとする。

 

下流から順番にポイントを見て回るが、どこも鮎が見えない。

これはキビシイガーン

この川でこんなに鮎が確認できないのは初めて。

 

●1stポイント 最上流域の橋付近

左岸側の石にはハミアトが見られたが、鮎は1匹も見えない。

水温14度、+15~20㎝ほどの高水、ササニゴリ。

ハミアトがある石にオトリを泳がすが反応なし。

ウェットで入っているのも辛いので、30分もやらずに移動。

 

●2ndポイント ヤナ

ここが一番石がよさそうだったが、先客2名あり。

やらずに移動。

 

●3rdポイント 一番下の橋前後

良くても悪くても時間がないのでここでおしまい。

橋の下流は全く反応なし。

川を上って、橋の上流右岸側を攻める。

狙いはヘチの残りアカ。

 

1尾目は正午近くに掛かるキラキラ

竿を立ててふわふわ泳がせてるとアタリがポツポツ。

タモに入ったのは18~14㎝が4尾。その他バラシ3尾アセアセ

掛かり鮎はまだ若く、オトリにしても泳ぎが良くない。

まあこんなもんだろう汗

 

午後1時半、退渓。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス