sweet*eyes

Interiorが大好きでお買い物も大好きです。

そして今ではきもの、和文化にドップリです。

でも今は好きなものに囲まれつつシンプル&クリアな

生活をしたいと思ってます。共感していただけたらうれしいです。

何か足跡を残していただけたらとてもハッピーです♪

ブログをみてくださって、ありがとうございます。


*こちらの記事内容に関連のないと思われるものは

 削除する場合がございます。

*時々アップした画像を削除します。

公開記事をアメンバー記事に変更もあります。

更新情報メールご登録の方にはご迷惑をおかけしますが

ご面倒な方はメール登録をキャンセルしてください。

(12.7.15追記)

 リクエストをいただいたら対応します。

  • 17Dec
    • フェルメール展

      確か以前にフェルメール展があった時は見逃していました。今回かなり点数多く日本にやってきての展覧会ですが(9/35点)一番見てみたい「真珠の耳飾の少女」は含まれておらず残念です。今回のチケットは日時指定のチケット。昨日は期間限定の絵、下の一番左が見られる日でした。(20日まで)そして図録付き(割引)チケットは前売りだけだと思っていましたが調べてみると最終回の時間帯に図録付きの日があり無事チケットゲット。昨日の観覧はそれほど混まず、じっくり楽しめました。そしてフェルメールがなぜそれほど人気があるのか直にみることができて初めてわかったような気がします。ヨーロッパの国の肖像画が権力者の特権だったのに反し、オランダは市井の人たちが肖像画家に描かせる文化風習があったようです。フェルメールルームに入る前にその流れを理解する絵画も見られました。白い照明の廊下を歩くとその先はブルーの部屋。一点ずつじっくり見つめます。まず、上手い。生地の質感がはっきりわかります。光のはいった具合と、鑑賞者の視線の向く方向がピタっとはまるのです。そして無駄なものがまったくない。題材は日常の市井の人々のワンシーンを切り取ったささやかなもの。購入はがきの中央は私が一番気に入った絵です。もちろん「牛乳を~」も「手紙を書く~」も好きです。*****************日本ではヨーロッパの美術の展覧会が少ないので一度会期始まると鑑賞者が詰めかけおおごとですが今年訪れたヴェネツィアなどすばらしい絵画、彫刻が壁やら天井やらずらり、ぎっしり。旅行ででかけたらまず観たい所です。観賞の人たちは日本より少ない。旅行期間も短い中、カッチンコッチンの予定だったけれど沢山観て回りました。今年10月のヴェネツィアが高潮によりひどい水害に見舞われサンマルコ広場が一次閉鎖されたようです。あのすばらしい芸術品の数々を所持する街が今後どうやっていくのか気になるところです。やはりいつもでも華やかで憧れの土地であって欲しいです。いい絵、アート作品を観る機会はいつまでも自由に奪われれることなく存分に持てるといいですね。

      5
      2
      テーマ:
  • 14Dec
    • 寒空の銀座でランチ♪

        英語の勉強友と恒例の忘年会?に向かいます。 ★私は銀座駅から歩いていったのですが通りのブランドショップの勢いすご~~~い。あれ、ここにこんなのあったかしら、という大御所がバンバン並んでてその前を通過するだけの私でした。笑左上は多種あるミニなオードブルとサラダ。お野菜もいろ~んな種類あり。右はメインディッシュ。サーモンのパイ包み。もちろんおかわり自由。こちらはミニデザート類。右上はイチゴのシャーベット。並べ方がオシャレでなくてスミマセン。こちらは頼んでおいたメッセージプレート。メッセージだけでなくケーキ付き。二人でわけっこ。  お腹一杯食べてしまって反省~(してますか?してないデス)ロビーからの眺めは東京タワーがまっすぐみえて素敵。さあまた明日からのお仕事やお勉強、お互いがんばりましょう~

      7
      2
      テーマ:
  • 12Dec
  • 09Dec
    • 12月 クリスマス家族ランチ♪

      今回家族との会食に予約したレストラン。 ★丸ビルの最上階。眺めも楽しみにしています。上の息子は仕事でキャンセル、残念。私は私で昨日は寝込んで咳と鼻かぜの最中。でも食欲はあります。 とても眺望がよいです。雲が多かったけれど青空も。陽が刺すと暑いと思ったので窓際でない席にしました。右に見えるガラス張りの建物はKITTE。席につくとメニューの説明があり、前菜、メインの魚と肉をそれぞれ選びます。まずはシャンパンで乾杯~これ、前菜?私の選んだ八海山サーモン for me。手前の赤いソースはビーツ。アクセントになって美味。 左)里芋とベーコンのテリーヌ。右)しいたけのコンディメント。     左)ごぼうのポタージュ。ふわふわで香りがすごくよかったです。右)パンも何度もお変わり自由。ホイップバターがふんわり~です。メインの魚料理左)オマール海老グリル +α右)ヒメダイのグリル。トマトソースはクミン風味for me。メインの料理。短角牛のローストビーフfor me。+α思ったより量が多く大満足。さすがにマッシュポテトは少し残しましたが。 左)鳥腿肉赤ワイン煮右)豚肩ロースのコンフィ 林檎のコンポート添えデザートはラ・フランスのソルベとクリームチーズケーキ。紅茶とコーヒーの画像はなし。私たちの席とは別の方角の窓からみた風景。皇居外堀の紅葉がとてもキレイです。普段何かと辛口意見の主人がこちらのレストランはとても気に入ったようです。+αは加算があります。リーゾナブルなお値段でこのメニュー。今度はディナーに行きたいな。

      12
      テーマ:
  • 06Dec
    • 収納

      前にネットで取り寄せて、そのままにしていた組み立て式の棚を思いついて自力で組み立てました。ずっと主人か息子に手伝ってもらおうとしたけれど狭くなると却下されていました。結構コツがいるし面倒で一瞬危なかったりしたけれど今棚を乗せられるところまで自力でできました。なんだ~一人でできるわ。ここに自分の資料をファイルごとにまとめようと思います。次は書類を納める収納グッズ探し。定評ある無印、または廉価価格のニトリ。折りしも無印週間の最中。ネットは欲しいものはもうソルド。おそるべし~~あわてて実店舗で在庫を取っておいてもらいます。注文の荷物が届くと大きなダンボール二個口。開けてびっくり、ボックスと作ったう棚の奥行きが違います。返品してサイズ違いの交換を頼むか?棚は可動式なので少し前にせり出せばボックスは希望の正位置に収まります。または横向きに置くか。返品はもったいないかも、せっかく割引でゲットしたんだし。収納系は、事前のサイズ確認重要だと今更確認。幅ばかり気にしてボックスをいくつ買おうか迷っていたけれどそれが今のつっぱりの棚の奥行きにあっているか確認していませんでした。今ここで作業がとまっていますが他の段をどう使うか考えないと。

      6
      テーマ:
  • 04Dec
    • 今年初のライブ~ ネタバレ有

      FC枠でゲットできた今回のライブ。楽しみです♪天気も悪くなく、そしてそれほど寒くない!今回初導入の電子チケットの発券とIDを見せる二重の入場チェック。そのせいか会場に行く途上のチケット売ってくださいというプラカードを見せる人も行った時間ではいませんでした。(まさか何か不具合で入場できないなんてないよね~と不安。。。)3時ごろ、始めにグッズ売り場へ。それほどの待ち時間もなく買えました。チル友さんたちとの早めの夕食をレストランで楽しく取りつつこの日のライブへの期待感を膨らませていました。再び横アリの入り口へ行くとほどなく入場用の列を作るように指示があり、並びの位置がよく早めに入れました。沢山届いているお花。千絵さんからもきてます。ゲットしたくて新宿に出かけたのにすぐ在庫なしになったタワレコの小冊子。そのタワレコのポスターの展示がありました。やった♪ いい感じです。中に入ってからIDと手荷物チェックあり。各扉でも座席チェックあり。厳重です。でもQRコードで確認できて入場は無事できしました!ライブが始まる前見え方とかチェック。今回の席はアリーナ○扉で前から10列目。花道の突端あたりの位置。傾斜があるため花道舞台と同じくらいの高さの座席位置。これはステージも、花道も人の頭に邪魔されず楽しめそう!セトリは載せません。。。が特に気になったこと記録します。お気に入りの「ハル」、すごくよかったです。よかったのはシルクスクリーンが花道の上にたれこめてきて、後半のほうでライティングがピンクになり桜のはなびらがはらはらとこぼれおちてきたこと。うわ~リリカルな演出。桜井さんの好みっぽい印象的だったのは「and I love you」ハルの次の曲でしたが、ライティングのせいかもしれませんが桜井さんのオーラがきらきらとすごかったです。声の伸びもすばらしく、私は棒立ちで歌声に聞きほれました。続く「しるし」も大好きな曲。ジ~~~ン。前後しますがロックの部分はNot foundDance Dance DanceWorld's end など。やっぱりコレがなくっちゃ。ミスチル骨太ゴツゴツな部分。これも好き。途中のMCで「横浜はホーム」と語っていました。そのホーム感満載で桜井さんもメンバーもすごくのびのびしていたような気がします。こちらもそんな気持ちをたっぷり感じてにこにこ。この日は男性の声がけがすごく多かったのが面白い。今回のサポメンのサニーさんが始めにギター。びっくりしました。そしてセビーさんのキーボードすごかった。コバヤシさんも真っ青なくらいの演奏でした。ナカケーかっこよかったな~演奏も髪型も!もちろん田原さんは相変わらず素敵でした♪花道中央どーーんとでていったし。JENも花道にしっかり別ドラムでおでまし。まん前の人たちうらやましい。演出が今回目新しくすごかったです。特に花道にメンバーが下りてきてシルクスクリーンが下りて映像が映る感じ。よかった~ただ、私の側は桜井さんとJENは後ろ向き、これは残念でした。ところで正面から見てる人はどう見えていたのでしょう??毎回お気に入りのアニメーションは今回少なめ。正面のスクリーンではなく垂れ幕のスクリーンに少しだけでした。その代わりのライティングとシルクスクリーン演出がふわっふわっとしてそれもまた素敵でした。アルバムタイトルごとく「呼吸」を感じます。「風と星とメビウス。。。」個人的に好みなのでまた聴けてとても嬉しかったです。MCで語られましたが「昨年25周年は楽しんでもらおうとがんばった1年でした。その次に何をするか、まだ叶えていない夢があってそれを叶えたいと思っている」という話があり。。。「みなさんのうちの多くがティーネイジャーではないことをしってるし僕たちももうティーネイジャーではないけれど夢を諦めないで進んでいくといいよ」という趣旨のエールのMCをいただきました!そして始まった「皮膚呼吸」ほんと、嬉しいです。いつもライブで熱く暖かくいろんなメッセージをファンはもらっている気がします。アンコールの秋の季節に合わせたようなMCのあった「秋がくれた~」もライブの季節にあっててよかったなあ。。。桜井さん珍しく座ってじっくり歌ってました。そしてやはり大好きな「Your Song」これがラストでした。ニューアルバムの曲も各所ちりばめられでもいつもの大御所曲もあり。2時間半で短めだけど私はしっかり楽しめました。この日のお昼にツアーチケットの画像DLのメールがきたし、帰りにはアンケート依頼のメール。メールが多い日でした。グッズははじめタオルだけでいいと思っていたのにリストバンド、キーホルダーも追加。ライブ中に桜井さんが来たツアーTシャツも追加で購入。ぷぷ。ただし桜井さんのはVネック。そしたらポストにFC9周年の記念グッズもF&Mから届いていました。(お弁当のお箸セット)ぷぷ、使えないよ~。本当に楽しめたライブとなりました。今年もありがとう~~すばらしかった。※個人の記憶なので言葉使いや順番の記憶間違いとかお許しくださいね。

      11
      テーマ:
  • 24Nov
    • 紅葉もとめて。。。

      ネットで検索した紅葉見ごろスポット。★駐車場に車を停めて出発。お昼前に到着してギリギリ待たずに入れました。 鳥居にはおまつりの表示があります。くる途中の山の風景の紅葉はイマイチでしたが、こちらの紅葉は期待できそうです。右、もう真っ赤です~~次の鳥居を昇ると将軍の銅像が。 本殿まで368段。途中途中にスロープの道が左右からでて階段を昇らなくてもいいようになっている。休憩しつつ、頂上の本殿へ。紅~いです。紅葉、カエデの木が多くてリピーターも多いそうです。かなり歩き回りました。牛丼ととん汁がおいしい♪寒かったので温まります。そして帰りにお墓参り。家族のことをご報告。帰り道。花火大会?に遭遇。かなりたっぷり上がってました。そして満月でした。ウン、いい一日でした。

      11
      2
      テーマ:
  • 22Nov
    • 紅葉を期待。。。やっぱりこの人かな?って思えたことって何?

        (キャンペーン記事をアップ後みて再更新、失礼しました)11/22(いい夫婦の日)一日前、主人と足柄の方へと車で向かいました。ま、たまたまとったお休みです。紅葉目当てだけどどうでしょうか。途中の銀杏はきれいな黄金色。路地売りのみかんを求めようと一軒見つけました。ボックスにお金をいれて品を選んでいると作業をしていたご主人が出てきてくれました。作業中のみかんの方がお得に分けられるということで納屋にいれてもらって説明を聞きました。試食のものをいただき、大きめな粒のものを購入。早生なのですっぱさもあるものの新鮮な甘さ。もぎたてはやはりおいしい!いい天気の予報でしたが見えてきた富士山は少しもやっています。久しぶりの前傾の富士山見える場所を期待します。 足柄山に到着。階段を上がり高台へ。足柄城址の展望台に登りました。ふわ~~~そこから見る富士山は青空に生える堂々たる姿。山道すら見えます。いい天気!富士山を見ながら買ってきたお弁当を食べます。いい天気なんだけど風がつめた~~い。足柄城は北条氏の属城だそうです。この見事な富士山を見つめる位置にある城に待機していた人たちは寒さがつらかっただろうな。今回のドライブの第一目的は紅葉だったけれど山の木々の色ははっきりしないくすんだ緑~黄~茶。真っ赤な紅葉がない。。。こちら少しだけ紅葉?帰りに温泉よりました。★広々してていいお湯でした~こころなしかお肌もいい感じ。骨密度も測ってもらってお得。紅葉はイマイチでしたが楽しめました。やっぱりこの人かな?って思えたことって何?みんなの回答を見るキャンペーン詳細なんとなくちょうどいいってところでしょうか。

      7
      2
      テーマ:
  • 17Nov
    • まだいきます、クリームティ♪

      昨日の帰りに近所のカフェ&雑貨屋さんに久々にいってチョコチップスコーンとレモンクッキーをゲット。朝、待ちきれずモーニングクリームティ。一杯目はストレート。二杯目からミルクティ。ああ、こちらのカフェのスコーンは求めていた味はいいけれどぽろぽろ系で残念。クロテッドクリームをつけずそのままで食べるのに適してました。上から藍水の葉っぱ型小皿、グラスは先日いったインゲヤードさんのもの。薄手だけど持った感じはしっかりしてる。下はアンティークリモージュ。ティースプーンは細かいひだが美しい銀のティスプーン。昨晩の羽生選手のショートプログラム。美しくて迫力あって感動。

      11
      テーマ:
  • 11Nov
    • モーニングティ♪

      英国展で買ったスコーンにすっかり見せられてしまった私。銀座に出かけたとき木村屋の店頭でスコーンを見つけて買ってきました。ほろっと感、しっとり加減はハフキンスの方が好み。でもお味はとてもよし!先生のご指導通り、スコーンを水平に切ってクリームとジャムをタップリのせて。。。紅茶は本来ミルクティですが、アンティークのC&Sの絵柄を見たかったので初めの一杯はストレートで。(貴族の方は初めはストレートで茶葉を楽しむとこのと。)クロテッドクリームが続く限りクセになりそう。

      11
      2
      テーマ:
  • 06Nov
    • C.ラーション展へ。そして。

      休みの日に朝からガッツリ入っている研修。その帰りに行きたかった美術展に行く。私がかなり前、この画家の国が大好きだと認識してそして小学校の大好きな担任による読み聞かせがリンドグレーンの話でクラス皆でワクワクして聞いていたこと。図書館で映画のロッタのヴィデオを借りてきたり、絵本を読み漁ったりスカンジナビアン家具のことを調べたり、この画家のことを知ってさらにその好きさ加減を深めたものです。そのころはまだ北欧ブームではなく画集もうすーいものしか見つけられなかったです。私の好きな絵の実際の今の家具が再現されています。まさかこんな風な展覧会が東京で見られる日が来るとは。(ここだけ撮影可)チョット足を伸ばして前日買わなかったエコバッグをゲット。やっぱり買ってよかった。おうちでやっと買ってきたスコーンをミルクティとともに食べてみた。スコーンは思っていたほどパサっとした乾いた感じではなくわりとしっとり。あわせたのは一緒に買ってきたクロテッドクリームとイチゴジャム。文句なしの美味しさ。****************そうそう、今年いった旅行地ヴェネツィア、今10/28の嵐によってヴェネツィアの3/4が水没したという報道。出かけた広場、美術館、ホテル、お店、大丈夫だろうか。。。あの島が何とか旨く高潮の対策を設けられるといいのですが。何より今の被害から早く回復できますように。

      7
      テーマ:
  • 05Nov
    • 英国展2018

      英国展に行ってきました。お出かけの帰りにスコーンだけ買いたいと思ったのですが、おもわず「クリームティ」についてのトークイベントにであってそのままお話を聞いてしまいました。右の画像のテーブルまわりで立ち見でお話を伺いました。目の前にあったスコーンが美味しそうでトークの中でも紹介があったクリームティ関連を即買うことにしました。左の画像は大人気のベノアのもの。プレーン、紅茶、メープル、いちじくなどの風味ごとに一つずつ。上の二個入りは、ティールームが可愛いという記事がでていたハフキンス。味はプレーンとクリスマス・ベリー。そして常温でも大丈夫なクロテッドクリームもゲット。他に紅茶も色々売ってましたがチーズも意外に多かったです。その一つ、ワインのチーズ。これ風味がよくってラストワンをお買い上げ。帰宅後、先日ゲットしたペアワイングラスでJALで購入のカリフォルニアワインで楽しみました。

      10
      4
      テーマ:
  • 03Nov
    • 2018イタリア旅行にて 回顧

      久しぶりに自分で選んだブーケ。タイトルには関係ないけれど記録として。私がイタリア、フィレンツェに行く時母が言っていた言葉を思い出した。イタリアにいったらまず金のジュエリーがお勧めと。とはいいながら母は金のジュエリーをイタリアでは買ってこなかった。かわりに最後によった三越ロンドンでモダンシンプルなサファイヤリングを買ってもらってた。時間がなくて大急ぎで決めたらしい。でももちろんサファイヤの濃い青は母のお気に入りでお出かけの時よくつけてたのを覚えている。2年前ついに主人がイタリアに行く決断をしたとき、ぜひ現地で何かよいものに出会いたいと思った。その下調べで好きな関西のジュエリーショップでよく聞いていたのはイタリア製のものの技術がすばらしいと。母の言葉を思い出し、初めて外国でのジュエリー購入を検討する。決めた方向性は透かし彫り。フィレンツェ風。あるショップとの出会いがあり、やりとりでリングのデザインなど決めていった。旅行が具体的になりながら典型的デザインからどれがいいかを考えつつ値段を調べる。その中からどうもコレというのを決められない。連絡をしつづけている方からの提案でオールドダイアモンドをセンターに使うことに。私はそれを使った花をイメージしたデザインを提案、方向性が定まり、行く予定が決まり、行く一月前にそれは出来上がって写真が送られてきた。それは、ちょっと希望の感じと少しずれはあるけれどそこは職人の手のセンスを信じ、ままよ、と。旅行の当日。地図を頼りにお店に行くとヴェッキオ橋に近い小さい工房。いかにも職人といった感じのオーナー。連絡をずっと取り続けてくれた姪っ子という事務の方。二年かけてデザインを考えたリングの実物を見せられてええ、びっくり。想像していたよりずっとずっと幅広で存在感あってそして繊細にしてゴージャス。こんなに豪華でいいんだろうか。中央の花の部分はベースより浮き上がって立体的。この店に行く前。他のショップを数軒を下見して好みで自分の範囲の値段のものがあるか見ておいた。もう一軒別のとこは繊細で美しく細めで、プラス控えめなお得値段のものがジャストサイズであった。普段のおでかけに存分におしゃれに使えそう。それが頭にあっての限られた時間での決断、揺れた~けれどこの値段でこのすばらしさはここしかない。(たぶん)しかもやりとり続けた2年間の重みもある。(インターバルがあるので実際は1年くらい)やはりこの店のオーダーしたものを買おうと最終的に決める。機械の故障でお支払いと書類作業で手間取った。緊張して指先震えた。。。ようやくお買い上げ。ああ生涯で思い出に残るお買い物だったなあ。

      7
      テーマ:
  • 31Oct
    • 2019秋のバザー

      恒例のご近所バザーで見つけたトールペイントの講師による手作り品、そしてペアのエッチンググラス。トールは講師の方が引越しのための断捨離による放出品。(マットの折しわスミマセン。)これ以外に手作りケーキ、クッキー。手芸品など。ドライフラワー横はクリスマスツリーオーナメント。お手ごろにゲットできてやれうれし♪

      9
      テーマ:
  • 30Oct
    • 北欧イベント♪

        朝からササーーっとしっとり雨の中、出発。チケットをいただいたので友人と出かけてきました。 ★スウェーデンとの国交150年周年記念の企画展だそうです。こんなクラシカルな建物が皇居のすぐそばにあったなんて知らなかったです。特に内容も作家さんもよく知らずでかけましたが楽しめるでしょうか。美術館に着く前、ちょうど乾門から陛○を乗せたハイヤーがご出発、みなさん旗を振っていました。お顔を実際見るのは初めてでした!内部インテリアもとてもクラシカルで素敵なのですがその展示は変わっていてモダンな雰囲気です。カーテンもなく日差しがサクっと差し込む展示室。アイテムが置いてあるテーブルも変わってる。でもテーブルにおいてあるものは日常雑器、朝の光がはいるダイニングテーブルにあるような存在感。そこが絵画、美術品の展覧会と違うところですね。(アイテムの撮影は一室のみOKでした) 左は数年前、有田のメーカーとコラボで製作されたお茶関連の器。右はガラス素材のもの。その他の展示室のものは昔製作のもの、王室御用達のアイテムなど色々。天板の素材もそれぞれ変えてあります。しばらく観賞タイム。。。↓↓↓↓さて午前中で観賞は終わり、近くの九州鳥専門のレストランでランチ。午後は作家さんによるトークイベントがありそれに参加。モノ作りのこと、こだわり、日本とのかかわりなど興味深いお話、イロイロ。展示の仕方もやはりこちらの博物館としては異例な独特の飾り方のようでした。つけているカーテンも取り払い、設置されているガラスケースなどは一切なし。やっぱりね。北欧らしいシンプルで行き届いた感覚が感じられました。実はいただいた券であまり知識なく参加したのだけれど予想以上に楽しめました。やはり北欧のデザインはシンプルで使いやすく、美しいを実感。帰りに新装のタカシマヤを二人でウロウロしてスタバでお茶して帰りました。

      6
      テーマ:
  • 28Oct
    • 和紙~

      おでかけした帰り、薦められた和紙の専門店に行ってきました。★手すき和紙の体験があるので思いつきでやりたかったのですが、体験中の方がすでにいてできませんでした。一人1時間。こんな工房室で好きな和紙を作ります。次回こそ体験したい!和紙やさんって障子紙か半紙、色紙、折り紙ぐらいしか売っていないと想像していましたが、ご朱印帳とかオリジナルで作れそうです。色つきの透かしの手すき和紙とか素敵でした~上の階に展示室があるのでそこもまた興味深かったです。(無料)1653年創業以来の資料が展示されています。手すき和紙職人の展示があります。現地にいかなくても一気に見られるのもいいですね。和紙のウェディングドレスとかありました。

      7
      テーマ:
  • 21Oct
    • 秋の日差しのもと

      いつもの玄関の場所ではすましたお嬢様顔なのにカバーのほこり取りをしているときの日差しのもとでアレっと優しい表情を見つけました。

      7
      2
      テーマ:
  • 20Oct
    • 秋の感謝祭

      チラシが入っていたイベントに主人と行ってきました。ミニバスで行った先はとある農場地。ラビットランドで餌をあげたり。おこさんたちは芋ほり、ピーナッツほりの体験会あり。 チラシの半券でスープ、ピザ、ミネストローネ、唐揚げ、きのこごはん。(無料♪)五平餅は有料でしたが取れたて野菜を買ってお土産に。秋らしいいい天候でした。

      5
      テーマ:
  • 15Oct
    • さっそくコーデ♪

      家に持ち帰りラッピングを開けるとすごい存在感。手触りもふわっとしてあたたかみがあって気持ちいい。大きいサイズだけど軽いです。まだもったいなくて食べ物を直に置けません。初めはその大きさにうまく使えるか心配でしたが折敷的に使えそうです。それはそれでもったいない感じもするのだけどパラパラ集めているお気に入りを様々に乗せて楽しむのもよいかもしれません。↑このコーデ、テーマがあまりはっきりしません。あえていうなら、シチュエーションでなくお気に入りの豆皿たち。左から、京都の骨董店の見つけた豆皿、桜の酒器、同じ作家さんによるナッツボウル、江戸中期古伊万里の茶器。

      8
      テーマ:
    • 木の器展2018

      こちらのショップの展示会に行くのは6年ぶり。★それまで何回かあった時はいってなかった。表にむけたイスに飾られたのは新しいイメージの作品が。奥のボウル、大きいのにとても軽いのです。店内中央の低い木のテーブルには小物が並んでいます。アイテムももう少ないです。初日はすごい賑わいだったことと思います。

      4
      2
      テーマ:
主婦。仕事有。
インテリアに関する思い
胸にためております。
ゆっくり更新して
いきますので
よろしくお願いします。

趣味:
ショップめぐり。
オシャレ大好き。
本・雑誌を探すこと。
最近は和のものが好き。

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス